KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 箱根
  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 画像
  • 研究
  • 記載
  • 説明文
  • 宮ノ下温泉
  • 建物

「奈良屋」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
48
( 1 48 件を表示)
  • 1
48
( 1 48 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    宮ノ下温泉

    向山(むこうやま)から見た宮ノ下と堂ヶ島。宮ノ下には富士屋ホテル本館と奈良屋ホテル洋館が見え、明治16年(1883)の宮ノ下大火以後、富士屋ホテル本館竣工後の明治24年(1891)以降の撮影と分かる。堂ヶ島への途中には五段旅館が見え、両端を調べの滝と白鷺の滝が流れる。五段旅館の下は平松別荘。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐16‐0]

    商品コード: 2017081401196

  • -
    宮ノ下温泉

    明星ヶ岳の尾根から眺めた宮の下の全景で、珍しい構図。中央の白亜の洋館は奈良屋旅館、背後に富士屋ホテルが見える。後方の集落は小涌谷で、白い建物は三井家別荘層雲閣。画面右下はベルツの別荘の可能性がある。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐83‐0]

    商品コード: 2017080400659

  • -
    堂が島温泉

    堂ヶ嶋温泉の眺望で、建物は左手前に一部見えるのが近江屋、次が大和屋、その向こうが江戸屋。早川沿いの新しい屋根の建物も大和屋、石段の上のお堂は山居山、その左奥に見えるのは、奈良屋の跡に建てられた平松別荘。平松別荘の建設は明治20年(1887)頃なので、それ以降の撮影と思われる。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号93‐44‐0]

    商品コード: 2017081401054

  • -
    奈良屋旅館

    キーワード:東海道、神奈川、元箱根、奈良屋旅館=明治期か?、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018111234476

  • -
    宮ノ下と堂ヶ島

    江戸時代、堂ヶ島には、奈良屋・江戸屋・丸屋・大和屋・近江屋があった。左手の二層の建物は大和屋、右の赤いお堂は薬師堂。中央は調べの滝、その上が五段旅館。山の上の白亜の洋館は奈良屋ホテル、その左が富士屋ホテルで、明治16年(1883)の大火後、明治24年(1891)本館竣工後の撮影と分かる。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐97‐0]

    商品コード: 2017080903238

  • -
    山間の神社

    富士屋ホテルから見た風景で、左端が奈良屋旅館、正面の山は明星ヶ岳、右端が熊野権現。権現の直下には、富士屋ホテルに長期滞在したチェンバレンが明治27年(1894)に建てた王堂文庫が見えないので、それ以前か。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐183‐0]

    商品コード: 2017080903057

  • -
    宮ノ下奈良屋ホテル

    宮ノ下奈良屋ホテル=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号59‐9‐2]

    商品コード: 2017081400652

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    大涌谷

    大涌谷は箱根火山が水蒸気爆発を起こした爆裂火口の跡で、今でも盛んに噴煙を上げている。明治の初めまで大地獄と呼ばれ精霊が行く場所とされたが、明治六年(1873)天皇・皇后が宮ノ下奈良屋で避暑をされた時、滞在地近辺に地獄があっては畏れ多いと大涌谷と改称された。人物が数人見える。左は冠岳。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号47‐15‐0]

    商品コード: 2017080903012

  • -
    堂が島温泉

    左上から、宮の下の家並み、右上は奈良屋ホテル、左下は大和屋、その右が夢想国師の庵、中央の滝が調べの滝、滝の右上が五段旅館、旅館の右の滝は、宮の下の道路拡張で消滅した。右下の建物は現在の対星館に当たる。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐8‐0]

    商品コード: 2017080201149

  • -
    堂が島

    堂ヶ島温泉の眺望で、建物は手前から近江屋、道を挟んで大和屋、その先が丸屋、次が江戸屋。 階段の上のお堂は山居山。その向こうが奈良屋。左の滝は調べの滝、右の川は早川である。川には木橋が架かり、向山へ渡れるようになっている。平松別荘がまだないので、明治20年(1887)以前の撮影である。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号82‐22‐0]

