KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 女性解放運動
  • 女性解放連合
  • 反対
  • ちょう
  • 保存
  • かとう
  • しん
  • コレクター
  • 中国の歴史
  • 令和

「女性解放」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
65
( 1 65 件を表示)
  • 1
65
( 1 65 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Amelia Bloomer (1818-1894) American feminist and champion of dress reform.

    Amelia Bloomer (1818-1894) American feminist and champion of dress reform. The style of dress for women she designed and wore, and which gave the name of Bloomers for women‘s nether garments. Wood engraving, London, 1869.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2018122811066

  • -
    Amelia Bloomer (1818-1894) American feminist and champion of dress reform

    Amelia Bloomer (1818-1894) American feminist and champion of dress reform, wearing her new dress for women. This was the original from which Rational cycling dress for women grew. Bloomers was the name later applied to any baggy female nether garments. Wood engraving 1851.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2018122811024

  • 1922年12月31日
    女性解放運動家 伊藤野枝

    大正から昭和初期の婦人運動家だった伊藤野枝(27歳)=1922(大正11)年、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030300604

  • 1923年09月16日
    女性解放運動家 伊藤野枝

    大正から昭和初期の女性解放運動家、伊藤野枝=撮影日不明、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030300603

  • 1935年05月20日
    (ひらつか・らいちょう) 平塚らいてう

    平塚雷鳥、和服、女性解放運動家、フェミニスト、作家、評論家、思想家=1935(昭和10)年5月20日

    商品コード: 2021021202881

  • 1946年02月13日
    (かとう・しづえ) 加藤シヅエ

    元参議院議員(全国区・社会党)、女性解放運動家、国際家族連盟副会長=1946(昭和21)年2月13日撮影

    商品コード: 2004091900166

  • 1949年01月17日
    (かとう・しづえ) 加藤シヅエ

    元参議院議員(全国区・社会党)、女性解放運動家、国際家族連盟副会長、1949(昭和24)年1月17日、撮影、衆議院議員立候補、6*6

    商品コード: 1949011700001

  • 1953年08月13日
    おしゃれを楽しむ女性たち 女性解放は衣服から

    もんぺから最新ファッションへ、戦前からの衣料統制もすでに廃止され、思う存分おしゃれを楽しむ女性たち=1953(昭和28)年8月13日、東京・銀座

    商品コード: 1953081350001

  • 1953年12月02日
    加藤シヅエ

    参院本会議で質問する加藤シヅエ=1953(昭和28)年12月2日(政治、かとう・しづえ、女性、元参議院議員(全国区・社会党)、女性解放運動家、国際家族連盟副会長)参議院で質問演説、(加藤静枝) (28年内地3677) 内14566

    商品コード: 2013022500137

  • 1969年01月16日
    (かとう・しづえ) 加藤シヅエ

    元参議院議員、全国区、社会党、女性解放運動家、国際家族連盟副会長=1967(昭和42)年6月1日撮影

    商品コード: 1969011600003

  • 1970年10月21日
    女性解放軍のデモ行進

    女性解放軍のデモ行進=1970(昭和45)年10月21日、東京・銀座(ウーマンリブ)

    商品コード: 2006110200093

  • 1970年12月08日
    ウーマンリブ

    1960年代後半米国から広がった女性解放運動が70年夏日本に上陸した。12月8日「性差別への告発」を掲げて東京・赤坂付近をデモ行進した=1970(昭和45)年12月8日

    商品コード: 2003042100143

  • 1970年12月08日
    デモる女性たち ウーマンリブ運動

    ウーマンリブ運動の気運が高まるなか、女性解放の旗を先頭にデモる女性たち=1970(昭和45)年12月8日、東京・六本木付近

    商品コード: 1970120850002

  • 1974年01月18日
    (かとう・しづえ) 加藤シヅエ

    参議院議員、全国区、社会党、女性解放運動家、国際家族連盟副会長=1973(昭和48)年12月撮影

    商品コード: 1974011800008

  • 1974年07月08日
    参院選、自民改選数下回る

    「市川さんを推薦する会」の若者たちに推され、「理想選挙」を掲げて立候補、街頭で支持を訴える市川房枝さん。大正、昭和二代にわたり女性解放運動を50年あまり、「金を使わないきれいな選挙」を若者とともに闘った=1974(昭和49)年7月、東京・銀座

