KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国河北省
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 石家荘市
  • 河北省邢
  • 河北省沙河市
  • 貧困脱却
  • 中国山西省
  • インフラ
  • 山西省晋中市

「太行山脈」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
258
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
258
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月23日
    (14)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (12)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、道端で休憩する大梁江村の村民。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (10)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村の四合院。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (15)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村の入り口。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (16)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村の一角。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村に残る古戯楼。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (7)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、空から見た大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (11)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村を散策する観光客。中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (5)伝統村落観光が人気、きっかけは崖の道河北省沙河市

    河北省沙河市柴関郷緑水池村を散策する観光客。(12月4日撮影)中国の太行山脈奥地に位置する河北省沙河市柴関郷峡溝村では、崖に築かれた道が村外に通じる唯一の通路となっている。地元住民らが外出の不便さを解消するため、1970年代にスコップや金づちを振るって切り開いた。全長560メートル、内部の高さ3メートル、幅約6メートルで、数メートルおきに採光や換気のための開口部が設けられている。崖道はここ数年、珍しい外観がインターネット上で人気を集め、伝統村落観光のブームを呼んでいる。同市の交通部門は新道路を建設して王硇(おうどう)村や緑水池村など歴史ある村落を結び、多くの観光客を誘致しており、住民らの収入増にもつながっている。(邢台=新華社記者/高博)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (6)伝統村落観光が人気、きっかけは崖の道河北省沙河市

    河北省沙河市柴関郷の段々畑。(12月4日撮影、小型無人機から)中国の太行山脈奥地に位置する河北省沙河市柴関郷峡溝村では、崖に築かれた道が村外に通じる唯一の通路となっている。地元住民らが外出の不便さを解消するため、1970年代にスコップや金づちを振るって切り開いた。全長560メートル、内部の高さ3メートル、幅約6メートルで、数メートルおきに採光や換気のための開口部が設けられている。崖道はここ数年、珍しい外観がインターネット上で人気を集め、伝統村落観光のブームを呼んでいる。同市の交通部門は新道路を建設して王硇(おうどう)村や緑水池村など歴史ある村落を結び、多くの観光客を誘致しており、住民らの収入増にもつながっている。(邢台=新華社記者/高博)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (8)伝統村落観光が人気、きっかけは崖の道河北省沙河市

    河北省沙河市柴関郷を通る新道路。(12月4日、小型無人機から)中国の太行山脈奥地に位置する河北省沙河市柴関郷峡溝村では、崖に築かれた道が村外に通じる唯一の通路となっている。地元住民らが外出の不便さを解消するため、1970年代にスコップや金づちを振るって切り開いた。全長560メートル、内部の高さ3メートル、幅約6メートルで、数メートルおきに採光や換気のための開口部が設けられている。崖道はここ数年、珍しい外観がインターネット上で人気を集め、伝統村落観光のブームを呼んでいる。同市の交通部門は新道路を建設して王硇(おうどう)村や緑水池村など歴史ある村落を結び、多くの観光客を誘致しており、住民らの収入増にもつながっている。(邢台=新華社記者/高博)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (4)伝統村落観光が人気、きっかけは崖の道河北省沙河市

    空から見た河北省沙河市柴関郷緑水池村。(12月4日撮影、小型無人機から)中国の太行山脈奥地に位置する河北省沙河市柴関郷峡溝村では、崖に築かれた道が村外に通じる唯一の通路となっている。地元住民らが外出の不便さを解消するため、1970年代にスコップや金づちを振るって切り開いた。全長560メートル、内部の高さ3メートル、幅約6メートルで、数メートルおきに採光や換気のための開口部が設けられている。崖道はここ数年、珍しい外観がインターネット上で人気を集め、伝統村落観光のブームを呼んでいる。同市の交通部門は新道路を建設して王硇(おうどう)村や緑水池村など歴史ある村落を結び、多くの観光客を誘致しており、住民らの収入増にもつながっている。(邢台=新華社記者/高博)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (7)伝統村落観光が人気、きっかけは崖の道河北省沙河市

    河北省沙河市柴関郷峡溝村の崖に築かれた道。(12月4日撮影)中国の太行山脈奥地に位置する河北省沙河市柴関郷峡溝村では、崖に築かれた道が村外に通じる唯一の通路となっている。地元住民らが外出の不便さを解消するため、1970年代にスコップや金づちを振るって切り開いた。全長560メートル、内部の高さ3メートル、幅約6メートルで、数メートルおきに採光や換気のための開口部が設けられている。崖道はここ数年、珍しい外観がインターネット上で人気を集め、伝統村落観光のブームを呼んでいる。同市の交通部門は新道路を建設して王硇(おうどう)村や緑水池村など歴史ある村落を結び、多くの観光客を誘致しており、住民らの収入増にもつながっている。(邢台=新華社記者/高博)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (3)伝統村落観光が人気、きっかけは崖の道河北省沙河市

