KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 変化
  • 地域
  • 青蔵高原
  • アジア
  • 風景
  • 保護
  • データ
  • 国家

「姜帆」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
98
( 1 98 件を表示)
  • 1
98
( 1 98 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2022年02月23日
    (11)越冬中のオグロヅル、産卵のため移動開始西蔵自治区

    22日、西蔵自治区ラサ市ルンドゥプ県で越冬するオグロヅル。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県では早春を迎え、越冬中のオグロヅルが産卵のためチャンタン(羌塘)高原への移動を始めている。同自治区はここ数年、複数の生態建設プロジェクトを並行して進めており、国家1級保護動物に指定されているオグロヅルの個体数が年々増加、現在は1万羽以上が生息している。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022306268

  • 2022年02月23日
    (2)越冬中のオグロヅル、産卵のため移動開始西蔵自治区

    22日、西蔵自治区ラサ市ルンドゥプ県で越冬するオグロヅル。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県では早春を迎え、越冬中のオグロヅルが産卵のためチャンタン(羌塘)高原への移動を始めている。同自治区はここ数年、複数の生態建設プロジェクトを並行して進めており、国家1級保護動物に指定されているオグロヅルの個体数が年々増加、現在は1万羽以上が生息している。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022306255

  • 2022年02月23日
    (9)越冬中のオグロヅル、産卵のため移動開始西蔵自治区

    22日、西蔵自治区ラサ市ルンドゥプ県で越冬するオグロヅル。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市ルンドゥプ(林周)県では早春を迎え、越冬中のオグロヅルが産卵のためチャンタン(羌塘)高原への移動を始めている。同自治区はここ数年、複数の生態建設プロジェクトを並行して進めており、国家1級保護動物に指定されているオグロヅルの個体数が年々増加、現在は1万羽以上が生息している。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022306273

  • 2022年03月05日
    (8)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、スマートフォンでパフォーマンスを披露する出演者を撮影する移転者居住区の住民たち。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から、それより低い古栄鎮の栄瑪生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507405

  • 2022年03月05日
    (2)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、栄瑪高標高地生態移転者居住区で民族舞踊を披露する住民。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507195

  • 2022年03月05日
    (7)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、栄瑪高標高地生態移転者居住区の自宅で写真に納まる住民たち。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507164

  • 2022年03月05日
    (6)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、栄瑪高標高地生態移転者居住区の広場で写真に納まる子どもたち。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507185

  • 2022年03月05日
    (9)移転地でチベット暦の新年を迎える牧畜民西蔵自治区

    2月28日、購入したばかりの車を運転する栄瑪高標高地生態移転者居住区の住民。チベット暦の新年を間近に控え、中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区古栄鎮の栄瑪高標高地生態移転者居住区では、移転した牧畜民らが年越し用品を買い求め、歌と踊りで祝日を迎えようとしている。同居住区は同自治区で初の高標高地生態移転プロジェクトに当たる。ナクチュ市ニマ県栄瑪郷に暮らす住民の生活条件を改善し、羌塘(チャンタン)国家級自然保護区の野生動物により多くの生息空間を与えるため、地元政府は2018年6月、千人余りの牧畜民を平均標高5千メートルの高地にある居住地から、それより低い古栄鎮の栄瑪生態移転者居住区へ移転させた。白い壁と赤い屋根をもつ2階建ての民家266軒が彼らの新居となった。その後、移転者の生活レベルが向上し、2021年の同居住区住民1268人の1人当たりの収入は約1万9千元(1元=約18円)余りに達した。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030507507

  • 2022年03月11日
    (6)ラサ市内の小中高校で新学期スタート西蔵自治区

    10日、ラサ市江蘇実験中学(日本の高校に相当)で行われた国旗掲揚式。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市内の小中高校で10日、新学期が始まった。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031107017

  • 2022年03月11日
    (5)ラサ市内の小中高校で新学期スタート西蔵自治区

    10日、ラサ市江蘇実験中学(日本の高校に相当)でホームルームを行う生徒。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市内の小中高校で10日、新学期が始まった。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031107026

  • 2022年03月11日
    (4)ラサ市内の小中高校で新学期スタート西蔵自治区

    10日、ラサ市江蘇実験中学(日本の高校に相当)でホームルームを行う生徒。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市内の小中高校で10日、新学期が始まった。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031107027

  • 2022年03月11日
    (7)ラサ市内の小中高校で新学期スタート西蔵自治区

    10日、体育の授業でバスケットボールを楽しむラサ市江蘇実験中学(日本の高校に相当)の生徒。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市内の小中高校で10日、新学期が始まった。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031107029

  • 2022年03月11日
    (1)ラサ市内の小中高校で新学期スタート西蔵自治区

    10日、ラサ市第一小学校で新学期最初の授業を受ける児童。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市内の小中高校で10日、新学期が始まった。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031107001

  • 2022年03月11日
    (2)ラサ市内の小中高校で新学期スタート西蔵自治区

    10日、ラサ市第一小学校で朗読する児童。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市内の小中高校で10日、新学期が始まった。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031107086

  • 2022年03月11日
    (3)ラサ市内の小中高校で新学期スタート西蔵自治区

    10日、ラサ市第一小学校で新学期最初の授業をする教師。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市内の小中高校で10日、新学期が始まった。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031107008

  • 2022年03月17日
    (3)西蔵自治区の各地、春の耕作始めを祝う

    16日、開耕式でチベット族の伝統的な舞踊「鍋荘舞」を踊るラサ市チュシュル(曲水)県茶巴朗村の村民。中国西蔵(シーザン)自治区の各地で16日、年に1度の春の開耕式が行われた。同自治区の農家の人々は春の耕作を1年の中で最も大事な農業活動としており、各地で盛大な儀式を行って豊作を祈る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031706878

  • 2022年03月17日
    (2)西蔵自治区の各地、春の耕作始めを祝う

    16日、開耕式に参加するラサ市チュシュル(曲水)県茶巴朗村の村民。中国西蔵(シーザン)自治区の各地で16日、年に1度の春の開耕式が行われた。同自治区の農家の人々は春の耕作を1年の中で最も大事な農業活動としており、各地で盛大な儀式を行って豊作を祈る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031707005

