KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 画像
  • 研究
  • 記載
  • 説明文
  • 南山手
  • 眺望
  • 長崎港

「大浦居留地」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
34
( 1 34 件を表示)
  • 1
34
( 1 34 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • -
    大浦居留地

    大浦居留地=撮影年月日不明、長崎、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号79‐4‐0]

    商品コード: 2017081401138

  • -
    長崎・大浦居留地

    キーワード:大浦居留地、洋館、人力車=明治後期、長崎、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018011900937

  • -
    大浦居留地と出島

    大浦居留地と出島=撮影年月日不明、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号104‐27‐0]

    商品コード: 2017081501685

  • -
    大浦居留地と出島

    南山手のグラバー園下から大浦外国人居留地ごしに出島を遠望。出島の倉庫が見える。右手前はベルビュウーホテルで現在の全日空ホテルの位置にあたる。東山手の丘には明治15年に建設されるラッセル館がまだ建っていない。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号28‐25‐0]

    商品コード: 2017080902053

  • -
    大浦居留地の背後

    大浦居留地の背後=1865年、長崎、撮影者:A.F.ボードイン、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号123‐16‐0]

    商品コード: 2017081601210

  • -
    松ヶ枝橋と大浦居留地

    松ヶ枝橋と大浦居留地=撮影年月日不明、長崎、撮影者:上野彦馬、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号102‐25‐0]

    商品コード: 2017081501655

  • -
    出島からの大浦居留地

    1871年8月16日付けの "The Far East "に掲載された。出島のオランダ領事館から大浦居留地を望んだ写真。出島前面は中島川が運ぶ土砂で潟の状態になっていることがわかる。=1871(明治4)年、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号21‐27‐0]

    商品コード: 2017080400497

  • -
    大浦居留地の洋館群

    [整理番号75‐23‐0](3880)と2枚続きの写真で、東山手の現在昭和会病院がある敷地から南山手方面を望んだもの。大浦天主堂は明治11から12年(1878~1879)の増改築を終えたあとの姿で、その左手上の一番高いところにあるのちの清水氏宅の下に、小さな洋館が見えるのは旧・ウォーカー氏宅であろう。明治20年(1887)頃の撮影。=1887(明治20)年頃、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号75‐24‐0]

    商品コード: 2017082800613

  • -
    大浦居留地の洋館群

    [整理番号75‐24‐0](3881)と2枚続きの写真である。現在の昭和会病院の敷地から大浦居留地の南半を俯瞰したもの。画面下の道路が現在孔子廟やNTT病院が面している大浦3 番街で、明治初年(1868)頃までは、この街路沿いに製茶工場などが建ち並んでいたが、すでに空き地が目立っている。明治20 年(1887)頃の撮影。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号75‐23‐0]

    商品コード: 2017082800651

  • 1911年12月31日
    大浦居留地の洋館群

    明治中期の大浦海岸通りに面した商館と領事館の建物が背後から撮影されている。右の道路は石畳舗装され、当時の代表的な交通手段である人力車が止まっている。港には多数の商船や艦艇が停泊し、繁栄していた頃の長崎港の様子を知ることができる。鮮明な、彩色の技術の高さを感じさせる写真である。=明治後期、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号75‐1‐0]

    商品コード: 2017082400596

  • -
    南山手からの大浦居留地

    南山手から大浦および東山手を展望している。中央には新築の孔子廟が見える。手前の洋館は外国人バー街。孔子廟の右後ろ3棟は現在復元された「東山手洋館7棟」。右手上に建つピンク色の洋館は東山学院(旧・イギリス領事館)、その上の白い建物は海星学校。正面奥にはラッセル館の屋根が見える。明治32年(1899)頃の撮影。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号95‐5‐0]

    商品コード: 2017081401550

  • -
    南山手からの大浦居留地

    グラバー園の展望所下付近からの撮影。右手の大きな洋館は居留地最初の大規模ホテルであったベルヴューホテルで、その手前に柵の見えるところが大浦天主堂への坂道である。大浦海岸通りは元治元年(1864)の5間築足しを終え、突き当たりの梅香崎運上所前の突堤付け根には初代の荷物改所の建物がある。慶応3 年(1867)頃。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号104‐17‐0]

