KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 科学国際
  • 国際研究所
  • 東北大災害
  • 災害科学
  • 今村文彦
  • 仙台市青葉区
  • 安全保障
  • 研究所所長
  • シンクタンク
  • 今村所長

「大災害科学国際,科学国際,大災害科学」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
36
( 1 36 件を表示)
  • 1
36
( 1 36 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月26日
    締結式 震災復興の知見共有で協定

    締結式で協定書を持つ東北大災害科学国際研究所の今村文彦所長(右)と、新潟大災害・復興科学研究所の河島克久所長ら=26日午後、仙台市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月13日
    柴山准教授 台風19号の災害対応を検証

    宮城県丸森町の保科郷雄町長(左)から検証委員会の委嘱状を受け取る東北大災害科学国際研究所の柴山明寛准教授=13日午後、同町役場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月11日
    東北大の柴山准教授ら 被災前の記憶、伝え続ける

    東日本大震災など各地の地震災害の記録保存や伝承施設を考えるシンポジウムで、聴講者の質問に答える東北大災害科学国際研究所の柴山明寛准教授(壇上右端)ら=11日午後、仙台市

  • 2019年11月07日
    佐藤翔輔准教授 危機感と備えが命を守る

    東北大災害科学国際研究所の佐藤翔輔准教授

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月26日
    あいさつする今村所長 震災遺構の地図作成

    「3・11伝承ロード推進機構」の理事会で、あいさつする東北大災害科学国際研究所の今村文彦所長=26日午後、仙台市

    撮影: 26日午後、仙台市

  • 2019年01月13日
    講演する今村文彦所長 「記憶風化、大きな課題」

    講演する東北大災害科学国際研究所の今村文彦所長=13日午後、兵庫県西宮市

    撮影: 13日午後、兵庫県西宮市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月29日
    今村文彦教授 津波「瞬間的破壊力が大」

    インドネシア・ジャワ島バンテン州の津波被災地での調査結果を説明する東北大災害科学国際研究所の今村文彦教授=28日、同州アニェル(共同)

    撮影: 28日、同州アニェル

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月11日
    東北大の今村文彦氏 海底地滑りで津波発生か

    インドネシア・スラウェシ島地震の現地調査報告会で説明する東北大災害科学国際研究所の今村文彦所長=11日、仙台市

    撮影: 11日、仙台市

  • 04:27.53
    2018年07月06日
    さまざまな課題、地球規模で解決を 中曽根康弘賞に3氏

    政治や経済、環境などさまざまな分野で国際的な業績をあげた人たちを表彰する「中曽根康弘賞」の第14回授賞式が6日、都内であり、米の国際問題研究者ら3人が表彰された。5月に100歳となった中曽根康弘元首相は車いすながら元気な姿を見せ「昨今の国際政治、経済問題には地球規模で解決に取り組む必要がある」と訴えた。〈映像内容〉あいさつする中曽根康弘元首相、優秀賞を受賞した米・カーネギー国際平和財団上級研究員のジェームズ・ショフ、奨励賞を受賞したタイのアナワット・サッパシー東北大災害科学国際研究所准教授、イタリアのアンドレア・プレセロ政策研究大学院大学助教授ら各氏への表彰の様子、会場雑観など、撮影日:2018(平成30)年7月6日、撮影場所:東京都 千代田区 永田町

    撮影: 2018(平成30)年7月6日

  • 2017年11月28日
    手を取り合う今村所長ら 世界防災フォーラム閉幕

    世界防災フォーラムが閉幕し、手を取り合う東北大災害科学国際研究所の今村文彦所長(右端)ら=28日午後、仙台市青葉区

  • 2017年11月25日
    今村文彦所長 「BOSAI」共通語に

    インタビューに答える東北大災害科学国際研究所の今村文彦所長

  • 2017年10月03日
    東北大の今村文彦さん 防災の「内容」に注目

    インタビューに答える東北大災害科学国際研究所所長の今村文彦さん

  • 2017年04月26日
    川島秀一教授 中央目線の本心露呈

    民俗学者で東北大災害科学国際研究所の川島秀一教授

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年04月14日
    アーカイブと柴山准教授 教訓伝えるアーカイブ