    商品コード: 2012012300099

  • 1975年04月06日
    中ピ連

    中ピ連(中絶禁止法に反対しピル解禁を要求する女性解放連合、榎美沙子代表)が京都市で開催中の日本医学会総会に押し掛けピル解禁を訴えた=1975(昭和50)年4月6日、京都市左京区の京都会館

    商品コード: 2003052000018

  • 1975年11月05日
    国際婦人年行事に反対集会

    国際婦人年記念日本婦人問題会議と天皇臨席に反対して集会を開くヘルメット姿の新左翼系女性たち。「天皇、皇后が出席する婦人問題会議は、女性解放を弾圧するもの。実力闘争で会議を粉砕しよう」と糾弾した=1975(昭和50)年11月5日、東京都港区の三河台公園

    商品コード: 2013041500154

  • 1975年12月31日
    リブ合宿③

    「リブ合宿③」=撮影日・撮影場所とも不明、ネガ番号:2-41、キーワード:リブ合宿、ウーマンリブ、女性、女性解放、男女平等、権利、社会運動、 フェミニズム運動、クレジット:福島菊次郎/共同通信イメージズ、●本作品は特別料金が適用されます。ご注文の際は弊社営業部までお問い合わせください。電話:03-6252-6224●

    商品コード: 2022030406919

  • 1976年07月01日
    (かとう・しづえ) 加藤シヅエ

    元参議院議員、全国区、社会党、女性解放運動家、国際家族連盟副会長=1976(昭和51)年7月撮影

    商品コード: 2008030300054

  • 1976年07月08日
    (かとう・しづえ) 加藤シヅエ

    元参議院議員、全国区、社会党、女性解放運動家、国際家族連盟副会長=1976(昭和51)年6月25日撮影

    商品コード: 2005022400024

  • 1977年03月30日
    記者会見する榎代表 中ピ連が参院選出馬を宣言

    記者会見する中ピ連(妊娠中絶禁止法に反対しピル解禁を要求する女性解放連合)の榎美沙子代表(中央)。榎代表は、「日本女性党を結成し参院選に臨む。そのための立候補者を公募する」と発表=1977(昭和52)年3月30日、東京・高田馬場(52年内地 2402)

    商品コード: 2014071600520

  • 1977年07月12日
    “中ピ連”が解散宣言

    「私は榎さんにだまされた」と訴える女性党立候補者(右)が現れ、榎美沙子党首(左端)も立ち往生。混乱する女性党、中ピ連解散宣言の記者会見場。党首、教祖の座を捨て「家庭に戻ります」と5年間の“女性解放の闘い”に終止符を打った=1977(昭和52)年7月12日、東京・赤坂のホテルオークラ(52年内地 5323)

    商品コード: 2014100800274

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年03月15日
    怒りは激しく…

    扮装(ふんそう)を施した姿で模擬裁判の証言席に立つのは、女性解放を訴えるアルジェリア人女性。同国では原理主義者に殺害されたり、夫を亡くす女性が数多く、この模擬裁判では原理主義指導者五人に死刑が宣告された。(ロイター=共同)

    商品コード: 1995031500025

  • 1995年07月21日
    米国の女性解放運動家 フリーダン女史が来日講演

    9月に新潟市で講演する米国の女性解放運動家、ベティ・フリーダンさん(BETTY・FRIEDAN、1963年、世界に大きな影響を与えた著書「フェミニン・ミスティーク(邦訳『新しい女性の創造』)」で現代の女性運動に大きな一歩をしるし、米国女性運動の指導者に)

    商品コード: 1995072100001

  • 1995年09月08日
    ベティ・フリーダンさん

    米女性解放運動をリードしてきたベティ・フリーダンさん(共同)(カラーネガ)(作家、BETTY・FRIEDAN)

