KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しゅん
  • れい
  • テーマ
  • 上海博物館
  • 世代
  • 令和
  • 伝統
  • 価値
  • 地域
  • 字句

「太湖石」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年04月28日
    上海博物館、一般公開再開後初の特別展開催

    28日、上海博物館の展示ホールで展示品を撮影するメディア関係者。中国上海市の上海博物館は28日、かつて文人たちが書斎に置いて飾っていた奇石「文房供石(ぶんぼうきょうせき)」を展示する特別展「高斎雋友(こうさいしゅんゆう)‐胡可敏(こ・かびん)氏寄贈の文房供石展」を今月29日から6月28日まで正式に一般公開すると発表した。同展は同博物館が3月13日に一般公開を再開してから初めて開く特別展であり、同博物館初の伝統的な鑑賞石をテーマにした展覧会でもある。在米華人の鑑賞石収蔵家、胡可敏氏が寄贈した文房供石を主に展示する同展の展示品78点には、霊璧石(れいへきせき)、太湖石、昆石、英石などの代表的な銘柄の賞石のほか、さまざまな地域の賞石や陶器、銅、玉、木など石に似せて作られた室内装飾品および先人の字句が刻まれた石も含まれているという。歴代の文人たちに「味わい深い友」とみなされ、何世代にもわたって受け継がれてきた文房供石は、極めて大きな鑑賞と収蔵の価値をもつ。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103184

  • 2020年04月28日
    上海博物館、一般公開再開後初の特別展開催

    28日、上海博物館の展示ホールでメディア関係者を案内する同博物館の施遠(し・えん)研究員。中国上海市の上海博物館は28日、かつて文人たちが書斎に置いて飾っていた奇石「文房供石(ぶんぼうきょうせき)」を展示する特別展「高斎雋友(こうさいしゅんゆう)‐胡可敏(こ・かびん)氏寄贈の文房供石展」を今月29日から6月28日まで正式に一般公開すると発表した。同展は同博物館が3月13日に一般公開を再開してから初めて開く特別展であり、同博物館初の伝統的な鑑賞石をテーマにした展覧会でもある。在米華人の鑑賞石収蔵家、胡可敏氏が寄贈した文房供石を主に展示する同展の展示品78点には、霊璧石(れいへきせき)、太湖石、昆石、英石などの代表的な銘柄の賞石のほか、さまざまな地域の賞石や陶器、銅、玉、木など石に似せて作られた室内装飾品および先人の字句が刻まれた石も含まれているという。歴代の文人たちに「味わい深い友」とみなされ、何世代にもわたって受け継がれてきた文房供石は、極めて大きな鑑賞と収蔵の価値をもつ。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103202

  • 2020年04月28日
    上海博物館、一般公開再開後初の特別展開催

    28日、上海博物館の展示ホールでメディア関係者を案内する同博物館の施遠(し・えん)研究員。中国上海市の上海博物館は28日、かつて文人たちが書斎に置いて飾っていた奇石「文房供石(ぶんぼうきょうせき)」を展示する特別展「高斎雋友(こうさいしゅんゆう)‐胡可敏(こ・かびん)氏寄贈の文房供石展」を今月29日から6月28日まで正式に一般公開すると発表した。同展は同博物館が3月13日に一般公開を再開してから初めて開く特別展であり、同博物館初の伝統的な鑑賞石をテーマにした展覧会でもある。在米華人の鑑賞石収蔵家、胡可敏氏が寄贈した文房供石を主に展示する同展の展示品78点には、霊璧石(れいへきせき)、太湖石、昆石、英石などの代表的な銘柄の賞石のほか、さまざまな地域の賞石や陶器、銅、玉、木など石に似せて作られた室内装飾品および先人の字句が刻まれた石も含まれているという。歴代の文人たちに「味わい深い友」とみなされ、何世代にもわたって受け継がれてきた文房供石は、極めて大きな鑑賞と収蔵の価値をもつ。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103185

  • 2020年04月28日
    上海博物館、一般公開再開後初の特別展開催

    28日、「高斎雋友‐胡可敏氏寄贈の文房供石展」に展示された太湖石「白皺雲(はくすううん)」。中国上海市の上海博物館は28日、かつて文人たちが書斎に置いて飾っていた奇石「文房供石(ぶんぼうきょうせき)」を展示する特別展「高斎雋友(こうさいしゅんゆう)‐胡可敏(こ・かびん)氏寄贈の文房供石展」を今月29日から6月28日まで正式に一般公開すると発表した。同展は同博物館が3月13日に一般公開を再開してから初めて開く特別展であり、同博物館初の伝統的な鑑賞石をテーマにした展覧会でもある。在米華人の鑑賞石収蔵家、胡可敏氏が寄贈した文房供石を主に展示する同展の展示品78点には、霊璧石(れいへきせき)、太湖石、昆石、英石などの代表的な銘柄の賞石のほか、さまざまな地域の賞石や陶器、銅、玉、木など石に似せて作られた室内装飾品および先人の字句が刻まれた石も含まれているという。歴代の文人たちに「味わい深い友」とみなされ、何世代にもわたって受け継がれてきた文房供石は、極めて大きな鑑賞と収蔵の価値をもつ。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103187

  • 2020年04月28日
    上海博物館、一般公開再開後初の特別展開催

    28日、上海博物館の展示ホールで展示品を見つめる来場者。中国上海市の上海博物館は28日、かつて文人たちが書斎に置いて飾っていた奇石「文房供石(ぶんぼうきょうせき)」を展示する特別展「高斎雋友(こうさいしゅんゆう)‐胡可敏(こ・かびん)氏寄贈の文房供石展」を今月29日から6月28日まで正式に一般公開すると発表した。同展は同博物館が3月13日に一般公開を再開してから初めて開く特別展であり、同博物館初の伝統的な鑑賞石をテーマにした展覧会でもある。在米華人の鑑賞石収蔵家、胡可敏氏が寄贈した文房供石を主に展示する同展の展示品78点には、霊璧石(れいへきせき)、太湖石、昆石、英石などの代表的な銘柄の賞石のほか、さまざまな地域の賞石や陶器、銅、玉、木など石に似せて作られた室内装飾品および先人の字句が刻まれた石も含まれているという。歴代の文人たちに「味わい深い友」とみなされ、何世代にもわたって受け継がれてきた文房供石は、極めて大きな鑑賞と収蔵の価値をもつ。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103197

  • 1