KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 予定
  • 国家
  • 指定
  • 施設
  • 歴史
  • 義倉
  • 風景
  • 平成

「大茘県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
26
( 1 26 件を表示)
  • 1
26
( 1 26 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.60
    2018年12月14日
    「新華社」黄河に流氷出現陝西省大茘県

    中国陝西省渭南市大茘県はこのところ、低い気温の日々が続き、県内を流れる黄河では40キロメートル近くにわたり流氷が見られた。川面全体の流氷の密度は高く、川岸や河原にも結氷が確認され、流氷は「千軍万馬」のように流れ寄せ、黄河の壮麗な景観を作り出した。水利部門の観測データによると、同県より上流に位置する山西省河津市にある黄河の竜門での水流は14日午前8時時点で毎秒約406立方メートル、流氷の密度は20~30%、氷の厚さは3~5センチだった。気温の低下と上流の流氷の変化による影響を防ぐため、現地の洪水対策部門は既に監視を強化し、流氷の状況の変化を注意深く見守り、増水対策を徹底し、黄河の流氷が何事もなく通過するよう対策を立てている。(記者/都紅剛、李浩)<映像内容>黄河の流氷の様子、撮影日:2018(平成30)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121704850

  • 2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、花饃を品評会の会場に運ぶ村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203548

  • 2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、花饃を品評会の会場に運ぶ村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203455

  • 2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、同省の伝統的な踊り「花苫鼓」を披露する村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203562

  • 2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を披露する村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203457

  • 2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、花饃を品評会の会場に運ぶ村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203508

  • 2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、花饃を品評会の会場に運ぶ村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203471

  • 2019年03月07日
    幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県

    7日に撮影した陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村の村民が作ったさまざまな花饃。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203512

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.77
    2019年09月25日
    「新華社」収穫の秋を迎えたナツメの特産地陝西省大茘県

    中国北西部で産出される大茘(だいり)ナツメは、2016年のG20杭州サミットのメニューにも採用された。23日の「中国農民豊作節」が到来する頃は、大茘ナツメは収穫・販売のピークを迎えており、多くのナツメ農家は収穫に忙しい中で豊作を祝った。中国北西部の陝西省渭南(いなん)市大茘県は、ナツメの一大産地として知られる。ナツメ栽培面積は42万ムー(2万8千ヘクタール)に達し、生産量は50万トンに上る。自然条件に恵まれた大茘県のナツメは食感がよく、収穫量が多い。政策支援の後押しによって、ナツメの買付・出荷センターが村に設置され、売行きは順調だ。計量し梱包されたナツメはここから世界各地に運ばれる。高水準の買付価格の恩恵を受けて、大茘県の多くのナツメ農家では、一人当たりの年収が2万元(1元=約15円)を超えている。(記者/孫正好、呉鴻波)<映像内容>大茘ナツメの収穫、出荷作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504695

  • 00:40.96
    2019年11月18日
    「新華社」黄河湿地に渡り鳥の群れ陝西省渭南市

    中国陝西省渭南(いなん)市大茘県の黄河湿地では、多くの渡り鳥が浅瀬に集まり、豊かな自然の中で生き生きと飛び回っている。(記者/孫正好)<映像内容>渡り鳥が飛来した黄河湿地の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111801801

  • 2019年11月21日
    朝霧立ち込める黄河湿地陝西省大茘県

    21日、大茘県范家鎮の黄河湿地の上空を飛ぶカモの群れ。中国陝西省大茘県の黄河湿地では冬の朝、一面に立ち込めた霧の中で水鳥が戯れる絵画のような風景が広がっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505252

  • 2019年11月21日
    朝霧立ち込める黄河湿地陝西省大茘県

    21日、大茘県趙渡鎮の黄河湿地の上空を飛ぶシラサギ。中国陝西省大茘県の黄河湿地では冬の朝、一面に立ち込めた霧の中で水鳥が戯れる絵画のような風景が広がっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505217

  • 2019年11月21日
    朝霧立ち込める黄河湿地陝西省大茘県

    21日、大茘県趙渡鎮の黄河湿地にあるハス池。中国陝西省大茘県の黄河湿地では冬の朝、一面に立ち込めた霧の中で水鳥が戯れる絵画のような風景が広がっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505216

  • 2019年11月21日
    朝霧立ち込める黄河湿地陝西省大茘県

    21日、大茘県趙渡鎮の黄河湿地に生息するハイイロガンの群れ。中国陝西省大茘県の黄河湿地では冬の朝、一面に立ち込めた霧の中で水鳥が戯れる絵画のような風景が広がっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505301

  • 2019年11月21日
    朝霧立ち込める黄河湿地陝西省大茘県

    21日、大茘県趙渡鎮の黄河湿地。(小型無人機から)中国陝西省大茘県の黄河湿地では冬の朝、一面に立ち込めた霧の中で水鳥が戯れる絵画のような風景が広がっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505224

  • 2019年11月21日
    朝霧立ち込める黄河湿地陝西省大茘県

    21日、大茘県趙渡鎮の黄河湿地の上空を飛ぶカワウ。中国陝西省大茘県の黄河湿地では冬の朝、一面に立ち込めた霧の中で水鳥が戯れる絵画のような風景が広がっている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505219

  • 2020年05月27日
    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省

    27日、豊図義倉を見学する観光客。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209436

  • 2020年05月27日
    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省

    27日、豊図義倉の周辺風景。現代農業施設が立ち並ぶ。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209573

  • 2020年05月27日
    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省

    27日、東倉門から豊図義倉の内城に入る観光客。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209446

  • 2020年05月27日
    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省

    27日、豊図義倉の内城。(小型無人機から)中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209453

  • 2020年05月27日
    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省

    27日、豊図義倉で各時期の食糧配給切符を見学する観光客中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209483

  • 2020年05月27日
    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省

    27日、豊図義倉のれんが倉庫で出庫する小麦を整理する作業員。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209438

  • 2020年05月27日
    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省

    27日、豊図義倉で貯蔵されている食糧。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209367

  • 2020年05月27日
    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省

    27日、空から見た豊図義倉。(小型無人機から)中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209498

  • 2020年05月27日
    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省

    27日、豊図義倉の内城の一角。(小型無人機から)中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209510

  • 2020年05月27日
    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省

    27日、豊図義倉で実施されている小麦の入れ替え作業。れんが倉庫の備蓄小麦はベルトコンベアでトラックの荷台に運ばれる。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209408

  • 1