  • 2022年04月13日
    (9)西の辺境の真珠「班公湖」西蔵自治区ルトク県

    5日、結氷した班公湖。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ガリ地区ルトク県にある班公(パンゴン)湖の平均湖面標高は4200メートル。湖水は東から西へ塩分含有量が増えるため、日差しを浴びると濃い緑色、淡い緑色、濃い青色など異なる色を見せる。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041308408

  • 2022年04月13日
    (2)西の辺境の真珠「班公湖」西蔵自治区ルトク県

    8日、班公湖畔にたたずむインドガン。中国西蔵(シーザン)自治区ガリ地区ルトク県にある班公(パンゴン)湖の平均湖面標高は4200メートル。湖水は東から西へ塩分含有量が増えるため、日差しを浴びると濃い緑色、淡い緑色、濃い青色など異なる色を見せる。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041308362

  • 2022年04月13日
    (7)西の辺境の真珠「班公湖」西蔵自治区ルトク県

    9日、結氷した班公湖。中国西蔵(シーザン)自治区ガリ地区ルトク県にある班公(パンゴン)湖の平均湖面標高は4200メートル。湖水は東から西へ塩分含有量が増えるため、日差しを浴びると濃い緑色、淡い緑色、濃い青色など異なる色を見せる。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041308407

  • 2022年04月13日
    (8)西の辺境の真珠「班公湖」西蔵自治区ルトク県

    5日、結氷した班公湖。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区ガリ地区ルトク県にある班公(パンゴン)湖の平均湖面標高は4200メートル。湖水は東から西へ塩分含有量が増えるため、日差しを浴びると濃い緑色、淡い緑色、濃い青色など異なる色を見せる。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041308405

  • 2022年04月13日
    (11)西の辺境の真珠「班公湖」西蔵自治区ルトク県

    9日、班公湖畔にたたずむヤク。中国西蔵(シーザン)自治区ガリ地区ルトク県にある班公(パンゴン)湖の平均湖面標高は4200メートル。湖水は東から西へ塩分含有量が増えるため、日差しを浴びると濃い緑色、淡い緑色、濃い青色など異なる色を見せる。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041308456

  • 2022年04月13日
    (6)西の辺境の真珠「班公湖」西蔵自治区ルトク県

    6日、班公湖の星空。(比較明合成写真)中国西蔵(シーザン)自治区ガリ地区ルトク県にある班公(パンゴン)湖の平均湖面標高は4200メートル。湖水は東から西へ塩分含有量が増えるため、日差しを浴びると濃い緑色、淡い緑色、濃い青色など異なる色を見せる。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041308406

  • 2022年04月13日
    (10)西の辺境の真珠「班公湖」西蔵自治区ルトク県

    8日、班公湖の風景。中国西蔵(シーザン)自治区ガリ地区ルトク県にある班公(パンゴン)湖の平均湖面標高は4200メートル。湖水は東から西へ塩分含有量が増えるため、日差しを浴びると濃い緑色、淡い緑色、濃い青色など異なる色を見せる。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041308409

  • 2022年04月21日
    (6)ヤムドク湖畔のテブラ村を訪ねて西蔵自治区

    16日、テブラ村から見たヤムドク湖。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区山南市ナンカルツェ県多却郷テブラ(特布拉)村は、青い湖水のヤムドク湖(羊卓雍錯)の南岸に位置し、絵画のような風景と優れた生態系に恵まれている。同自治区はここ数年、「生態優先、グリーン(環境配慮型)発展」の道を歩むことを堅持し、生態牧畜業の振興に尽力、高地草原の生態環境を確実に回復させ、環境の美しいテブラ村を作り上げた。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042106808

  • 00:49.52
    2022年04月21日
    「新華社」ヤムドク湖畔のテブラ村を訪ねて西蔵自治区

    中国西蔵(シーザン)自治区山南市ナンカルツェ県多却郷テブラ(特布拉)村は、青い湖水のヤムドク湖(羊卓雍錯)の南岸に位置し、絵画のような風景と優れた生態系に恵まれている。ヤムドクはチベット語で「碧玉の湖」を意味し、ナムツォ湖(納木錯)、マーナサローワル湖(瑪旁雍錯)と並んで同自治区の三大「聖湖」と称されている。同自治区はここ数年、「生態優先、グリーン(環境配慮型)発展」の道を歩むことを堅持し、生態牧畜業の振興に尽力、高地草原の生態環境を確実に回復させ、環境の美しいテブラ村を作り上げた。同村は今後、より多くの観光客がヤムドク湖南岸の魅力に触れられるよう、民宿などの観光施設も整備していくという。(記者/姜帆) =配信日: 2022(令和4)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042107578

  • 2022年04月23日
    (9)西蔵自治区、生態建設の取り組みを強化

    13日、西蔵自治区ナクチュ市にあるナムツォ湖(納木錯)。「世界の屋根」と呼ばれる青蔵高原はアジアの10本余りの大河を育み、1500以上の湖を有する。中国西蔵(シーザン)自治区はここ数年、生態安全障壁の保護と構築を絶えず進めている。同自治区生態環境庁の関連データによると、「第13次5カ年規画(2016~20年)」期間中、全自治区における地表水の優良水質断面の割合は100%に達した。同自治区はグリーン発展の理念の下、高エネルギー消費・高汚染・高排出産業の発展を厳しく制限するとともに、国土緑化プロジェクトを推進している。2021年に全自治区の大気質の優良日数は平均で98・8%に達し、生態環境保護分野への投資額は21年末時点で累計814億元(1元=約20円)に上る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042311559

