KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 日刊工業新聞
  • ロゴ
  • 令和
  • 日本郵便
  • 日本郵政グループ
  • きた
  • ひろ
  • オフライン
  • シナジー
  • ダイリューション

「大手町プレイス」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 02:29.38
    2020年01月09日
    不利益解消「一刻も早く」 かんぽ不正で郵政社長ら記者会見

    日本郵政の増田寛也社長は9日、就任後初めての記者会見を東京都内で開き、かんぽ生命保険と日本郵便の保険不正販売問題を陳謝して「一刻も早く全容を解明し、顧客の不利益を解消する」と決意表明した。辞任した日本郵政上級副社長が総務事務次官から行政処分の検討状況を聞き出していた情報漏えい問題に関しては「調査を行う準備をしている」とし、調査しない方針を転換した。 記者会見には、かんぽ生命の千田哲也新社長と日本郵便の衣川和秀新社長も出席した <映像内容>新社長3人の記者会見、冒頭の発言、おわびコメントなど。撮影日:2020(令和2)年1月9日、撮影場所:東京都千代田区の大手町プレイスカンファレンスセンター

    商品コード: 2020011400367

  • 2018年11月15日
    住友商事の本社

    本社=2018(平成30)年11月15日、東京都千代田区大手町 住友商事の本社が入居する大手町プレイスイーストタワー、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112932763

  • 2018年11月15日
    住友商事の本社

    本社=2018(平成30)年11月15日、東京都千代田区大手町 住友商事の本社が入居する大手町プレイスイーストタワー、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112932803

  • 2018年11月15日
    住友商事の本社

    本社=2018(平成30)年11月15日、東京都千代田区大手町 住友商事の本社が入居する大手町プレイスイーストタワー、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112932717

  • 2018年11月15日
    日本郵政グループの本社

    キーワード:日本郵政、ビル、ロゴ、会社、本社=2018年(平成30年)11月15日、東京都千代田区大手町 大手町プレイス・ウエストタワー 、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112932734

  • 2018年09月18日
    住友商事の本社

    キーワード:総合商社、企業、ビル、本社、外観、ロゴマーク=2018(平成30)年9月18日、東京都千代田区大手町 住友商事本社が入居する大手町プレイス、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102624326

  • 2018年11月15日
    日本郵政グループのロゴ

    キーワード:日本郵政、ビル、ロゴ、会社、本社=2018年(平成30年)11月15日、東京都千代田区大手町 大手町プレイス・ウエストタワー 、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112932793

  • 2018年11月15日
    住友商事の本社

    キーワード:住友商事、本社、ロゴ、会社=2018(平成30)年11月15日、東京都千代田区大手町 住友商事の本社が入居する大手町プレイスイーストタワー、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112932767

  • 2018年11月15日
    日本郵政グループのロゴ

    キーワード:日本郵政、ビル、ロゴ、会社、本社=2018年(平成30年)11月15日、東京都千代田区大手町 大手町プレイス・ウエストタワー 、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112932737

  • 2019年12月16日
    住友商事のロゴマーク

    キーワード:住友商事、Sumitomo Corporation、住友グループ、大手総合商社、総合商社、金属事業、化学品事業、繊維事業、エネルギー事業、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2019(令和元)年12月16日、東京都千代田区の大手町プレイスイーストタワー、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122000669

  • 2019年12月16日
    住友商事のロゴマーク

    キーワード:住友商事、Sumitomo Corporation、住友グループ、大手総合商社、総合商社、金属事業、化学品事業、繊維事業、エネルギー事業、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2019(令和元)年12月16日、東京都千代田区の大手町プレイスイーストタワー、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122000671

  • 2019年12月16日
    住友商事のロゴマーク

    キーワード:住友商事、Sumitomo Corporation、住友グループ、大手総合商社、総合商社、金属事業、化学品事業、繊維事業、エネルギー事業、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2019(令和元)年12月16日、東京都千代田区の大手町プレイスイーストタワー、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122000670

