KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 南無妙法蓮華経
  • 令和
  • 歴史
  • 展覧会
  • 文化財
  • 記者
  • いにしえ
  • てん
  • トルファン博物館
  • バインゴリン・モンゴル自治州

「妙法蓮華経」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    小塚原刑場の首切り地蔵と南無妙法蓮華経の題目碑

    キーワード:小塚原刑場、首切り地蔵、南無妙法蓮華経の題目碑=明治初期~中期、東京、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019013123488

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月31日
    蘇るいにしえの道「千山共色−シルクロード文明特別展」開催北京市

    10月31日、新疆ウイグル自治区トルファン市安楽古城にある南仏塔から出土した北朝(386~581年)時代の「妙法蓮華経」写本。(新疆ウイグル自治区博物館蔵)中国北京市の北京大学サックラー考古学・芸術博物館で、2019年11月1日~2020年2月28日、中華人民共和国成立70周年を祝い、北京大学と新疆ウイグル自治区文物局が共催するシルクロード各地から出土した貴重な文物を集めた「千山共色−シルクロード文明特別展」が開かれている。また、北京フォーラムも1日に開幕した。同展には北京ではめったに見ることができない中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク県ロプノールの小河墓地から出土した女性ミイラ「小河の王女」や同自治州ロプノール県営盤墓地から出土した男性の遺体「営盤男子」が身につけていた衣服・装飾品および「三国志・呉書・孫権伝」の写本の断片などを含む新疆ウイグル自治区博物館、新疆ウイグル自治区文物考古研究所、トルファン博物館およびMウッズ美術館など11の博物館が所蔵する貴重な文物計70点(組)が展示されている。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104666

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている明代の建陽本「妙法蓮華経巻一」。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401318

  • 2020年01月20日
    当時の生活を再現「楽居長安-唐都長安人的生活展」開幕陝西省

    20日、「楽居長安-唐の都・長安人の生活展」に展示された仏教経典の一つ「妙法蓮華経」。中国陝西省西安市の西安博物院で20日、唐(618年~907年)の都・長安の人々の暮らしぶりを紹介する展覧会「楽居長安-唐都長安人的生活展」が開幕した。今回の展示では、同館が所蔵する文物11万余点のうち、特に厳選した唐代の逸品280点(組)余りを展示し、唐の都・長安の「都市、人、衣、食、移動、娯楽」などを明らかにすることで、当時の長安市民の生活風景を全面的に再現している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020013100641

  • 2021年06月20日
    (2)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の雨花殿。天台宗の開祖、智顗(ちぎ)がかつてこの場所で「妙法蓮華経」を講義した際、天が真心に感動し、法雨(ほうう)や天花(てんげ)を降らせたことにちなむ。内部には四大天王像が安置されている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008062

  • 2022年06月30日
    (17)シルクロードの文化財展が閉幕広東省広州市

    5日、展覧会で展示された甘粛省博物館所蔵の唐代の妙法蓮華経。中国広東省広州市の広東省博物館で3月24日から開催されていた「シルクロードの輝き広東・甘粛文物精選合同展」が26日、閉幕した。同省初公開のものを多数含む、両地域の貴重な文化財500点余りが来場者を魅了した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022063006111

  • 1