  • 2022年04月23日
    (8)西蔵自治区、生態建設の取り組みを強化

    13日、西蔵自治区ナクチュ市にある湖、色林錯。「世界の屋根」と呼ばれる青蔵高原はアジアの10本余りの大河を育み、1500以上の湖を有する。中国西蔵(シーザン)自治区はここ数年、生態安全障壁の保護と構築を絶えず進めている。同自治区生態環境庁の関連データによると、「第13次5カ年規画(2016~20年)」期間中、全自治区における地表水の優良水質断面の割合は100%に達した。同自治区はグリーン発展の理念の下、高エネルギー消費・高汚染・高排出産業の発展を厳しく制限するとともに、国土緑化プロジェクトを推進している。2021年に全自治区の大気質の優良日数は平均で98・8%に達し、生態環境保護分野への投資額は21年末時点で累計814億元(1元=約20円)に上る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042311544

  • 2022年04月23日
    (7)西蔵自治区、生態建設の取り組みを強化

    12日、西蔵自治区ガリ地区ゲルツェ県にある湖、物瑪錯。湖水は異なる色を見せる。「世界の屋根」と呼ばれる青蔵高原はアジアの10本余りの大河を育み、1500以上の湖を有する。中国西蔵(シーザン)自治区はここ数年、生態安全障壁の保護と構築を絶えず進めている。同自治区生態環境庁の関連データによると、「第13次5カ年規画(2016~20年)」期間中、全自治区における地表水の優良水質断面の割合は100%に達した。同自治区はグリーン発展の理念の下、高エネルギー消費・高汚染・高排出産業の発展を厳しく制限するとともに、国土緑化プロジェクトを推進している。2021年に全自治区の大気質の優良日数は平均で98・8%に達し、生態環境保護分野への投資額は21年末時点で累計814億元(1元=約20円)に上る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042311518

  • 2022年04月23日
    (3)西蔵自治区、生態建設の取り組みを強化

    16日、西蔵自治区山南市にあるヤムドク湖(羊卓雍錯)。(小型無人機から)「世界の屋根」と呼ばれる青蔵高原はアジアの10本余りの大河を育み、1500以上の湖を有する。中国西蔵(シーザン)自治区はここ数年、生態安全障壁の保護と構築を絶えず進めている。同自治区生態環境庁の関連データによると、「第13次5カ年規画(2016~20年)」期間中、全自治区における地表水の優良水質断面の割合は100%に達した。同自治区はグリーン発展の理念の下、高エネルギー消費・高汚染・高排出産業の発展を厳しく制限するとともに、国土緑化プロジェクトを推進している。2021年に全自治区の大気質の優良日数は平均で98・8%に達し、生態環境保護分野への投資額は21年末時点で累計814億元(1元=約20円)に上る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042311520

  • 2022年04月23日
    (4)西蔵自治区、生態建設の取り組みを強化

    13日、西蔵自治区ナクチュ市にある湖、恰規錯。「世界の屋根」と呼ばれる青蔵高原はアジアの10本余りの大河を育み、1500以上の湖を有する。中国西蔵(シーザン)自治区はここ数年、生態安全障壁の保護と構築を絶えず進めている。同自治区生態環境庁の関連データによると、「第13次5カ年規画(2016~20年)」期間中、全自治区における地表水の優良水質断面の割合は100%に達した。同自治区はグリーン発展の理念の下、高エネルギー消費・高汚染・高排出産業の発展を厳しく制限するとともに、国土緑化プロジェクトを推進している。2021年に全自治区の大気質の優良日数は平均で98・8%に達し、生態環境保護分野への投資額は21年末時点で累計814億元(1元=約20円)に上る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042311514

  • 2022年04月23日
    (6)西蔵自治区、生態建設の取り組みを強化

    5日、西蔵自治区ガリ地区ルトク県にある班公(パンゴン)湖。(小型無人機から)「世界の屋根」と呼ばれる青蔵高原はアジアの10本余りの大河を育み、1500以上の湖を有する。中国西蔵(シーザン)自治区はここ数年、生態安全障壁の保護と構築を絶えず進めている。同自治区生態環境庁の関連データによると、「第13次5カ年規画(2016~20年)」期間中、全自治区における地表水の優良水質断面の割合は100%に達した。同自治区はグリーン発展の理念の下、高エネルギー消費・高汚染・高排出産業の発展を厳しく制限するとともに、国土緑化プロジェクトを推進している。2021年に全自治区の大気質の優良日数は平均で98・8%に達し、生態環境保護分野への投資額は21年末時点で累計814億元(1元=約20円)に上る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042311516

  • 2022年05月01日
    (4)中国、近年最大規模のチョモランマ科学調査を開始

    4月30日、西蔵自治区シガツェ市のチョモランマベースキャンプで、観測気球を飛ばす研究者。中国の第2回青海チベット高原総合科学調査研究チームは4月28日、西蔵(シーザン)自治区のチョモランマ地区でこのほど開始したチョモランマ超高標高地区の総合科学調査「ピークミッション2022」に、五つの科学調査分隊から16の科学調査グループ、計270人余りの隊員が参加したと明らかにした。ピークミッション2022は、青海チベット高原総合科学調査活動が2017年に始動して以降、関連する学科、参加者が最も多く、採用する機器・設備が最も先進的な総合的科学調査。チョモランマ地区の環境変動に焦点を合わせ、大気や水、生態系、地表プロセスなどの面で包括的な調査を実施する。研究者は先進的な技術と方法、手段を活用し、西風と季節風の相乗効果▽「アジアの給水塔」と呼ばれるヒマラヤ・青海チベット高原地区の変化▽生態系と生物多様性▽人の活動-などを巡り、重要な科学問題を研究する。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107398

  • 2022年05月01日
    (3)中国、近年最大規模のチョモランマ科学調査を開始

    4月30日、西蔵自治区シガツェ市のチョモランマベースキャンプで、観測気球を飛ばす研究者。中国の第2回青海チベット高原総合科学調査研究チームは4月28日、西蔵(シーザン)自治区のチョモランマ地区でこのほど開始したチョモランマ超高標高地区の総合科学調査「ピークミッション2022」に、五つの科学調査分隊から16の科学調査グループ、計270人余りの隊員が参加したと明らかにした。ピークミッション2022は、青海チベット高原総合科学調査活動が2017年に始動して以降、関連する学科、参加者が最も多く、採用する機器・設備が最も先進的な総合的科学調査。チョモランマ地区の環境変動に焦点を合わせ、大気や水、生態系、地表プロセスなどの面で包括的な調査を実施する。研究者は先進的な技術と方法、手段を活用し、西風と季節風の相乗効果▽「アジアの給水塔」と呼ばれるヒマラヤ・青海チベット高原地区の変化▽生態系と生物多様性▽人の活動-などを巡り、重要な科学問題を研究する。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107400