    商品コード: 2017081501606

  • -
    大浦居留地から見た大浦天主堂

    東山手の中腹から大浦居留地を俯瞰し、南山手の大浦天主堂やグラバー邸を望んだもの。天主堂は正面にのみ建設足場が組まれているので、最後の仕上げをしているところであろう。右は司教館で、その下が妙行寺。一番手前の倉庫が建つところは大浦甲33 番(現・NTT病院)である。元治元年(1864)頃の撮影。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号104‐25‐0]

    商品コード: 2017081501703

  • -
    出島から見た大浦居留地

    出島から見た大浦居留地=1865年、長崎、撮影者:A.F.ボードイン、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号123‐14‐0]

    商品コード: 2017081601168

  • -
    南山手からの大浦居留地

    南山手から大浦居留地、出島を望む。右手の建物は、現在全日空ホテルが建っている場所にあったベルビューホテル。整理番号28-25、36-28より左上の地点から撮影している。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐43‐0]

    商品コード: 2017080902014

  • -
    南山手からの大浦居留地

    南山手からの大浦居留地=1864年、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号121‐11‐0]

    商品コード: 2017081601105

  • -
    南山手からの大浦居留地と出島

    南山手からの大浦居留地と出島=明治中期、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号58‐20‐0]

    商品コード: 2017081400556

  • -
    南山手からの大浦居留地

    南山手からの大浦居留地=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号92‐29‐0]

    商品コード: 2017081400940

  • -
    南山手からの大浦居留地

    南山手から大浦海岸通りと東山手洋館群を望む。右前方の丘には活水学院(ラッセル館)、長崎港の奥に出島の一部が見える。明治10年代末。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号114‐21‐0]

    商品コード: 2017081502335

  • -
    南山手からの大浦居留地

    南山手のグラバー園下から大浦外国人居留地ごしに出島を遠望。右手前はベルビューホテル。現在の全日空ホテルの位置にあたる。東山手の丘には明治15年に建設されるラッセル館がまだ建っていない。整理番号28-25と同じ。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号36‐28‐0]

    商品コード: 2017080902266

  • -
    東山手から見た大浦居留地

    東山手から見た大浦居留地=1865年、長崎、撮影者:A.F.ボードイン、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号123‐15‐0]

    商品コード: 2017081601258

  • -
    南山手からの大浦居留地と出島

    南山手からの大浦居留地と出島=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号109‐17‐0]

    商品コード: 2017081502133

  • -
    南山手からの大浦居留地と出島

    グラバー園下の坂道付近から撮影したもの。右手中央の建物は幕末期から存在したベルヴューホテルだが、入口のポーチが増築されていたのが分かる。大浦居留地は多くの洋館が建て込み、海岸通りの中央には街路樹が植えられ、突き当たりの税関前の波止には大きな平屋建てが新築されている。明治7年から8年(1874~5)頃。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号58‐9‐0]

    商品コード: 2017081400603

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    ドンの山から見た大浦居留地と長崎港

    対岸の工部省所管「長崎造船局」の右上の丘に明治7年(1874)4月に完成したお雇い外国人宿舎が見えるので、それ以後の撮影。大浦川左岸の川幅が狭まる地点の建物をはじめ、随所に台風の傷跡が見られる。明治7年(1874)10月頃、海外に持ち出された『カーモディアルバム』に、大浦川左岸の川幅が狭まる地点の建物がすでに撤去されて新しい建物が建築中の写真があるので、同年8月の台風直後の写真であると推定される。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:上野彦馬、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号102‐5‐0]

    商品コード: 2017081501545

  • -
    大浦川上流より見る大浦川と大浦居留地

    大浦川上流より見る大浦川と大浦居留地=撮影年月日不明、長崎、撮影者:上野彦馬、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号102‐3‐0]

    商品コード: 2017081501626

  • -
    グラバー邸付近からの大浦居留地

    グラバー園の展望所付近から撮影された大浦居留地。右の旗ざおの建物はベルビューホテルの玄関。松の茂み(下り松)の下の大浦川は見えない。バンド(海岸通り)には街路樹が生育している。海上には明治6年(1873)頃にできた新築の長崎税関の建物が見える。その丘側にあった梅香崎運上所前の初代の荷物改所の建物はすでにない。バンドの建物はきれいに揃っている。=1874(明治7)年頃、長崎、撮影者:上野彦馬?、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号118‐38‐0]

