KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 風景
  • 影響
  • 氷点下
  • 最低気温
  • 景観
  • 観測
  • 観光客
  • 呼瑪県

「大興安嶺地区」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
236
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
236
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2010年06月09日
    黒竜江省大興安嶺地区、7年間で植生回復が大きく進展

    黒竜江省大興安嶺地区の森林。(資料写真)中国黒竜江省大興安嶺地区行政公署はこのほど、2012年から実施してきた森林植生回復プロジェクトで、森林育成、補植・再造成、植林の面積が累計178万4千ヘクタールに達したことを発表した。森林面積、立木(地面に生育している樹木)の総蓄積量、森林率は10年連続で増加した。(ハルビン=新華社配信)=2010(平成22)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101778

  • 2011年06月22日
    黒竜江省初の高速観光列車運行へ観光コースも同時発表

    黒竜江省大興安嶺地区に位置する漠河市の北極村。(資料写真)中国黒竜江省文化・観光庁はこのほど、5月1日から「竜江への週末旅行」キャンペーンを正式に開始することを明らかにした。同省初の観光用高速列車がハルビン西駅とチチハル駅を結ぶという。黒竜江省文化・観光庁は同キャンペーンを皮切りに、大慶温泉日帰り観光、撫遠・黒瞎子島(ヘイシャーズとう)4日間の旅、黒河-ブラゴベシチェンスク(ロシア)4日間の旅などの観光コースも発表した。(ハルビン=新華社配信/黒竜江省文化観光庁提供)=2011(平成23)年6月22日、クレジット:黒竜江省文化観光庁/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702415

  • 2015年08月24日
    黒竜江省大興安嶺地区、7年間で植生回復が大きく進展

    黒竜江省大興安嶺地区の森林。(資料写真)中国黒竜江省大興安嶺地区行政公署はこのほど、2012年から実施してきた森林植生回復プロジェクトで、森林育成、補植・再造成、植林の面積が累計178万4千ヘクタールに達したことを発表した。森林面積、立木(地面に生育している樹木)の総蓄積量、森林率は10年連続で増加した。(ハルビン=新華社配信)=2015(平成27)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101783

  • 06:10.51
    2018年11月18日
    「新華社」樹氷シーズン到来黒竜江省大興安嶺

    中国の北辺に位置する黒竜江省大興安嶺地区呼瑪(こま)県はここ数日、気温が零下30度近くまで下がった。早朝の呼瑪河両岸には樹氷が連なる美しい光景が広がる。(記者/馬知遥)<映像内容>樹氷が連なる景色、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111908016

  • 01:28.38
    2018年11月26日
    「新華社」北極氷雪遊園地がオープン黒竜江省漠河市

    中国黒竜江省大興安嶺(だいこうあんれい)地区漠河(ばくが)市の北極村でこのほど、北極氷雪遊園地がオープンした。同遊園地では天然の氷湖という観光資源を活かし、来場者が参加、体験でき、楽しめる点を強く打ち出しており、従来のアトラクションに加え、氷上自転車やカーリングなどを新たに追加。10種類のアトラクションが自由に選べるようになった。漠河市ではこの冬、積雪時期の早さや雪質の良さ、気温の低さなど、特色ある観光資源を活かした冬季観光商品の配置を急ピッチで進めており、10月の北極スキー場に続き、11月には氷雪遊園地や雪彫園などの観光スポットがオープンしている。(記者/馬知遥)<映像内容>北極氷雪遊園地の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112733445

  • 03:02.55
    2018年12月09日
    「新華社」氷点下37·7度!大興安嶺の見事な霧氷の風景

    強い寒気の影響を受けて、中国黒竜江省大興安嶺地区の呼瑪(こま)県はぐっと冷え込み、5日には最低気温が氷点下37・7度まで下がった。寒さは厳しいものの、大自然は冬の間にこの地ならではの絶景を見せてくれる。中国とロシアの国境を流れる黒竜江(アムール川)の呼瑪一帯では、数キロにわたって川が凍り付き、その上に朝霧(蒸気霧)が立ち込める光景が出現。朝日と朝霧、霧氷が織りなす珍しい景色を見せている。こうした天気の時には空気中に含まれる水蒸気が霧となり、立ち込めた朝霧に朝日がうっすらと透けて、水面をうっとりするような色彩に染め上げる。霧は川面を漂い、幻想的な景色が現れる。彼方に目を向ければ、きらきらと透き通った霧氷が、陽光に照らされてまばゆい光を放つ。日の出と共に、樹氷が国境線上に絵のような自然の景観を作り出す。大興安嶺呼瑪県の街頭では、行き交う人も車もいつもよりずっと少ない。出歩く人たちは分厚い防寒服を着込んでいる。屋台には冷凍の魚や肉、果物、サンザシあめが並べられている。(記者/馬知遥)<映像内容>霧氷の風景の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020812

  • 01:45.17
    2018年12月22日
    「新華社」零下30度の氷結パフォーマンス黒竜江省大興安嶺地区

    冬至を迎えた22日、中国最北端の黒竜江省大興安嶺地区の各地で、氷や雪を楽しむイベントが行われた。同地区呼中(こちゅう)区のグラウンドには1200人余りの住民が集まり、全員が空に向けて一斉に熱湯をまいて、一瞬のうちに氷結させるパフォーマンスを披露した。零下30度という極寒の下、各自熱湯を用意してきた参加者は、呼中区の過去最低気温を表す「-53・2」の人文字を囲むように楕円形に並んでスタンバイ。掛け声とともに一斉に空中に熱湯をまくと、瞬く間に氷結し、霧のように弧を描きながら辺り一面に舞い上がった。同地区呼瑪(こま)県では、千人余りの住民が凍結した吉象湖の湖面いっぱいに「呼瑪(HuMa)」の頭文字である「HM」を描く人文字アートを披露。その後、各自持参した熱湯を一斉に空中にまくと、一瞬にして大きな霧の波と化し、湖全体に白雲が立ち込め、まるでこの世のものとは思えないような荘厳な風景に包まれた。参加者からは歓声が上がり、湖全体が歓喜に包まれた。大興安嶺地区では中国最北端という地理的優位性と極寒の気候を生かし、氷と雪を楽しむさまざまなイベントを予定している。「極寒の資源」を「熱い産業」に変え、「凍てつくような寒空と雪に覆われた地面」を、地域に富をもたらす「金山銀山」(宝の山)へと変えていく。(記者/馬知遥)<映像内容>雪を楽しむイベントの様子、撮影日:2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520547