    商品コード: 1995090800007

  • 2000年03月23日
    女性解放訴える女性 来館27万人、街頭行事も

    福岡アジア美術館開館1周年記念イベントで、女性解放を訴え鏡を手に後ろ向きに歩くシンガポールの女性ら=6日午後、福岡市中央区赤坂

    商品コード: 2000032300078

  • 2004年04月01日
    デモ隊と陸自車両 「女性解放」に反対しデモ

    サマワの連合国暫定当局(CPA)前でデモ隊に足止めされる陸自の車両=1日午前(共同)

    商品コード: 2004040100295

  • 2004年04月01日
    伝統衣装アバヤの女性 「女性解放」に反対しデモ

    女性の権利拡大などに反対し、サマワの目抜き通りで気勢を上げるデモ隊。黒い伝統衣装アバヤに身を包んだ多数の女性も参加した=1日午前(共同)

    商品コード: 2004040100294

  • 2004年11月25日
    職人たち 女性解放したファッション

    オートクチュールを支える職人たち。アトリエの取材が許されるのは珍しい=パリのシャネル本社(共同)

    商品コード: 2004112500118

  • 2004年11月25日
    カール・ラガーフェルド 女性解放したファッション

    ショー会場に姿を見せたカール・ラガーフェルド=2005年春夏パリ・コレクション(共同)

    商品コード: 2004112500117

  • 2004年11月25日
    ショルダーバッグ 女性解放したファッション

    人気のチェーン付きショルダーバッグ。白とゴールドの組み合わせが軽やかな印象を与える=2005年春夏パリ・コレクション(共同)

    商品コード: 2004112500119

  • 2004年11月25日
    シャネルの5番 女性解放したファッション

    世界で最も売れている香水、シャネルの5番=東京・新宿の伊勢丹本店

    商品コード: 2004112500111

  • 2004年11月25日
    パリ・コレクション 女性解放したファッション

    工夫を凝らしたシャネルのショー。「レッドカーペット」をテーマにした2005年春夏パリ・コレクションは、スターと追っ掛けカメラマンの攻防を思わせる演出だ(共同)

    商品コード: 2004112500109

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年08月12日
    会見するタリバン関係者 2女性解放、確認できず

    11日、アフガニスタン東部のガズニ州で、韓国政府との交渉状況を記者団に話すタリバン関係者ら(ロイター=共同)

    商品コード: 2007081200006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月08日
    日本大使館員と話す警官 誘拐の邦人2女性解放

    7日、邦人2女性が一時誘拐されたイエメンで、サヌアの日本大使館職員と窓越しに話す警察官(ロイター=共同)

    商品コード: 2008050800214

  • 2010年07月08日
    “闘女”榎さんは主婦に 中ピ連、女性党が解散

    1977(昭和52)年7月12日、「中ピ連」とその政党「日本女性党」の解散をリーダーの榎美沙子さんが宣言。ピンクのヘルメット姿で浮気男の職場に押しかけ、身に覚えのある男性を震え上がらせた「中絶禁止法に反対しピル解禁を要求する女性解放連合」。国政進出を目指したが、参院選では惨敗に終わった。

    商品コード: 2010070800358

  • 2011年03月31日
    ピル解禁訴え医学会へ 中ピ連、押し掛ける

    1975(昭和50)年4月6日、中ピ連(中絶禁止法に反対しピル解禁を要求する女性解放連合、榎美沙子代表)が京都市で開催中の日本医学会総会に押し掛け、ピル解禁を訴えた。「避妊をめぐる諸問題」分科会場付近でビラを配ったあと、ピンクのヘルメット姿で旗を水平に構え突入、職員ともみ合った。

    商品コード: 2011033100180

  • 2011年05月05日
    厚生省前で座り込み ウーマンリブ旋風

    1973(昭和48)年5月15日、優生保護法改正案に反対し、厚生省前に座り込んだウーマンリブ運動家たちを実力で排除する職員。60年代後半から米国に広まった女性解放運動は70年に日本に上陸。「性差別への告発」を掲げるなど、運動は大きな盛り上がりを見せた。

