KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 予定
  • 成功
  • 投入
  • 日本時間
  • 軌道
  • 歴史
  • がん
  • しせい

「天啓」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
26
( 1 26 件を表示)
  • 1
26
( 1 26 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、アモイ市海滄区青礁村の村民代表顔建春(がん・けんしゅん、右から2人目)さんに中国国民党連戦(れん・せん)元主席の揮毫と、連横(れん・おう、連雅堂)が著した「台湾通史」を贈呈する台湾青年発展基金会の連勝文(れん・しょうぶん)董事長(右端)。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003825

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園中央にある思斉堂。1階は主に公共スペースで、2階は両岸同根開台文化展示館になっている。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003820

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、アモイ市海滄区青礁村に開園した開台文化公園。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003884

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、青礁村の開台文化公園にある両岸同根開台文化展示館で記念写真を撮る海峡両岸顔氏一族の人々。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004044

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、アモイ市海滄区基金会台胞事務局の符坤竜(ふ・こんりゅう)氏に、精緻な印刷の初版「台湾通史」影印本を贈呈する中華全国台湾同胞聯誼会文化宣伝部の陳小艶(ちん・しょうえん)部長(右側)。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004124

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、アモイ顔氏一族会の人たちと記念撮影する台北市文山区顔氏一族会の顔四川(がん・しせん、中央)さん。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004128

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、青礁村に建設された開台文化公園で行われた開園式の様子。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004143

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、アモイ市海滄区青礁村に開園した開台文化公園に置かれた昔のジャンク船の模型。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003930

  • 2019年06月14日
    顔思斉を記念する開台文化公園、アモイ市青礁村にオープン

    14日、青礁村の開台文化公園で「開台王」顔思斉の彫像を除幕する来賓。中国福建省アモイ市海滄区青礁村の開台文化公園が14日、正式に開園した。同公園は顔思斉(がん・しせい)による「開台(台湾島の開拓)」文化をテーマとした公共スペースで、民間が発起し、政府の支持や指導の下で建設された。敷地面積は3・3ヘクタール。顔思斉は明の万暦年間(1572~1620年)から天啓年間(1621~27年)にかけて、中国東南部沿海を勢力範囲とした海商集団のリーダーで、台湾島開拓のために福建省南部の人々を率いて海峡を渡ったため、「開台王」と呼ばれる。(厦門=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003832

  • 2019年12月24日
    明清時代の青花磁器、天津で展示

    24日、明・天啓帝時代の「青花嬰戲図碗」。中国天津博物館は、青花磁器(中国の染付)の独特な魅力を伝えようと、明清時代の青花磁器を常設展示している。同博物館は多くの明清時代の青花磁器を所蔵しており、現在は250点(組)の貴重な作品が並ぶ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901735

  • 2020年11月07日
    中国の商用運搬ロケット「谷神星1号」、初の打ち上げに成功

    中国は7日午後3時12分(日本時間同4時12分)、データ転送衛星「天啓星座」11星を酒泉衛星発射センターから運搬ロケット「谷神星1号」で打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。運搬ロケット「谷神星1号」は今回が初飛行だった。(酒泉=新華社配信/汪江波)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904596

  • 2020年11月07日
    中国の商用運搬ロケット「谷神星1号」、初の打ち上げに成功

    中国は7日午後3時12分(日本時間同4時12分)、データ転送衛星「天啓星座」11星を酒泉衛星発射センターから運搬ロケット「谷神星1号」で打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。運搬ロケット「谷神星1号」は今回が初飛行だった。(酒泉=新華社配信/汪江波)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904202

  • 2020年11月07日
    中国の商用運搬ロケット「谷神星1号」、初の打ち上げに成功

    中国は7日午後3時12分(日本時間同4時12分)、データ転送衛星「天啓星座」11星を酒泉衛星発射センターから運搬ロケット「谷神星1号」で打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。運搬ロケット「谷神星1号」は今回が初飛行だった。(酒泉=新華社配信/汪江波)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904501

  • 2020年11月07日
    中国の商用運搬ロケット「谷神星1号」、初の打ち上げに成功

    中国は7日午後3時12分(日本時間同4時12分)、データ転送衛星「天啓星座」11星を酒泉衛星発射センターから運搬ロケット「谷神星1号」で打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。運搬ロケット「谷神星1号」は今回が初飛行だった。(酒泉=新華社配信/汪江波)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904562