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月22日
    温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車

    22日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、お湯を注ぐ乗務員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010203

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月22日
    温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車

    22日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、車内を巡回する鉄道警察。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010119

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月22日
    温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車

    22日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、破損した保温用ビニールを交換する乗務員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009835

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月22日
    温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車

    22日、大興安嶺地区漠河市加格達奇の車両基地で、列車の車輪を点検する作業員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010149

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月22日
    温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車

    22日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、スマートフォンを使う旅客。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010225

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月22日
    温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車

    22日、大興安嶺地区の塔河駅で、チチハル市から古蓮駅に向かう6245列車の傍らに立ち、懐中電灯で運転士に合図を送る乗務員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009755

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月23日
    温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車

    23日、大興安嶺地区漠河市を走る、ハルビン市から漠河に向かうK7041列車。(小型無人機から)中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010136

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月23日
    温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車

    23日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、窓口から外を眺める乗務員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010174

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月23日
    温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車

    23日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、車両間の通路に吹き込んだ雪を掃き取る乗務員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009935

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月23日
    温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車

    23日、黒竜江省チチハル市から同省大興安嶺地区漠河市古蓮駅に向かう6245列車で、雪が吹き込んだ車両間の通路に立ち、車外の状況を観察する乗務員。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010433

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月23日
    温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車

    23日、大興安嶺地区の塔河駅で、出発の準備をするチチハル市から古蓮駅に向かう6245列車の運転士。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009826

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月23日
    温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車

    23日、大興安嶺地区の塔河駅で、チチハル市から古蓮駅に向かう6245列車の出発合図を確認する運転士。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010426

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月23日
    温かい気持ち乗せ、極寒の大地走る格安列車

    23日、黒竜江省大興安嶺地区の塔河駅に停車するチチハル市から古蓮駅に向かう6245列車。中国では春節(旧正月)が近づき、出稼ぎ労働者は年越しのため列車を利用して帰省の途に就き始めている。中国鉄路ハルビン局集団が管轄する区間内では、東北部の辺ぴな地域のために数十本の「緑皮車」と呼ばれる普通列車を常に運行している。このうち、黒竜江省チチハル市から中国で最も北の旅客駅である同省大興安嶺地区漠河(ばくが)市古蓮駅に向かう6245「公益鈍行」は、乗車券の価格が1キロ当たりなんと0.06元(1元=約16円)という安さだ。北京から同省大興安嶺地区の加格達奇(ジャグダチ)駅向きのK497エアコン付き列車の乗車券も、1キロ当たりわずか0・15元未満に設定されている。これら多くの人を輸送しつつも運賃の安い列車は、多く帰省客に温かみを届けている。(大慶=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009846

  • 2019年05月03日
    解けゆく流氷黒竜江省呼瑪県

    3日、呼瑪県で撮影したロシアとの国境を流れる黒竜江。中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪(こま)県内を流れる黒竜江の氷がこのほど解け初め、多くの市民や観光客が川のほとりで解けゆく流氷の景色に見入り、黒竜江周辺は労働節(メーデー)連休期間中の観光スポットとなった。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702455

  • 2019年05月03日
    解けゆく流氷黒竜江省呼瑪県

    3日、呼瑪県で撮影したロシアとの国境を流れる黒竜江。中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪(こま)県内を流れる黒竜江の氷がこのほど解け初め、多くの市民や観光客が川のほとりで解けゆく流氷の景色に見入り、黒竜江周辺は労働節(メーデー)連休期間中の観光スポットとなった。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702383

  • 2019年05月03日
    解けゆく流氷黒竜江省呼瑪県

    3日、呼瑪県でロシアとの国境を流れる黒竜江を撮影する観光客。中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪(こま)県内を流れる黒竜江の氷がこのほど解け初め、多くの市民や観光客が川のほとりで解けゆく流氷の景色に見入り、黒竜江周辺は労働節(メーデー)連休期間中の観光スポットとなった。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702440

  • 2019年05月03日
    解けゆく流氷黒竜江省呼瑪県

    3日、呼瑪県で撮影したロシアとの国境を流れる黒竜江。中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪(こま)県内を流れる黒竜江の氷がこのほど解け初め、多くの市民や観光客が川のほとりで解けゆく流氷の景色に見入り、黒竜江周辺は労働節(メーデー)連休期間中の観光スポットとなった。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702473

  • 2019年05月03日
    解けゆく流氷黒竜江省呼瑪県

    3日、呼瑪県でロシアとの国境を流れる黒竜江を撮影する観光客。中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪(こま)県内を流れる黒竜江の氷がこのほど解け初め、多くの市民や観光客が川のほとりで解けゆく流氷の景色に見入り、黒竜江周辺は労働節(メーデー)連休期間中の観光スポットとなった。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702467

  • 2019年05月03日
    解けゆく流氷黒竜江省呼瑪県

    3日、呼瑪県で撮影したロシアとの国境を流れる黒竜江。中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪(こま)県内を流れる黒竜江の氷がこのほど解け初め、多くの市民や観光客が川のほとりで解けゆく流氷の景色に見入り、黒竜江周辺は労働節(メーデー)連休期間中の観光スポットとなった。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702474

