KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 秦嶺山脈
  • 秦巴山地
  • 中国陝西省
  • 中国中西部
  • 古蜀文明
  • 四川盆地
  • 四川省達州市
  • 城壩遺跡
  • 成都平原
  • 新型コロナウイルス

「大巴山脈」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
102
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
102
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:06.60
    2020年11月04日
    「新華社」秋色に染まる秦巴山区、紅葉が見頃に湖北省十堰市

    中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山区に位置する湖北省十堰市鄖陽区では、大柳や城関、譚家湾などの多くの町や村で紅葉が見頃を迎えている。高い所から山野を見渡すと、まるで夕日に照らされているかのように赤く、幾重にも染められている。同区の紅葉はナンキンハゼやハグマノキなどが中心で、面積は10万ムー(約6600ヘクタール)を超える。毎年秋になると多くの観光客が観賞に訪れるという。(記者/李偉)<映像内容>湖北省十堰市の紅葉の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.91
    2020年09月19日
    「新華社」秦巴山区の農村、生活排水対策が効果を発揮

    生活排水対策は農村の環境整備にとって重要な課題となっている。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山区の「連片貧困区」(国が指定した広域特殊困難地区)に当たる四川省巴中(はちゅう)市巴州区ではこのほど、排水の集中処理と分散処理を組み合わせた生活排水対策が進められ、優れた成果を収めている。同区三江鎮民主村の集落では、新たに設置した三槽式浄化槽が31世帯、135人の生活排水処理問題を解決した。浄化槽の周辺に小型の人工湿地を建設して空気中に漂う異臭を取り除き、これまで集落で見られた悪臭漂う用水路に大量の蚊が飛び交うような状況を解消した。(記者/蕭永航)<映像内容>農村の生活排水対策の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    6日、紫陽県高坪鎮高坪村の茶園で摘み取った茶葉を集める農家。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    6日、紫陽県高坪鎮高坪村の茶園で、茶摘機で茶葉を摘み取る農家。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、茶葉の状態を確認する陝西省紫陽県の茶メーカー、閩秦茶業の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、収穫した茶葉を天日干しする陝西省紫陽県の茶メーカー、康硒天茗茶業の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、紫陽県双橋鎮四坪村の茶園で茶の摘採に励む農家。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、茶農家が収穫した茶葉を計量する陝西省紫陽県の茶メーカー、康硒天茗茶業の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、陝西省紫陽県の茶メーカー、康硒天茗茶業の工場で、白茶の加工作業をする従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、紫陽県双橋鎮四坪村に広がる茶園風景。(小型無人機から)中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    5日、陝西省紫陽県の茶メーカー、康硒天茗茶業の工場で、加工した固形タイプの白茶の状態を確認する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    4日、紅茶の在庫を整理する陝西省紫陽県の茶メーカー、麻柳鼎竜茶葉の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県

    4日、白茶の在庫を整理する陝西省紫陽県の茶メーカー、麻柳鼎竜茶葉の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡。一面は山に面し、三面は渠江に面している。(7月30日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡での重要発見の一つ、津関遺構。(7月30日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県にある城壩遺跡の発掘現場。(7月30日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    小さな町の24時間セルフ図書館陝西省

    7月29日、本を手に陝西省嵐皋県嵐河書苑(図書館)を出る利用者。大巴山脈の奥深くに位置する中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の図書館では、夜間も利用者が本の世界に浸っている。図書館はセルフサービス式で、24時間開館している。同県はここ数年、幅広い住民への高品質な公共文化サービスの提供に力を入れており、2018年末に最初の24時間セルフ図書館を開設した。現在では同様の施設が計5館ある。利用者は自動化、スマート化された新たな読書体験を享受している。(嵐皋=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    小さな町の24時間セルフ図書館陝西省

    7月29日、陝西省嵐皋県図書館城関鎮分館で本を読む利用者。大巴山脈の奥深くに位置する中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の図書館では、夜間も利用者が本の世界に浸っている。図書館はセルフサービス式で、24時間開館している。同県はここ数年、幅広い住民への高品質な公共文化サービスの提供に力を入れており、2018年末に最初の24時間セルフ図書館を開設した。現在では同様の施設が計5館ある。利用者は自動化、スマート化された新たな読書体験を享受している。(嵐皋=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    小さな町の24時間セルフ図書館陝西省