  • 2022年05月01日
    (5)中国、近年最大規模のチョモランマ科学調査を開始

    4月30日、西蔵自治区シガツェ市のチョモランマベースキャンプで、観測気球を飛ばす研究者。中国の第2回青海チベット高原総合科学調査研究チームは4月28日、西蔵(シーザン)自治区のチョモランマ地区でこのほど開始したチョモランマ超高標高地区の総合科学調査「ピークミッション2022」に、五つの科学調査分隊から16の科学調査グループ、計270人余りの隊員が参加したと明らかにした。ピークミッション2022は、青海チベット高原総合科学調査活動が2017年に始動して以降、関連する学科、参加者が最も多く、採用する機器・設備が最も先進的な総合的科学調査。チョモランマ地区の環境変動に焦点を合わせ、大気や水、生態系、地表プロセスなどの面で包括的な調査を実施する。研究者は先進的な技術と方法、手段を活用し、西風と季節風の相乗効果▽「アジアの給水塔」と呼ばれるヒマラヤ・青海チベット高原地区の変化▽生態系と生物多様性▽人の活動-などを巡り、重要な科学問題を研究する。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107402

  • 2022年05月01日
    (6)中国、近年最大規模のチョモランマ科学調査を開始

    4月30日、西蔵自治区シガツェ市のチョモランマベースキャンプ。(小型無人機から)中国の第2回青海チベット高原総合科学調査研究チームは4月28日、西蔵(シーザン)自治区のチョモランマ地区でこのほど開始したチョモランマ超高標高地区の総合科学調査「ピークミッション2022」に、五つの科学調査分隊から16の科学調査グループ、計270人余りの隊員が参加したと明らかにした。ピークミッション2022は、青海チベット高原総合科学調査活動が2017年に始動して以降、関連する学科、参加者が最も多く、採用する機器・設備が最も先進的な総合的科学調査。チョモランマ地区の環境変動に焦点を合わせ、大気や水、生態系、地表プロセスなどの面で包括的な調査を実施する。研究者は先進的な技術と方法、手段を活用し、西風と季節風の相乗効果▽「アジアの給水塔」と呼ばれるヒマラヤ・青海チベット高原地区の変化▽生態系と生物多様性▽人の活動-などを巡り、重要な科学問題を研究する。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107431

  • 2022年05月04日
    (1)チョモランマ科学調査を気象の専門家がサポート

    3日、チョモランマベースキャンプでマイクロ波放射計をチェックする研究員。中国西蔵(シーザン)自治区で実施されているチョモランマ超高標高地区総合科学調査では、標高8848・86メートルのチョモランマ山頂における総合科学調査任務の完遂を目指す。標高8千メートルを超える地点での科学調査は今回が初めてとなる。気温や風速、湿度などの気象要素は、高標高地点での調査任務の完遂や隊員の安全に直接影響を及ぼすため、チョモランマ科学調査は気象保障メカニズムを始動。中国科学院青蔵高原研究所や中国気象科学院、西蔵自治区気象局などの機関が協力し、科学調査に気象保障業務を提供している。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050408428

  • 2022年05月04日
    (11)チョモランマ科学調査を気象の専門家がサポート

    2日、チョモランマベースキャンプでデータを確認する研究員。中国西蔵(シーザン)自治区で実施されているチョモランマ超高標高地区総合科学調査では、標高8848・86メートルのチョモランマ山頂における総合科学調査任務の完遂を目指す。標高8千メートルを超える地点での科学調査は今回が初めてとなる。気温や風速、湿度などの気象要素は、高標高地点での調査任務の完遂や隊員の安全に直接影響を及ぼすため、チョモランマ科学調査は気象保障メカニズムを始動。中国科学院青蔵高原研究所や中国気象科学院、西蔵自治区気象局などの機関が協力し、科学調査に気象保障業務を提供している。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050408418

  • 2022年05月04日
    (7)チョモランマ科学調査を気象の専門家がサポート

    3日、チョモランマベースキャンプで大気のデータを確認する研究員。中国西蔵(シーザン)自治区で実施されているチョモランマ超高標高地区総合科学調査では、標高8848・86メートルのチョモランマ山頂における総合科学調査任務の完遂を目指す。標高8千メートルを超える地点での科学調査は今回が初めてとなる。気温や風速、湿度などの気象要素は、高標高地点での調査任務の完遂や隊員の安全に直接影響を及ぼすため、チョモランマ科学調査は気象保障メカニズムを始動。中国科学院青蔵高原研究所や中国気象科学院、西蔵自治区気象局などの機関が協力し、科学調査に気象保障業務を提供している。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050408411

  • 2022年05月04日
    (2)チョモランマ科学調査を気象の専門家がサポート

    3日、チョモランマベースキャンプでオゾンフラックス計測装置をチェックする研究員。中国西蔵(シーザン)自治区で実施されているチョモランマ超高標高地区総合科学調査では、標高8848・86メートルのチョモランマ山頂における総合科学調査任務の完遂を目指す。標高8千メートルを超える地点での科学調査は今回が初めてとなる。気温や風速、湿度などの気象要素は、高標高地点での調査任務の完遂や隊員の安全に直接影響を及ぼすため、チョモランマ科学調査は気象保障メカニズムを始動。中国科学院青蔵高原研究所や中国気象科学院、西蔵自治区気象局などの機関が協力し、科学調査に気象保障業務を提供している。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050408391