  • 01:13.91
    2019年09月30日
    「新華社」黒竜江省大興安嶺地区、7年間で植生回復が大きく進展

    中国黒竜江省大興安嶺地区行政公署はこのほど、2012年から実施してきた森林植生回復プロジェクトで、森林育成、補植・再造成、植林の面積が累計178万4千ヘクタールに達したことを発表した。森林面積、立木(地面に生育している樹木)の総蓄積量、森林率は10年連続で増加した。(記者/馬暁成)<映像内容>黒竜江省大興安嶺地区の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206551

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、特殊車両で木々の茂る悪路を通り着火地域へ向かう森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000269

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、急な風向きの変化に備え、一組になって進む着火装置を持つ隊員と防火設備を持つ複数の隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000327

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、道案内の職員と正確な着火地点を確認する森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000256

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、火を付ける森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000314

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、衛星測位システム(GPS)機器を使い、着火地点を確認する森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000329

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、火を付ける森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000330

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、火を付ける森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000169

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、着火区域に徒歩で入る森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000340

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、計画焼却と同時に行われた消火実践訓練。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000344

  • 2019年10月30日
    一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県

    10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500395

  • 2019年10月30日
    一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県

    10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500326

  • 2019年10月30日
    一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県

    10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500493

  • 2019年10月30日
    一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県

    10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500495

  • 2019年10月30日
    一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県

    10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500471

  • 2019年10月30日
    一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県

    10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500483

  • 2019年10月30日
    一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県

    10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500487

  • 2019年10月30日
    一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県

    10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500497

  • 2019年10月30日
    一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県

    10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500466

  • 2019年10月30日
    一面に広がる霧氷の絶景黒竜江省呼瑪県

    10月30日、黒竜江省呼瑪県で見られた霧氷。黒竜江上流域の中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県にこのほど、降雪の影響で見事な霧氷が現われ、独特な風景を作り出していた。(大興安嶺=新華社配信/周長平)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110500396

  • 2019年11月15日
    氷点下40度近くの冷え込みがもたらす霧氷黒竜江省大興安嶺

    15日、寒気の影響を受け、呼中区を流れる呼瑪河の両岸に出現した霧氷。中国黒竜江省大興安嶺地区では寒気の影響で気温の低い日が続いている。呼中(こちゅう)区、漠河(ばくが)市など、多くの地域では最低気温がすでに氷点下40度近くに達している。呼中区を流れる呼瑪(こば)河の両岸に、美しい樹氷の景色が出現した。真っ白な霧氷が太陽の光を浴びてきらきらと輝き、まるでおとぎ話のような美しい風景が一面に広がっている。(大興安嶺=新華社配信/馮宏偉)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902829

  • 2019年11月15日
    氷点下40度近くの冷え込みがもたらす霧氷黒竜江省大興安嶺

    15日、寒気の影響を受け、呼中区を流れる呼瑪河の両岸に出現した霧氷。中国黒竜江省大興安嶺地区では寒気の影響で気温の低い日が続いている。呼中(こちゅう)区、漠河(ばくが)市など、多くの地域では最低気温がすでに氷点下40度近くに達している。呼中区を流れる呼瑪(こば)河の両岸に、美しい樹氷の景色が出現した。真っ白な霧氷が太陽の光を浴びてきらきらと輝き、まるでおとぎ話のような美しい風景が一面に広がっている。(大興安嶺=新華社配信/馮宏偉)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902769

  • 2019年11月15日
    氷点下40度近くの冷え込みがもたらす霧氷黒竜江省大興安嶺

    15日、寒気の影響を受け、呼中区を流れる呼瑪河の両岸に出現した霧氷。中国黒竜江省大興安嶺地区では寒気の影響で気温の低い日が続いている。呼中(こちゅう)区、漠河(ばくが)市など、多くの地域では最低気温がすでに氷点下40度近くに達している。呼中区を流れる呼瑪(こば)河の両岸に、美しい樹氷の景色が出現した。真っ白な霧氷が太陽の光を浴びてきらきらと輝き、まるでおとぎ話のような美しい風景が一面に広がっている。(大興安嶺=新華社配信/馮宏偉)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902705

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:06.96
    2019年11月20日
    「新華社」希少動物クズリの姿を撮影黒竜江省大興安嶺地区

    中国黒竜江省大興安嶺地区の松嶺区はこのほど、北慶森林資源管理保護区内に設置した赤外線カメラが、中国国家1級保護動物のクズリが活動する様子を今月2日と5日の2回にわたり撮影したことを明らかにした。同管理保護区のスタッフによると、撮影されたクズリは体長が約80~100センチ、テンとクマの間ぐらいの大きさで、映像の中では雪の中をウロウロしたり、はしゃいだりして活発に動いている。クズリが活動する姿が同管理保護区で撮影されたのは今回が初めて。以前の国家林業局(現・国家林業草原局)の記録によると、クズリは中国に約180匹生息し、内モンゴル自治区や黒竜江省、新疆ウイグル自治区で確認されているが、個体群の数が少なく、野生で見られるのは非常に珍しい。(記者/馬暁成、強勇)<映像内容>赤外線カメラが撮影した野生のクズリの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120201013

  • 00:45.65
    2019年11月26日
    「新華社」労働者の知恵、雪かきの「神器」が活躍黒竜江省大興安嶺林区

    中国黒竜江省大興安嶺地区ではここ数日、広い範囲で雪が降り、新林区の清掃作業員が地元の発明品を使い始めた。発明した「神器」は、前方で雪を押し、後方で掃き出す除雪機で、なかなかの効果を発揮している。(新華社配信)<映像内容>地元の発明品の除雪機を使用する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112601991

  • 00:55.82
    2019年12月12日
    「新華社」中国最北端黒竜江省漠河市の冬

    一年で最も寒い時期を迎えた中国黒竜江省大興安嶺地区の漠河(ばくが)市では現在、気温が氷点下20~30度まで下がっており、人々は分厚く重い防寒着を着用している。気温の低下が続いていても、市内では依然として多くの人が行き交い、住民は何事もないかのように日々を送っている。漠河市の年間平均気温は氷点下5度。霜が降りない期間は年間わずか80日ほどしかない。(記者/馬暁成)<映像内容>冬の黒竜江省漠河市の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121201030