    7月29日、陝西省嵐皋県嵐河書苑(図書館)で本を手に取る利用者。大巴山脈の奥深くに位置する中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の図書館では、夜間も利用者が本の世界に浸っている。図書館はセルフサービス式で、24時間開館している。同県はここ数年、幅広い住民への高品質な公共文化サービスの提供に力を入れており、2018年末に最初の24時間セルフ図書館を開設した。現在では同様の施設が計5館ある。利用者は自動化、スマート化された新たな読書体験を享受している。(嵐皋=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    小さな町の24時間セルフ図書館陝西省

    7月29日、陝西省嵐皋県図書館城関鎮分館で本を読む利用者。大巴山脈の奥深くに位置する中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の図書館では、夜間も利用者が本の世界に浸っている。図書館はセルフサービス式で、24時間開館している。同県はここ数年、幅広い住民への高品質な公共文化サービスの提供に力を入れており、2018年末に最初の24時間セルフ図書館を開設した。現在では同様の施設が計5館ある。利用者は自動化、スマート化された新たな読書体験を享受している。(嵐皋=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    小さな町の24時間セルフ図書館陝西省

    7月29日、陝西省嵐皋県図書館城関鎮分館で自動貸し出し機を使う利用者。大巴山脈の奥深くに位置する中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の図書館では、夜間も利用者が本の世界に浸っている。図書館はセルフサービス式で、24時間開館している。同県はここ数年、幅広い住民への高品質な公共文化サービスの提供に力を入れており、2018年末に最初の24時間セルフ図書館を開設した。現在では同様の施設が計5館ある。利用者は自動化、スマート化された新たな読書体験を享受している。(嵐皋=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    小さな町の24時間セルフ図書館陝西省

    7月29日、陝西省嵐皋県図書館城関鎮分館で本を読む利用者。大巴山脈の奥深くに位置する中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の図書館では、夜間も利用者が本の世界に浸っている。図書館はセルフサービス式で、24時間開館している。同県はここ数年、幅広い住民への高品質な公共文化サービスの提供に力を入れており、2018年末に最初の24時間セルフ図書館を開設した。現在では同様の施設が計5館ある。利用者は自動化、スマート化された新たな読書体験を享受している。(嵐皋=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    小さな町の24時間セルフ図書館陝西省

    7月29日、陝西省嵐皋県嵐河書苑(図書館)で本を読む利用者。大巴山脈の奥深くに位置する中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の図書館では、夜間も利用者が本の世界に浸っている。図書館はセルフサービス式で、24時間開館している。同県はここ数年、幅広い住民への高品質な公共文化サービスの提供に力を入れており、2018年末に最初の24時間セルフ図書館を開設した。現在では同様の施設が計5館ある。利用者は自動化、スマート化された新たな読書体験を享受している。(嵐皋=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    小さな町の24時間セルフ図書館陝西省

    7月29日、陝西省嵐皋県図書館城関鎮分館で本を読む利用者。大巴山脈の奥深くに位置する中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の図書館では、夜間も利用者が本の世界に浸っている。図書館はセルフサービス式で、24時間開館している。同県はここ数年、幅広い住民への高品質な公共文化サービスの提供に力を入れており、2018年末に最初の24時間セルフ図書館を開設した。現在では同様の施設が計5館ある。利用者は自動化、スマート化された新たな読書体験を享受している。(嵐皋=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡で出土した宕渠城の建築遺構。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡から出土した宕渠城の西城門遺構。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡から出土した宕渠城の西城門遺構。磚(せん、れんが)の模様がはっきり確認できる。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡の宕渠城から出土した粘土瓦。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡から出土した宕渠城の西城門遺構。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/恵小勇)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県土渓鎮城壩村で出土した陶罐(とうかん)を修復する発掘隊員。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡から出土した宕渠城の城壁遺構。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡の宕渠城から出土した粘土瓦の破片。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡で発掘を進める考古スタッフ。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県土渓鎮城壩村で漢代の井戸から水をくむ村民。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/恵小勇)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡で発掘を進める考古スタッフ。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡で発掘調査隊が整理された瓦当(がとう、筒瓦の先端)。「宕渠」の2文字が鮮明に残る。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡で、出土した粘土瓦の破片を調べる四川省文物考古研究院の陳衛東研究員。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県土渓鎮城壩村にある漢代の井戸。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/恵小勇)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県の城壩遺跡の宕渠城から出土した粘土瓦の破片。ラベルには関連情報が記録されている。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県土渓鎮城壩村で出土品の実測図を作る発掘隊員。(7月28日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:56.28
    2020年07月10日
    「新華社」「守望大山」プロジェクトで高齢農家の増収を後押し陝西省