    河北省沙河市柴関郷峡溝村の崖に築かれた道。(12月4日撮影、小型無人機から)中国の太行山脈奥地に位置する河北省沙河市柴関郷峡溝村では、崖に築かれた道が村外に通じる唯一の通路となっている。地元住民らが外出の不便さを解消するため、1970年代にスコップや金づちを振るって切り開いた。全長560メートル、内部の高さ3メートル、幅約6メートルで、数メートルおきに採光や換気のための開口部が設けられている。崖道はここ数年、珍しい外観がインターネット上で人気を集め、伝統村落観光のブームを呼んでいる。同市の交通部門は新道路を建設して王硇(おうどう)村や緑水池村など歴史ある村落を結び、多くの観光客を誘致しており、住民らの収入増にもつながっている。(邢台=新華社記者/高博)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (2)伝統村落観光が人気、きっかけは崖の道河北省沙河市

    空から見た河北省沙河市柴関郷緑水池村。(12月4日撮影、小型無人機から)中国の太行山脈奥地に位置する河北省沙河市柴関郷峡溝村では、崖に築かれた道が村外に通じる唯一の通路となっている。地元住民らが外出の不便さを解消するため、1970年代にスコップや金づちを振るって切り開いた。全長560メートル、内部の高さ3メートル、幅約6メートルで、数メートルおきに採光や換気のための開口部が設けられている。崖道はここ数年、珍しい外観がインターネット上で人気を集め、伝統村落観光のブームを呼んでいる。同市の交通部門は新道路を建設して王硇(おうどう)村や緑水池村など歴史ある村落を結び、多くの観光客を誘致しており、住民らの収入増にもつながっている。(邢台=新華社記者/高博)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (1)伝統村落観光が人気、きっかけは崖の道河北省沙河市

    河北省沙河市柴関郷峡溝村の崖に築かれた道で写真を撮る観光客。(12月4日撮影)中国の太行山脈奥地に位置する河北省沙河市柴関郷峡溝村では、崖に築かれた道が村外に通じる唯一の通路となっている。地元住民らが外出の不便さを解消するため、1970年代にスコップや金づちを振るって切り開いた。全長560メートル、内部の高さ3メートル、幅約6メートルで、数メートルおきに採光や換気のための開口部が設けられている。崖道はここ数年、珍しい外観がインターネット上で人気を集め、伝統村落観光のブームを呼んでいる。同市の交通部門は新道路を建設して王硇(おうどう)村や緑水池村など歴史ある村落を結び、多くの観光客を誘致しており、住民らの収入増にもつながっている。(邢台=新華社記者/高博)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.93
    2020年12月11日
    「新華社」伝統村落観光が人気、きっかけは崖の道河北省沙河市

    中国の太行山脈奥地に位置する河北省沙河市柴関郷峡溝村では、崖に築かれた道が村外に通じる唯一の通路となっている。地元住民らが外出の不便さを解消するため、1970年代にスコップや金づちを振るって切り開いた。全長560メートル、内部の高さ3メートル、幅約6メートルで、数メートルおきに採光や換気のための開口部が設けられている。崖道はここ数年、珍しい外観がインターネット上で人気を集め、伝統村落観光のブームを呼んでいる。同市の交通部門は新道路を建設して王硇(おうどう)村や緑水池村など歴史ある村落を結び、多くの観光客を誘致しており、住民らの収入増にもつながっている。(記者/高博)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.55
    2020年11月28日
    「新華社」中医薬材料の産業チェーン拡大で地域経済の発展を促進河北省内丘県

    中国河北省邢台(けいだい)市内丘県は、太行山脈の東麓に位置し、古代中国の名医、扁鵲(へんじゃく)が医療や薬草採取を行った場所として知られる。同県ではここ数年、中医薬材料の栽培や製薬、販売流通、ヘルスケア観光産業の発展に注力し、1~3次産業が融合発展する中医薬全体の産業チェーン構築に積極的に取り組んでいる。現在、同県で生産・集積加工される中医薬材料は年間約14万トンで、地元の経済発展を促進する重要な産業となっている。(記者/曹国廠)<映像内容>中医薬材料の収穫、加工の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.72
    2020年11月23日
    「新華社」初冬の太行山脈に広がる壮麗な山水絵巻の世界河北省渉県

    中国の太行山脈東麓にある河北省邯鄲(かんたん)市渉(しょう)県では初冬を迎え、山々のたたずまいや、さざ波のきらめく静かな川の流れが、冬の詩情を写し取った山水絵巻を思わせ、人々を魅了している。同県はここ数年、生態環境の建設に積極的に取り組んでおり、植樹や造林、県内を流れる清漳河(せいしょうが)の管理など、さまざまな措置を講じながら、地域全体の緑化を推進している。(記者/杜一方、范世輝)<映像内容>河北省渉県の紅葉など風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    太行山脈に霧氷の絶景河北省渉県

    22日、雪がやみ、晴天となった河北省邯鄲市渉県の山間部。(小型無人機から)太行山脈の山間部に位置する中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県では22日、雪がやみ、青空が広がった。山肌は霧氷で一面の銀世界となり、壮観な風景が広がった。(石家荘=新華社配信/楊彦忠)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    太行山脈に霧氷の絶景河北省渉県