  • 2021年03月12日
    日本郵政グループと楽天グループによる共同会見

    日本郵政と楽天は12日、資本業務提携で合意したと発表した。日本郵政が楽天の第三者割当増資を引き受け、約1500億円を出資する。出資比率は8.32%となる。提携を通じて、物流やモバイル、デジタル変革(DX)、金融領域などの連携を強化する。全国の郵便局と配達網、楽天が持つ1億超の会員データやデジタル技術を生かし、オフラインとオンラインを融合した新たなサービス開発や両社の事業拡大を目指す。 物流面では、倉庫と郵便局の機能を統合した共同拠点の新設や、両社が持つデータの共有化などにより、配送を効率化する物流DX基盤を共同で立ち上げる。また、郵便局への楽天モバイルの申し込みカウンターの設置や、楽天の役員クラスのデジタル人材が日本郵政グループに転籍してDX支援を行うなど多様な協業を検討する。 日本郵政の増田寛也社長は「我々の金融アプリケーション(応用ソフト)は使い勝手の面で遅れている。物流に限らず、金融のDXを進める上でも資本提携し、信頼関係をより強固にしたいと考えた」と話す。楽天の三木谷浩史会長兼社長は、「このような大型の出資を受け入れるのは創業以来初めて。ダイリューション(希薄化)を上回るシナジーがあるだろう」と期待感を述べた。 楽天は2020年12月に日本郵政グループの日本郵便と物流領域を中心に業務提携した。関係強化に向け、楽天側から資本業務提携を打診して実現したという。 写真は会見する(左から)三木谷浩史 楽天 代表取締役会長兼社長と、増田寛也 日本郵政取締役兼代表取締役社長。=2021(令和3)年3月12日、東京都千代田区の大手町プレイスカンファレンスセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700433

  • 2021年03月12日
    日本郵政グループと楽天グループによる共同会見

    日本郵政と楽天は12日、資本業務提携で合意したと発表した。日本郵政が楽天の第三者割当増資を引き受け、約1500億円を出資する。出資比率は8.32%となる。提携を通じて、物流やモバイル、デジタル変革(DX)、金融領域などの連携を強化する。全国の郵便局と配達網、楽天が持つ1億超の会員データやデジタル技術を生かし、オフラインとオンラインを融合した新たなサービス開発や両社の事業拡大を目指す。 物流面では、倉庫と郵便局の機能を統合した共同拠点の新設や、両社が持つデータの共有化などにより、配送を効率化する物流DX基盤を共同で立ち上げる。また、郵便局への楽天モバイルの申し込みカウンターの設置や、楽天の役員クラスのデジタル人材が日本郵政グループに転籍してDX支援を行うなど多様な協業を検討する。 日本郵政の増田寛也社長は「我々の金融アプリケーション(応用ソフト)は使い勝手の面で遅れている。物流に限らず、金融のDXを進める上でも資本提携し、信頼関係をより強固にしたいと考えた」と話す。楽天の三木谷浩史会長兼社長は、「このような大型の出資を受け入れるのは創業以来初めて。ダイリューション(希薄化)を上回るシナジーがあるだろう」と期待感を述べた。 楽天は2020年12月に日本郵政グループの日本郵便と物流領域を中心に業務提携した。関係強化に向け、楽天側から資本業務提携を打診して実現したという。写真は会見する増田寛也 日本郵政取締役兼代表取締役社長。=2021(令和3)年3月12日、東京都千代田区の大手町プレイスカンファレンスセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700431