    中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市旬陽県では、山村地域に住む貧困高齢者600人余りが「公益農家支援プロジェクト」に参加し、起業して新たな生活を始めている。同県は近年、同省の慈善協会が立ち上げた「守望大山(大山を見守る)」公益プロジェクトにおいてインターネット公益プラットフォームを活用した資金調達を実施。山村地域の高齢農家による地鶏養殖の発展を支援し、電子商取引ルートを利用した販路を拡大することで、増収を後押ししている。2013年から現在までの同プロジェクトの累計資金調達額は400万元(1元=約15円)を超え、参加者数は20万人を上回り、貧困山村地域の農産物の売上高は2000万元近くに達した。(記者/張晨俊)<映像内容>山村地域の高齢農家、電子商取引の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月07日
    地元の農畜産物のオンライン販売が好調四川省広元市

    四川省広元市蒼渓県岫雲村の麦畑で豊作を喜ぶ村の人たち。(5月7日撮影)中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥深くに位置する四川省広元市蒼渓(そうけい)県には、「岫雲(しゅううん)村」という名の村がある。近年、この村で飼育されている「時光鶏(ニワトリ)」「歳月鴨(アヒル)」「年華猪(ブタ)」などの農畜産物のオンライン販売が好調で、売り上げを伸ばしており、村の人たちを喜ばせている。(成都=新華社配信/李春元)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月01日
    野生チュウゴクイチイの一大群生地を発見陝西省

    1日、陝西省漢中市鎮巴県で発見されたチュウゴクイチイ。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥地に位置する陝西省漢中市鎮巴県でこのほど、林業作業員が世界絶滅危惧植物であるチュウゴクイチイの大規模群生地を発見した。同省林業部門によると、この野生チュウゴクイチイの群生地は300ムー(約20ヘクタール)余りに広がる林の中にあり、生育状況は良好で、全て手つかずの自然の状態だという。また初期段階の調査と統計では、この群落にはチュウゴクイチイが200本以上生育しており、今回発見された中で最大の木は直径が約20センチメートル、樹齢は200年以上であることが分かった。同県でチュウゴクイチイが発見されたのは今回が初めて。(西安=新華社配信/張富栄)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月01日
    野生チュウゴクイチイの一大群生地を発見陝西省