  • 2022年05月04日
    (8)チョモランマ科学調査を気象の専門家がサポート

    2日、チョモランマベースキャンプで風速レーダーをチェックする研究員。中国西蔵(シーザン)自治区で実施されているチョモランマ超高標高地区総合科学調査では、標高8848・86メートルのチョモランマ山頂における総合科学調査任務の完遂を目指す。標高8千メートルを超える地点での科学調査は今回が初めてとなる。気温や風速、湿度などの気象要素は、高標高地点での調査任務の完遂や隊員の安全に直接影響を及ぼすため、チョモランマ科学調査は気象保障メカニズムを始動。中国科学院青蔵高原研究所や中国気象科学院、西蔵自治区気象局などの機関が協力し、科学調査に気象保障業務を提供している。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050408424

  • 2022年05月05日
    (4)中国、チョモランマ標高8千メートル以上の地点で科学調査実施

    4日、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプに設置された指揮テントで、頂上到達とサンプル採取の成功を祝うスタッフ。中国のチョモランマ科学調査隊員13人は4日、登頂に成功した。中国のチョモランマでの科学調査が標高8千メートルを超えたのは初めてで、青蔵高原の科学調査研究の歴史において画期的な意義を持つ。今回の重要任務として、科学調査隊員は世界最高標高の自動気象観測所を設置、初めて高精度レーダーを利用して頂上の氷雪の厚さを測定した。調査隊はさらに複数の科学調査研究を行う。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050503055

  • 2022年05月06日
    (1)中国のチョモランマ科学調査隊員、ベースキャンプに無事帰還

    5日、ベースキャンプに帰還する中国の科学調査隊員。中国のチョモランマ科学調査隊員は5日、標高5200メートルのベースキャンプに無事帰還した。隊員の健康状態は良好という。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050604095

  • 2022年05月08日
    (13)チョモランマベースキャンプから見た神秘的な風景

    4日、チョモランマベースキャンプで撮影した星の軌跡。(比較明合成写真)世界最高峰チョモランマでは、天候と風景が目まぐるしく変化する。標高5200メートルのベースキャンプから、満天の星と神秘的な風景をカメラに収めた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050807261

  • 2022年05月08日
    (9)チョモランマベースキャンプから見た神秘的な風景

    4日、チョモランマベースキャンプで撮影した流星群。世界最高峰チョモランマでは、天候と風景が目まぐるしく変化する。標高5200メートルのベースキャンプから、満天の星と神秘的な風景をカメラに収めた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050807267

  • 2022年05月08日
    (8)チョモランマベースキャンプから見た神秘的な風景

    4日、チョモランマベースキャンプで撮影した星空。世界最高峰チョモランマでは、天候と風景が目まぐるしく変化する。標高5200メートルのベースキャンプから、満天の星と神秘的な風景をカメラに収めた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050807251

  • 2022年05月08日
    (12)チョモランマベースキャンプから見た神秘的な風景

    4日、チョモランマベースキャンプで撮影した流星群。世界最高峰チョモランマでは、天候と風景が目まぐるしく変化する。標高5200メートルのベースキャンプから、満天の星と神秘的な風景をカメラに収めた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050807264

  • 2022年05月08日
    (4)チョモランマベースキャンプから見た神秘的な風景

    1日、雪を頂くチョモランマ。世界最高峰チョモランマでは、天候と風景が目まぐるしく変化する。標高5200メートルのベースキャンプから、満天の星と神秘的な風景をカメラに収めた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050807254

  • 2022年05月08日
    (15)チョモランマベースキャンプから見た神秘的な風景

    4日、チョモランマベースキャンプで撮影した星の軌跡。(比較明合成写真)世界最高峰チョモランマでは、天候と風景が目まぐるしく変化する。標高5200メートルのベースキャンプから、満天の星と神秘的な風景をカメラに収めた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050807263

  • 2022年05月08日
    (1)チョモランマベースキャンプから見た神秘的な風景

    2日、雲間から姿を見せるチョモランマ。世界最高峰チョモランマでは、天候と風景が目まぐるしく変化する。標高5200メートルのベースキャンプから、満天の星と神秘的な風景をカメラに収めた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050807249

  • 2022年05月08日
    (3)チョモランマベースキャンプから見た神秘的な風景

    4日、チョモランマベースキャンプで撮影した星の軌跡。(比較明合成写真)世界最高峰チョモランマでは、天候と風景が目まぐるしく変化する。標高5200メートルのベースキャンプから、満天の星と神秘的な風景をカメラに収めた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050807252

  • 2022年05月08日
    (2)チョモランマベースキャンプから見た神秘的な風景

    5日、雪を頂くチョモランマ。世界最高峰チョモランマでは、天候と風景が目まぐるしく変化する。標高5200メートルのベースキャンプから、満天の星と神秘的な風景をカメラに収めた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050807289

  • 2022年05月08日
    (14)チョモランマベースキャンプから見た神秘的な風景

    4日、チョモランマベースキャンプで撮影した流星群。世界最高峰チョモランマでは、天候と風景が目まぐるしく変化する。標高5200メートルのベースキャンプから、満天の星と神秘的な風景をカメラに収めた。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050807262

  • 2022年05月11日
    (2)チョモランマベースキャンプに野生動物の姿

    7日、チョモランマベースキャンプに現れたシロボシマシコ。中国西蔵(シーザン)自治区で現在、チョモランマ超高標高地区の総合科学調査「ピークミッション2022」が実施されている。標高5200メートルのベースキャンプ付近では、さまざまな野生動物が姿を見せる。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051104078

  • 2022年05月11日
    (8)チョモランマベースキャンプに野生動物の姿

    10日、チョモランマベースキャンプ付近にたたずむバーラル。中国西蔵(シーザン)自治区で現在、チョモランマ超高標高地区の総合科学調査「ピークミッション2022」が実施されている。標高5200メートルのベースキャンプ付近では、さまざまな野生動物が姿を見せる。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051104063

  • 2022年05月11日
    (5)チョモランマベースキャンプに野生動物の姿

    8日、チョモランマベースキャンプに現れたチベットセッケイ。中国西蔵(シーザン)自治区で現在、チョモランマ超高標高地区の総合科学調査「ピークミッション2022」が実施されている。標高5200メートルのベースキャンプ付近では、さまざまな野生動物が姿を見せる。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051103822

