KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 貞観
  • ユネスコ
  • 世界遺産
  • 永陵
  • 登録
  • 福陵
  • インド
  • 三蔵法師
  • 仏典

「太宗」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
44
( 1 44 件を表示)
  • 1
44
( 1 44 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1985年08月27日
    王監督、亡き父と対面

    父親、王仕福さんの死去で広島から太宗寺に駆けつけた王監督=1985(昭和60)年8月27日午前10時、東京・新宿

    商品コード: 1985082700004

  • 1997年02月24日
    献花する参列者 埴谷雄高氏お別れ会

    「別れの会」で埴谷雄高氏のひつぎに献花する参列者=24日午後、東京・新宿の太宗寺(はにや・ゆたか=作家)

    商品コード: 1997022400081

  • 2010年09月30日
    太宗秀

    2010年9月28日の朝鮮労働党代表者会で党中央委員会政治局員候補に選出された太宗秀氏(朝鮮通信=共同)

    商品コード: 2010093000102

  • 2018年04月16日
    朝鮮通信資料 国務委員に選出された太宗秀代議員

    2018年4月11日の朝鮮最高人民会議(国会)第13期第6回会議で国務委員会委員に選出された太宗秀(テ・ジョンス)代議員(朝鮮労働党副委員長)(朝鮮通信=共同)

    商品コード: 2018041600106

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月28日
    朝鮮通信資料 祖国解放戦争参戦烈士墓に献花する太宗秀副委員長ら

    朝鮮戦争勝利(停戦)65周年に当たる2018年7月27日、平壌の祖国解放戦争参戦烈士墓に献花する太宗秀(前列中央)、金英哲(前列左から2人目)の両朝鮮労働党副委員長ら幹部(朝鮮通信=共同)

    商品コード: 2018073000653

  • 2018年12月12日
    新作歴史劇「大唐魏徴」上演河北省石家荘市

    12日、石家荘絲弦劇場で絲弦の演目「大唐魏徴」を演じる俳優。中国河北省の地方劇の一つ、絲弦(しげん)劇の公演を行っている石家荘市絲弦劇団がこのほど、2年間かけて作り上げた大型新作歴史劇「大唐魏徴(だいとうぎちょう)」を披露した。同作品は唐の功臣、魏徴(ぎ・ちょう)がはばかることなく太宗をいさめ、貞観(じょうがん)年間の繁栄に貢献した物語を描いている。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121721707

  • 2018年12月12日
    新作歴史劇「大唐魏徴」上演河北省石家荘市

    12日、石家荘絲弦劇場で絲弦の演目「大唐魏徴」を演じる俳優。中国河北省の地方劇の一つ、絲弦(しげん)劇の公演を行っている石家荘市絲弦劇団がこのほど、2年間かけて作り上げた大型新作歴史劇「大唐魏徴(だいとうぎちょう)」を披露した。同作品は唐の功臣、魏徴(ぎ・ちょう)がはばかることなく太宗をいさめ、貞観(じょうがん)年間の繁栄に貢献した物語を描いている。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121721710

  • 2018年12月12日
    新作歴史劇「大唐魏徴」上演河北省石家荘市

    12日、石家荘絲弦劇場で舞台化粧をする俳優。中国河北省の地方劇の一つ、絲弦(しげん)劇の公演を行っている石家荘市絲弦劇団がこのほど、2年間かけて作り上げた大型新作歴史劇「大唐魏徴(だいとうぎちょう)」を披露した。同作品は唐の功臣、魏徴(ぎ・ちょう)がはばかることなく太宗をいさめ、貞観(じょうがん)年間の繁栄に貢献した物語を描いている。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121721917

  • 2018年12月12日
    新作歴史劇「大唐魏徴」上演河北省石家荘市

    12日、石家荘絲弦劇場で絲弦の演目「大唐魏徴」を演じる俳優。中国河北省の地方劇の一つ、絲弦(しげん)劇の公演を行っている石家荘市絲弦劇団がこのほど、2年間かけて作り上げた大型新作歴史劇「大唐魏徴(だいとうぎちょう)」を披露した。同作品は唐の功臣、魏徴(ぎ・ちょう)がはばかることなく太宗をいさめ、貞観(じょうがん)年間の繁栄に貢献した物語を描いている。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121721924