    1日、陝西省漢中市鎮巴県で発見されたチュウゴクイチイ。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥地に位置する陝西省漢中市鎮巴県でこのほど、林業作業員が世界絶滅危惧植物であるチュウゴクイチイの大規模群生地を発見した。同省林業部門によると、この野生チュウゴクイチイの群生地は300ムー(約20ヘクタール)余りに広がる林の中にあり、生育状況は良好で、全て手つかずの自然の状態だという。また初期段階の調査と統計では、この群落にはチュウゴクイチイが200本以上生育しており、今回発見された中で最大の木は直径が約20センチメートル、樹齢は200年以上であることが分かった。同県でチュウゴクイチイが発見されたのは今回が初めて。(西安=新華社配信/張富栄)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月24日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月24日、重慶市城口(じょうこう)県修斉鎮の花どんこ貧困扶助産業生産拠点のビニールハウス内で、高温消毒後の菌床に種菌を注入するスタッフ。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月24日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月24日、重慶市城口県修斉鎮の花どんこ貧困扶助産業生産拠点で花どんこを摘み取るスタッフ。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月24日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月24日、重慶市城口県修斉鎮の花どんこ貧困扶助産業生産拠点で菌床を製造するスタッフ。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県の薯光農業科技開発無病化ジャガイモ栽培センターで、ジャガイモの無病化(ウイルスフリー化)苗の挿し木をする村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県菱角(りょうかく)鎮桂花村で地元特産の柑橘類「沃柑」を収穫する村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県の薯光農業科技開発無病化ジャガイモ栽培センターで、ジャガイモの無病化(ウイルスフリー化)苗の生育状況を確認するスタッフ。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県にある鴻馳鞋業の貧困扶助工場生産ラインでサンダルの研磨作業を行う従業員。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県の薯光農業科技開発無病化ジャガイモ栽培センターで、ジャガイモの無病化(ウイルスフリー化)苗の挿し木をする村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県の農業企業、福鑫洋食用菌のビニールハウスで水やり後のアミガサタケに覆いを掛ける村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県菱角(りょうかく)鎮桂花村で地元特産の柑橘類「沃柑」を収穫する村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内の工場で電子プローブを仕分ける従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内の工場で電子セラミックス製品の品質検査をする従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、陝西省鎮安県雲蓋寺鎮西華村の菌床製造企業で作業する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内の工場で電子プローブを検査する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、陝西省鎮安県雲蓋寺鎮西華村の菌床製造企業で菌糸体の成長を確認する責任者の王大吉(おう・だいきつ)さん。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内の工場で電子プローブを製造する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内の工場で電子プローブを製造する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内の工場で電子セラミックス製品の材料を整理する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、陝西省鎮安県雲蓋寺鎮西華村の菌床製造企業で袋詰め作業をする従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内にある工場の電気抵抗式溶融炉で焼成されるセラミックス。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月27日
    地元の農畜産物のオンライン販売が好調四川省広元市

    飼育している「時光鶏」を抱く岫雲村の住民。(2019年12月27日撮影)中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥深くに位置する四川省広元市蒼渓(そうけい)県には、「岫雲(しゅううん)村」という名の村がある。近年、この村で飼育されている「時光鶏(ニワトリ)」「歳月鴨(アヒル)」「年華猪(ブタ)」などの農畜産物のオンライン販売が好調で、売り上げを伸ばしており、村の人たちを喜ばせている。(成都=新華社配信/李春元)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月13日
    大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る

    13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月13日
    大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る

    13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月13日
    大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る

    13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月13日
    大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る

    13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月13日
    大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る

    13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月13日
    大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る

    13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月13日
    大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る

    13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月13日
    大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る

    13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月13日
    大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る

    13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月13日
    大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る

    13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月13日
    大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る

    13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」で撮影する観光客。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月05日
    伝説の賨国、渠県の城壩遺跡が都城跡か四川省

    四川省達州市渠県土渓鎮城壩村にある農家のアヒル飼育舎の壁に利用された漢代の磚(せん、れんが)。(2019年6月5日撮影)中国の四川盆地西部の成都平原に広がる湖沼地帯は、三星堆(さんせいたい)遺跡や金沙(きんさ)遺跡に代表される古蜀文明を育んだ。一方、同盆地に連なる大巴山脈の山々に養われた巴(は)文明は、これまで発掘研究があまり行われてこなかったことから、より多くの神秘性をとどめている。記者はこのほど、四川省達州市渠県土渓鎮城壩(じょうは)村にあり、賨人(そうじん)と呼ばれる巴人の一支族が春秋戦国時代に建てた賨国の都「宕渠(とうきょ)城」の跡とされる城壩遺跡を訪ねた。(成都=新華社記者/王歓)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月06日
    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県

    6日、鎮巴県涇洋(けいよう)街道弁事処高橋村の村民、牟文貴(ぼう・ぶんき)さん(中央)に義足のリハビリを指導するホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月06日
    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県

    6日、鎮巴県涇洋(けいよう)街道弁事処高橋村の村民、牟文貴(ぼう・ぶんき)さん(中央)の右足に義足を装着するホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月05日
    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県

    5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の貧困世帯を訪れるホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月05日
    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県

    5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の村民、李菊山(り・きくざん)さんの血圧を測るホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月05日
    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県