  • 2019年12月19日
    寒気の影響で氷霧が発生黒竜江省大興安嶺

    19日、氷霧が観測された呼中区内の様子。中国黒竜江省大興安嶺地区の関連部門によると、寒気の影響で同地区の漠河市、呼中区などで最低気温が氷点下40度以下となる厳しい冷え込みが続いており、各地で微小な氷の結晶からなる霧、氷霧が観測された。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401608

  • 2019年12月19日
    寒気の影響で氷霧が発生黒竜江省大興安嶺

    19日、各地で氷霧が観測された漠河市内の路上で働く作業員。中国黒竜江省大興安嶺地区の関連部門によると、寒気の影響で同地区の漠河市、呼中区などで最低気温が氷点下40度以下となる厳しい冷え込みが続いており、各地で微小な氷の結晶からなる霧、氷霧が観測された。(ハルビン=新華社配信/王景陽)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401523

  • 01:03.30
    2019年12月22日
    「新華社」熱湯が空中で一瞬にして氷に黒竜江省大興安嶺でイベント

    冬至の22日、中国黒竜江省大興安嶺地区呼瑪県で、多くの人が同時に熱湯を空中にまいて凍らせるイベントが開催された。千人近くの参加者が準備した熱湯を掛け声とともに空に向けてまき散らすと、空中で氷の粒が柱状になり、雄大で壮観な風景を作り出した。極寒期に行われる同様のイベントは、冬に北方地域を訪れる観光客にとって「SNS映え」に格好の場所の一つとなっている。氷点下40度まで冷え込む大興安嶺地区で暮らす人々の楽しみが、遠方から訪れる大勢の観光客も引き付ける。(記者/馬知遥)<映像内容>熱湯を空中にまいて凍らせるイベントの様子、撮影日:2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010701471

  • 2019年12月30日
    氷点下40度の年越しが観光客呼び込む黒竜江省大興安嶺

    12月30日、氷点下40度前後の寒さが続く大興安嶺地区の呼中区。中国黒竜江省大興安嶺地区は、氷点下40度の厳しい冷え込みの中で2020年を迎えた。寒さは地元の人々に試練を与える一方で、樹氷などの魅力的な風景も届けている。「極寒の中での年越し」を体験するため、同地区には他地方から大勢の観光客が訪れており、春節(今年は1月25日)期間中の「寒冷地」旅行プランの事前予約や列車の切符も人気となっている。(大興安嶺=新華社配信/馮宏偉)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020010602519

  • 2019年12月30日
    氷点下40度の年越しが観光客呼び込む黒竜江省大興安嶺

    12月30日、氷点下40度前後の寒さが続く大興安嶺地区の呼中区を訪れた観光客。中国黒竜江省大興安嶺地区は、氷点下40度の厳しい冷え込みの中で2020年を迎えた。寒さは地元の人々に試練を与える一方で、樹氷などの魅力的な風景も届けている。「極寒の中での年越し」を体験するため、同地区には他地方から大勢の観光客が訪れており、春節(今年は1月25日)期間中の「寒冷地」旅行プランの事前予約や列車の切符も人気となっている。(大興安嶺=新華社配信/馮宏偉)=2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2020010602250

  • 2020年03月04日
    大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省

    4日、消火設備を点検する黒竜江省大興安嶺地区呼中林業局の森林防火隊員。中国最北の森林地区、黒竜江省大興安嶺で15日、春の森林防火週間がスタートした。新型コロナウイルスの影響を受け、同地区では事前に準備を整え、感染対策と防火活動を同時に行っている。同省は、中国最大の国有林を有し、管轄下の大興安嶺森林区は683万6600ヘクタール、東北の穀倉地帯と華北平原の天然の環境保全の要塞となっている。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031923923

  • 2020年03月04日
    大興安嶺で春の森林防火週間スタート黒竜江省

    4日、消火設備を点検する黒竜江省大興安嶺地区呼中林業局の森林防火隊員。中国最北の森林地区、黒竜江省大興安嶺で15日、春の森林防火週間がスタートした。新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制活動の影響を受け、同地区では事前に準備を整え、感染対策と防火活動を同時に行っている。同省は、中国最大の国有林を有し、管轄下の大興安嶺森林区は683万6600ヘクタール、東北の穀倉地帯と華北平原の天然の環境保全の要塞となっている。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031923941

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.40
    2020年03月08日
    「新華社」柵に挟まれたノロジカ、住民が力を合わせ森へ帰す黒竜江省

    中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中区で8日、山から下りてきた1匹のノロジカが住宅地の柵に挟まれ身動きが取れなくなった。地元住民が見つけると、ノロジカが動かないよう、なだめ続けた。知らせを聞いて駆け付けた警察官が、ノロジカを救助し森へ帰した。近年、大興安嶺地区の生態環境は改善を続けており、野生動物が山を下り人里に出てくるという状況がたびたび起きているという。(記者/馬暁成)<映像内容>住宅地の柵に挟まり動けなくなったノロジカ、救助の様子、撮影日:2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※前半部分の画質が良くありません。

    商品コード: 2020031200564

  • 03:01.35
    2020年03月17日
    「新華社」大興安嶺地区でクロテンやクズリなど希少動物の撮影に成功黒竜江省

    中国黒竜江省大興安嶺地区の呼中林業局は17日、同林業局が先ごろ、管内の赤外線カメラで国家1級重点保護動物のクロテンやクズリなど希少動物の撮影に複数回成功したことを明らかにした。同林業局は1月6日から今月6日にかけ、管内の大西溝管護区58号線区域に赤外線カメラ60台を設置。2カ月間にわたる野生動物の科学モニタリングを実施した。撮影した画像の整理・選別を行ったところ、野生動物の行動を捉えた貴重な映像が数多く含まれていることが分かった。クロテンはごく限られた環境に生息する動物で、標高800~1600メートルの針広混交林や亜寒帯の針葉樹林を好み、げっ歯類や鳥類、松の実などを食べる。(記者/馬暁成)<映像内容>大興安嶺地区の野生動物の様子、クロテンやクズリなど、撮影日:2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031924065