    22日、雪がやみ、晴天となった河北省邯鄲市渉県の山間部。(小型無人機から)太行山脈の山間部に位置する中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県では22日、雪がやみ、青空が広がった。山肌は霧氷で一面の銀世界となり、壮観な風景が広がった。(石家荘=新華社配信/楊彦忠)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    太行山脈に霧氷の絶景河北省渉県

    22日、霧氷が現れ、一面の銀世界となった河北省邯鄲市渉県の山間部。(小型無人機から)太行山脈の山間部に位置する中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県では22日、雪がやみ、青空が広がった。山肌は霧氷で一面の銀世界となり、壮観な風景が広がった。(石家荘=新華社配信/楊彦忠)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    太行山脈に霧氷の絶景河北省渉県

    22日、雪がやみ、晴天となった河北省邯鄲市渉県の山間部。(小型無人機から)太行山脈の山間部に位置する中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県では22日、雪がやみ、青空が広がった。山肌は霧氷で一面の銀世界となり、壮観な風景が広がった。(石家荘=新華社配信/楊彦忠)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    太行山脈に霧氷の絶景河北省渉県

    22日、霧氷が現れ、一面の銀世界となった河北省邯鄲市渉県の山間部。(小型無人機から)太行山脈の山間部に位置する中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県では22日、雪がやみ、青空が広がった。山肌は霧氷で一面の銀世界となり、壮観な風景が広がった。(石家荘=新華社配信/楊彦忠)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    太行山脈に霧氷の絶景河北省渉県

    22日、雪がやみ、晴天となった河北省邯鄲市渉県の山間部。(小型無人機から)太行山脈の山間部に位置する中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県では22日、雪がやみ、青空が広がった。山肌は霧氷で一面の銀世界となり、壮観な風景が広がった。(石家荘=新華社配信/楊彦忠)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    太行山脈に霧氷の絶景河北省渉県

    22日、雪がやみ、晴天となった河北省邯鄲市渉県の山間部。(小型無人機から)太行山脈の山間部に位置する中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県では22日、雪がやみ、青空が広がった。山肌は霧氷で一面の銀世界となり、壮観な風景が広がった。(石家荘=新華社配信/楊彦忠)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.80
    2020年11月20日
    「新華社」太行山脈奥地の村、屋根の上に広がる「豊作の絵図」河北省渉県

    冬を迎え、中国河北省邯鄲市渉県の大窪村では民家の屋根の上で農作物が天日干しされ、詩的な味わいに満ちた「豊作の絵図」のような光景が広がっている。同村は太行山脈の東麓に位置し、山の斜面に沿って家々が建てられている。古い建物は保存状態もよく、中国の伝統的な村の姿をとどめている。(記者/閆起磊)<映像内容>民家の屋根の上で農作物が天日干しされている様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    貧困脱却果たした太行山脈麓の県山西省

    14日、山西省晋中市左権県寒王郷里長村に植えられたアンズの木。中国山西省南東部にあり、太行山脈の西側に位置する晋中市左権県は、山地が多く、耕地が少ない。ここ数年、貧困世帯の移転や農村インフラの整備、中医薬材料の栽培、民宿や観光、太陽光発電所などを積極的に進め、昨年、貧困からの脱却と県民の所得増を果たした。昨年の農村部1人当たり平均可処分所得は7182元(1元=約16円)と、前年から18・6%増えている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    虹霓村を通る高速道路(左)と、かつて村につながる唯一の道だった「絶壁の道」。(11月12日、小型無人機から)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    上:かつての虹霓村の景観。(資料写真)下:現在の虹霓村の景観。(11月12日、小型無人機から、組み合わせ写真、太原=新華社記者/曹陽)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    民宿の庭を掃くオーナー。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    空から見た虹霓村。(11月11日、小型無人機から)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    収穫したゴマを整理する貧困脱却世帯の農家。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    トウモロコシを天日干しする貧困脱却世帯の農家。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    空から見た虹霓村の太陽光発電所。(11月11日、小型無人機から)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    庭の草花に水をやる貧困脱却世帯の村民。危険が指摘された家屋は改修を終えた。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    カキを天日干しする貧困脱却世帯の農家。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    上:かつての虹霓村の景観。(資料写真)下:現在の虹霓村の景観。(11月11日撮影、小型無人機から、組み合わせ写真、太原=新華社記者/曹陽)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    貧困脱却世帯の住民を訪ねた村の幹部、郭原理(かく・げんり)氏(左)。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.91
    2020年10月31日
    「新華社」華北ヒョウ、個体数の増加続く

