KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 発展
  • 記者
  • ハルビン
  • 指定
  • 広域
  • 生産
  • ハウス
  • 空撮
  • 自宅

「大慶市」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
146
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
146
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1994年12月05日
    中国に開銀機能を指南

    )、産業03S  市場経済化の進展とともに基盤整備が課題になっている重厚長大産業(中国・大慶市の石油化学工場)

    商品コード: 1994120500044

  • 1999年09月17日
    大慶油田の大型ポンプ 石油から脱皮図る大慶

    )、外信439S、21日付朝刊以降使用、解禁厳守、外信部注意  絶え間なく上下運動を繰り返して、地下数百メートルの油層に圧力をかける「叩頭(おじぎ)機」と呼ばれる大型ポンプ=8月、中国黒竜江省大慶市(共同)

    商品コード: 1999091700110

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年08月26日
    総書記乗せたと見られる車 「血盟」の重さアピール

    大慶市の展示館に向かう金正日総書記を乗せたとみられる車=26日、中国黒竜江省(共同)

    商品コード: 2011082600587

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年08月26日
    展示館に入る総書記の車列 「血盟」の重さアピール

    大慶市の展示館に入る金正日総書記一行の車列=26日、中国黒竜江省(共同)

    商品コード: 2011082600588

  • 2013年01月15日
    Petrochemical plant construction site

    Workers braved snow during construction at a daqing petrochemical plant in Daqing, Heilongjiang Province, China, Jan. 15, 2013.=2013(平成25)年1月15日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408615

  • 2013年01月16日
    Petrochemical plant construction site

    Workers braved snow during construction at a daqing petrochemical plant in Daqing, Heilongjiang Province, China, Jan. 15, 2013.=2013(平成25)年1月16日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408763

  • 2013年01月16日
    Petrochemical plant construction site

    Workers braved snow during construction at a daqing petrochemical plant in Daqing, Heilongjiang Province, China, Jan. 15, 2013.=2013(平成25)年1月16日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408783

  • 2013年08月02日
    Petrochemical plant construction site

    Spiderman paints a granulating tower at a fertilizer plant of Daqing Petrochemical Company in Daqing, Heilongjiang Province, China, August 10, 2013.=2013(平成25)年8月2日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408700

  • 2013年08月06日
    Petrochemical plant construction site

    Spiderman paints a granulating tower at a fertilizer plant of Daqing Petrochemical Company in Daqing, Heilongjiang Province, China, August 10, 2013.=2013(平成25)年8月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408676

  • 2013年08月06日
    Petrochemical plant construction site

    Spiderman paints a granulating tower at a fertilizer plant of Daqing Petrochemical Company in Daqing, Heilongjiang Province, China, August 10, 2013.=2013(平成25)年8月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408764

  • 2014年07月08日
    Petrochemical plant construction site

    Daqing Petrochemical Company power plant desulfurization and ammonia removal flue installation, July 6, 2014, Daqing, Heilongjiang Province, China.=2014(平成26)年7月8日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408847

  • 2014年09月12日
    Petrochemical plant construction site

    Daqing Petrochemical Company power plant desulfurization and ammonia removal flue installation, July 6, 2014, Daqing, Heilongjiang Province, China.=2014(平成26)年9月12日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408834

  • 2014年09月12日
    Petrochemical plant construction site

    Daqing Petrochemical Company power plant desulfurization and ammonia removal flue installation, July 6, 2014, Daqing, Heilongjiang Province, China.=2014(平成26)年9月12日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408751

  • 2014年09月22日
    Petrochemical plant construction site

    Daqing Petrochemical Company power plant desulfurization and ammonia removal flue installation, July 6, 2014, Daqing, Heilongjiang Province, China.=2014(平成26)年9月22日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408805

  • 2015年12月05日
    Petrochemical plant construction site

    Chemical workers work at the construction of a gasoline hydrogenation unit at Yunnan Petrochemical Company in Daqing, Heilongjiang Province, China, Dec. 5, 2015.=2015(平成27)年12月5日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408806

  • 2018年08月23日
    Petrochemical plant construction site

    Sunset light illuminates the Daqing Petrochemical plant in Daqing, Heilongjiang Province, China, August 23, 2018.=2018(平成30)年8月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408726

  • 2018年08月23日
    Petrochemical plant construction site

    The daqing Petrochemical Plant is seen at night in Daqing, Heilongjiang Province, China, August 23, 2018.=2018(平成30)年8月23日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408696

  • 2018年08月25日
    Petrochemical plant construction site

    A worker takes rain during maintenance at a fertilizer plant of Daqing Petrochemical Company in Daqing, Heilongjiang Province, China, Aug. 10, 2018.=2018(平成30)年8月25日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408771