    商品コード: 2011050500044

  • 2013年05月09日
    厚生省前で座り込み ウーマンリブ旋風

    1973(昭和48)年5月15日、「国は個人の出産に介入するな」と優生保護法改正案に反対し厚生省前に座り込んだウーマンリブ運動家たちと排除する職員。60年代後半から米国に広まった女性解放運動は70年に日本に上陸。「性差別への告発」を掲げ旋風を巻き起こした。

    商品コード: 2013050900292

  • 2013年05月25日
    市川房枝の未発表原稿 女性解放運動「勝った」

    市川房枝の署名が入った未発表原稿

    商品コード: 2013052500008

  • 2013年05月25日
    市川房枝氏 女性解放運動「勝った」

    市川房枝氏

    商品コード: 2013052500011

  • 2013年06月12日
    サファー・ヌールさん 意外と似る女性解放史

    インタビューに答えるエジプトの日本思想史研究者サファー・ヌールさん=東京都文京区の東京大学

    商品コード: 2013061400313

  • 2013年06月12日
    ヌールさん 意外と似る女性解放史

    「日本人の性格に大いに興味を持っています。実際に男女は互いにどう思っているのか」と語るエジプトの日本思想史研究者サファー・ヌールさん=東京都文京区の東京大学

    商品コード: 2013061400315

  • 2013年07月04日
    「闘女」榎さんは主婦に 中ピ連、女性党が解散

    1977(昭和52)年7月12日、「中ピ連」とその政党「日本女性党」の解散をリーダーの榎美沙子さんが宣言。ピンクのヘルメット姿で浮気男の職場に押しかけ、身に覚えのある男性を震え上がらせた「中絶禁止法に反対しピル解禁を要求する女性解放連合」。国政進出を目指したが、参院選で惨敗に終わった。

    商品コード: 2013070400290

  • 2014年11月26日
    デモる女性たち ウーマンリブ運動

    ウーマンリブ運動の気運が高まるなか、女性解放の旗を先頭にデモる女性たち=1970(昭和45)年12月8日、東京・六本木付近

    商品コード: 2014112600313

  • 2015年01月22日
    デモする女性たち ウーマンリブ

    ウーマンリブ運動の気運が高まるなか、女性解放の旗を先頭にデモする女性たち=1970(昭和45)年12月8日、東京・六本木付近 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第6巻使用画像(P49)

    商品コード: 2015012200422

  • 2015年01月30日
    デモする女性たち ウーマンリブ

    女性解放をアピールするデモ行進=1970(昭和45)年10月21日、東京・銀座 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第6巻使用画像(P48)

    商品コード: 2015013000467

  • 2015年04月02日
    ピル解禁訴え医学会へ 中ピ連、押し掛ける

    1975(昭和50)年4月6日、中ピ連(中絶禁止法に反対しピル解禁を要求する女性解放連合、榎美沙子代表)が京都市で開催中の日本医学会総会に押し掛け、ピル解禁を訴えた。「避妊をめぐる諸問題」分科会場付近でビラを配ったあと、ピンクのヘルメット姿で旗を水平に構え突入、職員ともみ合った。

    商品コード: 2015040200268

  • 2019年01月12日
    Snow masses in Garmisch-Partenkirchen

    12 January 2019, Bavaria, Garmisch-Partenkirchen: A woman frees her roof from the snow load. The heavy snowfalls of the past few days continue to keep the emergency forces in suspense in southern Bavaria and new snow is already approaching. Photo: Angelika Warmuth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011803318

  • 01:57.98
    2019年01月22日
    平塚らいてうの日記、初披露 デジタル化しネットにも

    女性解放運動の先駆けとなり、平和運動にも加わった平塚らいてう(1886~1971年)が残した日記が22日、報道陣に公開された。保存していたNPO法人平塚らいてうの会(東京)によると、肉筆資料が披露されるのは初めて。同会は14日から、日記を初めてデジタル化し、ホームページ(HP)上で公開しており「今後の研究に役立ててほしい」と期待する。〈映像内容〉日記の説明、公開された日記、雑観、NPO法人平塚らいてうの会代表の米田佐代子(よねだ・さよこ)さんインタビュー、撮影日:2019(平成31)年1月22日、撮影場所:東京都文京区