    中国の固有種で国家1級保護動物に指定されている華北ヒョウ(学名Pantherapardusfontanierii)は、華北地方の山地森林生態系で唯一の食物連鎖の頂点に立つ肉食動物となっている。現在、太行山脈や六盤山などに分布しており、山西省晋中市一帯には中国最大の個体群が生息している。山西鉄橋山省級自然保護区は2013年から、晋中市和順県西部で民間環境動物保護団体「猫盟CFCA」や「和順県生態保護協会」などと共同で、華北ヒョウおよび同一区域に生息する動物の赤外線カメラによるモニタリングを開始した。範囲は同保護区と周辺の山林、約500平方キロに及ぶ。猫盟のスタッフによると、8年にわたるモニタリングで華北ヒョウをはじめベンガルヤマネコ、アカギツネなど獣類12種が観測され、最近では国家1級保護動物のミミキジも発見された。2015年5月から今年6月までの間、華北ヒョウの成獣の個体数は累計89匹確認されており、群れは安定し、繁殖も順調に行われている。(記者/解園)<映像内容>華北ヒョウなど野生動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 00:56.14
    2020年10月31日
    「新華社」太行山脈で紅葉が見頃河北省沙河市

    本番の10月、中国河北省沙河市柴関郷の鶏冠山では紅葉が見頃を迎え、辺り一面が燃え盛る炎のように真っ赤に色づいている。(記者/曹国廠)<映像内容>太行山脈の紅葉の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    黄金色のイチョウ林が見頃河北省沙河市

    10月29日、河北省沙河市欒卸村のイチョウ林を散策する観光客。中国太行山脈の東麓にある河北省沙河市欒卸村では秋が深まり、黄金色に染まったイチョウ林が訪れた多くの観光客を魅了している。(沙河=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    黄金色のイチョウ林が見頃河北省沙河市

    10月29日、河北省沙河市欒卸村のイチョウ林を散策する観光客。(小型無人機から)中国太行山脈の東麓にある河北省沙河市欒卸村では秋が深まり、黄金色に染まったイチョウ林が訪れた多くの観光客を魅了している。(沙河=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    黄金色のイチョウ林が見頃河北省沙河市

    10月29日、空から見た河北省沙河市欒卸村のイチョウ林。(小型無人機から)中国太行山脈の東麓にある河北省沙河市欒卸村では秋が深まり、黄金色に染まったイチョウ林が訪れた多くの観光客を魅了している。(沙河=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    黄金色のイチョウ林が見頃河北省沙河市

    10月29日、空から見た河北省沙河市欒卸村のイチョウ林。(小型無人機から)中国太行山脈の東麓にある河北省沙河市欒卸村では秋が深まり、黄金色に染まったイチョウ林が訪れた多くの観光客を魅了している。(沙河=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    黄金色のイチョウ林が見頃河北省沙河市

    10月29日、河北省沙河市欒卸村のイチョウ林で記念撮影する観光客。中国太行山脈の東麓にある河北省沙河市欒卸村では秋が深まり、黄金色に染まったイチョウ林が訪れた多くの観光客を魅了している。(沙河=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    黄金色のイチョウ林が見頃河北省沙河市

    10月29日、空から見た河北省沙河市欒卸村のイチョウ林。(小型無人機から)中国太行山脈の東麓にある河北省沙河市欒卸村では秋が深まり、黄金色に染まったイチョウ林が訪れた多くの観光客を魅了している。(沙河=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.48
    2020年10月27日
    「新華社」太行山脈の麓に実ったリンゴ、人々を豊かに河北省邢台市

    本格的な秋を迎えた中国河北省邢台(けいだい)市信都区漿水(しょうすい)鎮のリンゴ畑では、真っ赤なリンゴがたわわに実り、農家の人々が明るい表情で収穫に励んでいる。同区は太行山脈東麓の山がちな土地に位置し、ここ数年は独特な立地と恵まれた自然環境を生かしたリンゴ栽培を推奨してきた。区内では現在、リンゴの栽培面積が6万5千ムー(約4300ヘクタール)、年間生産量が13万トン余り、生産額が5億2千万元(1元=約16円)に達し、農家10万人以上を収入増と富裕化へ導いている。(記者/曹国廠)<映像内容>リンゴ畑の空撮、リンゴ栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    秋深まる青天河の景色河南省焦作市

    22日、青天河風景区の秋景色。中国太行山脈に位置する河南省焦作市博愛県青天河風景区では秋の深まりとともに、木々の葉が色づき始め、絵巻のような見事な景観を作り出している。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    秋深まる青天河の景色河南省焦作市

    22日、青天河風景区の秋景色。(小型無人機から)中国太行山脈に位置する河南省焦作市博愛県青天河風景区では秋の深まりとともに、木々の葉が色づき始め、絵巻のような見事な景観を作り出している。(鄭州=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    秋深まる青天河の景色河南省焦作市

    22日、青天河風景区の秋景色。(小型無人機から)中国太行山脈に位置する河南省焦作市博愛県青天河風景区では秋の深まりとともに、木々の葉が色づき始め、絵巻のような見事な景観を作り出している。(鄭州=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    秋深まる青天河の景色河南省焦作市

