KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 山陽新聞
  • レジ袋
  • 動き
  • 橋本氏
  • とくし丸
  • アクリル
  • サイズ
  • サポート
  • バイオマスプラスチック

「天満屋ストア」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1994年03月01日
    天満屋ストア社長に三宅氏

    天満屋ストア社長に就任した三宅伸一郎氏

    商品コード: 1994030100047

  • 2011年02月16日
    橋本和雄氏 天満屋ストア社長に橋本氏

    橋本和雄氏

    商品コード: 2011021600114

  • 2011年02月16日
    記者会見する橋本氏 天満屋ストア社長に橋本氏

    天満屋ストアの社長に昇格することが決まり、記者会見する橋本和雄氏=16日午前、大阪市

    商品コード: 2011021600115

  • 2020年04月17日
    レジに透明仕切り 新型コロナ感染防止で

    アクリル板が取り付けられたレジ=天満屋ハピータウン岡南店。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、岡山県内の食品スーパーで、レジに透明の仕切りを設ける動きが広がっている。来店客と従業員間の飛沫感染を防ぐ狙い。天満屋ストア(岡山市北区岡町)が運営する天満屋ハピータウン岡南店(同市南区築港新町)は、全49店舗の中でいち早く、12日に設置した。アクリル板(縦60センチ、横45センチ)を高さ1・75メートルのスタンドに固定し、食品売り場のフルサービスレジ全てに置いた。残る店舗でも13日以降順次、同様の対策を取っている。=2020(令和2)年4月17日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ=2020(令和2)年4月17日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020043004375

  • 2020年06月15日
    レジ袋の有料化を知らせる店内のポスター

    レジ袋の有料化を知らせる店内のポスター=天満屋ハピータウン原尾島店。7月1日からのプラスチック製レジ袋の有料化を控え、岡山県内で営業するスーパーなどの小売業者が準備を急いでいる。多店舗展開する大手は、多くが環境負荷の少ない新素材に切り替えて販売。大小幅広くそろえていたサイズを集約し、効率化を図る動きも目立つ。スーパー運営の天満屋ストア(岡山市)は、前倒しで有料化していた2店舗以外の46店舗でも無料配布をやめ、植物由来のバイオマスプラスチックを30%配合した袋に順次切り替える。サイズは現在の5種類から2種類に絞り、3円と5円で販売する。=2020(令和2)年6月15日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070111314

  • 2020年07月01日
    レジ袋の有料化スタート

    レジ袋の有料化を知らせるポスターが掲げられた天満屋ハピータウン原尾島店=7月1日、岡山市。政府がレジ袋の有料化を全国の小売店に義務付ける制度が1日始まり、コンビニ大手などが買い物客に有料で販売した。岡山県内のスーパーなども対応。天満屋ストア(岡山市北区岡町)は先行実施の2店を除く46店で1日から有料に切り替えた。食品用は小、大を用意し、それぞれ3円、5円で販売したが、天満屋ハピータウン原尾島店(同市中区原尾島)では、大半の買い物客がマイバッグを持参していた。=2020(令和2)年7月1日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070702592

  • 2020年10月09日
    移動販売車「とくし丸」 事業を拡大

    天満屋ストアが事業を拡大している移動販売車「とくし丸」。スーパー経営の天満屋ストア(岡山市北区岡町)が、移動販売車「とくし丸」事業を拡大している。今秋には販売エリアを広島県東部に広げ、車両も40台まで増加。新規顧客の開拓による売り上げ増に加え、お年寄りら車の使えない買い物弱者のサポートなどで社会貢献も果たしており、早期に50台体制を目指す。=2020(令和2)年10月9日、撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121502883

  • 1