  • 2020年11月07日
    中国の商用運搬ロケット「谷神星1号」、初の打ち上げに成功

    中国は7日午後3時12分(日本時間同4時12分)、データ転送衛星「天啓星座」11星を酒泉衛星発射センターから運搬ロケット「谷神星1号」で打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。運搬ロケット「谷神星1号」は今回が初飛行だった。(酒泉=新華社配信/汪江波)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904286

  • 2021年04月27日
    (5)中国、斉魯1号など商業衛星9基の同時打ち上げに成功

    27日、商業衛星9基を搭載し、太原衛星発射センターから打ち上げられた運搬ロケット「長征6号」。中国は27日午前11時20分(日本時間午後0時20分)、山西省太原衛星発射センターから運搬ロケット「長征6号」を使い、斉魯1号、同4号、仏山1号の主要商業衛星3基を打ち上げ、予定の軌道に投入した。今回は中安国通1号、天啓星座09星、起源太空NEO-1衛星、泰景2号01星、金紫荊1号衛星、霊鵲1号D02衛星の衛星6基も同時に打ち上げられた。(太原=新華社配信/鄭逃逃)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042710211

  • 2021年04月27日
    中国、斉魯1号など商業衛星9基の同時打ち上げに成功

    27日、商業衛星9基を搭載し、太原衛星発射センターから打ち上げられた運搬ロケット「長征6号」。中国は27日午前11時20分(日本時間午後0時20分)、山西省太原衛星発射センターから運搬ロケット「長征6号」を使い、斉魯1号、同4号、仏山1号の主要商業衛星3基を打ち上げ、予定の軌道に投入した。今回は中安国通1号、天啓星座09星、起源太空NEO-1衛星、泰景2号01星、金紫荊1号衛星、霊鵲1号D02衛星の衛星6基も同時に打ち上げられた。(太原=新華社配信/鄭逃逃)=配信日:2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042806835

  • 2021年04月27日
    (1)中国、斉魯1号など商業衛星9基の同時打ち上げに成功

    27日、商業衛星9基を搭載し、太原衛星発射センターで打ち上げを待つ運搬ロケット「長征6号」。中国は27日午前11時20分(日本時間午後0時20分)、山西省太原衛星発射センターから運搬ロケット「長征6号」を使い、斉魯1号、同4号、仏山1号の主要商業衛星3基を打ち上げ、予定の軌道に投入した。今回は中安国通1号、天啓星座09星、起源太空NEO-1衛星、泰景2号01星、金紫荊1号衛星、霊鵲1号D02衛星の衛星6基も同時に打ち上げられた。(太原=新華社配信/鄭逃逃)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042710210

  • 2021年04月27日
    (3)中国、斉魯1号など商業衛星9基の同時打ち上げに成功

    27日、商業衛星9基を搭載し、太原衛星発射センターから打ち上げられた運搬ロケット「長征6号」。中国は27日午前11時20分(日本時間午後0時20分)、山西省太原衛星発射センターから運搬ロケット「長征6号」を使い、斉魯1号、同4号、仏山1号の主要商業衛星3基を打ち上げ、予定の軌道に投入した。今回は中安国通1号、天啓星座09星、起源太空NEO-1衛星、泰景2号01星、金紫荊1号衛星、霊鵲1号D02衛星の衛星6基も同時に打ち上げられた。(太原=新華社配信/鄭逃逃)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042710207

  • 2021年04月27日
    (2)中国、斉魯1号など商業衛星9基の同時打ち上げに成功

    27日、商業衛星9基を搭載し、太原衛星発射センターから打ち上げられた運搬ロケット「長征6号」。中国は27日午前11時20分(日本時間午後0時20分)、山西省太原衛星発射センターから運搬ロケット「長征6号」を使い、斉魯1号、同4号、仏山1号の主要商業衛星3基を打ち上げ、予定の軌道に投入した。今回は中安国通1号、天啓星座09星、起源太空NEO-1衛星、泰景2号01星、金紫荊1号衛星、霊鵲1号D02衛星の衛星6基も同時に打ち上げられた。(太原=新華社配信/鄭逃逃)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042710209

