KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • ハクチョウ
  • 令和
  • 渡り鳥
  • アルタイ地区
  • アルタイ山脈
  • エルティシ川
  • オビ川
  • オートバイ
  • カザフスタン

「天然湖沼」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:15.15
    2019年04月05日
    「新華社」中国唯一の北極海に注ぐ国際河川が通年禁漁に新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区の漁業を管轄する行政部門はこのほど、2019年より、中国唯一の北極海に注ぐ国際河川、エルティシ川を通年禁漁とし、一切の漁労活動を禁止すると公告した。これまでエルティシ川では季節的な禁漁が行われていた。2005年、同自治区イリ・カザフ自治州のアルタイ地区で公布された漁業資源保護条例では、毎年4月1日から6月30日までを禁漁期と定め、同河川の希少な野生魚類の生息状況の回復を後押ししてきた。また、漁業管轄部門は毎年、流域に冷水性魚類の稚魚数百万匹を放流し、野生魚類の回復に貢献してきた。今年、季節的禁漁は通年禁漁に延長された。禁漁令に基づき、中国内の同川水域では、年間を通じて一切の釣りや漁労行為が禁止され、禁漁期間に水揚げされた水産物の売買も禁止される。同公告によると、同地区の養殖の請負などに使用する天然湖沼水系での禁漁期は、以前と変わらず4月1日から7月31日までの4カ月間となる。昨年の禁漁期には、同地区で延べ336台の車両と650人の人員、95隻のモーターボートが法執行に当たり、禁漁期の違法漁労案件12件を処理し、違法に捕獲された野生魚類2・4トンを没収し、1・9トン余りを放流した。また、違法な輸送に使われたオートバイ10台を押収、漁船8隻を廃棄処分にした。エルティシ川の源流は中国のアルタイ山脈で、同山脈の南斜面に沿って北西に流れ、カザフスタンのザイサン湖を通り、さらに北に向かってロシアのオビ川に合流し、北極海に注ぐ。水域の生態環境は独特で、シベリアチョウザメやカワメンタイ、ノーザンパイク、ヨーロピアンパーチなど、30種類余りの貴重な冷水性魚類が生息している。(記者/宿伝義)<映像内容>中国唯一の北極海に注ぐ国際河川・エルティシ川の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040501514

  •  「新華社」春の湿地にハクチョウの群れ内モンゴル自治区
    00:59.90
    2021年03月02日
    「新華社」春の湿地にハクチョウの群れ内モンゴル自治区

    中国の黄河流域にある内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県ではこのところ、春の日差しを受けて湖や湿地の解氷が進み、ハクチョウなど多くの渡り鳥が姿を見せている。同自治区には世界的に重要な渡り鳥の移動ルート3本が通っており、うち1本は磴口県を経由している。県内160カ所以上の天然湖沼はハクチョウだけで1万羽以上が飛来する渡り鳥の生息・繁殖地となっている。(記者/李雲平)=配信日:2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030402365

  •  「新華社」内モンゴルの黄河湿地で渡り鳥の飛来がピークに
    01:06.49
    2022年03月28日
    「新華社」内モンゴルの黄河湿地で渡り鳥の飛来がピークに

    黄河全域の解氷に伴い、中国内モンゴル自治区の黄河湿地で、渡り鳥の飛来がピークを迎えている。河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)などでは、渡り鳥が羽を休めたり、餌を探したりする光景が至る所で見られ、春の大地を生き生きと彩っている。同自治区磴口(とうこう)県はかねて「百湖の郷」と称され、広大な砂海に160以上の天然湖沼がある。最近は県内の黄河湿地に渡り鳥の大群が飛来し、ハクチョウ、クロヅル、ミコアイサ、サカツラガンなどの国家重点保護動物が次々に姿を見せ、にぎやかな様相を呈している。ここ数年、環境の改善が進むにつれ、内モンゴルの黄河沿岸の湿地に飛来する渡り鳥の数は徐々に増えている。(記者/李雲平) =配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032900608

  • 1