  • 2018年09月01日
    Petrochemical plant construction site

    A worker during overhaul at a fertilizer plant of Daqing Petrochemical Company in Daqing, Heilongjiang Province, China, August 10, 2018.=2018(平成30)年9月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408740

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:08.83
    2018年11月19日
    「新華社」中国河南省で車両20台余りの玉突き事故、3人死亡

    中国の黒竜江省大慶市と広東省広州市を結ぶ大広高速道路の南端から北へ2149キロの地点(河南省駐馬店市平輿県県内)で19日午前7時20分(日本時間同8時20分)ごろ、濃い霧の影響で車両20台余りがからむ玉突き事故が発生した。事故車両の多くは大型トラックや宅配車両で、多くの人が車内に閉じ込められた。19日午後1時15分現在、救助隊は13人を救出したが、このうち3人の死亡が確認された。現場では引き続き救助活動が行われている。<映像内容>河南省の玉突き事故の様子、撮影日:2018(平成30)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009745

  • 2019年07月31日
    Starry Sky Starry Sky

    The Milky Way is reflected in Lianhuan Lake in Daqing City, Heilongjiang Province, China, July 31, 2019.=2019(令和元)年7月31日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052115125

  • 2020年02月17日
    黒竜江省大慶市からベルギーへ、乗用車輸送の中欧班列が出発

    大慶ボルボ自動車製造で積み込まれる乗用車。(2月17日撮影)中国黒竜江省大慶市の臥里屯(がりとん)駅から5日、乗用車123台を積んだ中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が出発した。内モンゴル自治区の満洲里鉄道口岸(通関地)駅を経由し、約18日でベルギーに到着する予定。同口岸駅経由の乗用車輸送中欧班列は今年15本で、「メード・イン・チャイナ」の乗用車輸送は累計で2千台近くに上る。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804406

  • 2020年02月26日
    新型肺炎の影響を脱しつつある「一帯一路」中国東北地域

    2月26日、黒竜江省大慶市の臥里屯駅を出発し、ベルギーに向かう中欧班列。中国製自動車126台を載せた中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」X8031が2月26日、黒竜江省大慶市の臥里屯駅を出発した。18日後にベルギーに到着する。X8031は春節(旧正月)以降に臥里屯駅を始発した3便目の中欧班列で、大慶市とベルギーのゼーブルッヘを結ぶ路線で通常運行が再開されたことを意味する。新型コロナウイルスによる肺炎は中国企業の生産に影響を与えるとともに、「一帯一路」の中欧班列運行も阻害していた。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2020030300920

  • 2020年02月26日
    新型肺炎の影響を脱しつつある「一帯一路」中国東北地域

    2月26日、中欧班列でベルギーに輸送される中国製自動車。中国製自動車126台を載せた中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」X8031が2月26日、黒竜江省大慶市の臥里屯駅を出発した。18日後にベルギーに到着する。X8031は春節(旧正月)以降に臥里屯駅を始発した3便目の中欧班列で、大慶市とベルギーのゼーブルッヘを結ぶ路線で通常運行が再開されたことを意味する。新型コロナウイルスによる肺炎は中国企業の生産に影響を与えるとともに、「一帯一路」の中欧班列運行も阻害していた。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030503575

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月30日
    貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省

    3月30日、自宅でオンライン授業を受ける一心郷中学の生徒、楊(よう)さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040302576

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月30日
    貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省

    3月30日、教育座談会を行うハルビン師範大学と一心郷中学の教師。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040302630

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月30日
    貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省

    3月30日、自宅で一心郷中学の生徒に対しオンライン授業を行うハルビン師範大学の大学生、陳(ちん)さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040302552

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月30日
    貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省

    3月30日、教室で勉強する一心郷中学の生徒。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040302633

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月30日
    貧困村の子どもたちに、無料オンライン授業を提供黒竜江省

    3月30日、自宅でオンライン授業を受ける一心郷中学の生徒、楊(よう)さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はかつて国の貧困県に指定され、教師・教育指導力の不足が現地の学校や保護者らの悩みになっていた。中国共産党ハルビン師範大学マルクス主義学院委員会書記の慕海軍(ぼ・かいぐん)氏は2017年、教師の韓明祥(かん・めいしょう)さん、銭正竜(せん・せいりゅう)さんと共に駐村工作隊を結成し、同県一心郷前進村にやってきた。工作隊が取り持ち、2019年7月にハルビン師範大学西語学院と一心郷中学は正式に協力関係を結んだ。募集を通じて大学生志願者が20人集まり、村の20人の子どもたちに対する週に1回のオンライン無料授業を開始した。冬休みや夏休み、新型コロナウイルス流行期間にもオンライン授業は通常通り行われ、途切れたことはない。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040302661