  • 00:29.24
    2021年05月07日
    「新華社」中国、リモートセンシング衛星「遥感30号08」打ち上げに成功

    中国は7日午前2時11分(日本時間同3時11分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット「長征2号C」を使い、リモートセンシング衛星「遥感30号08」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。「遥感30号08」は複数の衛星でネットワークを構築するモデルを採用しており、主に電磁環境探査と関連技術のテストに用いられる。今回のミッションではさらに、衛星「天啓星座12星」も搭載し、打ち上げた。天啓星座12星は天啓モノのインターネット(IoT)衛星群(コンステレーション)の構成部分で、主にデータの収集・伝送サービスの提供に使われる。長征シリーズ運搬ロケットの飛行は今回で369回目。(記者/薛晨) =配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050707306

  • 2021年11月01日
    (10)上海博物館で中国と欧州の陶磁器・文化交流展

    10月28日、特別展で展示された景徳鎮磁器の五彩開光盆景花卉図盤。(明朝天啓・崇禎年間、米メトロポリタン美術館蔵)中国の上海博物館がフランスのギメ東洋美術館と提携し、7カ国の有名博物館13館や収蔵機関と合同で開催する特別展「東西融和-中国と欧州の陶磁器・文化交流展」が10月28日、開幕した。上海博物館は同展で、中国と海外の陶磁器、油絵の名作206点(組)を通じ、大航海時代の中国と欧州間の貿易と文化交流の歴史をひもとく。はるばる海を越えた中国磁器は、明清時代の中国・欧州間の貿易の発展を見届けただけでなく、当時のイメージ、設計、技術、思想の交流を今に伝えている。東西文化の対話と交流の重要な担い手でもあった。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2021(令和3)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110111462

  • 2022年04月25日
    (4)「明史」編さん者の墓誌見つかる河北省滄州市

    15日、明かりを照らして墓誌を確認する滄州博物館の職員。中国河北省の滄州市博物館は、市民から寄贈された墓誌が、清代に明王朝の正史「明史」の編さんに関わった学者のものであることを調査により確認したと明らかにした。墓誌に記載された被葬者の名は呂修祉(りょ・しゅうし)で、明の天啓元(1621)年に「挙人(科挙の地方試験『郷試』の合格者)」、清初に科挙の「榜眼(ぼうがん、次席及第者)」となり、弘文院で編集者として「明史」の編さんに携わった。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042506875

  • 2022年04月25日
    (2)「明史」編さん者の墓誌見つかる河北省滄州市

    15日、墓誌を調査する滄州博物館の職員。中国河北省の滄州市博物館は、市民から寄贈された墓誌が、清代に明王朝の正史「明史」の編さんに関わった学者のものであることを調査により確認したと明らかにした。墓誌に記載された被葬者の名は呂修祉(りょ・しゅうし)で、明の天啓元(1621)年に「挙人(科挙の地方試験『郷試』の合格者)」、清初に科挙の「榜眼(ぼうがん、次席及第者)」となり、弘文院で編集者として「明史」の編さんに携わった。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042506873

  • 2022年04月25日
    (1)「明史」編さん者の墓誌見つかる河北省滄州市

    19日、墓誌に刻まれた文字。中国河北省の滄州市博物館は、市民から寄贈された墓誌が、清代に明王朝の正史「明史」の編さんに関わった学者のものであることを調査により確認したと明らかにした。墓誌に記載された被葬者の名は呂修祉(りょ・しゅうし)で、明の天啓元(1621)年に「挙人(科挙の地方試験『郷試』の合格者)」、清初に科挙の「榜眼(ぼうがん、次席及第者)」となり、弘文院で編集者として「明史」の編さんに携わった。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042506880

  • 2022年04月25日
    (3)「明史」編さん者の墓誌見つかる河北省滄州市

    15日、墓誌を拭いて文字を確認する滄州博物館の職員。中国河北省の滄州市博物館は、市民から寄贈された墓誌が、清代に明王朝の正史「明史」の編さんに関わった学者のものであることを調査により確認したと明らかにした。墓誌に記載された被葬者の名は呂修祉(りょ・しゅうし)で、明の天啓元(1621)年に「挙人(科挙の地方試験『郷試』の合格者)」、清初に科挙の「榜眼(ぼうがん、次席及第者)」となり、弘文院で編集者として「明史」の編さんに携わった。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042506876

  • 1