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.44
    2020年04月19日
    「新華社」黒竜江省の多くの地域で大雪に各地で積極対応

    中国黒竜江省の黒河市やチチハル市、大興安嶺地区南部などで19日から大雪が降り続き、一部地域は激しい大吹雪に見舞われた。省内の高速道路は大部分が閉鎖された。極端な天候を受け、同省各地の関連部門は緊急対応策を迅速に発動し、道路の除雪に当たった。作業は人手と機械を組み合わせた方式で進められ、車道は機械装置、歩道は清掃作業員が担った。機械オペレーターが24時間体制で降雪に即応し、降った雪をできる限り早く道路脇に寄せることで、雪による交通への影響が出ないようにしている。(記者/馬知遥)<映像内容>黒竜江省で大雪、除雪作業の様子、撮影日:2020(令和2)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042803234

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月22日
    黒竜江省の多くの地域で大雪に各地で積極対応

    22日、黒竜江省黒河市で、雪道を犬を連れて散歩する市民。中国黒竜江省の黒河市やチチハル市、大興安嶺地区南部などで19日から大雪が降り続き、一部地域は激しい大吹雪に見舞われた。省内の高速道路は大部分が閉鎖された。極端な天候を受け、同省各地の関連部門は緊急対応策を迅速に発動し、道路の除雪に当たった。作業は人手と機械を組み合わせた方式で進められ、車道は機械装置、歩道は清掃作業員が担った。機械オペレーターが24時間体制で降雪に即応し、降った雪をできる限り早く道路脇に寄せることで、雪による交通への影響が出ないようにしている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709424

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月22日
    黒竜江省の多くの地域で大雪に各地で積極対応

    22日、黒竜江省黒河市内の道路で、雪かきをする人たち。中国黒竜江省の黒河市やチチハル市、大興安嶺地区南部などで19日から大雪が降り続き、一部地域は激しい大吹雪に見舞われた。省内の高速道路は大部分が閉鎖された。極端な天候を受け、同省各地の関連部門は緊急対応策を迅速に発動し、道路の除雪に当たった。作業は人手と機械を組み合わせた方式で進められ、車道は機械装置、歩道は清掃作業員が担った。機械オペレーターが24時間体制で降雪に即応し、降った雪をできる限り早く道路脇に寄せることで、雪による交通への影響が出ないようにしている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709540

  • 2020年05月05日
    中国最北端の森林地帯で消防車パレード防火意識を啓発

    5日、パレードの先頭。中国最北の森林地帯に位置する黒竜江省大興安嶺地区漠河市で5日、大規模な消防車パレードが実施された。指揮車や広報車、人員輸送車、消防車など51台から成る隊列が、サイレンを鳴らしながら市街地をゆっくりと巡回した。今回のイベントはインターネットでライブ中継され、ネットユーザーがSNSなどを通じてパレードを見物できるようになっており、森林防火知識を普及させ、先進的な消防装備、消防能力を紹介する役割を果たした。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102557

  • 2020年05月05日
    中国最北端の森林地帯で消防車パレード防火意識を啓発

    5日、パレードする消防指揮車。中国最北の森林地帯に位置する黒竜江省大興安嶺地区漠河市で5日、大規模な消防車パレードが実施された。指揮車や広報車、人員輸送車、消防車など51台から成る隊列が、サイレンを鳴らしながら市街地をゆっくりと巡回した。今回のイベントはインターネットでライブ中継され、ネットユーザーがSNSなどを通じてパレードを見物できるようになっており、森林防火知識を普及させ、先進的な消防装備、消防能力を紹介する役割を果たした。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102586

  • 01:31.81
    2020年05月05日
    「新華社」最北端の森林区で大規模な消防車パレード黒竜江省

    中国最北端の森林地帯に位置する黒竜江省大興安嶺地区漠河(ばくが)市で5日、大規模な消防車パレードが実施された。消防指令車や広報車、人員輸送車、消防車など51台からなる隊列が、サイレンを高々と鳴らしながら市街地をゆっくり巡回した。今回のイベントはインターネットでも中継され、ネットユーザーはソーシャルメディアなどを通じて見物した。パレードは森林防火の知識を広めるとともに、現代化された消防装備と能力を披露した。(記者/馬暁成)<映像内容>消防車パレードの様子、撮影日:2020(令和2)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051302725

  • 2020年05月05日
    中国最北端の森林地帯で消防車パレード防火意識を啓発

    5日、上空から見たパレードの隊列。(小型無人機から)中国最北の森林地帯に位置する黒竜江省大興安嶺地区漠河市で5日、大規模な消防車パレードが実施された。指揮車や広報車、人員輸送車、消防車など51台から成る隊列が、サイレンを鳴らしながら市街地をゆっくりと巡回した。今回のイベントはインターネットでライブ中継され、ネットユーザーがSNSなどを通じてパレードを見物できるようになっており、森林防火知識を普及させ、先進的な消防装備、消防能力を紹介する役割を果たした。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102639

  • 2020年05月05日
    中国最北端の森林地帯で消防車パレード防火意識を啓発

    5日、消防タンクを搭載した救助車。中国最北の森林地帯に位置する黒竜江省大興安嶺地区漠河市で5日、大規模な消防車パレードが実施された。指揮車や広報車、人員輸送車、消防車など51台から成る隊列が、サイレンを鳴らしながら市街地をゆっくりと巡回した。今回のイベントはインターネットでライブ中継され、ネットユーザーがSNSなどを通じてパレードを見物できるようになっており、森林防火知識を普及させ、先進的な消防装備、消防能力を紹介する役割を果たした。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102601