  • 2018年12月12日
    新作歴史劇「大唐魏徴」上演河北省石家荘市

    12日、石家荘絲弦劇場で絲弦の演目「大唐魏徴」を演じる俳優。中国河北省の地方劇の一つ、絲弦(しげん)劇の公演を行っている石家荘市絲弦劇団がこのほど、2年間かけて作り上げた大型新作歴史劇「大唐魏徴(だいとうぎちょう)」を披露した。同作品は唐の功臣、魏徴(ぎ・ちょう)がはばかることなく太宗をいさめ、貞観(じょうがん)年間の繁栄に貢献した物語を描いている。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121721921

  • 2018年12月12日
    新作歴史劇「大唐魏徴」上演河北省石家荘市

    12日、石家荘絲弦劇場で出番を待つ俳優。中国河北省の地方劇の一つ、絲弦(しげん)劇の公演を行っている石家荘市絲弦劇団がこのほど、2年間かけて作り上げた大型新作歴史劇「大唐魏徴(だいとうぎちょう)」を披露した。同作品は唐の功臣、魏徴(ぎ・ちょう)がはばかることなく太宗をいさめ、貞観(じょうがん)年間の繁栄に貢献した物語を描いている。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121721768

  • 2019年05月21日
    瀋陽故宮の鳳凰楼約30年を経て楼上を再公開

    21日、鳳凰楼の上から見た風景。中国遼寧省の瀋陽故宮で21日、10人の観光客が職員に導かれながら鳳凰楼に登った。鳳凰楼の一般公開は1990年に閉鎖されてから約30年ぶりとなる。清代・太宗天聡年間(1627~1635年)に建設された鳳凰楼は、瀋陽故宮中央に位置する中路(中院)建築群の中心軸線上にあり、三層入母屋造の屋根に黄色の瑠璃瓦と緑色の縁瓦を配し、回廊を巡らせた建築物。鳳凰楼は3階建てで、建設当時は瀋陽で最も高い建物だった。楼上から街全体を眺めることができ、日の出は「鳳凰のあかつき」として、名高い「盛京(瀋陽)八景」の一つとされていた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400148

  • 2019年05月21日
    瀋陽故宮の鳳凰楼約30年を経て楼上を再公開

    21日に撮影した瀋陽故宮の鳳凰楼。中国遼寧省の瀋陽故宮で21日、10人の観光客が職員に導かれながら鳳凰楼に登った。鳳凰楼の一般公開は1990年に閉鎖されてから約30年ぶりとなる。清代・太宗天聡年間(1627~1635年)に建設された鳳凰楼は、瀋陽故宮中央に位置する中路(中院)建築群の中心軸線上にあり、三層入母屋造の屋根に黄色の瑠璃瓦と緑色の縁瓦を配し、回廊を巡らせた建築物。鳳凰楼は3階建てで、建設当時は瀋陽で最も高い建物だった。楼上から街全体を眺めることができ、日の出は「鳳凰のあかつき」として、名高い「盛京(瀋陽)八景」の一つとされていた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400240

  • 2019年05月21日
    瀋陽故宮の鳳凰楼約30年を経て楼上を再公開

    21日、瀋陽故宮の鳳凰楼を見学する観光客。中国遼寧省の瀋陽故宮で21日、10人の観光客が職員に導かれながら鳳凰楼に登った。鳳凰楼の一般公開は1990年に閉鎖されてから約30年ぶりとなる。清代・太宗天聡年間(1627~1635年)に建設された鳳凰楼は、瀋陽故宮中央に位置する中路(中院)建築群の中心軸線上にあり、三層入母屋造の屋根に黄色の瑠璃瓦と緑色の縁瓦を配し、回廊を巡らせた建築物。鳳凰楼は3階建てで、建設当時は瀋陽で最も高い建物だった。楼上から街全体を眺めることができ、日の出は「鳳凰のあかつき」として、名高い「盛京(瀋陽)八景」の一つとされていた。(瀋陽=新華社記者/趙洪南)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400173