  • 2020年04月11日
    中国の眼科医院で活躍する外国籍医師黒竜江省大慶市

    11日、大慶眼科医院で患者を診察するロシア籍の眼科医ニコラ・ドゥシャンさん。中国黒竜江省大慶市にある大慶眼科医院が3月20日、正式に診療を再開し、外国籍の常勤医師6人も全員職場に復帰した。6人の医師はロシアとカザフスタン出身で、卓越した医療技術が患者の好評を得ており、診療再開後は診察を希望する患者が続々と訪れている。(大慶=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003756

  • 2020年04月11日
    中国の眼科医院で活躍する外国籍医師黒竜江省大慶市

    11日、大慶眼科医院で患者を検査するロシア籍の眼科医イーゴリ・ツェレツノフさん。中国黒竜江省大慶市にある大慶眼科医院が3月20日、正式に診療を再開し、外国籍の常勤医師6人も全員職場に復帰した。6人の医師はロシアとカザフスタン出身で、卓越した医療技術が患者の好評を得ており、診療再開後は診察を希望する患者が続々と訪れている。(大慶=新華社配信/唐鉄富)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003799

  • 2020年04月11日
    中国の眼科医院で活躍する外国籍医師黒竜江省大慶市

    11日、大慶眼科医院で患者の両目を検査するカザフスタン籍の眼科医ショーレベック・カベルベコフさん。中国黒竜江省大慶市にある大慶眼科医院が3月20日、正式に診療を再開し、外国籍の常勤医師6人も全員職場に復帰した。6人の医師はロシアとカザフスタン出身で、卓越した医療技術が患者の好評を得ており、診療再開後は診察を希望する患者が続々と訪れている。(大慶=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003812

  • 2020年04月11日
    中国の眼科医院で活躍する外国籍医師黒竜江省大慶市

    11日、大慶眼科医院で働くロシア籍の眼科医イーゴリ・ツェレツノフさん(左)と医療通訳の季雪梅(き・せつばい)さん(右)。中国黒竜江省大慶市にある大慶眼科医院が3月20日、正式に診療を再開し、外国籍の常勤医師6人も全員職場に復帰した。6人の医師はロシアとカザフスタン出身で、卓越した医療技術が患者の好評を得ており、診療再開後は診察を希望する患者が続々と訪れている。(大慶=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003814

  • 2020年04月11日
    中国の眼科医院で活躍する外国籍医師黒竜江省大慶市

    11日、大慶眼科医院で患者の両目を検査するカザフスタン籍の眼科医ショーレベック・カベルベコフさん。中国黒竜江省大慶市にある大慶眼科医院が3月20日、正式に診療を再開し、外国籍の常勤医師6人も全員職場に復帰した。6人の医師はロシアとカザフスタン出身で、卓越した医療技術が患者の好評を得ており、診療再開後は診察を希望する患者が続々と訪れている。(大慶=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003749

  • 2020年04月11日
    中国の眼科医院で活躍する外国籍医師黒竜江省大慶市

    11日、大慶眼科医院で診察前に医療用ゴーグルを着用するロシア籍の眼科医ニコラ・ドゥシャンさん。中国黒竜江省大慶市にある大慶眼科医院が3月20日、正式に診療を再開し、外国籍の常勤医師6人も全員職場に復帰した。6人の医師はロシアとカザフスタン出身で、卓越した医療技術が患者の好評を得ており、診療再開後は診察を希望する患者が続々と訪れている。(大慶=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003803

  • 2020年04月11日
    中国の眼科医院で活躍する外国籍医師黒竜江省大慶市

    11日、大慶眼科医院で患者を検査するカザフスタン籍の眼科医リリヤ・ポポワさん。中国黒竜江省大慶市にある大慶眼科医院が3月20日、正式に診療を再開し、外国籍の常勤医師6人も全員職場に復帰した。6人の医師はロシアとカザフスタン出身で、卓越した医療技術が患者の好評を得ており、診療再開後は診察を希望する患者が続々と訪れている。(大慶=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003849

  • 00:58.36
    2020年05月30日
    「新華社」資源型都市、産業構造の転換で経済立て直しへ黒竜江省大慶市

    中国黒竜江省大慶市は中国最大の大慶油田を中心に発展してきた「油田の町」で、石油産業の重要拠点としての役割を担っている。大慶経済技術開発区では石油精製プラント建設プロジェクト「竜油550プロジェクト」が、石油大手の中国石油天然気(ペトロチャイナ)傘下の「大慶油田」や「大慶煉化」など大手企業が中心となり、急ピッチで進められている。総投資額は114億元(1元=約15円)で、敷地面積は188万6千平方メートル。9月の稼働を予定している。稼働後は年間350万トンの石油化学製品を市場に供給する。年間生産額は200億元を見込む。同市は近年、自動車製造や文化観光など石油以外の産業の育成にも力を入れ、産業構造の再構築による経済の立て直しにも取り組んでいる。(記者/唐鉄富)<映像内容>黒竜江省大慶市の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401883