    東日本大震災のアーカイブを紹介する東北大災害科学国際研究所の柴山明寛准教授=3月、仙台市

    撮影: 3月、仙台市

  • 2017年03月07日
    東北大、佐藤健教授 「危険性、地域に学んで」

    インタビューに応じる東北大災害科学国際研究所の佐藤健教授

  • 2017年03月07日
    東北大の佐藤健教授 「危険性、地域に学んで」

    インタビューに応じる東北大災害科学国際研究所の佐藤健教授

  • 2016年09月07日
    佐々木宏之さん 早期の介入、調整役が大切

    東北大災害科学国際研究所の助教で医師の佐々木宏之さん

  • 2016年05月12日
    (まるや・ひろあき) 丸谷浩明

    東北大災害科学国際研究所教授=2016年5月10日撮影

    撮影: 2016年5月10日撮影

  • 2016年05月12日
    丸谷浩明教授 広域避難の促進検討を

    丸谷浩明・東北大災害科学国際研究所教授

  • 2015年10月24日
    母親に質問する担当者 仮設のカビ、影響調査

    子どものアレルギー疾患について、母親(左)に質問する東北大災害科学国際研究所の担当者=24日午後、宮城県石巻市

  • 2015年09月14日
    (いまむら・ふみひこ) 今村文彦

    東北大学災害科学国際研究所所長、撮影2015年2月9日

  • 2015年05月11日
    ジア・ミアン氏 核廃絶に向け新方策を

    インタビューに応じるプリンストン大科学・国際安全保障プログラム研究員のジア・ミアン氏(共同)

  • 2015年02月25日
    今村氏 「すぐ避難」意識を

    インタビューに答える今村文彦東北大災害科学国際研究所所長

  • 2015年02月25日
    今村文彦所長 「すぐ避難」意識を

    インタビューに答える今村文彦東北大災害科学国際研究所所長

  • 2014年11月10日
    眼鏡型装置を体験する男性 東北大に災害研究の新拠点

    東北大の災害科学国際研究所で、被害を受けた建物内部の画像を見られる眼鏡型装置を体験する男性=10日午後、仙台市青葉区

    撮影: 10日午後、仙台市青葉区

  • 2014年11月10日
    テープカットの今村所長ら 東北大に災害研究の新拠点

    東北大の災害科学国際研究所落成式で、テープカットする今村文彦所長(右端)ら=10日午後、仙台市青葉区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年11月10日
    地震の揺れ体感できる設備 東北大に災害研究の新拠点

    東北大の災害科学国際研究所にある地震の揺れを体感できる設備=10日午後、仙台市青葉区

    撮影: 10日午後、仙台市青葉区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年07月10日
    村上清氏と奥山市長ら 国連で大震災パネル展

    9日、米ニューヨークの国連本部で展示されたパネルを前に写真に納まる(左から)陸前高田市の村上清・市政アドバイザー、仙台市の奥山恵美子市長、東北大学災害科学国際研究所の今村文彦所長(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年11月24日
    オルブライト氏 包括解決の形見えず

    米シンクタンク、科学国際安全保障研究所のデビッド・オルブライト所長

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年02月20日
    オルブライト所長 日本標的の核ミサイル可能

    米シンクタンク、科学国際安全保障研究所のデビッド・オルブライト所長(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月03日
    基調講演する平川新氏 「歴史知り復興計画を」

    講演する東北大災害科学国際研究所の平川新所長=3日、神戸市

    撮影: 3日、神戸市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年06月29日
    平川新さん

    東北大の災害科学国際研究所の所長に就任した平川新(ひらかわ・あらた)さん

  • 2011年06月11日
    ISISが公開した写真 寧辺核施設に新建築物

    10日、米シンクタンク、科学国際安全保障研究所が公開した北朝鮮・寧辺の衛星写真。写真中央上部に矢印で示された建物がウラン濃縮施設。矢印で示された他の建物が新築または改修された部分(共同)

  • 1994年11月30日
    切り紙を披露する参加者 得意の技術を披露

    見物客の前で、1枚の紙からさまざまな動物を切り出すデンマークからの参加者(右)=11月30日午後、大津市仰木町の成安造形大(折り紙の科学国際会議)(カラーネガ)

  • 1994年11月30日
    切り紙を披露する参加者 得意の技術を披露

    見物客の前で、1枚の紙からさまざまな動物を切り出すデンマークからの参加者(右)=11月30日午後、大津市仰木町の成安造形大(折り紙の科学国際会議)(カラーネガ)

  • 1974年03月12日
    ノーベル賞江崎氏が里帰り

    ノーベル賞受賞後初めて帰国し、記者会見する江崎玲於奈博士。25日から京都国際会議場で開かれる真空科学国際会議と固体表面国際会議に出席する=1974(昭和49)年3月12日、羽田空港(49年内地 1563)

    撮影: 1974

  • 1