  • 2022年05月11日
    (6)チョモランマベースキャンプに野生動物の姿

    9日、チョモランマベースキャンプに現れたキバシガラス。中国西蔵(シーザン)自治区で現在、チョモランマ超高標高地区の総合科学調査「ピークミッション2022」が実施されている。標高5200メートルのベースキャンプ付近では、さまざまな野生動物が姿を見せる。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051103824

  • 2022年05月11日
    (10)チョモランマベースキャンプに野生動物の姿

    8日、チョモランマベースキャンプに現れたチベットセッケイ。中国西蔵(シーザン)自治区で現在、チョモランマ超高標高地区の総合科学調査「ピークミッション2022」が実施されている。標高5200メートルのベースキャンプ付近では、さまざまな野生動物が姿を見せる。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051104064

  • 2022年05月11日
    (1)チョモランマベースキャンプに野生動物の姿

    7日、チョモランマベースキャンプへ向かう道路を横断するバーラル。中国西蔵(シーザン)自治区で現在、チョモランマ超高標高地区の総合科学調査「ピークミッション2022」が実施されている。標高5200メートルのベースキャンプ付近では、さまざまな野生動物が姿を見せる。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051103818

  • 2022年05月13日
    (3)東ロンブク氷河で測量を実施西蔵自治区

    8日、上空から見た東ロンブク氷河。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区で実施されているチョモランマ超高標高地区の総合科学調査「ピークミッション2022」は1~9日、氷河・汚染物グループによる東ロンブク氷河の測量が行われた。グループは先進機器を使い、標高6350メートル以上の区域で氷河の14・68平方キロ範囲を正確に測定したほか、多くの映像素材を持ち帰った。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051310515

  • 2022年05月13日
    (2)東ロンブク氷河で測量を実施西蔵自治区

    1日、物資を確認する氷河・汚染物グループの研究者。中国西蔵(シーザン)自治区で実施されているチョモランマ超高標高地区の総合科学調査「ピークミッション2022」は1~9日、氷河・汚染物グループによる東ロンブク氷河の測量が行われた。グループは先進機器を使い、標高6350メートル以上の区域で氷河の14・68平方キロ範囲を正確に測定したほか、多くの映像素材を持ち帰った。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051310514

  • 2022年05月13日
    (8)チョモランマの麓で春の農作業始まる西蔵自治区扎西宗郷

    10日、扎西宗郷の扎西宗村で、畑を耕す村民。中国西蔵(シーザン)自治区シガツェ市ティンリ県の扎西宗郷は標高約4200メートルに位置し、チョモランマに最も近い郷鎮だ。標高が高く、気温が低いため、春の農作業は5月から始まる。郷内の畑では、村民らが耕作やジャガイモの植え付けなどの農作業に追われている。(シガツェ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051310702

  • 2022年05月13日
    (10)チョモランマの麓で春の農作業始まる西蔵自治区扎西宗郷

    10日、扎西宗郷の日白拉新村の畑で、イモの植え付け準備をする村民。中国西蔵(シーザン)自治区シガツェ市ティンリ県の扎西宗郷は標高約4200メートルに位置し、チョモランマに最も近い郷鎮だ。標高が高く、気温が低いため、春の農作業は5月から始まる。郷内の畑では、村民らが耕作やジャガイモの植え付けなどの農作業に追われている。(シガツェ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051310703

  • 2022年05月13日
    (14)東ロンブク氷河で測量を実施西蔵自治区

    左:1日、東ロンブク氷河行きを前にした氷河・汚染物グループの研究者、康世昌(こう・せしょう)氏。右:9日、東ロンブク氷河での作業を終えた康世昌氏。(組み合わせ写真)中国西蔵(シーザン)自治区で実施されているチョモランマ超高標高地区の総合科学調査「ピークミッション2022」は1~9日、氷河・汚染物グループによる東ロンブク氷河の測量が行われた。グループは先進機器を使い、標高6350メートル以上の区域で氷河の14・68平方キロ範囲を正確に測定したほか、多くの映像素材を持ち帰った。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051310516

  • 2022年05月15日
    (4)中国、大気観測で世界記録チョモランマから観測気球

    12日、「極目1号」に観測機器を取り付ける科学調査チーム。中国が独自開発した気象観測用の飛行船型係留気球「極目1号」が15日午前1時、中国科学院チョモランマ大気環境総合研究ステーション付近の標高4270メートル地点からが打ち上げられた。気球は同4時40分、高度4762メートルに到達。大気観測高度で世界最高となる海抜9032メートルを記録した。気球が高高度で収集したデータは、同地域の水循環の研究とトレース、地上と上空の大気に含まれる水蒸気と成分変化のモニタリングに使われる。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051510879

  • 2022年05月15日
    (6)中国、大気観測で世界記録チョモランマから観測気球

    13日、打ち上げ場に係留される飛行船型気球「極目1号」。中国が独自開発した気象観測用の飛行船型係留気球「極目1号」が15日午前1時、中国科学院チョモランマ大気環境総合研究ステーション付近の標高4270メートル地点からが打ち上げられた。気球は同4時40分、高度4762メートルに到達。大気観測高度で世界最高となる海抜9032メートルを記録した。気球が高高度で収集したデータは、同地域の水循環の研究とトレース、地上と上空の大気に含まれる水蒸気と成分変化のモニタリングに使われる。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051510863

  • 2022年05月15日
    (5)中国、大気観測で世界記録チョモランマから観測気球

    12日、「極目1号」に観測機器を取り付ける科学調査チーム。中国が独自開発した気象観測用の飛行船型係留気球「極目1号」が15日午前1時、中国科学院チョモランマ大気環境総合研究ステーション付近の標高4270メートル地点からが打ち上げられた。気球は同4時40分、高度4762メートルに到達。大気観測高度で世界最高となる海抜9032メートルを記録した。気球が高高度で収集したデータは、同地域の水循環の研究とトレース、地上と上空の大気に含まれる水蒸気と成分変化のモニタリングに使われる。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051510867