  • 2021年03月12日
    日本郵政グループと楽天グループによる共同会見

    日本郵政と楽天は12日、資本業務提携で合意したと発表した。日本郵政が楽天の第三者割当増資を引き受け、約1500億円を出資する。出資比率は8.32%となる。提携を通じて、物流やモバイル、デジタル変革(DX)、金融領域などの連携を強化する。全国の郵便局と配達網、楽天が持つ1億超の会員データやデジタル技術を生かし、オフラインとオンラインを融合した新たなサービス開発や両社の事業拡大を目指す。 物流面では、倉庫と郵便局の機能を統合した共同拠点の新設や、両社が持つデータの共有化などにより、配送を効率化する物流DX基盤を共同で立ち上げる。また、郵便局への楽天モバイルの申し込みカウンターの設置や、楽天の役員クラスのデジタル人材が日本郵政グループに転籍してDX支援を行うなど多様な協業を検討する。 日本郵政の増田寛也社長は「我々の金融アプリケーション(応用ソフト)は使い勝手の面で遅れている。物流に限らず、金融のDXを進める上でも資本提携し、信頼関係をより強固にしたいと考えた」と話す。楽天の三木谷浩史会長兼社長は、「このような大型の出資を受け入れるのは創業以来初めて。ダイリューション(希薄化)を上回るシナジーがあるだろう」と期待感を述べた。 楽天は2020年12月に日本郵政グループの日本郵便と物流領域を中心に業務提携した。関係強化に向け、楽天側から資本業務提携を打診して実現したという。 写真は会見する(左から)三木谷浩史 楽天 代表取締役会長兼社長と、増田寛也 日本郵政取締役兼代表取締役社長。=2021(令和3)年3月12日、東京都千代田区の大手町プレイスカンファレンスセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700434

  • 2021年03月12日
    日本郵政グループと楽天グループによる共同会見

    日本郵政と楽天は12日、資本業務提携で合意したと発表した。日本郵政が楽天の第三者割当増資を引き受け、約1500億円を出資する。出資比率は8.32%となる。提携を通じて、物流やモバイル、デジタル変革(DX)、金融領域などの連携を強化する。全国の郵便局と配達網、楽天が持つ1億超の会員データやデジタル技術を生かし、オフラインとオンラインを融合した新たなサービス開発や両社の事業拡大を目指す。 物流面では、倉庫と郵便局の機能を統合した共同拠点の新設や、両社が持つデータの共有化などにより、配送を効率化する物流DX基盤を共同で立ち上げる。また、郵便局への楽天モバイルの申し込みカウンターの設置や、楽天の役員クラスのデジタル人材が日本郵政グループに転籍してDX支援を行うなど多様な協業を検討する。 日本郵政の増田寛也社長は「我々の金融アプリケーション(応用ソフト)は使い勝手の面で遅れている。物流に限らず、金融のDXを進める上でも資本提携し、信頼関係をより強固にしたいと考えた」と話す。楽天の三木谷浩史会長兼社長は、「このような大型の出資を受け入れるのは創業以来初めて。ダイリューション(希薄化)を上回るシナジーがあるだろう」と期待感を述べた。 楽天は2020年12月に日本郵政グループの日本郵便と物流領域を中心に業務提携した。関係強化に向け、楽天側から資本業務提携を打診して実現したという。 写真は会見する(左から)三木谷浩史 楽天 代表取締役会長兼社長と、増田寛也 日本郵政取締役兼代表取締役社長。=2021(令和3)年3月12日、東京都千代田区の大手町プレイスカンファレンスセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700430

  • 2021年03月12日
    日本郵政グループと楽天グループによる共同会見

    日本郵政と楽天は12日、資本業務提携で合意したと発表した。日本郵政が楽天の第三者割当増資を引き受け、約1500億円を出資する。出資比率は8.32%となる。提携を通じて、物流やモバイル、デジタル変革(DX)、金融領域などの連携を強化する。全国の郵便局と配達網、楽天が持つ1億超の会員データやデジタル技術を生かし、オフラインとオンラインを融合した新たなサービス開発や両社の事業拡大を目指す。 物流面では、倉庫と郵便局の機能を統合した共同拠点の新設や、両社が持つデータの共有化などにより、配送を効率化する物流DX基盤を共同で立ち上げる。また、郵便局への楽天モバイルの申し込みカウンターの設置や、楽天の役員クラスのデジタル人材が日本郵政グループに転籍してDX支援を行うなど多様な協業を検討する。 日本郵政の増田寛也社長は「我々の金融アプリケーション(応用ソフト)は使い勝手の面で遅れている。物流に限らず、金融のDXを進める上でも資本提携し、信頼関係をより強固にしたいと考えた」と話す。楽天の三木谷浩史会長兼社長は、「このような大型の出資を受け入れるのは創業以来初めて。ダイリューション(希薄化)を上回るシナジーがあるだろう」と期待感を述べた。 楽天は2020年12月に日本郵政グループの日本郵便と物流領域を中心に業務提携した。関係強化に向け、楽天側から資本業務提携を打診して実現したという。写真は会見する三木谷浩史 楽天代表取締役会長兼社長。=2021(令和3)年3月12日、東京都千代田区の大手町プレイスカンファレンスセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700429