    22日、青天河風景区の秋景色。中国太行山脈に位置する河南省焦作市博愛県青天河風景区では秋の深まりとともに、木々の葉が色づき始め、絵巻のような見事な景観を作り出している。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    秋深まる青天河の景色河南省焦作市

    22日、青天河風景区の秋景色。中国太行山脈に位置する河南省焦作市博愛県青天河風景区では秋の深まりとともに、木々の葉が色づき始め、絵巻のような見事な景観を作り出している。(鄭州=新華社記者/王丁)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    秋深まる青天河の景色河南省焦作市

    22日、青天河風景区の秋景色。(小型無人機から)中国太行山脈に位置する河南省焦作市博愛県青天河風景区では秋の深まりとともに、木々の葉が色づき始め、絵巻のような見事な景観を作り出している。(鄭州=新華社記者/王丁)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    秋深まる青天河の景色河南省焦作市

    22日、青天河風景区の秋景色。(小型無人機から)中国太行山脈に位置する河南省焦作市博愛県青天河風景区では秋の深まりとともに、木々の葉が色づき始め、絵巻のような見事な景観を作り出している。(鄭州=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    秋深まる青天河の景色河南省焦作市

    22日、青天河風景区の秋景色。中国太行山脈に位置する河南省焦作市博愛県青天河風景区では秋の深まりとともに、木々の葉が色づき始め、絵巻のような見事な景観を作り出している。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    秋深まる青天河の景色河南省焦作市

    22日、青天河風景区の秋景色。(小型無人機から)中国太行山脈に位置する河南省焦作市博愛県青天河風景区では秋の深まりとともに、木々の葉が色づき始め、絵巻のような見事な景観を作り出している。(鄭州=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    秋深まる青天河の景色河南省焦作市

    22日、青天河風景区で記念撮影する観光客。中国太行山脈に位置する河南省焦作市博愛県青天河風景区では秋の深まりとともに、木々の葉が色づき始め、絵巻のような見事な景観を作り出している。(鄭州=新華社記者/王丁)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    秋深まる青天河の景色河南省焦作市

    22日、青天河風景区で秋景色を満喫する観光客。中国太行山脈に位置する河南省焦作市博愛県青天河風景区では秋の深まりとともに、木々の葉が色づき始め、絵巻のような見事な景観を作り出している。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    秋深まる青天河の景色河南省焦作市

    22日、青天河風景区の秋景色。中国太行山脈に位置する河南省焦作市博愛県青天河風景区では秋の深まりとともに、木々の葉が色づき始め、絵巻のような見事な景観を作り出している。(鄭州=新華社記者/王丁)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    貧困脱却果たした太行山脈麓の県山西省

    山西省晋中市左権県桐峪鎮上武村の民宿。(10月21日撮影)中国山西省南東部にあり、太行山脈の西側に位置する晋中市左権県は、山地が多く、耕地が少ない。ここ数年、貧困世帯の移転や農村インフラの整備、中医薬材料の栽培、民宿や観光、太陽光発電所などを積極的に進め、昨年、貧困からの脱却と県民の所得増を果たした。昨年の農村部1人当たり平均可処分所得は7182元(1元=約16円)と、前年から18・6%増えている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    貧困脱却果たした太行山脈麓の県山西省

    山西省晋中市左権県竜泉郷連壁村にある太陽光発電所。(10月21日撮影)中国山西省南東部にあり、太行山脈の西側に位置する晋中市左権県は、山地が多く、耕地が少ない。ここ数年、貧困世帯の移転や農村インフラの整備、中医薬材料の栽培、民宿や観光、太陽光発電所などを積極的に進め、昨年、貧困からの脱却と県民の所得増を果たした。昨年の農村部1人当たり平均可処分所得は7182元(1元=約16円)と、前年から18・6%増えている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    貧困脱却果たした太行山脈麓の県山西省

    山西省晋中市左権県で高齢者に1日3食を無料で提供する食堂。(10月20日撮影)中国山西省南東部にあり、太行山脈の西側に位置する晋中市左権県は、山地が多く、耕地が少ない。ここ数年、貧困世帯の移転や農村インフラの整備、中医薬材料の栽培、民宿や観光、太陽光発電所などを積極的に進め、昨年、貧困からの脱却と県民の所得増を果たした。昨年の農村部1人当たり平均可処分所得は7182元(1元=約16円)と、前年から18・6%増えている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    貧困脱却果たした太行山脈麓の県山西省

    山西省晋中市左権県石匣(せきこう)郷趙家荘村で栽培されている中医薬材料の菊花(キクカ)。(10月20日撮影)中国山西省南東部にあり、太行山脈の西側に位置する晋中市左権県は、山地が多く、耕地が少ない。ここ数年、貧困世帯の移転や農村インフラの整備、中医薬材料の栽培、民宿や観光、太陽光発電所などを積極的に進め、昨年、貧困からの脱却と県民の所得増を果たした。昨年の農村部1人当たり平均可処分所得は7182元(1元=約16円)と、前年から18・6%増えている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月11日
    貧困脱却果たした太行山脈麓の県山西省