  • 2020年05月05日
    中国最北端の森林地帯で消防車パレード防火意識を啓発

    5日、漠河市周辺の都市部と農村部の境界地域をパレードする水槽付消防ポンプ自動車。中国最北の森林地帯に位置する黒竜江省大興安嶺地区漠河市で5日、大規模な消防車パレードが実施された。指揮車や広報車、人員輸送車、消防車など51台から成る隊列が、サイレンを鳴らしながら市街地をゆっくりと巡回した。今回のイベントはインターネットでライブ中継され、ネットユーザーがSNSなどを通じてパレードを見物できるようになっており、森林防火知識を普及させ、先進的な消防装備、消防能力を紹介する役割を果たした。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102646

  • 2020年05月05日
    中国最北端の森林地帯で消防車パレード防火意識を啓発

    5日、パレードに参加した漠河森林消防隊の車両。中国最北の森林地帯に位置する黒竜江省大興安嶺地区漠河市で5日、大規模な消防車パレードが実施された。指揮車や広報車、人員輸送車、消防車など51台から成る隊列が、サイレンを鳴らしながら市街地をゆっくりと巡回した。今回のイベントはインターネットでライブ中継され、ネットユーザーがSNSなどを通じてパレードを見物できるようになっており、森林防火知識を普及させ、先進的な消防装備、消防能力を紹介する役割を果たした。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102514

  • 2020年05月05日
    中国最北端の森林地帯で消防車パレード防火意識を啓発

    5日、漠河市周辺の都市部と農村部の境界地域をパレードする救助車。中国最北の森林地帯に位置する黒竜江省大興安嶺地区漠河市で5日、大規模な消防車パレードが実施された。指揮車や広報車、人員輸送車、消防車など51台から成る隊列が、サイレンを鳴らしながら市街地をゆっくりと巡回した。今回のイベントはインターネットでライブ中継され、ネットユーザーがSNSなどを通じてパレードを見物できるようになっており、森林防火知識を普及させ、先進的な消防装備、消防能力を紹介する役割を果たした。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102599

  • 01:01.84
    2020年05月05日
    「新華社」中ロ国境を流れる黒竜江、流氷期を迎える

    中国とロシアの国境を流れる黒竜江が半年以上の凍結を経て、年に1度の流氷期を迎えた。黒竜江省大興安嶺地区呼瑪(こま)県内では、さまざまな大きさや形の流氷がぶつかり合い、押し流される迫力ある光景を見ることができる。「流氷期」は川面が数日間かけて凍結から解氷に至る過渡期を指す。凍結した川の水が解けると、壮大な流氷の風景が生まれる。同県では湾曲した川の流れが川面を不規則に揺らすことで氷の流れに緩急がつき、独特の趣を作り出すため、1年に1度限りの独特な景観がもたらされる。(記者/馬知遥)<映像内容>黒竜江の流氷の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051302740

  • 2020年05月10日
    黒竜江省大興安嶺地区の一部地域、立夏を過ぎて大雪

    10日、黒竜江省大興安嶺地区呼中区の雪景色。中国黒竜江省大興安嶺地区呼中区の呼源鎮や呼中管護区などでは10日朝、雪が降り、山の斜面や樹木が真っ白な雪に覆われた。一部の営林場では、10センチを超える積雪となった。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301075

  • 2020年05月10日
    黒竜江省大興安嶺地区の一部地域、立夏を過ぎて大雪

    10日、黒竜江省大興安嶺地区呼中区の雪景色。中国黒竜江省大興安嶺地区呼中区の呼源鎮や呼中管護区などでは10日朝、雪が降り、山の斜面や樹木が真っ白な雪に覆われた。一部の営林場では、10センチを超える積雪となった。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301086

  • 2020年05月10日
    黒竜江省大興安嶺地区の一部地域、立夏を過ぎて大雪

    10日、黒竜江省大興安嶺地区呼中区の雪景色。中国黒竜江省大興安嶺地区呼中区の呼源鎮や呼中管護区などでは10日朝、雪が降り、山の斜面や樹木が真っ白な雪に覆われた。一部の営林場では、10センチを超える積雪となった。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051301113

  • 2020年05月11日
    「中国で一番寒い町」黒竜江省呼中区の暖房供給期間が延長

    11日、呼中区不動産・暖房センター熱源ステーションで、熱交換機器を操作するスタッフ。中国黒竜江省大興安嶺地区呼中区は12日、寒気の影響で最低気温が氷点下4度近くまで下がるなど、連日低温が続いているため、暖房期間を延長することを明らかにした。大興安嶺地区の伊勒呼里山北麓に位置する同区では、氷点下53・2度の最低気温を記録したことがあり、氷点下40度以下が毎年1カ月ほど続くことから「中国で一番寒い町」と呼ばれている。(呼中=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402299

  • 2020年05月11日
    「中国で一番寒い町」黒竜江省呼中区の暖房供給期間が延長

    11日、呼中区不動産・暖房センター40トンボイラー室で、燃え続けるボイラーの炎。中国黒竜江省大興安嶺地区呼中区は12日、寒気の影響で最低気温が氷点下4度近くまで下がるなど、連日低温が続いているため、暖房期間を延長することを明らかにした。大興安嶺地区の伊勒呼里山北麓に位置する同区では、氷点下53・2度の最低気温を記録したことがあり、氷点下40度以下が毎年1カ月ほど続くことから「中国で一番寒い町」と呼ばれている。(呼中=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402358