  • 2020年07月03日
    Petrochemical plant construction site

    Daqing Hailong Oil Construction site, Daqing city, Heilongjiang Province, China, July 3, 2020.=2020(令和2)年7月3日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408793

  • 2020年07月05日
    Petrochemical plant construction site

    Daqing Hailong Oil Construction site, Daqing City, Heilongjiang Province, China, July 3, 2020.=2020(令和2)年7月5日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110408774

  • 2020年07月08日
    「ミニ菜園」が貧困脱却と増収もたらす畑に変身黒竜江省

    8日、黒竜江省林甸県宏偉郷全勝村にある自身の畑で、キュウリを収穫する貧困脱却を果たした范玉林(はん・ぎょくりん)さん。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県では近年、「菜園経済」の発展が貧困層の貧困脱却と増収を後押しする有効な手段となっており、農家が自宅の庭に設けた「ミニ菜園」で特色ある農作物の栽培や家畜の飼育を発展させ、「ミニ菜園」を「収入をもたらす畑」に変えることを奨励している。現在、同県の農家1万4千余世帯が自宅の庭で農作物の栽培や家畜の飼育を行っており、そのうちの3千余世帯が貧困世帯だという。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803417

  • 2020年07月08日
    「ミニ菜園」が貧困脱却と増収もたらす畑に変身黒竜江省

    8日、黒竜江省林甸県宏偉郷全勝村にある自身の畑を耕す貧困脱却を果たした叢百山(そう・ひゃくさん)さん。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県では近年、「菜園経済」の発展が貧困層の貧困脱却と増収を後押しする有効な手段となっており、農家が自宅の庭に設けた「ミニ菜園」で特色ある農作物の栽培や家畜の飼育を発展させ、「ミニ菜園」を「収入をもたらす畑」に変えることを奨励している。現在、同県の農家1万4千余世帯が自宅の庭で農作物の栽培や家畜の飼育を行っており、そのうちの3千余世帯が貧困世帯だという。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803416

  • 2020年07月08日
    「ミニ菜園」が貧困脱却と増収もたらす畑に変身黒竜江省

    8日、黒竜江省林甸県宏偉郷全勝村にある自身の畑で、ササゲのつるを縛る貧困脱却を果たした叢百山(そう・ひゃくさん)さん。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県では近年、「菜園経済」の発展が貧困層の貧困脱却と増収を後押しする有効な手段となっており、農家が自宅の庭に設けた「ミニ菜園」で特色ある農作物の栽培や家畜の飼育を発展させ、「ミニ菜園」を「収入をもたらす畑」に変えることを奨励している。現在、同県の農家1万4千余世帯が自宅の庭で農作物の栽培や家畜の飼育を行っており、そのうちの3千余世帯が貧困世帯だという。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803385

  • 2020年07月09日
    「トマトのまち」が農家の貧困脱却と増収を推進黒竜江省

    9日、大慶宏福国際現代ハイテク農業パークのスマート農業用ハウスで、作業記録を付ける従業員。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県は近年、産業の発展を通じて農家の貧困脱却と増収を推進。2017年には「大慶宏福四季トマトのまち」プロジェクトをスタートさせた。「トマトのまち」のメイン産業パークは大慶宏福国際現代ハイテク農業パークで、その第1期1号の農業用ハウスが2018年から稼働している。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304295

  • 2020年07月09日
    「トマトのまち」が農家の貧困脱却と増収を推進黒竜江省

    9日、大慶宏福国際現代ハイテク農業パークのスマート農業用ハウスで、収穫したトマトを運ぶ従業員。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県は近年、産業の発展を通じて農家の貧困脱却と増収を推進。2017年には「大慶宏福四季トマトのまち」プロジェクトをスタートさせた。「トマトのまち」のメイン産業パークは大慶宏福国際現代ハイテク農業パークで、その第1期1号の農業用ハウスが2018年から稼働している。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304343

  • 2020年07月09日
    「ミニ菜園」が貧困脱却と増収もたらす畑に変身黒竜江省

    9日、黒竜江省林甸県四季青鎮新民村にある自宅の庭で、ガチョウのヒナに餌をやる貧困脱却を果たした湯占君(とう・せんくん)さん。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県では近年、「菜園経済」の発展が貧困層の貧困脱却と増収を後押しする有効な手段となっており、農家が自宅の庭に設けた「ミニ菜園」で特色ある農作物の栽培や家畜の飼育を発展させ、「ミニ菜園」を「収入をもたらす畑」に変えることを奨励している。現在、同県の農家1万4千余世帯が自宅の庭で農作物の栽培や家畜の飼育を行っており、そのうちの3千余世帯が貧困世帯だという。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803307