    山西省晋中市左権県にある観光地「黄金谷」で整備された観光施設。(9月11日撮影)中国山西省南東部にあり、太行山脈の西側に位置する晋中市左権県は、山地が多く、耕地が少ない。ここ数年、貧困世帯の移転や農村インフラの整備、中医薬材料の栽培、民宿や観光、太陽光発電所などを積極的に進め、昨年、貧困からの脱却と県民の所得増を果たした。昨年の農村部1人当たり平均可処分所得は7182元(1元=約16円)と、前年から18・6%増えている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.86
    2020年09月04日
    「新華社」きらめく夜景、生まれ変わった太行山脈の村河北省邯鄲市

    中国河北省邯鄲市渉県更楽鎮大窪村はかつて、耕作に適した土地が少なかったことから貧しく立ち遅れていた。同村は近年、独特な建築が生み出す景観や伝統的な民俗文化を生かして、下水道や観光地の公衆トイレを整備し、郷村民宿などの宿泊施設を建設した。とりわけ今年に入ってから実施しているライトアッププロジェクトは、村の夜景をより魅力的に引き立てている。より多様化した山間部の経済モデルによって、人々の年収は着実に増加している。(記者/岳文婷)<映像内容>ライトアップされた河北省邯鄲市の村の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.72
    2020年09月01日
    「新華社」太行山の段々畑を守る「種子バンク」河北省渉県

    太行山脈に位置する中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県王金荘村には、「王金荘農民種子バンク」が設けられており、その陳列棚にはさまざまな種の入ったガラス瓶が並べられ、瓶には種の名称や品種などの情報が明記されている。同村の段々畑を中心とした渉県の乾地農業システムは2014年、第2次中国重要農業文化遺産に認定された。ここ数年は伝統的な農作物の保護のため、種の採集や分類、保存に力を入れている。種子バンクでは既に地元の農作物75種類180品目以上の遺伝資源を収集、保存しており、農作物の多様性を守る役割を果たしている。(記者/岳文婷)<映像内容>王金荘農民種子バンク、段々畑の風景、農業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    太行山脈に広がる雲海河北省邢台市

    28日、河北省邢台市西部の太行山脈に現れた雲海。(小型無人機から)中国河北省邢台(けいだい)市西部の太行山脈で、雨上がりに雲海が現れ、山が見え隠れする壮麗な風景が広がった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    太行山脈に広がる雲海河北省邢台市

    28日、河北省邢台市西部の太行山脈に現れた雲海。(小型無人機から)中国河北省邢台(けいだい)市西部の太行山脈で、雨上がりに雲海が現れ、山が見え隠れする壮麗な風景が広がった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    太行山脈に広がる雲海河北省邢台市

    28日、河北省邢台市西部の太行山脈に現れた雲海。(小型無人機から)中国河北省邢台(けいだい)市西部の太行山脈で、雨上がりに雲海が現れ、山が見え隠れする壮麗な風景が広がった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    太行山脈に広がる雲海河北省邢台市

    28日、河北省邢台市西部の太行山脈に現れた雲海。(小型無人機から)中国河北省邢台(けいだい)市西部の太行山脈で、雨上がりに雲海が現れ、山が見え隠れする壮麗な風景が広がった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    太行山脈に広がる雲海河北省邢台市

    28日、河北省邢台市西部の太行山脈に現れた雲海。(小型無人機から)中国河北省邢台(けいだい)市西部の太行山脈で、雨上がりに雲海が現れ、山が見え隠れする壮麗な風景が広がった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    太行山脈に広がる雲海河北省邢台市

    28日、河北省邢台市西部の太行山脈に現れた雲海。(小型無人機から)中国河北省邢台(けいだい)市西部の太行山脈で、雨上がりに雲海が現れ、山が見え隠れする壮麗な風景が広がった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    太行山脈に広がる雲海河北省邢台市

    28日、河北省邢台市西部の太行山脈に現れた雲海。中国河北省邢台(けいだい)市西部の太行山脈で、雨上がりに雲海が現れ、山が見え隠れする壮麗な風景が広がった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    太行山脈に広がる雲海河北省邢台市

    28日、河北省邢台市西部の太行山脈に現れた雲海。中国河北省邢台(けいだい)市西部の太行山脈で、雨上がりに雲海が現れ、山が見え隠れする壮麗な風景が広がった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    太行山脈に広がる雲海河北省邢台市

    28日、河北省邢台市西部の太行山脈に現れた雲海。(小型無人機から)中国河北省邢台(けいだい)市西部の太行山脈で、雨上がりに雲海が現れ、山が見え隠れする壮麗な風景が広がった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    美しい農村の建設で経済発展を後押し河北省沙河市

    26日、欒卸村の湖を泳ぐコクチョウ(黒鳥)とハクチョウ(白鳥)。真夏を迎えた太行山脈に位置する中国河北省沙河市欒卸村は、緑に囲まれた自然豊かなところで、山や湖、田園、木々などが織りなすのどかな農村風景が広がっている。同村は近年、景観の改善、インフラの高度化を通じて、郷村観光の発展を積極的に推進。美しい農村の建設が「美しい経済」の発展をもたらすよう後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    美しい農村の建設で経済発展を後押し河北省沙河市