    5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の村民、陳祥蘭(ちん・しょうらん)さん(中央)の目を診察するホームドクター・サービスチームの医師、陳娟(ちん・えん)さん(右端)。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月05日
    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県

    5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の村民、王芳(おう・ほう)さん(左から2人目)に、風邪の予防に関する注意事項を説明するホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月27日
    大巴山脈に広がる草原で涼を楽しむ陝西省正陽鎮

    27日に撮影した陝西省平利県正陽鎮の草原。大巴山脈の山間部にある中国陝西省平利県正陽鎮の草原では本格的な夏を迎え、青々とした草が生い茂り、野生の花が一面に咲いている。自然が作り出した爽やかな世界は、涼を求める観光客にとって絶好のレジャースポットだ。(平利=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月27日
    大巴山脈に広がる草原で涼を楽しむ陝西省正陽鎮

    27日、雲と霧に包まれる陝西省平利県正陽鎮の草原。(小型無人機から)大巴山脈の山間部にある中国陝西省平利県正陽鎮の草原では本格的な夏を迎え、青々とした草が生い茂り、野生の花が一面に咲いている。自然が作り出した爽やかな世界は、涼を求める観光客にとって絶好のレジャースポットだ。(平利=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月27日
    大巴山脈に広がる草原で涼を楽しむ陝西省正陽鎮

    27日、陝西省平利県正陽鎮で撮影した日の出。(小型無人機から)大巴山脈の山間部にある中国陝西省平利県正陽鎮の草原では本格的な夏を迎え、青々とした草が生い茂り、野生の花が一面に咲いている。自然が作り出した爽やかな世界は、涼を求める観光客にとって絶好のレジャースポットだ。(平利=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月27日
    大巴山脈に広がる草原で涼を楽しむ陝西省正陽鎮

    27日、陝西省平利県正陽鎮の草原を散策する観光客。(小型無人機から)大巴山脈の山間部にある中国陝西省平利県正陽鎮の草原では本格的な夏を迎え、青々とした草が生い茂り、野生の花が一面に咲いている。自然が作り出した爽やかな世界は、涼を求める観光客にとって絶好のレジャースポットだ。(平利=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月27日
    大巴山脈に広がる草原で涼を楽しむ陝西省正陽鎮

    27日、朝霧に包まれる陝西省平利県正陽鎮の草原。大巴山脈の山間部にある中国陝西省平利県正陽鎮の草原では本格的な夏を迎え、青々とした草が生い茂り、野生の花が一面に咲いている。自然が作り出した爽やかな世界は、涼を求める観光客にとって絶好のレジャースポットだ。(平利=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月27日
    大巴山脈に広がる草原で涼を楽しむ陝西省正陽鎮

    27日、陝西省平利県正陽鎮の草原の上空に架かった虹。(小型無人機から)大巴山脈の山間部にある中国陝西省平利県正陽鎮の草原では本格的な夏を迎え、青々とした草が生い茂り、野生の花が一面に咲いている。自然が作り出した爽やかな世界は、涼を求める観光客にとって絶好のレジャースポットだ。(平利=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月27日
    大巴山脈に広がる草原で涼を楽しむ陝西省正陽鎮

    27日、陝西省平利県正陽鎮の草原を散策する観光客。(小型無人機から)大巴山脈の山間部にある中国陝西省平利県正陽鎮の草原では本格的な夏を迎え、青々とした草が生い茂り、野生の花が一面に咲いている。自然が作り出した爽やかな世界は、涼を求める観光客にとって絶好のレジャースポットだ。(平利=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月21日
    大巴山脈の秘境、神田草原

    21日、神田草原を散策する観光客。中国陝西省嵐皋(らんこう)県と重慶市城口県の境界に位置する大巴山脈には、高山の草原、「神田草原」が広がっている。夏になると、青々とした草が生い茂り、山は野生の花で覆われ、気温が涼しくて清々しく、雲や霧がたちこめるこの草原は、レジャー・避暑地の人気スポットとなる。(安康=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月21日
    大巴山脈の秘境、神田草原