    商品コード: 2017081401348

  • -
    箱根 宮ノ下 奈良屋旅館

    箱根、宮ノ下、奈良屋旅館=幕末、箱根、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。★特別価格対象商品★

    商品コード: 2018122023083

  • -
    宮ノ下奈良屋ホテル

    右手の白亜の建物が明治16年(1883)の宮ノ下大火後、明治20年(1887)に竣工した奈良屋ホテル洋館である。左手の建物は明治19年(1886)に建造された富士屋ホテルのハミテージで、明治24年(1891)に完成した富士屋ホテル本館がまだ見えないので、20年以降24年以前の撮影である。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐31‐0]

    商品コード: 2017081400815

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    宮ノ下温泉

    左手奥の建物は創業当時の富士屋ホテルの洋館で、明治11年(1878)に造られ、明治16年(1883)12月に大火で消失するまで存在したので、その間の撮影と分かる。右手の建物は、明治7年(1874)の宮ノ下の火災で焼失後に再建された奈良屋旅館。職人の立つ道は、新道以前の旧七湯道である。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:臼井秀三郎(?)、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号65‐4‐0]

    商品コード: 2017082301023

  • -
    宮ノ下村

    奈良屋旅館は見えるが、富士屋ホテルは見えないので、明治10年以前の写真である。宮の下は古くからの温泉場で、藤屋・奈良屋・山田屋等があり、底倉の太閤の石風呂でも有名。ベルツ・チェンバレン等も風光を愛した。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号36‐6‐0]

    商品コード: 2017080902298

  • -
    宮ノ下奈良屋旅館

    宮の下の老舗奈良屋旅館の和風建築である。七湯の栞等の資料とよく一致する。明治16年の大火で消失したが、それ以前の写真はほとんど残っていないので、貴重な一枚である。明治六年明治天皇の行幸の行在所となった。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐43‐0]

    商品コード: 2017080201778

  • -
    宮ノ下温泉

    明治4年秋の宮の下温泉の眺望である。右手奥に見えるのは、和風の奈良屋旅館で、早くから外人客が多かった。まだ、人力車が通れる広い道はなく、旅行者は山駕籠に頼った。右手の山は明星岳である。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号19‐37‐0]

    商品コード: 2017080201813

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    宮ノ下温泉

    左手奥の建物は創業当時の富士屋ホテルの洋館で、明治11年(1878)に造られ、明治16年(1883)12月に大火で消失するまで存在したので、その間の撮影と分かる。右手の建物は、明治7年(1874)の宮ノ下の火災で焼失後に再建された奈良屋旅館。目録番号3313と同時期の写真であろう。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:臼井秀三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号94‐43‐0]

    商品コード: 2017081501755

  • -
    宮ノ下と堂ヶ島

    向山(むこうやま)から見た宮ノ下と堂ヶ島。宮ノ下には富士屋ホテルと奈良屋ホテルが見え、明治16年(1883)の宮ノ下大火以後、富士屋ホテル本館竣工後の明治24年(1891)以降の撮影と分かる。堂ヶ島への途中には五段旅館が見え、両端を調べの滝と白鷺の滝が流れる。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号59‐63‐0]

    商品コード: 2017081400660

  • -
    宮ノ下温泉

    明治16年(1883)の宮ノ下大火で、富士屋ホテルも奈良屋ホテルも灰燼に帰した。中央左手の平屋は明治18年(1885)竣工の富士屋ホテル日本館で、中央右手の円形建築は明治19年(1886)完成のハミテージで、明治24年(1891)竣工の本館はまだ見えないので、明治19年から23年までの撮影と分かる。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号79‐20‐0]

    商品コード: 2017081401188

  • -
    宮ノ下温泉

    洋館に改装前の奈良屋旅館とその左に開業直前の富士屋ホテルが見える。この写真は、整理番号3-37と同一の写真で、人物の位置、手の組み方等から、これが本来の人物の姿態で、整理番号3-37は、侍の姿に彩色したものと判明した 。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐70‐0]

    商品コード: 2017080902520

  • -
    堂が島温泉

    堂ヶ島温泉の眺望で、建物は手前から近江屋、道を挟んで大和屋、その先が丸屋、次が江戸屋。 階段の上のお堂は山居山。その向こうが奈良屋。左の滝は調べの滝。平松別荘がまだないので、明治20年(1887)以前の撮影である。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号64‐41‐0]