    26日、豊かな緑に囲まれた欒卸村の風景。(小型無人機から)真夏を迎えた太行山脈に位置する中国河北省沙河市欒卸村は、緑に囲まれた自然豊かなところで、山や湖、田園、木々などが織りなすのどかな農村風景が広がっている。同村は近年、景観の改善、インフラの高度化を通じて、郷村観光の発展を積極的に推進。美しい農村の建設が「美しい経済」の発展をもたらすよう後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    美しい農村の建設で経済発展を後押し河北省沙河市

    26日、欒卸村の森林の中を走る車。(小型無人機から)真夏を迎えた太行山脈に位置する中国河北省沙河市欒卸村は、緑に囲まれた自然豊かなところで、山や湖、田園、木々などが織りなすのどかな農村風景が広がっている。同村は近年、景観の改善、インフラの高度化を通じて、郷村観光の発展を積極的に推進。美しい農村の建設が「美しい経済」の発展をもたらすよう後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    美しい農村の建設で経済発展を後押し河北省沙河市

    26日、欒卸村にある花園を散策する観光客。真夏を迎えた太行山脈に位置する中国河北省沙河市欒卸村は、緑に囲まれた自然豊かなところで、山や湖、田園、木々などが織りなすのどかな農村風景が広がっている。同村は近年、景観の改善、インフラの高度化を通じて、郷村観光の発展を積極的に推進。美しい農村の建設が「美しい経済」の発展をもたらすよう後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    美しい農村の建設で経済発展を後押し河北省沙河市

    26日、欒卸村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)真夏を迎えた太行山脈に位置する中国河北省沙河市欒卸村は、緑に囲まれた自然豊かなところで、山や湖、田園、木々などが織りなすのどかな農村風景が広がっている。同村は近年、景観の改善、インフラの高度化を通じて、郷村観光の発展を積極的に推進。美しい農村の建設が「美しい経済」の発展をもたらすよう後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    美しい農村の建設で経済発展を後押し河北省沙河市

    26日、豊かな緑に囲まれた欒卸村の風景。真夏を迎えた太行山脈に位置する中国河北省沙河市欒卸村は、緑に囲まれた自然豊かなところで、山や湖、田園、木々などが織りなすのどかな農村風景が広がっている。同村は近年、景観の改善、インフラの高度化を通じて、郷村観光の発展を積極的に推進。美しい農村の建設が「美しい経済」の発展をもたらすよう後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    美しい農村の建設で経済発展を後押し河北省沙河市

    26日、欒卸村を散策する観光客。真夏を迎えた太行山脈に位置する中国河北省沙河市欒卸村は、緑に囲まれた自然豊かなところで、山や湖、田園、木々などが織りなすのどかな農村風景が広がっている。同村は近年、景観の改善、インフラの高度化を通じて、郷村観光の発展を積極的に推進。美しい農村の建設が「美しい経済」の発展をもたらすよう後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    美しい農村の建設で経済発展を後押し河北省沙河市

    26日、欒卸村を散策する子どもたち。真夏を迎えた太行山脈に位置する中国河北省沙河市欒卸村は、緑に囲まれた自然豊かなところで、山や湖、田園、木々などが織りなすのどかな農村風景が広がっている。同村は近年、景観の改善、インフラの高度化を通じて、郷村観光の発展を積極的に推進。美しい農村の建設が「美しい経済」の発展をもたらすよう後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    美しい農村の建設で経済発展を後押し河北省沙河市

    26日、欒卸村のイチョウ林を散策する観光客。真夏を迎えた太行山脈に位置する中国河北省沙河市欒卸村は、緑に囲まれた自然豊かなところで、山や湖、田園、木々などが織りなすのどかな農村風景が広がっている。同村は近年、景観の改善、インフラの高度化を通じて、郷村観光の発展を積極的に推進。美しい農村の建設が「美しい経済」の発展をもたらすよう後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    美しい農村の建設で経済発展を後押し河北省沙河市

    26日、欒卸村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)真夏を迎えた太行山脈に位置する中国河北省沙河市欒卸村は、緑に囲まれた自然豊かなところで、山や湖、田園、木々などが織りなすのどかな農村風景が広がっている。同村は近年、景観の改善、インフラの高度化を通じて、郷村観光の発展を積極的に推進。美しい農村の建設が「美しい経済」の発展をもたらすよう後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月26日
    美しい農村の建設で経済発展を後押し河北省沙河市

    26日、欒卸村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)真夏を迎えた太行山脈に位置する中国河北省沙河市欒卸村は、緑に囲まれた自然豊かなところで、山や湖、田園、木々などが織りなすのどかな農村風景が広がっている。同村は近年、景観の改善、インフラの高度化を通じて、郷村観光の発展を積極的に推進。美しい農村の建設が「美しい経済」の発展をもたらすよう後押ししている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:36.11
    2020年07月23日
    「新華社」太行山麓の農家、「林+薬+観光」方式で収入増河北省邯鄲市

