KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 運動
  • 仙台市
  • 声援
  • 宮城県スポーツセンター
  • 水戸市民体育館
  • アントニオ・アベラル
  • ダウン
  • ファン
  • 判定

「大熊正二」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
31
( 1 31 件を表示)
  • 1
31
( 1 31 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 1980年07月28日
    大熊の左フック決まる WBC世界フライ級TM

    大熊正二—金性俊 WBC世界フライ級タイトルマッチの11回、大熊正二(左)の左フックが金性俊をとらえる=1980(昭和55)年7月28日、蔵前国技館(運動3285)

    商品コード: 2019031903106

  • 1981年02月03日
    大熊の右フックが決まる WBC世界フライ級TM

    大熊正二—朴賛希 WBC世界フライ級タイトルマッチの3回、大熊正二(右)の右フックが朴賛希の顔面に決まる=1981(昭和56)年2月3日、後楽園ホール(運動4160)

    商品コード: 2019032802315

  • 1980年07月26日
    チャンピオンの大熊正二 世界フライ級戦予想

    初防衛に万全の態勢で臨むチャンピオンの大熊正二=1980(昭和55)年7月26日(運動3280)

    商品コード: 2019031902656

  • 1982年11月11日
    大熊を攻める渡辺二郎 世界Jバンタム級TM

    WBA世界Jバンタム級タイトルマッチの7回、左フックで大熊正二(右)の顔面を攻める渡辺二郎=1982(昭和57)年11月11日、浜松市立体育館(運動7099)

    商品コード: 2019082002258

  • 1980年10月18日
    アッパーで攻める大熊 WBC世界フライ級TM

    WBC世界フライ級タイトルマッチの3回、右アッパーで朴賛希を攻める大熊正二=1980(昭和55)年10月18日、仙台市の宮城県スポーツセンター(運動3634)

    商品コード: 2019032001893

  • 1980年06月26日
    大熊正二 大熊、金と初防衛戦

    世界ボクシング評議会(WBC)フライ級の初防衛戦に闘志を燃やすチャンピオンの大熊正二=1980(昭和55)年6月26日、東京・後楽園

    商品コード: 2019031100541

  • 1981年02月03日
    大熊正二—朴賛希 WBC世界フライ級TM

    WBC世界フライ級タイトルマッチの2回、朴賛希(右)の右フックが大熊正二の顔面に決まる=1981(昭和56)年2月3日、後楽園ホール(運動4159)

    商品コード: 2019032802314

  • 2014年10月07日
    大熊、王座返り咲き WBC世界フライ級タイトルマッチ

    第7ラウンド、左アッパーを朴のアゴに決める大熊正二(左)=1980(昭和55)年5月18日、ソウル(UPI=共同)

    商品コード: 2014100700393

  • 1980年07月28日
    大熊正二が初防衛 WBC世界フライ級TM

    金性俊を判定で破り初防衛、両手を上げ声援に応えるチャンピオンの大熊正二=1980(昭和55)年7月28日、蔵前国技館(運動3286)

    商品コード: 2019031903113

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月22日
    戒厳令下で世界王座獲得

    WBC世界フライ級タイトルマッチでチャンピオンの朴賛希にKO勝ちし、王座に返り咲いた大熊正二=1980年5月(UPI=共同)

    商品コード: 2020072204418

  • 1980年05月24日
    大熊正二選手 今週のインタビュー

    WBC世界フライ級チャンピオンに返り咲いた大熊正二選手=1980(昭和55)年5月24日(昭和55年運動3013)

    商品コード: 2017042600468

  • 2014年10月07日
    大熊、KOで王座返り咲き WBC世界フライ級タイトルマッチ

    第9ラウンド、朴賛希をKOしチャンピオンに返り咲いた大熊正二=1980(昭和55)年5月18日、ソウル(UPI=共同)

    商品コード: 2014100700385

  • 1980年09月25日
    闘志を燃やす大熊 大熊、朴と再戦

    前WBC世界フライ級チャンピオン朴賛希とのタイトルマッチを発表、闘志を燃やす大熊正二=1980(昭和55)年9月25日、東京・六本木

    商品コード: 2019032000694

  • 1980年05月24日
    大熊正二選手 今週のインタビュー

    世界ボクシング評議会(WBC)世界フライ級チャンピオンに返り咲いた大熊正二選手=1980(昭和55)年5月24日、 東京・高円寺の新日本木村ジム(昭和55年運動3013)

    商品コード: 2019031100532

  • 1980年05月18日
    朴賛希―大熊正二 WBC世界フライ級TM

    WBC世界フライ級タイトルマッチの9回、チャンピオンの朴賛希にKO勝ちし王座に返り咲いた大熊正二(UPI=共同)=1980(昭和55)年5月18日、ソウル市の奨忠体育館(昭和55年運動2971)

    商品コード: 2017042600451

  • 1980年10月18日
    肩車される大熊正二 WBC世界フライ級TM

    WBC世界フライ級タイトルマッチ、判定で朴賛希を破り2度目の防衛に成功、肩車されファンの声援に応える大熊正二=1980(昭和55)年10月18日、仙台市の宮城県スポーツセンター(運動3635)