    商品コード: 2019012300259

  • 2019年06月22日
    Abortion Is Freedom Speak-out & Sing-out in Washington Square Park

    June 22, 2019, New York, New York, USA: Abortion activists hold Abortion Is Freedom Banner at Abortion Is Freedom: A Speak-Out and Sing-Out in Washington Square Park hosted by NYC for Abortion Rights, Planned Parenthood of Greater NY Action Fund, National Women’s Liberation, Abortion Access Force, and Thank God For Abortion. The event was part of the National Week of Action for Reproductive Justice. In 1969, Redstockings held the first abortion speak-out, at Washington Square Methodist Church. Fifty years later abortion advocates gathered to say: We are the experts on our bodies and lives. Abortion is a moral good because it allows us to act on what only we know—if and when it’s the right time to be pregnant. And we’ll never be free until we win free abortion on demand for everyone. (Credit Image: © Gina M Randazzo/ZUMA Wire)、クレジット:©Gina M Randazzo/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062400354

  • 2019年06月22日
    Abortion Is Freedom Speak-out & Sing-out in Washington Square Park

    June 22, 2019, New York, New York, USA: VIVA RUIZ, founder of Thank God For Abortion, wears an Aborto mask and speaks-out at Abortion Is Freedom: A Speak-Out and Sing-Out in Washington Square Park hosted by NYC for Abortion Rights, Planned Parenthood of Greater NY Action Fund, National Women’s Liberation, Abortion Access Force, and Thank God For Abortion. The event was part of the National Week of Action for Reproductive Justice. In 1969, Redstockings held the first abortion speak-out, at Washington Square Methodist Church. Fifty years later abortion advocates gathered to say: We are the experts on our bodies and lives. Abortion is a moral good because it allows us to act on what only we know—if and when it’s the right time to be pregnant. And we’ll never be free until we win free abortion on demand for everyone. (Credit Image: © Gina M Randazzo/ZUMA Wire)、クレジット:©Gina M Randazzo/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062400318

  • 2019年06月22日
    Abortion Is Freedom Speak-out & Sing-out in Washington Square Park

    June 22, 2019, New York, New York, USA: DELICIA JONES, wearing a Shout Your Abortion T-shirt, speaks-out at Abortion Is Freedom: A Speak-Out and Sing-Out in Washington Square Park hosted by NYC for Abortion Rights, Planned Parenthood of Greater NY Action Fund, National Women’s Liberation, Abortion Access Force, and Thank God For Abortion. The event was part of the National Week of Action for Reproductive Justice. In 1969, Redstockings held the first abortion speak-out, at Washington Square Methodist Church. Fifty years later abortion advocates gathered to say: We are the experts on our bodies and lives. Abortion is a moral good because it allows us to act on what only we know—if and when it’s the right time to be pregnant. And we’ll never be free until we win free abortion on demand for everyone. (Credit Image: © Gina M Randazzo/ZUMA Wire)、クレジット:©Gina M Randazzo/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062400358

  • 2019年06月22日
    Abortion Is Freedom Speak-out & Sing-out in Washington Square Park

    June 22, 2019, New York, New York, USA: DELICIA JONES, wearing a Shout Your Abortion T-shirt, speaks-out at Abortion Is Freedom: A Speak-Out and Sing-Out in Washington Square Park hosted by NYC for Abortion Rights, Planned Parenthood of Greater NY Action Fund, National Women’s Liberation, Abortion Access Force, and Thank God For Abortion. The event was part of the National Week of Action for Reproductive Justice. In 1969, Redstockings held the first abortion speak-out, at Washington Square Methodist Church. Fifty years later abortion advocates gathered to say: We are the experts on our bodies and lives. Abortion is a moral good because it allows us to act on what only we know—if and when it’s the right time to be pregnant. And we’ll never be free until we win free abortion on demand for everyone. (Credit Image: © Gina M Randazzo/ZUMA Wire)、クレジット:©Gina M Randazzo/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062400362

