KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国
  • 則天武后
  • 官職
  • 家系
  • 最初
  • 歴史
  • 死因
  • 発掘調査
  • 考古学
  • 薛紹

「太平公主」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
20
( 1 20 件を表示)
  • 1
20
( 1 20 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年11月02日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    薛紹墓後墓室の版築層の断面。(11月2日撮影)中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401376

  • 2019年11月10日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    薛紹墓から出土した石人の頭部。(11月10日撮影)中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401356

  • 2019年11月13日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    薛紹墓の壁龕(へきがん、壁に掘られたくぼみ)から出土した陶俑。(11月13日撮影)中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401362

  • 2019年11月20日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    薛紹墓の前墓室と出土した墓誌などの遺物。(11月20日撮影)中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401328

  • 2019年11月20日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    薛紹墓の後墓室。(11月20日撮影)中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401409

  • 2019年11月23日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    薛紹墓の発掘現場。(11月23日撮影)中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401346

  • 2019年12月17日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    17日、薛紹墓から出土した陶俑。(組み合わせ写真)中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401354

  • 2019年12月17日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    17日、薛紹墓の前墓室。中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401324

  • 2019年12月17日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    17日、薛紹墓から出土した墓誌。中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401386

  • 2019年12月17日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    17日、薛紹墓から出土した墓誌。中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401390

  • 2019年12月17日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    17日、薛紹墓の墓道に描かれた壁画。中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401414

  • 2019年12月17日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    17日、薛紹墓の墓道の入口。中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401326

  • 2019年12月17日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    17日、薛紹墓の発掘現場。中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401392

  • 2019年12月17日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    17日、薛紹墓の後墓室。中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401413

  • 2019年12月17日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    17日、薛紹墓の発掘現場。中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401287

  • 2019年12月17日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    17日、薛紹墓の墓道に描かれた壁画。中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401382

  • 2019年12月17日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    17日、薛紹墓の墓道に描かれた壁画。中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401360

  • 2019年12月17日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    17日、薛紹墓の墓道。中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401333

  • 2019年12月17日
    唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    17日、薛紹墓から出土した墓誌。太平公主の文字が刻まれている。中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施され、墓室からは墓の主の家系や官職、死因などを記した墓誌も見つかった。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401348

  • 02:38.36
    2019年12月24日
    「新華社」唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施された。太平公主は則天武后の寵愛を受け政治を補佐し、武后の死後は中宗と睿宗の復位、玄宗の擁立に関与するなど朝廷で権勢を振るった。後に玄宗と対立し、宮中で兵変を図るも機先を制され、その後死を賜った。薛紹は681年、太平公主が16歳(推定)の時に駙馬(皇女の夫)となったが、688年に皇族の反乱への関与を疑われ下獄され、翌年獄死した。17年後の706年に中宗皇帝により名誉を回復され、礼を以て改葬された。墓は空港新城底張街道岩村で見つかった。長安城遺跡から23キロ離れており、西北7・3キロには則天武后に仕えた才女・上官婉児(じょうかん・えんじ)の墓がある。同研究院の李明(り・みん)研究員によると、墓の全長は34・68メートルで深さは11・11メートル。封土と傾斜墓道、四つの天井(墓道と地上をつなぐ竪穴)と過道、六つの壁龕(へきがん、壁に掘られたくぼみ)、前後の甬道(ようどう、墓室をつなぐ通路)と墓室からなる。過去に2度盗掘に遭っているが、彩色陶俑を中心に120数点の遺物が出土した。墓室からは墓誌も見つかり、墓の主の家系や官職、死因などが記されていた。李氏は、今回の発見により新旧唐書に記載のない薛紹に関する事跡が明らかになったと指摘。墓誌や墓葬形式の研究を通じ、唐代の則天武后から玄宗初期にいたる政治文化の深層を概括することができると述べた。(記者/梁愛平)<映像内容>大型唐代墓葬の発掘調査、太平公主の夫の墓を発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401722

  • 1