    太行山脈の東麓に位置する中国河北省邯鄲市渉県はここ数年、林業と中医薬材料の栽培を両立した上で観光産業を発展させ、農家の収入増につなげている。現地の林業・中医薬材料栽培拠点の責任者によると、リンゴやモモ、スモモなどの果樹の下に、サイコ(柴胡)やヤカン(射干)など中医薬材料となる植物を植えている。果実が熟す時期には摘み取り体験もできる。栽培面積1ムー(約667平方メートル)当たりの収入はかつて約300元(1元=約15円)だったが、今では千元近くになることもある。同県では現在、林業・中薬材の複合栽培を行っている農地が5万5千ムー(約3667ヘクタール)に達している。果物狩りや農村ツアーなどの観光プロジェクトも人気を集め、農業経済の質の高い発展を促進している。(記者/岳文婷)<映像内容>中医薬材料の栽培、収穫の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:44.18
    2020年07月21日
    「新華社」張家口と雄安新区結ぶ高圧送変電プロジェクト、送電塔が完成

    中国河北省張家口市張北県と同省雄安新区を結ぶ千キロボルトの高圧交流送電・変電プロジェクト(河北区間)でこのほど、2基の高電圧交流送電塔の最上部完成工事が無事終了した。同省保定市淶源県の高く険しい山々の間にそびえ立つ2基の送電塔は、1基が高さ211・6メートル、重量730トン、もう1基が高さ208・6メートル、重量740トンで、張北県と雄安新区間を山々越えて結ぶ重要な鉄塔となる。同プロジェクトは河北雄安新区のクリーン電力の送電ルートとして、雄安新区へ安定的に新エネルギーを供給する。同プロジェクトは、太行山脈の起伏が激しい山々や険しい渓谷の複雑な地形のため当初から多くの課題を抱えていた。事業者は工事開始前に、BMIモデルで作成した全工程の3Dデモ動画を制作。元の地形や環境を最大限に保護するため、2基(4S004号鉄塔と4S005号鉄塔)は通常より高くスパンが広く設計された。工事スタッフの100日近い奮闘を経て2基の頂上部完成工事が無事終了し、同プロジェクトは8月末に稼働する予定。(記者/駱学峰)<映像内容>高電圧交流送電塔の工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月20日
    みんなの夢を乗せて30年天津市と山西省結ぶ「幸福列車」

    20日、石家荘北駅で下車したK5203号列車の乗客。中国天津市から山西省長治市潞城(ろじょう)区へ向かうK5203号列車は、片道の運行距離が813キロメートル、所要時間が約13時間。運行区間には23駅が設けられ、太行山脈に位置する河北省の武安、磁山、陽邑(ようゆう)、井店、渉県、山西省の黎城、潞城の七つの「山地の町」を経由して、天津から山西省潞城区へ向かう唯一の直行列車として知られる。同列車は1980年代の開通以来、計170万人の人口を持つ七つの町に乗車サービスを提供してきた。仕事や勉強のために太行山脈地域から天津や石家荘などの大都市へ向かう乗客の夢を乗せ、人々の移動を支える「幸福列車」となっている。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月20日
    みんなの夢を乗せて30年天津市と山西省結ぶ「幸福列車」

    20日、山東省の徳州駅でK5203号列車に乗る乗客。中国天津市から山西省長治市潞城(ろじょう)区へ向かうK5203号列車は、片道の運行距離が813キロメートル、所要時間が約13時間。運行区間には23駅が設けられている。河北省の武安、磁山、陽邑(ようゆう)、井店、渉県、山西省の黎城、潞城の七つの「山地の町」を経由して、天津から山西省潞城区へ向かう唯一の直行列車として知られる。1980年代の開通以来、同列車は太行山脈に位置し、170万人以上の人口を持つ七つの町に乗車サービスを提供してきた。30年余りにわたって、仕事や勉強のために太行山脈地域から天津や石家荘などの大都市へ向かう乗客の夢を乗せてきた同列車は現在、人々の移動を支える「幸福列車」となっている。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月20日
    みんなの夢を乗せて30年天津市と山西省結ぶ「幸福列車」

    20日、子どもを連れてK5203号列車に乗る帰省客。中国天津市から山西省長治市潞城(ろじょう)区へ向かうK5203号列車は、片道の運行距離が813キロメートル、所要時間が約13時間。運行区間には23駅が設けられ、太行山脈に位置する河北省の武安、磁山、陽邑(ようゆう)、井店、渉県、山西省の黎城、潞城の七つの「山地の町」を経由して、天津から山西省潞城区へ向かう唯一の直行列車として知られる。同列車は1980年代の開通以来、計170万人の人口を持つ七つの町に乗車サービスを提供してきた。仕事や勉強のために太行山脈地域から天津や石家荘などの大都市へ向かう乗客の夢を乗せ、人々の移動を支える「幸福列車」となっている。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3