  • 2020年05月11日
    「中国で一番寒い町」黒竜江省呼中区の暖房供給期間が延長

    11日、呼中区不動産・暖房センター40トンボイラー室で、ボイラーに石炭を投入する作業員。中国黒竜江省大興安嶺地区呼中区は12日、寒気の影響で最低気温が氷点下4度近くまで下がるなど、連日低温が続いているため、暖房期間を延長することを明らかにした。大興安嶺地区の伊勒呼里山北麓に位置する同区では、氷点下53・2度の最低気温を記録したことがあり、氷点下40度以下が毎年1カ月ほど続くことから「中国で一番寒い町」と呼ばれている。(呼中=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402350

  • 2020年05月11日
    「中国で一番寒い町」黒竜江省呼中区の暖房供給期間が延長

    11日、呼中区不動産・暖房センターの熱源ステーションで、暖房の状況をモニタリングするスタッフ。中国黒竜江省大興安嶺地区呼中区は12日、寒気の影響で最低気温が氷点下4度近くまで下がるなど、連日低温が続いているため、暖房期間を延長することを明らかにした。大興安嶺地区の伊勒呼里山北麓に位置する同区では、氷点下53・2度の最低気温を記録したことがあり、氷点下40度以下が毎年1カ月ほど続くことから「中国で一番寒い町」と呼ばれている。(呼中=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402387

  • 02:50.49
    2020年05月20日
    「新華社」黒竜江省大興安嶺地区の「夏の氷河」

    中国黒竜江省大興安嶺地区の伊勒呼里山北麓に位置する呼中区は、氷点下53・2度の最低気温を記録したことがあり、氷点下40度以下が毎年1カ月ほど続くことから「中国で一番寒い町」と呼ばれている。同地では18日、屋外気温が20度を超えたが、特殊な気候条件の影響で呼中自然保護区の川面に厚さ1メートルの氷層が解け残り、「夏の氷河」の独特な景観を作り出した。地元住民によると、氷層は6月に完全に解け切るという。(記者/馬暁成)<映像内容>呼中自然保護区の川面に残る氷塊、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104409

  • 2020年05月28日
    大興安嶺北部でノドグロツグミの撮影に成功黒竜江省

    呼中国家級自然保護区で撮影したノドグロツグミ。(5月28日撮影)中国黒竜江省大興安嶺地区北部に位置する呼中国家級自然保護区でこのほど、ノドグロツグミが活動する様子が初めて捉えられた。今回撮影に成功したノドグロツグミは、同保護区の職員が野生動植物調査を行っていた際に偶然発見した。体長25センチ前後で、眉斑と喉が赤色をしている。保護区の専門家の鑑定によりこの個体は、雄の成体であることが確認された。(ハルビン=新華社配信/黄小華)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908100

  • 2020年05月28日
    大興安嶺北部でノドグロツグミの撮影に成功黒竜江省

    呼中国家級自然保護区で撮影したノドグロツグミ。(5月28日撮影)中国黒竜江省大興安嶺地区北部に位置する呼中国家級自然保護区でこのほど、ノドグロツグミが活動する様子が初めて捉えられた。今回撮影に成功したノドグロツグミは、同保護区の職員が野生動植物調査を行っていた際に偶然発見した。体長25センチ前後で、眉斑と喉が赤色をしている。保護区の専門家の鑑定によりこの個体は、雄の成体であることが確認された。(ハルビン=新華社配信/黄小華)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908577

  • 2020年05月28日
    大興安嶺北部でノドグロツグミの撮影に成功黒竜江省

    呼中国家級自然保護区で撮影したノドグロツグミ。(5月28日撮影)中国黒竜江省大興安嶺地区北部に位置する呼中国家級自然保護区でこのほど、ノドグロツグミが活動する様子が初めて捉えられた。今回撮影に成功したノドグロツグミは、同保護区の職員が野生動植物調査を行っていた際に偶然発見した。体長25センチ前後で、眉斑と喉が赤色をしている。保護区の専門家の鑑定によりこの個体は、雄の成体であることが確認された。(ハルビン=新華社配信/黄小華)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908490

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    大興安嶺で森林火災、2千人余りが消火活動内モンゴル自治区

    30日、火災現場で消火活動にあたる消防隊員。中国内モンゴル自治区大興安嶺地区で30日、庫都爾林業局と吉文林業局が管轄する森林で火災があり、大興安嶺重点国有林管理局と同自治区森林消防総隊によると、同管理局の森林火災対策本部が動員した2千人余りが消火・救援にあたっている。火災現場のうち、吉文林業局の吉西林場では延焼を防ぐことに成功し、現在現場整理と再燃防止対策が進められている。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209558

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    大興安嶺で森林火災、2千人余りが消火活動内モンゴル自治区

    30日、火災現場で消火活動にあたる消防隊員。中国内モンゴル自治区大興安嶺地区で30日、庫都爾林業局と吉文林業局が管轄する森林で火災があり、大興安嶺重点国有林管理局と同自治区森林消防総隊によると、同管理局の森林火災対策本部が動員した2千人余りが消火・救援にあたっている。火災現場のうち、吉文林業局の吉西林場では延焼を防ぐことに成功し、現在現場整理と再燃防止対策が進められている。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209648

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    大興安嶺で森林火災、2千人余りが消火活動内モンゴル自治区

    30日、火災現場で消火活動にあたる消防隊員。中国内モンゴル自治区大興安嶺地区で30日、庫都爾林業局と吉文林業局が管轄する森林で火災があり、大興安嶺重点国有林管理局と同自治区森林消防総隊によると、同管理局の森林火災対策本部が動員した2千人余りが消火・救援にあたっている。火災現場のうち、吉文林業局の吉西林場では延焼を防ぐことに成功し、現在現場整理と再燃防止対策が進められている。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209667

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    大興安嶺で森林火災、2千人余りが消火活動内モンゴル自治区

    30日、火災現場で消火活動にあたる消防隊員。中国内モンゴル自治区大興安嶺地区で30日、庫都爾林業局と吉文林業局が管轄する森林で火災があり、大興安嶺重点国有林管理局と同自治区森林消防総隊によると、同管理局の森林火災対策本部が動員した2千人余りが消火・救援にあたっている。火災現場のうち、吉文林業局の吉西林場では延焼を防ぐことに成功し、現在現場整理と再燃防止対策が進められている。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209644