    商品コード: 2019032001940

  • 1981年02月03日
    大熊正二が3度目の防衛 WBC世界フライ級TM

    WBC世界フライ級タイトルマッチ 朴賛希を判定で破り3度目の防衛に成功、トレーナーに肩車されファンの声援に応える大熊正二=1981(昭和56)年2月3日、後楽園ホール(運動4161)

    商品コード: 2019032802316

  • 1981年05月12日
    大熊を責めるアベラル WBC世界フライ級TM

    WBC世界フライ級タイトルマッチの1回、積極的に攻撃する挑戦者のアントニオ・アベラル(右)と防戦一方の大熊正二=1981(昭和56)年5月12日、水戸市民体育館(運動4560)

    商品コード: 2019050700215

  • 1981年05月12日
    引き揚げる大熊 WBC世界フライ級TM

    WBC世界フライ級タイトルマッチ、日本唯一のチャンピオンの座を失いがっくりしてリングをさる大熊正二。右は木村会長=1981(昭和56)年5月12日、水戸市民体育館(運動4563)

    商品コード: 2019050700245

  • 1979年01月29日
    ゴンザレス―大熊 WBA世界フライ級TM

    WBA世界フライ級タイトルマッチの13回、ペツリオ・ゴンザレスの右ストレートでよろける大熊正二=1979(昭和54)年1月29日、浜松市体育館(昭和54年運動519)

    商品コード: 2016070500154

  • 1979年01月29日
    喜ぶゴンザレスと大熊 WBA世界フライ級TM

    WBA世界フライ級タイトルマッチ、引き分けでタイトルを防衛し喜ぶペツリオ・ゴンザレス(手前)と呆然と引き揚げる大熊正二=1979(昭和54)年1月29日、浜松市体育館(昭和54年運動520)

    商品コード: 2016070500155

  • 1980年10月18日
    大熊のストレートが決まる WBC世界フライ級TM

    WBC世界フライ級タイトルマッチの15回、大熊正二の左ストレートが朴賛希の顔面に決まる=1980(昭和55)年10月18日、仙台市の宮城県スポーツセンター(運動3636)

    商品コード: 2019032002021

  • 1980年05月18日
    アッパーで攻める大熊 WBC世界フライ級TM

    WBC世界フライ級タイトルマッチの7回、大熊正二が左アッパーで朴賛希のあごを攻める(UPI=共同)=1980(昭和55)年5月18日、ソウル市の奨忠体育館(昭和55年運動2973)

    商品コード: 2017042600453

  • 1979年01月29日
    ゴンザレスを攻める大熊 WBA世界フライ級TM

    WBA世界フライ級タイトルマッチの12回、大熊正二の左ストレートがペツリオ・ゴンザレスに決まる=1979(昭和54)年1月29日、浜松市体育館(昭和54年運動521)

    商品コード: 2016070500156

  • 1979年07月06日
    ダウンを喫した大熊 WBA世界フライ級TM

    WBA世界フライ級タイトルマッチの12回、ゴンザレスの右ストレートでダウンを喫した大熊正二。大熊はKO負けし王座奪還は成らず=1979(昭和54)年7月6日、栃木県体育館(昭和54年運動1225)

    商品コード: 2016080500582

  • 1980年07月28日
    大熊正二—金性俊 WBC世界フライ級TM

    WBC世界フライ級タイトルマッチの3回、接近戦で低く潜り込んだ金性俊(右)のあごに大熊正二の右ショートアッパーが決まる=1980(昭和55)年7月28日、蔵前国技館(運動3284)

    商品コード: 2019031902962

  • 1980年10月18日
    朴の右フックが決まる WBC世界フライ級TM

    WBC世界フライ級タイトルマッチの1回、朴賛希の右フックが決まり大熊正二がダウン=1980(昭和55)年10月18日、仙台市の宮城県スポーツセンター(運動3633)

    商品コード: 2019032001881

  • 1981年05月12日
    ダウンする大熊 WBC世界フライ級TM

    WBC世界フライ級タイトルマッチの7回、アントニオ・アベラル(右)の連打に大熊正二たまらずダウン=1981(昭和56)年5月12日、水戸市民体育館(運動4561)

    商品コード: 2019050700226

  • 1981年05月12日
    大熊4度目の防衛ならず WBC世界フライTM

    WBC世界フライ級タイトルマッチ、肩車され大喜びのアントニオ・アベラル(奥)と木村会長に抱き起こされる大熊正二。大熊は4度目の防衛に失敗=1981(昭和56)年5月12日、水戸市民体育館(運動4562)

    商品コード: 2019050700230

  • 1982年11月11日
    大熊を攻める渡辺二郎 世界Jバンタム級TM

    WBA世界Jバンタム級タイトルマッチの2回、渡辺二郎(左)の右ストレートが大熊正二の顔面に決まる=1982(昭和57)年11月11日、浜松市立体育館(運動7097)

    商品コード: 2019082002150

  • 1982年11月11日
    声援に応える渡辺二郎 世界Jバンタム級TM

    WBA世界Jバンタム級タイトルマッチ、大熊正二をTKOで破り、セコンドに抱えられファンの声援に応える渡辺二郎=1982(昭和57)年11月11日、浜松市立体育館(運動7098)

    商品コード: 2019082002247

  • 1