  • 2022年05月15日
    (1)中国、大気観測で世界記録チョモランマから観測気球

    12日、打ち上げ場に係留される飛行船型気球「極目1号」。中国が独自開発した気象観測用の飛行船型係留気球「極目1号」が15日午前1時、中国科学院チョモランマ大気環境総合研究ステーション付近の標高4270メートル地点からが打ち上げられた。気球は同4時40分、高度4762メートルに到達。大気観測高度で世界最高となる海抜9032メートルを記録した。気球が高高度で収集したデータは、同地域の水循環の研究とトレース、地上と上空の大気に含まれる水蒸気と成分変化のモニタリングに使われる。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051510910

  • 2022年05月15日
    (3)中国、大気観測で世界記録チョモランマから観測気球

    12日、揚力ガス充填を終えた「極目1号」を調整する科学調査チーム。中国が独自開発した気象観測用の飛行船型係留気球「極目1号」が15日午前1時、中国科学院チョモランマ大気環境総合研究ステーション付近の標高4270メートル地点からが打ち上げられた。気球は同4時40分、高度4762メートルに到達。大気観測高度で世界最高となる海抜9032メートルを記録した。気球が高高度で収集したデータは、同地域の水循環の研究とトレース、地上と上空の大気に含まれる水蒸気と成分変化のモニタリングに使われる。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051510877

  • 2022年05月15日
    (2)中国、大気観測で世界記録チョモランマから観測気球

    12日、揚力ガス充填中の「極目1号」。中国が独自開発した気象観測用の飛行船型係留気球「極目1号」が15日午前1時、中国科学院チョモランマ大気環境総合研究ステーション付近の標高4270メートル地点からが打ち上げられた。気球は同4時40分、高度4762メートルに到達。大気観測高度で世界最高となる海抜9032メートルを記録した。気球が高高度で収集したデータは、同地域の水循環の研究とトレース、地上と上空の大気に含まれる水蒸気と成分変化のモニタリングに使われる。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051510872

  • 2022年05月17日
    (11)チョモランマの麓に広がる豊かな緑

    11日、西蔵自治区シガツェ市ティンリ県扎西宗郷に広がる湿地。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区シガツェ市ティンリ県の扎西宗郷はチョモランマ国家級自然保護区内に位置し、世界最高峰に最も近い郷鎮で、標高は約4200メートル。生態系保全の強化に伴い、湿地周辺に緑豊かな風景が広がっている。(シガツェ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051706687

  • 2022年05月17日
    (12)チョモランマの麓に広がる豊かな緑

    11日、西蔵自治区シガツェ市ティンリ県扎西宗郷に広がる湿地。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区シガツェ市ティンリ県の扎西宗郷はチョモランマ国家級自然保護区内に位置し、世界最高峰に最も近い郷鎮で、標高は約4200メートル。生態系保全の強化に伴い、湿地周辺に緑豊かな風景が広がっている。(シガツェ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051706700

  • 2022年05月17日
    (13)チョモランマの麓に広がる豊かな緑

    11日、西蔵自治区シガツェ市ティンリ県扎西宗郷に広がる湿地。(小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区シガツェ市ティンリ県の扎西宗郷はチョモランマ国家級自然保護区内に位置し、世界最高峰に最も近い郷鎮で、標高は約4200メートル。生態系保全の強化に伴い、湿地周辺に緑豊かな風景が広がっている。(シガツェ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051706702

  • 2022年06月06日
    (10)高原のエコな贈り物、冬虫夏草が収穫期西蔵自治区

    5月25日、冬虫夏草採取の合間に、地元の子どもたちとくつろぐ牧畜民。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ビル県は、同自治区における重要な冬虫夏草の産地で、冬虫夏草の採取は多くの地元牧畜民にとって貴重な収入源となっている。このほど収穫の時期を迎え、牧畜民たちは例年通り同県然木塘村の採取地点に集まり、高原の「エコな贈り物」を受け取っている。採取地点は険しい山道を登った湿原にあり、標高は4700メートル以上。冬虫夏草を掘り出した後、牧畜民たちは掘り返した土を元に戻して軽くならし、翌年の収穫に向けて土台を作る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060606984

  • 2022年06月06日
    (6)高原のエコな贈り物、冬虫夏草が収穫期西蔵自治区

    5月26日、然木塘村の冬虫夏草収集地点に集まり山へ向かう牧畜民。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ビル県は、同自治区における重要な冬虫夏草の産地で、冬虫夏草の採取は多くの地元牧畜民にとって貴重な収入源となっている。このほど収穫の時期を迎え、牧畜民たちは例年通り同県然木塘村の採取地点に集まり、高原の「エコな贈り物」を受け取っている。採取地点は険しい山道を登った湿原にあり、標高は4700メートル以上。冬虫夏草を掘り出した後、牧畜民たちは掘り返した土を元に戻して軽くならし、翌年の収穫に向けて土台を作る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060606963

  • 2022年06月06日
    (5)高原のエコな贈り物、冬虫夏草が収穫期西蔵自治区

    5月25日、然木塘村の冬虫夏草収集地点の夜景。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ビル県は、同自治区における重要な冬虫夏草の産地で、冬虫夏草の採取は多くの地元牧畜民にとって貴重な収入源となっている。このほど収穫の時期を迎え、牧畜民たちは例年通り同県然木塘村の採取地点に集まり、高原の「エコな贈り物」を受け取っている。採取地点は険しい山道を登った湿原にあり、標高は4700メートル以上。冬虫夏草を掘り出した後、牧畜民たちは掘り返した土を元に戻して軽くならし、翌年の収穫に向けて土台を作る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060606961

  • 2022年06月06日
    (16)高原のエコな贈り物、冬虫夏草が収穫期西蔵自治区

    5月25日、数日かけて採取した冬虫夏草を整理する牧畜民の家族。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ビル県は、同自治区における重要な冬虫夏草の産地で、冬虫夏草の採取は多くの地元牧畜民にとって貴重な収入源となっている。このほど収穫の時期を迎え、牧畜民たちは例年通り同県然木塘村の採取地点に集まり、高原の「エコな贈り物」を受け取っている。採取地点は険しい山道を登った湿原にあり、標高は4700メートル以上。冬虫夏草を掘り出した後、牧畜民たちは掘り返した土を元に戻して軽くならし、翌年の収穫に向けて土台を作る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060606996