  • 2020年07月09日
    「ミニ菜園」が貧困脱却と増収もたらす畑に変身黒竜江省

    9日、自宅前の菜園でサケツバタケ(Strophariarugosoannulata)を栽培する村民の家が立ち並ぶ黒竜江省林甸県四合郷連合村の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県では近年、「菜園経済」の発展が貧困層の貧困脱却と増収を後押しする有効な手段となっており、農家が自宅の庭に設けた「ミニ菜園」で特色ある農作物の栽培や家畜の飼育を発展させ、「ミニ菜園」を「収入をもたらす畑」に変えることを奨励している。現在、同県の農家1万4千余世帯が自宅の庭で農作物の栽培や家畜の飼育を行っており、そのうちの3千余世帯が貧困世帯だという。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803359

  • 2020年07月09日
    「ミニ菜園」が貧困脱却と増収もたらす畑に変身黒竜江省

    9日、黒竜江省林甸県にあるスーパーマーケット、天沢超市の「ミニ菜園」コーナーで、野菜を選ぶ人たち。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県では近年、「菜園経済」の発展が貧困層の貧困脱却と増収を後押しする有効な手段となっており、農家が自宅の庭に設けた「ミニ菜園」で特色ある農作物の栽培や家畜の飼育を発展させ、「ミニ菜園」を「収入をもたらす畑」に変えることを奨励している。現在、同県の農家1万4千余世帯が自宅の庭で農作物の栽培や家畜の飼育を行っており、そのうちの3千余世帯が貧困世帯だという。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803420

  • 2020年07月09日
    「トマトのまち」が農家の貧困脱却と増収を推進黒竜江省

    9日、大慶宏福国際現代ハイテク農業パークのスマート農業用ハウスで、収穫したトマトを運ぶ従業員。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県は近年、産業の発展を通じて農家の貧困脱却と増収を推進。2017年には「大慶宏福四季トマトのまち」プロジェクトをスタートさせた。「トマトのまち」のメイン産業パークは大慶宏福国際現代ハイテク農業パークで、その第1期1号の農業用ハウスが2018年から稼働している。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408927

  • 2020年07月09日
    産業による貧困脱却支援が奏功黒竜江省

    黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県四季青鎮新富村で、栽培したトマトを収穫する貧困世帯の村民。(7月9日撮影)中国黒竜江省では収穫の最盛期を迎え、至る所に豊作の喜びがあふれている。同省はここ数年、貧困脱却支援産業の発展に力を入れ、省を挙げて農業の優位性を生かした特色ある産業プロジェクト4千件近くを実行に移した。2017~19年末までに、同省の現行基準で累計61万3千人が貧困から脱却し、貧困発生率は0・07%まで低下。省内の国家級貧困県20県、省級貧困県8県全てが貧困指定から外れ、貧困村1778村全てが貧困脱却を果たし、地域全体の貧困解決を1年前倒しで達成した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102206270

  • 2020年07月09日
    「トマトのまち」が農家の貧困脱却と増収を推進黒竜江省

    9日、大慶宏福国際現代ハイテク農業パークのスマート農業用ハウスで、トマトの収穫作業をする従業員。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県は近年、産業の発展を通じて農家の貧困脱却と増収を推進。2017年には「大慶宏福四季トマトのまち」プロジェクトをスタートさせた。「トマトのまち」のメイン産業パークは大慶宏福国際現代ハイテク農業パークで、その第1期1号の農業用ハウスが2018年から稼働している。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304262

  • 2020年07月09日
    「ミニ菜園」が貧困脱却と増収もたらす畑に変身黒竜江省

    9日、黒竜江省林甸県にあるスーパーマーケット、比優特超市の「扶貧小菜園(貧困支援ミニ菜園)」コーナーで、野菜を選ぶ人たち。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県では近年、「菜園経済」の発展が貧困層の貧困脱却と増収を後押しする有効な手段となっており、農家が自宅の庭に設けた「ミニ菜園」で特色ある農作物の栽培や家畜の飼育を発展させ、「ミニ菜園」を「収入をもたらす畑」に変えることを奨励している。現在、同県の農家1万4千余世帯が自宅の庭で農作物の栽培や家畜の飼育を行っており、そのうちの3千余世帯が貧困世帯だという。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803362

  • 2020年07月09日
    「トマトのまち」が農家の貧困脱却と増収を推進黒竜江省

    9日、大慶宏福国際現代ハイテク農業パークの第1期1号の農業用ハウス。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県は近年、産業の発展を通じて農家の貧困脱却と増収を推進。2017年には「大慶宏福四季トマトのまち」プロジェクトをスタートさせた。「トマトのまち」のメイン産業パークは大慶宏福国際現代ハイテク農業パークで、その第1期1号の農業用ハウスが2018年から稼働している。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304281