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    大興安嶺で森林火災、2千人余りが消火活動内モンゴル自治区

    30日、火災現場で消火活動にあたる消防隊員。中国内モンゴル自治区大興安嶺地区で30日、庫都爾林業局と吉文林業局が管轄する森林で火災があり、大興安嶺重点国有林管理局と同自治区森林消防総隊によると、同管理局の森林火災対策本部が動員した2千人余りが消火・救援にあたっている。火災現場のうち、吉文林業局の吉西林場では延焼を防ぐことに成功し、現在現場整理と再燃防止対策が進められている。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209682

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    大興安嶺で森林火災、2千人余りが消火活動内モンゴル自治区

    30日、火災現場で消火活動にあたる消防隊員。中国内モンゴル自治区大興安嶺地区で30日、庫都爾林業局と吉文林業局が管轄する森林で火災があり、大興安嶺重点国有林管理局と同自治区森林消防総隊によると、同管理局の森林火災対策本部が動員した2千人余りが消火・救援にあたっている。火災現場のうち、吉文林業局の吉西林場では延焼を防ぐことに成功し、現在現場整理と再燃防止対策が進められている。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209617

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    大興安嶺で森林火災、2千人余りが消火活動内モンゴル自治区

    30日、火災現場で消火活動にあたる消防隊員。中国内モンゴル自治区大興安嶺地区で30日、庫都爾林業局と吉文林業局が管轄する森林で火災があり、大興安嶺重点国有林管理局と同自治区森林消防総隊によると、同管理局の森林火災対策本部が動員した2千人余りが消火・救援にあたっている。火災現場のうち、吉文林業局の吉西林場では延焼を防ぐことに成功し、現在現場整理と再燃防止対策が進められている。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209643

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    大興安嶺で森林火災、2千人余りが消火活動内モンゴル自治区

    30日、火災現場で消火活動にあたる消防隊員。中国内モンゴル自治区大興安嶺地区で30日、庫都爾林業局と吉文林業局が管轄する森林で火災があり、大興安嶺重点国有林管理局と同自治区森林消防総隊によると、同管理局の森林火災対策本部が動員した2千人余りが消火・救援にあたっている。火災現場のうち、吉文林業局の吉西林場では延焼を防ぐことに成功し、現在現場整理と再燃防止対策が進められている。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209719

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:32.08
    2020年05月30日
    「新華社」大興安嶺で森林火災、2千人余りが消火活動内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区大興安嶺地区で30日、庫都爾林業局と吉文林業局が管轄する森林でそれぞれ火災があり、大興安嶺重点国有林管理局と同自治区森林消防総隊によると、同管理局の森林火災対策本部が動員した2千人余りが消火・救援にあたった。2カ所の火災は既に延焼を防ぐことに成功しており、現場では現在、現場整理と再燃防止対策が進められている。(記者/鄒倹朴)<映像内容>大興安嶺の森林火災、消火の様子、撮影日:2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209735

  • 00:34.66
    2020年06月05日
    「新華社」大興安嶺地区でツツジが満開黒竜江省

    中国黒竜江省大興安嶺地区は夏に入り、山が緑に覆われる時期を迎えた。中国最北の都市である同地区漠河市ではツツジが満開となり、壮観な風景が広がっている。(記者/馬暁成)<映像内容>満開のツツジの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102842

  • 00:42.28
    2020年08月30日
    「新華社」中医薬材料の栽培を地域の重要産業に黒竜江省漠河市

    中国黒竜江省大興安嶺地区漠河市北極鎮北極村にある「北極道地中草薬材展示園」では、敷地面積200ムー(約13ヘクタール)の園内でセキシャクやキンレンカなど8種類の中医薬材料を栽培している。同市は今年、栽培産業と観光業を融合し、中医薬材料の栽培を現地に産業構造の転換と発展をもたらす重要産業と位置付けている。(記者/孫暁宇)<映像内容>中医薬材料の栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090203162

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.20
    2020年09月17日
    「新華社」国家電網傘下8企業が山火事の防災訓練を実施黒竜江省

    中国送電大手、国家電網傘下の省レベルの電力企業8社がこのほど、黒竜江省大興安嶺地区で、森林・草原の送電線火災危険度の徹底調査、管理のための現地指導会および山火事を想定した送電線の合同防災訓練を行った。訓練に参加した8社の送電線は、多くが密生した森林・草原地帯にある。220人が参加し、ヘリコプター3機と水槽付き消防車2台、電力安全応急処置車5台などが出動した。(記者/劉赫垚)<映像内容>山火事を想定した送電線の合同防災訓練の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801655

  • 2020年10月11日
    黒竜江省、大興安嶺地区で初雪

    11日、初雪が積もった大興安嶺地区呼中区の街中で写真撮影する人。中国黒竜江省の大興安嶺地区に位置する漠河市や呼中区などで11日、初雪が観測された。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200505

  • 2020年10月11日
    黒竜江省、大興安嶺地区で初雪

    11日、初雪が積もった大興安嶺地区呼中区の公園で遊ぶ人。中国黒竜江省の大興安嶺地区に位置する漠河市や呼中区などで11日、初雪が観測された。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200703

  • 2020年10月11日
    黒竜江省、大興安嶺地区で初雪

    11日、初雪が積もった大興安嶺地区呼中区で除雪作業をする車両。中国黒竜江省の大興安嶺地区に位置する漠河市や呼中区などで11日、初雪が観測された。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200858

  • 2020年10月11日
    黒竜江省、大興安嶺地区で初雪

    11日、雪が舞った漠河市の市街地。中国黒竜江省の大興安嶺地区に位置する漠河市や呼中区などで11日、初雪が観測された。(ハルビン=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200665

  • 1
  • 2
  • 3