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    宝城内にある瑠璃影壁(えいへき、大門の前面もしくは門内に設けられた目隠しの独立塀)。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100678

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    茶膳房の屋根に施された神獣の彫像。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100738

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    方城から角楼へ向かう石段の下に鎮座する石獅子。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100740

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    敷地内にある方城の隆恩門。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100742

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    正紅門の壁面右側(東)に象嵌された瑠璃の竜。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100702

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    敷地内の隆恩門の銅製門環(ドアノッカー)。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100683

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    隆恩殿正門の石段の下に鎮座する石獅子。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い古代皇帝の陵墓の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100703

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    順治6年(1649年)に建てられた正紅門。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100715

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    隆恩殿の基壇(きだん)の角に施された「螭竜(あまりょう、角のない竜の総称)」の石刻。基壇内部にたまった水を排出する役割を持つ。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100724

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    方城の正門、隆恩門の裏側。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い古代皇帝の陵墓の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100725

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    敷地内に建つ方城。中央に進むと隆恩殿、四隅に角楼、東西に配殿が建つ。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100791

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    宝城の南側にある「石五供」。皇帝参拝の際には、ここで酒を供え哀悼した。中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100795

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    敷地内南側の広場に立つのホンタイジ(愛新覚羅皇太極)の彫像。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100762

  • 2019年07月31日
    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市

    方城の東側に建つ配殿(左)と正門、隆恩門(右)。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082100705

  • 2020年03月19日
    (テ・ジョンス) 太宗秀

    太宗秀(コリアメディア提供・共同)

    商品コード: 2020031916143

  • 2020年07月17日
    晋祠博物館、年内は平日無料開放へ山西省太原市

    17日、晋祠に立つ石碑「晋祠銘」。碑文は唐の太宗(李世民)が自ら撰文揮毫した。中国山西省太原市の晋祠(しんし)博物館は20日から、土日・祝日を除く平日に無料開放を行う。年末まで実施し、観光消費を促進する。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800970

  • 2021年05月31日
    (26)仏山市内の博物館所蔵品を一挙公開広東省

    18日、石湾陶瓷(陶磁器)博物館所蔵の、現代の石湾窯の白釉「貞観の治唐の太宗」と青釉「老子出関」。中国広東省仏山市祖廟博物館で18日、同市の貴重な所蔵品を一挙公開する大規模展覧会「珍宝紛呈-仏山館蔵精品展」が開幕した。陶磁器や書画、玉器、古銭、竹製品、器物など、市内にある25カ所の博物館から厳選した100点(組)以上に及ぶ所蔵品を展示している。(仏山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053106528

  • 2021年10月14日
    (12)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    唐大慈恩寺遺跡公園の大仏と大雁塔。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経院の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407781

  • 2021年10月14日
    (2)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大雁塔広場。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407648

  • 2021年10月14日
    (10)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大慈恩寺の観音堂。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407789

  • 2021年10月14日
    (8)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    玄奘が植樹した沙羅双樹。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407795

  • 2021年10月14日
    (7)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    玄奘三蔵院の前庭と大雁塔。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407715

  • 2021年10月14日
    (6)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    陝西省西安市と千葉県船橋市の友好都市締結を祝して建立された桜の記念碑。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407667

  • 2021年10月14日
    (11)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    唐大慈恩寺遺跡公園の大門。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407780

  • 2021年10月14日
    (9)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大慈恩寺の雲水堂。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407706

  • 2021年10月14日
    (4)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    兜率天宮と大雁塔。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407664

  • 2021年10月14日
    (5)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大慈恩寺にある鑑真東渡像と空海像。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407665

  • 2021年10月14日
    (3)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大雁塔と大雄宝殿。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407662

  • 2021年10月14日
    (1)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大雁塔の入り口。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407649

  • 2021年10月14日
    (13)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    玄奘三蔵院に陳列された展示品。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経院の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407748

  • 1