  • 2020年07月09日
    「トマトのまち」が農家の貧困脱却と増収を推進黒竜江省

    9日、大慶宏福国際現代ハイテク農業パークのスマート農業用ハウスで、トマトの収穫作業をする従業員。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県は近年、産業の発展を通じて農家の貧困脱却と増収を推進。2017年には「大慶宏福四季トマトのまち」プロジェクトをスタートさせた。「トマトのまち」のメイン産業パークは大慶宏福国際現代ハイテク農業パークで、その第1期1号の農業用ハウスが2018年から稼働している。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304339

  • 2020年07月09日
    「トマトのまち」が農家の貧困脱却と増収を推進黒竜江省

    9日、大慶宏福国際現代ハイテク農業パークの包装エリアに並ぶ箱詰めされたトマト。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県は近年、産業の発展を通じて農家の貧困脱却と増収を推進。2017年には「大慶宏福四季トマトのまち」プロジェクトをスタートさせた。「トマトのまち」のメイン産業パークは大慶宏福国際現代ハイテク農業パークで、その第1期1号の農業用ハウスが2018年から稼働している。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304352

  • 2020年07月09日
    「ミニ菜園」が貧困脱却と増収もたらす畑に変身黒竜江省

    9日、黒竜江省林甸県四季青鎮新民村にある自宅の庭で、ニワトリに餌をやる貧困脱却を果たした車万江(しゃ・ばんこう)さん。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県では近年、「菜園経済」の発展が貧困層の貧困脱却と増収を後押しする有効な手段となっており、農家が自宅の庭に設けた「ミニ菜園」で特色ある農作物の栽培や家畜の飼育を発展させ、「ミニ菜園」を「収入をもたらす畑」に変えることを奨励している。現在、同県の農家1万4千余世帯が自宅の庭で農作物の栽培や家畜の飼育を行っており、そのうちの3千余世帯が貧困世帯だという。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803387

  • 2020年07月09日
    「ミニ菜園」が貧困脱却と増収もたらす畑に変身黒竜江省

    9日、黒竜江省林甸県にあるスーパーマーケット、天沢超市の「ミニ菜園」販売コーナー。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県では近年、「菜園経済」の発展が貧困層の貧困脱却と増収を後押しする有効な手段となっており、農家が自宅の庭に設けた「ミニ菜園」で特色ある農作物の栽培や家畜の飼育を発展させ、「ミニ菜園」を「収入をもたらす畑」に変えることを奨励している。現在、同県の農家1万4千余世帯が自宅の庭で農作物の栽培や家畜の飼育を行っており、そのうちの3千余世帯が貧困世帯だという。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803414

  • 2020年07月09日
    「ミニ菜園」が貧困脱却と増収もたらす畑に変身黒竜江省

    9日、黒竜江省林甸県四季青鎮新民村にある自宅の庭で飼うニワトリが生んだ卵を見せる貧困脱却を果たした車万江(しゃ・ばんこう)さん。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県では近年、「菜園経済」の発展が貧困層の貧困脱却と増収を後押しする有効な手段となっており、農家が自宅の庭に設けた「ミニ菜園」で特色ある農作物の栽培や家畜の飼育を発展させ、「ミニ菜園」を「収入をもたらす畑」に変えることを奨励している。現在、同県の農家1万4千余世帯が自宅の庭で農作物の栽培や家畜の飼育を行っており、そのうちの3千余世帯が貧困世帯だという。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803422

  • 2020年07月09日
    「トマトのまち」が農家の貧困脱却と増収を推進黒竜江省

    9日、大慶宏福国際現代ハイテク農業パークの包装エリアで、箱詰めされたトマトを掲げて見せる従業員。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県は近年、産業の発展を通じて農家の貧困脱却と増収を推進。2017年には「大慶宏福四季トマトのまち」プロジェクトをスタートさせた。「トマトのまち」のメイン産業パークは大慶宏福国際現代ハイテク農業パークで、その第1期1号の農業用ハウスが2018年から稼働している。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304325

  • 2020年07月09日
    「トマトのまち」が農家の貧困脱却と増収を推進黒竜江省

    9日、大慶宏福国際現代ハイテク農業パークの第1期1号の農業用ハウス。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県は近年、産業の発展を通じて農家の貧困脱却と増収を推進。2017年には「大慶宏福四季トマトのまち」プロジェクトをスタートさせた。「トマトのまち」のメイン産業パークは大慶宏福国際現代ハイテク農業パークで、その第1期1号の農業用ハウスが2018年から稼働している。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304342

  • 2020年07月09日
    「トマトのまち」が農家の貧困脱却と増収を推進黒竜江省

    9日、大慶宏福国際現代ハイテク農業パークの包装エリアで、トマトの包装作業をする従業員。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県は近年、産業の発展を通じて農家の貧困脱却と増収を推進。2017年には「大慶宏福四季トマトのまち」プロジェクトをスタートさせた。「トマトのまち」のメイン産業パークは大慶宏福国際現代ハイテク農業パークで、その第1期1号の農業用ハウスが2018年から稼働している。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304357