  • 2019年06月22日
    Abortion Is Freedom Speak-out & Sing-out in Washington Square Park

    June 22, 2019, New York, New York, USA: DELICIA JONES, wearing a Shout Your Abortion T-shirt, speaks-out at Abortion Is Freedom: A Speak-Out and Sing-Out in Washington Square Park hosted by NYC for Abortion Rights, Planned Parenthood of Greater NY Action Fund, National Women’s Liberation, Abortion Access Force, and Thank God For Abortion. The event was part of the National Week of Action for Reproductive Justice. In 1969, Redstockings held the first abortion speak-out, at Washington Square Methodist Church. Fifty years later abortion advocates gathered to say: We are the experts on our bodies and lives. Abortion is a moral good because it allows us to act on what only we know—if and when it’s the right time to be pregnant. And we’ll never be free until we win free abortion on demand for everyone. (Credit Image: © Gina M Randazzo/ZUMA Wire)、クレジット:©Gina M Randazzo/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062400368

  • 2020年06月15日
    One Year Since The Start Of Pro-Democracy Protests in Hong Kong, China - 15 Jun 2020

    June 15, 2020, Hong Kong, China: A female protester holds a banner which reads ‘‘Liberate Hong Kong, Revolution of our time‘‘ during the demonstration..Thousands of pro democracy protesters gather to mark the one-year anniversary of the death of Leung, who fell to his death during a rally against a controversial extradition bill proposal last year. (Credit Image: © Geovien So/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Geovien So/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061901210

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    趙士信さんが所蔵する女性靴や関連の古い写真などの収蔵品。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505837

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    山西省太原市晋源区の自宅で、自身が所蔵する布靴について説明する趙士信さん。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505382

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    趙士信さんが所蔵する女性靴や関連の古い写真などの収蔵品。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505478

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    趙士信さんが所蔵する布靴。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505508

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    趙士信さんが所蔵する女性靴や関連の古い写真などの収蔵品。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505518

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    趙士信さんが所蔵する女性靴や関連の古い写真などの収蔵品。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505642

  • 2020年08月21日
    千足の靴が物語る中国の女性解放の歴史山西省

    趙士信さんが所蔵する女性靴や関連の古い写真などの収蔵品。(8月21日撮影)中国山西省に住むコレクター、趙士信(ちょう・ししん)さんは自宅の収蔵室で、自身が所蔵する女性靴について一つ一つ説明してくれた。中国の歴史において、女性靴は封建社会による女性抑圧の象徴とされた。宋代から女性の足を縛る「纏足(てんそく)」の習慣が始まり、長さ約3寸(約10センチメートル)の「弓靴」が女性に一生ついて回った。しかし、近代以降、中国で女性解放運動が起こると、「弓靴」は次第に廃れ、「放足靴」「天足靴」に変わっていった。「これらのコレクションは中国の女性靴文化を示す歴史的証拠になっており、女性の社会的地位の変遷を如実に表している。痛ましい歴史ではあるが、忘れてはならない記憶でもあるので、記録・保存されるべきだ」と趙さんは語る。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505713

  • 2021年04月24日
    記念館「らいてうの家」 らいてう未公開日記公開

    女性解放運動家、平塚らいてうの記念館「らいてうの家」=24日午後、長野県上田市

    商品コード: 2021042405116

  • 2021年12月04日
    Pro-life and Pro-choice meet in New York, US - 04 Dec 2021

    December 4, 2021, New York, United States: A counter protester holds a placard reading, ‘‘Women‘s liberation through socialist revolution.‘‘ during the demonstration..Counter-demonstrators ( pro choice) gathered at St. Patrick‘s Old Cathedral to disrupt a march of the pro-life church group âWitness for Lifeâ on their way to Planned Parenthood. Counter-demonstrators with NYC for Abortion Rights shouted counter slogans to drown out the prayers of pro-lifers, as well as blocking their access to anyone entering Planned Parenthood. (Credit Image: © Karla Cote/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Karla Cote/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120507854

  • 1