KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 北斉
  • 記者
  • 中心
  • 位置
  • 創建
  • 古刹
  • 地区
  • 常楽寺
  • 建築

「天統」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年11月12日
    「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省

    12日、常楽寺を散策する観光客。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰(ほうほう)鉱区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501354

  • 2019年11月12日
    「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省

    12日、常楽寺の仏像。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰(ほうほう)鉱区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501287

  • 2019年11月12日
    「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省

    12日、常楽寺の宋塔。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰(ほうほう)鉱区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501352

  • 2019年11月12日
    「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省

    12日、常楽寺の宋塔。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰砿区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501386

  • 2019年11月12日
    「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省

    12日、空から見た常楽寺。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰(ほうほう)鉱区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501346

  • 2019年11月12日
    「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省

    12日、常楽寺の遺跡を散策する観光客。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰砿区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501304

  • 2019年11月12日
    「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省

    12日、常楽寺の遺跡。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰(ほうほう)鉱区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501411

  • 2021年03月06日
    (2)北朝時代の石像60体余りをデジタル化河北省黄驊市

    黄驊市博物館が所蔵する北斉・天統4(568)年造の一仏四脇侍像。(資料写真)中国河北省の黄驊(こうか)市博物館はこのほど、所蔵する北朝時代(386~581年)の石像60体余りをデジタル化して保存する作業を終えた。3次元デジタル情報と高解像度画像データを大量に作成し、破損した石像の一部を仮想空間で復元した。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804364

  • 1