  • 2020年07月09日
    「ミニ菜園」が貧困脱却と増収もたらす畑に変身黒竜江省

    9日、自宅前の菜園でサケツバタケ(Strophariarugosoannulata)を栽培する村民の家が立ち並ぶ黒竜江省林甸県四合郷連合村の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県では近年、「菜園経済」の発展が貧困層の貧困脱却と増収を後押しする有効な手段となっており、農家が自宅の庭に設けた「ミニ菜園」で特色ある農作物の栽培や家畜の飼育を発展させ、「ミニ菜園」を「収入をもたらす畑」に変えることを奨励している。現在、同県の農家1万4千余世帯が自宅の庭で農作物の栽培や家畜の飼育を行っており、そのうちの3千余世帯が貧困世帯だという。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803434

  • 2020年07月09日
    「ミニ菜園」が貧困脱却と増収もたらす畑に変身黒竜江省

    9日、自宅前の菜園でサケツバタケ(Strophariarugosoannulata)を栽培する村民の家が立ち並ぶ黒竜江省林甸県四合郷連合村の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県では近年、「菜園経済」の発展が貧困層の貧困脱却と増収を後押しする有効な手段となっており、農家が自宅の庭に設けた「ミニ菜園」で特色ある農作物の栽培や家畜の飼育を発展させ、「ミニ菜園」を「収入をもたらす畑」に変えることを奨励している。現在、同県の農家1万4千余世帯が自宅の庭で農作物の栽培や家畜の飼育を行っており、そのうちの3千余世帯が貧困世帯だという。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803436

  • 2020年07月09日
    「トマトのまち」が農家の貧困脱却と増収を推進黒竜江省

    9日、大慶宏福国際現代ハイテク農業パークの包装エリアで、トマトの包装作業をする従業員。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県は近年、産業の発展を通じて農家の貧困脱却と増収を推進。2017年には「大慶宏福四季トマトのまち」プロジェクトをスタートさせた。「トマトのまち」のメイン産業パークは大慶宏福国際現代ハイテク農業パークで、その第1期1号の農業用ハウスが2018年から稼働している。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304139

  • 2020年07月09日
    「トマトのまち」が農家の貧困脱却と増収を推進黒竜江省

    9日、大慶宏福国際現代ハイテク農業パークのスマート農業用ハウスで、トマトの収穫作業をする従業員。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県は近年、産業の発展を通じて農家の貧困脱却と増収を推進。2017年には「大慶宏福四季トマトのまち」プロジェクトをスタートさせた。「トマトのまち」のメイン産業パークは大慶宏福国際現代ハイテク農業パークで、その第1期1号の農業用ハウスが2018年から稼働している。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071304297

  • 01:03.04
    2020年07月12日
    「新華社」「トマトのまち」が農家の貧困脱却と増収を推進黒竜江省

    中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県は近年、産業の発展を通じて農家の貧困脱却と増収を推進。2017年には「大慶宏福四季トマトのまち」プロジェクトをスタートさせた。「トマトのまち」のメイン産業パークは大慶宏福国際現代ハイテク農業パークで、その第1期1号の農業用ハウスが2018年から稼働している。(記者/王建威)<映像内容>ビニールハウスの空撮、トマトの栽培、収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

    商品コード: 2020072300525

  • 01:12.27
    2020年07月14日
    「新華社」「ミニ菜園」が貧困脱却と増収もたらす畑に変身黒竜江省

    中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は、大興安嶺南麓の「集中連片特困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)にある。同県では近年、「菜園経済」の発展が貧困層の貧困脱却と増収を後押しする有効な手段となっており、農家が自宅の庭に設けた「ミニ菜園」で特色ある農作物の栽培や家畜の飼育を発展させ、「ミニ菜園」を「収入をもたらす畑」に変えることを奨励している。現在、同県の農家1万4千余世帯が自宅の庭で農作物の栽培や家畜の飼育を行っており、そのうちの3千余世帯が貧困世帯だという。(記者/王建威、程子竜)<映像内容>農作物の栽培や家畜の飼育の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072704467

  • 2020年07月30日
    18の湖が織りなす美のハーモニー夏の連環湖を訪ねて

    7月30日、日の光に照り輝く連環湖の風景。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県にある連環湖は、大小さまざまな18の湖からなり、美しい自然環境と豊富な水産資源で知られる。夏になると、湖と空が一体化したような絶景を楽しもうと訪れる人が後を絶たない。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507692

  • 2020年07月30日
    18の湖が織りなす美のハーモニー夏の連環湖を訪ねて

    7月30日、大小18の湖からなる連環湖の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県にある連環湖は、大小さまざまな18の湖からなり、美しい自然環境と豊富な水産資源で知られる。夏になると、湖と空が一体化したような絶景を楽めもうと訪れる人が後を絶たない。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507838