    商品コード: 2017081600955

  • -
    ドンの山から見た大浦居留地と長崎港

    ドンの山の中腹から大浦川沿いを展望する。大浦川の河口に見えるのは明治2(1869)年に居留地の「馬の遊歩道」のため架けられた下り松橋で、その川上の橋は大浦居留地が埋め立てられた文久年間に架けられた弁天橋である。左丘の妙行寺の横に見えるコの字形の建物はベルビューホテル。対岸には工部省所管「長崎造船局」が見える。その右の丘の上に明治7年(1874)4月に落成するお雇い外国人宿舎がないので、それ以前の撮影。=1872(明治5)年、長崎、撮影者:上野彦馬、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号102‐2‐0]

    商品コード: 2017081501531

  • -
    出島の商館長邸横の日本庭園から大浦居留地方面を望む

    安政5年(1858)の開国条約締結直後の1862年、長崎を訪問したミルトン・ミラーが撮影した、長崎の最も古い風景写真のなかの1枚。当時出島の南側中央のオランダ商館長邸を訪問したと思われるミラーが、屋敷横の日本庭園から、第二次埋め立てが完了し建物が建ち始めた大浦居留地を遠望している。左の大きな白黒の柱はオランダ国旗の旗竿であり、右には妙行寺(当時イギリスの仮領事館)の屋根が見える。妙行寺横にはまだグラバー邸は見えない。ライデン大学に寄託されているボードウィン・コレクションにも同じ写真が存在する。=1861~62年頃か、長崎、撮影者:ミルトン・ミラー、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号113‐8‐0]

    商品コード: 2017081502341

  • -
    星取山から見た長崎港

    星取山(撮影当時は大平山)から大浦居留地越しに長崎港を望む。出島の外回りに遊歩道(慶応3年・1867築)および馬回しが見え、その右側には新地蔵、大浦居留地の背後にイギリス領事館がある。湾奥の浦上川河口には浦上新田(現・茂里町)が広がっている。また、明治2年(1869)架設の出島新橋が見えないので、明治元年(1868)頃の撮影。=1868年頃、長崎、撮影者: F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐53‐0]

    商品コード: 2017081401617

  • -
    星取山から見た長崎港

    星取山(撮影当時は大平山)から大浦居留地越しに長崎港を望む。出島の外回りに遊歩道(慶応3年・1867築)および馬回しが見え、その右側には新地蔵、大浦居留地の背後にイギリス領事館がある。湾奥の浦上川河口には浦上新田(現・茂里町)が広がっている。また、明治2年(1869)架設の出島新橋が見えないので、明治元年(1868)頃の撮影。=1868年頃、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号28‐23‐0]

    商品コード: 2017080902044

  • -
    大黒町および出島と長崎港口

    ベアトによる1866年2月の書き込み。立山(現長崎駅前)から長崎市内と港口を遠望する。海岸沿いに各藩の蔵屋敷がみられ、旧市内の建物、西役所、出島、大浦居留地、大浦教会がみええる。海上には船舶が多数。=1866年、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号17‐3‐0]

    商品コード: 2017080201537

  • -
    東山手から大浦天主堂を望む

    ヴィルヘルム・ブルガーの「日本と中国」のシリーズとして外国人に販売されたもののうち「長崎の風景」のステレオカード。中央上の大木は「よんご松」と呼ばれたグラバー邸内の大松で、そばにグラバー邸の屋根が見える。大浦居留地の建物群には、まだ活気が窺える。明治初期。=1877(明治10)年頃、長崎、撮影者:ヴィルヘルム・ブルガー、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号70‐20‐0]

    商品コード: 2017082301073

  • -
    南山手ベル・ビュ-・ホテル入口

    長崎大浦居留地のベルビュー・ホテル(現全日空ホテルグラバーヒル)入り口である。このホテルは文久3年(1863)頃に開業された日本最古のホテルである。撮影時期は明治中期。居留地内にあったため外国人が主たる顧客であった。人力車や街灯のランプや左上の展望台、フランス語の看板に時代を感じることができる。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号58‐17‐0]

    商品コード: 2017081400644

  • -
    大浦川沿い

    東山手居留地南端の高台から、大浦川右岸の大浦居留地と左岸の下がり松居留地を見たもの。下がり松地区には家並みが整然としている。居留地と日本人地区との関係が分かる写真。大浦川には明治22年に架設された松ヶ枝橋と弁天橋が見えている。3856と同じ。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号73‐1‐0]

    商品コード: 2017082800591

  • 1