    商品コード: 2017082300974

  • -
    宮ノ下

    キーワード:東海道、神奈川、箱根、宮ノ下、堂ヶ島、富士屋ホテル本館、奈良屋ホテル洋館、調べの滝、白鷺の滝、五段旅館、風景=撮影年月日不明、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018111419914

  • -
    箱根宿

    堂ヶ嶋温泉の一角にあった平松別荘。平松甚四郎は、東京の銀行家で、明治19年(1886)の東京でのコレラ流行を嫌い、堂ヶ嶋温泉の老舗奈良屋の跡地を買収し、明治20年に掛けて、調べの滝の水を引き庭園を整備し、母屋を中心に茶室や書房を備えた瀟洒な別荘を建てた。現在の対星館の位置に当たる。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号47‐12‐0]

    商品コード: 2017080903011

  • -
    宮ノ下富士屋ホテル

    富士屋ホテルの写真。建物の有無から、明治25(1892)から27年(1894)頃と判断される。奈良屋旅館と外人客の獲得を争い、協定を結び、外国人は富士屋ホテルに宿泊することになった。これも外人客の撮影であろう。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐6‐0]

    商品コード: 2017080902069

  • -
    宮ノ下温泉

    早川の対岸から眺めた宮の下と堂ヶ島温泉。中央上方の白亜の洋館は奈良屋旅館。その下が五段旅館。その左下の滝は調べの滝。滝の下の家並みは、左から、近江屋・大和屋・江戸屋で、三角屋根は夢想国師の庵である。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐4‐0]

    商品コード: 2017080902072

  • -
    宮ノ下と堂ヶ島

    早川の対岸から見た堂ヶ島と宮の下。堂ヶ島では、左から近江屋・大和屋・江戸屋。三角屋根は夢想国師の庵。中央の滝は調べの滝。宮の下では、奈良屋旅館とその周辺の家屋が見える。人物は写真機材運搬の人夫であろう。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号36‐5‐0]

    商品コード: 2017080902254

  • -
    宮ノ下温泉

    宮の下の街路は現在の国道1号線で、今もほぼ同じ位置を走る。右端は奈良屋旅館、正面の富士屋ホテルには垂れ幕が掛かり、通りには桟敷や提灯も見えて、祭りの時らしい。人々も何かの開始を待ち遠しげな様子に見える。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号40‐15‐0]

    商品コード: 2017080902529

  • -
    宮ノ下

    キーワード:宮ノ下、町並み、東海道、改装前の奈良屋旅館、開業直前の富士屋ホテル=1878(明治11)年、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018050800418

  • -
    宮ノ下温泉

    向山(むこうやま)から見た宮ノ下。正面の白亜の建物は明治20年(1887)に再建された奈良屋ホテル。その奥に明治24年(1891)竣工の富士屋ホテル本館が見えるので、それ以降の撮影である。右手の二階建の大きな建物はつたや旅館。その下に白鷺の滝と早川の流れが見える。中央下方は五段旅館。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐28‐0]

    商品コード: 2017081501592

  • -
    宮ノ下温泉旅館

    宮の下の奈良屋旅館の写真。現在も、建物と樹木は、ほぼ同じ状態で存在するが、今で は、国道一号線が樹木の間近を通っている。 奈良屋旅館は、箱根でも老舗の旅館で、明治 天皇や昭憲皇后を初め、貴賓が多く宿泊した。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号29‐4‐0]

    商品コード: 2017080902185

  • -
    堂が島温泉

    堂が島の渓谷を挟み、宮の下対岸の向山からの景。タイトルから宮の下で明治11年開業した嶋周吉氏撮影と分かる。中央下の川は早川、その上の滝は調べの滝、滝の右下は対星館、滝の右上は、五段旅館、その上は奈良屋。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号5‐9‐0]