  • 2020年07月30日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月30日、自宅で娘に食事をさせる張大鵬さん(左)。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602055

  • 2020年07月30日
    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市

    7月30日、黒竜江伊品生物科技の製品倉庫。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303374

  • 2020年07月30日
    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市

    7月30日、トウモロコシを積んだトラック。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303416

  • 2020年07月30日
    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市

    7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場で作業する従業員。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303438

  • 2020年07月30日
    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市

    7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303521

  • 2020年07月30日
    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市

    7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場でトウモロコシを倉庫に入れる従業員。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303358

  • 2020年07月30日
    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市

    7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場で作業する従業員。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303526

  • 2020年07月30日
    18の湖が織りなす美のハーモニー夏の連環湖を訪ねて

    7月30日、日の光に照り輝く連環湖の風景。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県にある連環湖は、大小さまざまな18の湖からなり、美しい自然環境と豊富な水産資源で知られる。夏になると、湖と空が一体化したような絶景を楽しもうと訪れる人が後を絶たない。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507673

  • 2020年07月30日
    産業による貧困脱却支援が奏功黒竜江省

    黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県ドルボド鎮幸福村で、収穫したばかりのナスを手にする貧困世帯の村民。(7月30日撮影)中国黒竜江省では収穫の最盛期を迎え、至る所に豊作の喜びがあふれている。同省はここ数年、貧困脱却支援産業の発展に力を入れ、省を挙げて農業の優位性を生かした特色ある産業プロジェクト4千件近くを実行に移した。2017~19年末までに、同省の現行基準で累計61万3千人が貧困から脱却し、貧困発生率は0・07%まで低下。省内の国家級貧困県20県、省級貧困県8県全てが貧困指定から外れ、貧困村1778村全てが貧困脱却を果たし、地域全体の貧困解決を1年前倒しで達成した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102206355

  • 2020年07月30日
    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市

    7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場で作業する従業員。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303420

  • 2020年07月30日
    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市

    7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場でトウモロコシを倉庫に入れる従業員。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303454

  • 2020年07月30日
    トウモロコシの加工産業で増収を後押し黒竜江省大慶市

    7月30日、黒竜江伊品生物科技の工場。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県はここ数年、トウモロコシの高付加価値加工産業を積極的に発展させている。県内と周辺地区のトウモロコシ栽培農家の増収をけん引するとともに、物流業やサービス業など他分野の発展も促進している。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080303491

  • 2020年07月30日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月30日、父親に甘える張大鵬さんの娘。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602223

  • 2020年07月30日
    18の湖が織りなす美のハーモニー夏の連環湖を訪ねて

    7月30日、大小18の湖からなる連環湖の風景。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県にある連環湖は、大小さまざまな18の湖からなり、美しい自然環境と豊富な水産資源で知られる。夏になると、湖と空が一体化したような絶景を楽しもうと訪れる人が後を絶たない。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507825

  • 2020年07月30日
    18の湖が織りなす美のハーモニー夏の連環湖を訪ねて

    7月30日、大小18の湖からなる連環湖の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県にある連環湖は、大小さまざまな18の湖からなり、美しい自然環境と豊富な水産資源で知られる。夏になると、湖と空が一体化したような絶景を楽しもうと訪れる人が後を絶たない。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507772

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社にある菌床栽培の作業場で、作業を行う農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507681

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507721

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社で、キクラゲを天日干しする農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507747

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、家庭農場のトウモロコシ畑にかんがい設備を設置する張大鵬さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602042

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、朝の搾乳作業を終え家族と朝食を取る張大鵬さん(左から2人目)。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602082

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、ダイズ畑で除草作業をする張大鵬さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602105

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、広勝村で牛乳を受け取る張大鵬さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602245

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507687

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社で、キクラゲを天日干しする農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507679

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507759

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507781

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507785

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、張大鵬家庭農場の建物の前で家族と写真撮影する張大鵬さん(右から2人目)。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602037

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507680

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、トウモロコシ畑で両手を広げる張大鵬さん。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602286

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社のキクラゲ栽培用ハウスで、収穫作業に励む農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507705

  • 2020年07月31日
    食用キノコ産業で農家の増収を後押し黒竜江省林甸県

    7月31日、林甸県竜聖食用キノコ栽培専業合作社にある菌床栽培の作業場で、作業を行う農家。中国黒竜江省大慶市林甸(りんてん)県は近年、地元の資源の優位性を生かし、食用キノコ栽培の専業合作社(協同組合)の発展を推進。食用キノコを栽培し、キノコ廃菌床堆肥を生産することで、農家の増収を後押ししている。(大慶=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507795

  • 1
  • 2