  • 2021年03月12日
    日本郵政グループと楽天グループによる共同会見

    日本郵政と楽天は12日、資本業務提携で合意したと発表した。日本郵政が楽天の第三者割当増資を引き受け、約1500億円を出資する。出資比率は8.32%となる。提携を通じて、物流やモバイル、デジタル変革(DX)、金融領域などの連携を強化する。全国の郵便局と配達網、楽天が持つ1億超の会員データやデジタル技術を生かし、オフラインとオンラインを融合した新たなサービス開発や両社の事業拡大を目指す。 物流面では、倉庫と郵便局の機能を統合した共同拠点の新設や、両社が持つデータの共有化などにより、配送を効率化する物流DX基盤を共同で立ち上げる。また、郵便局への楽天モバイルの申し込みカウンターの設置や、楽天の役員クラスのデジタル人材が日本郵政グループに転籍してDX支援を行うなど多様な協業を検討する。 日本郵政の増田寛也社長は「我々の金融アプリケーション(応用ソフト)は使い勝手の面で遅れている。物流に限らず、金融のDXを進める上でも資本提携し、信頼関係をより強固にしたいと考えた」と話す。楽天の三木谷浩史会長兼社長は、「このような大型の出資を受け入れるのは創業以来初めて。ダイリューション(希薄化)を上回るシナジーがあるだろう」と期待感を述べた。 楽天は2020年12月に日本郵政グループの日本郵便と物流領域を中心に業務提携した。関係強化に向け、楽天側から資本業務提携を打診して実現したという。写真はフォトセッションの様子(左から)三木谷浩史 楽天 代表取締役会長兼社長と、増田寛也 日本郵政取締役兼代表取締役社長 。=2021(令和3)年3月12日、東京都千代田区の大手町プレイスカンファレンスセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700428

  • 2021年03月12日
    日本郵政グループと楽天グループによる共同会見

    日本郵政と楽天は12日、資本業務提携で合意したと発表した。日本郵政が楽天の第三者割当増資を引き受け、約1500億円を出資する。出資比率は8.32%となる。提携を通じて、物流やモバイル、デジタル変革(DX)、金融領域などの連携を強化する。全国の郵便局と配達網、楽天が持つ1億超の会員データやデジタル技術を生かし、オフラインとオンラインを融合した新たなサービス開発や両社の事業拡大を目指す。 物流面では、倉庫と郵便局の機能を統合した共同拠点の新設や、両社が持つデータの共有化などにより、配送を効率化する物流DX基盤を共同で立ち上げる。また、郵便局への楽天モバイルの申し込みカウンターの設置や、楽天の役員クラスのデジタル人材が日本郵政グループに転籍してDX支援を行うなど多様な協業を検討する。 日本郵政の増田寛也社長は「我々の金融アプリケーション(応用ソフト)は使い勝手の面で遅れている。物流に限らず、金融のDXを進める上でも資本提携し、信頼関係をより強固にしたいと考えた」と話す。楽天の三木谷浩史会長兼社長は、「このような大型の出資を受け入れるのは創業以来初めて。ダイリューション(希薄化)を上回るシナジーがあるだろう」と期待感を述べた。 楽天は2020年12月に日本郵政グループの日本郵便と物流領域を中心に業務提携した。関係強化に向け、楽天側から資本業務提携を打診して実現したという。写真はフォトセッションの様子(左から)三木谷浩史 楽天 代表取締役会長兼社長と、増田寛也 日本郵政取締役兼代表取締役社長 。=2021(令和3)年3月12日、東京都千代田区の大手町プレイスカンファレンスセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700432

  • 1