    商品コード: 2017080200851

  • -
    宮ノ下温泉

    右は洋館に建て直す前の奈良屋、左は建築中の富士屋ホテルである。富士屋ホテルは明治11年に開業しているので、その直前の姿を伝える、他に見られぬ貴重な1枚である。武士風の人物が見えるのも興味深い。=明治10年後半~明治11年、箱根、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号3‐37‐0]

    商品コード: 2017080200781

  • -
    宮ノ下温泉

    明治16年(1883)の宮ノ下大火後、再建・整備された宮ノ下温泉。左の大きな建物は明治24年(1891)竣工の富士屋ホテル本館。右の白亜の洋館は明治20年(1887)完成した奈良屋ホテル。左手の道路は明治20年開通の塔ノ沢・宮ノ下間の車道で箱根駅伝のコースとして知られた現在の国道一号線に当たる。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号68‐10‐0]

    商品コード: 2017082400173

  • -
    宮ノ下温泉

    明治16年(1883)の宮ノ下大火で、富士屋ホテルも奈良屋ホテルも灰燼に帰した。中央左手の平屋は明治18年(1885)竣工の富士屋ホテル日本館で、中央右手の円形建築は明治19年(1886)完成のハミテージで、明治24年(1891)竣工の本館はまだ見えないので、明治19年から23年までの撮影と分かる。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号59‐82‐0]

    商品コード: 2017081600908

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1944年12月31日
    福岡市・奈良屋校区 防空演習を視察する福岡警察署長ら

    1944(昭和19)年、福岡市の奈良屋校区の防空演習を視察する福岡警察署長ら=1944(昭和19)年頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015030500350

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年06月25日
    福岡大空襲 奈良屋校区の戦災跡整理

    福岡大空襲。奈良屋校区の戦災跡整理を視察する畑山福岡市長=1945(昭和20)年6月25日、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015030500339

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年12月15日
    市街の風景 福岡大空襲後の大博通り

    焼け野原になった博多。左端が焼け残った奈良屋小学校。中央の道は今の大博通り=1945(昭和20)年頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015021700205

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1947年05月31日
    「博多どんたく」

    「博多どんたく」奈良屋校区復興祭で、福岡大空襲の焼け跡が残る市街に繰り出すどんたく隊。戦災復興の簡易住宅が立ち並ぶ=1947(昭和22)年5月、福岡市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121704198

  • 1957年11月08日
    学校 奈良屋小学校

    奈良屋小学校正門。福岡市博多区、1957(昭和32)年11月8日、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015021600629

  • 1961年02月08日
    学校 奈良屋小学校

    奈良屋小学校の校舎と運動場で遊ぶ子供たち=福岡市博多区、1961(昭和36)年2月8日、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015021700213

  • 1983年02月01日
    福岡市・博多 奈良屋町、綱場町

    奈良屋町、綱場町一帯=1983(昭和58)年2月、福岡市博多区(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016080300763

  • 1991年08月01日
    五島列島・上五島町 若松大橋

    長崎県五島、若松島と奈良屋町を結ぶ若松大橋=1991(平成3)年8月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015090200787

  • 1999年08月05日
    出土したメダル キリスト信仰のメダル出土

    福岡市博多区の旧奈良屋小学校跡から出土したキリスト教信仰に使われた鉛製のメダル

    商品コード: 1999080500075

  • 2001年05月23日
    奈良屋旅館 箱根の「奈良屋」売却

    閉館した奈良屋旅館=神奈川県箱根町宮ノ下

    商品コード: 2001052300005

  • 2016年10月19日
    リゾートホテル 〝解任〟された元首相

    「奈良屋旅館」の跡地にあるリゾートホテル=10月14日、神奈川県箱根町

    商品コード: 2016101900385

  • 2016年10月20日
    〝解任〟された元首相

    奈良屋旅館跡

    商品コード: 2016102000459

  • 2016年10月20日
    〝解任〟された元首相

    奈良屋旅館跡

    商品コード: 2016102000463

  • 2020年11月04日
    杉本千代子さんら 町家米蔵、キャンパスに

    「杉本家住宅」にキャンパスの看板を掲げる奈良屋記念杉本家保存会の杉本千代子代表理事(左)と京都女子大の竹安栄子学長=4日午前、京都市

    商品コード: 2020110400711

  • 1