    21日、神田草原の小道を歩く観光客。中国陝西省嵐皋(らんこう)県と重慶市城口県の境界に位置する大巴山脈には、高山の草原、「神田草原」が広がっている。夏になると、青々とした草が生い茂り、山は野生の花で覆われ、気温が涼しくて清々しく、雲や霧がたちこめるこの草原は、レジャー・避暑地の人気スポットとなる。(安康=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月21日
    大巴山脈の秘境、神田草原

    21日、神田草原を散策する観光客。中国陝西省嵐皋(らんこう)県と重慶市城口県の境界に位置する大巴山脈には、高山の草原、「神田草原」が広がっている。夏になると、青々とした草が生い茂り、山は野生の花で覆われ、気温が涼しくて清々しく、雲や霧がたちこめるこの草原は、レジャー・避暑地の人気スポットとなる。(安康=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月21日
    地元の農畜産物のオンライン販売が好調四川省広元市

    飼育している「歳月鴨」を抱く岫雲村の住民。(2018年6月21日撮影)中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥深くに位置する四川省広元市蒼渓(そうけい)県には、「岫雲(しゅううん)村」という名の村がある。近年、この村で飼育されている「時光鶏(ニワトリ)」「歳月鴨(アヒル)」「年華猪(ブタ)」などの農畜産物のオンライン販売が好調で、売り上げを伸ばしており、村の人たちを喜ばせている。(成都=新華社配信/李春元)=2018(平成30)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月22日
    地元の農畜産物のオンライン販売が好調四川省広元市

    飼育している「年華猪」を抱く岫雲村の住民。(2018年5月22日撮影)中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥深くに位置する四川省広元市蒼渓(そうけい)県には、「岫雲(しゅううん)村」という名の村がある。近年、この村で飼育されている「時光鶏(ニワトリ)」「歳月鴨(アヒル)」「年華猪(ブタ)」などの農畜産物のオンライン販売が好調で、売り上げを伸ばしており、村の人たちを喜ばせている。(成都=新華社配信/李春元)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年01月20日
    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村

    1月19日、自身が建てた撮影用の小屋で撮影を行う中国陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の「鳥ガイド」華英さん。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年08月16日
    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村

    2017年8月16日、生産した黒米を梱包する陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村合作社の加入者。草壩村で村民の共同出資により設立された合作社は、有機農産物ブランド「トキ湖」の強化に情熱を傾けており、有機農産物の厳格な生産管理体制に基づき、標準化された生産を行っている。「トキ湖」ブランドの有機農産物は現時点で、北京・上海・広州・天津など国内20数都市で2月2日】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年08月16日
    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村

    2017年8月16日、顧客に村特産の黒米月餅を郵便で発送する陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の電子商取引販売部門の王庚経理。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年08月16日
    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村

    2017年8月16日、陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の梨園で梨狩りをする観光客。草壩村には、3800ムー(1ムー=約667平方メートル)に及ぶ認証を受けた有機栽培梨の果樹園があり、1ムー当たりの産出額は600万元(1元=約17円)に上る。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)=2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年08月16日
    トキの保護で貧困を脱却した洋県の村

    2017年8月16日に上空から撮影した陝西省漢中市洋県草壩(ハ)村の黒米生産基地。草壩村には、村全体で有機栽培をする田んぼが2300ムー(1ムー=約667平方メートル)、アブラナ生産基地が4600ムー、サクランボ畑が300ムーある。年間生産量は有機栽培米が800トン強、菜種油・ごま油が260トン、高品質野菜が500トン強と、複数の作物を並行して有機栽培することで良好な発展を続けている。【新華社西安】中国・長江最大の支流である漢江(かんこう)上流の秦嶺山脈と大巴山脈一帯に位置する秦巴山区は、中国で特に貧しい地区として国家に指定されている広域特殊困難地区の一つ。1600人を超える村の人たちと同様、1980年代に村一帯が国からトキ保護区の中心地域に指定されたときは「トキの保護なんて村民の生活が成り立たなくなってしまう」と思った。だが今は「トキのふるさと」である美しい山河が、村民の収入を増やし、富をもたらす「黄金の鍵」となっている。(新華社記者/陶明)  =2017(平成29)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2