  • 2022年06月06日
    (12)高原のエコな贈り物、冬虫夏草が収穫期西蔵自治区

    5月25日、収集地点のキャンプ地に戻り、ブラシで冬虫夏草の土をはらう牧畜民。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ビル県は、同自治区における重要な冬虫夏草の産地で、冬虫夏草の採取は多くの地元牧畜民にとって貴重な収入源となっている。このほど収穫の時期を迎え、牧畜民たちは例年通り同県然木塘村の採取地点に集まり、高原の「エコな贈り物」を受け取っている。採取地点は険しい山道を登った湿原にあり、標高は4700メートル以上。冬虫夏草を掘り出した後、牧畜民たちは掘り返した土を元に戻して軽くならし、翌年の収穫に向けて土台を作る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060606986

  • 2022年06月06日
    (13)高原のエコな贈り物、冬虫夏草が収穫期西蔵自治区

    5月25日、土の中から先端を出した冬虫夏草。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ビル県は、同自治区における重要な冬虫夏草の産地で、冬虫夏草の採取は多くの地元牧畜民にとって貴重な収入源となっている。このほど収穫の時期を迎え、牧畜民たちは例年通り同県然木塘村の採取地点に集まり、高原の「エコな贈り物」を受け取っている。採取地点は険しい山道を登った湿原にあり、標高は4700メートル以上。冬虫夏草を掘り出した後、牧畜民たちは掘り返した土を元に戻して軽くならし、翌年の収穫に向けて土台を作る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060606987

  • 2022年06月06日
    (3)高原のエコな贈り物、冬虫夏草が収穫期西蔵自治区

    5月25日、然木塘村の冬虫夏草収集地点で、採取の登録を行う牧畜民を手伝うスタッフ。中国西蔵(シーザン)自治区ナクチュ市ビル県は、同自治区における重要な冬虫夏草の産地で、冬虫夏草の採取は多くの地元牧畜民にとって貴重な収入源となっている。このほど収穫の時期を迎え、牧畜民たちは例年通り同県然木塘村の採取地点に集まり、高原の「エコな贈り物」を受け取っている。採取地点は険しい山道を登った湿原にあり、標高は4700メートル以上。冬虫夏草を掘り出した後、牧畜民たちは掘り返した土を元に戻して軽くならし、翌年の収穫に向けて土台を作る。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060606966

  • 2022年06月12日
    (1)ツルプ寺で巨大仏画の開帳式西蔵自治区ラサ市

    11日、ツルプ寺で行われたタンカの開帳式。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市にあるツルプ(楚布)寺で11日、年に1度の巨大なタンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われた。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061205084

  • 2022年06月12日
    (2)ツルプ寺で巨大仏画の開帳式西蔵自治区ラサ市

    11日、巨大なタンカを運ぶ僧侶と信者。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市にあるツルプ(楚布)寺で11日、年に1度の巨大なタンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われた。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061205132

  • 2022年06月12日
    (4)ツルプ寺で巨大仏画の開帳式西蔵自治区ラサ市

    11日、巨大なタンカを整える僧侶。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区にあるツルプ(楚布)寺で11日、年に1度の巨大なタンカ(チベット仏教の仏画)の開帳式が行われた。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061205270

  • 2022年06月16日
    (2)西蔵自治区生態環境状況公報を発表世界屈指の環境の質を維持

    ニンティ(林芝)市巴宜区ルラン鎮の湿地。(5月31日撮影、小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区生態環境庁はこのほど、「2021年西蔵自治区生態環境状況公報」を発表し、同自治区が依然として環境の質が世界で最も良い地域の一つであると明らかにした。公報によると、2021年、同自治区の主要河川や湖沼の水質は全体的に良好を維持し、国が定める該当水域の環境品質基準をクリアした。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061609091

  • 2022年06月16日
    (8)西蔵自治区生態環境状況公報を発表世界屈指の環境の質を維持

    ラサ市ルンドゥプ県の虎頭山貯水池を飛ぶオグロヅル。(2月22日撮影、小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区生態環境庁はこのほど、「2021年西蔵自治区生態環境状況公報」を発表し、同自治区が依然として環境の質が世界で最も良い地域の一つであると明らかにした。公報によると、2021年、同自治区の主要河川や湖沼の水質は全体的に良好を維持し、国が定める該当水域の環境品質基準をクリアした。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061609098

  • 2022年06月16日
    (7)西蔵自治区生態環境状況公報を発表世界屈指の環境の質を維持

    ラサ市中心部を流れる川。(3月2日撮影)中国西蔵(シーザン)自治区生態環境庁はこのほど、「2021年西蔵自治区生態環境状況公報」を発表し、同自治区が依然として環境の質が世界で最も良い地域の一つであると明らかにした。公報によると、2021年、同自治区の主要河川や湖沼の水質は全体的に良好を維持し、国が定める該当水域の環境品質基準をクリアした。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061609101

  • 2022年06月16日
    (9)西蔵自治区生態環境状況公報を発表世界屈指の環境の質を維持

    3日、峠から見た山南市ナンカルツェ県にあるヤムドク湖(羊卓雍錯)。中国西蔵(シーザン)自治区生態環境庁はこのほど、「2021年西蔵自治区生態環境状況公報」を発表し、同自治区が依然として環境の質が世界で最も良い地域の一つであると明らかにした。公報によると、2021年、同自治区の主要河川や湖沼の水質は全体的に良好を維持し、国が定める該当水域の環境品質基準をクリアした。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061609102

  • 2022年06月16日
    (11)西蔵自治区生態環境状況公報を発表世界屈指の環境の質を維持

    ガリ地区ゲルツェ県で撮影されたチルー。(4月13日撮影、小型無人機から)中国西蔵(シーザン)自治区生態環境庁はこのほど、「2021年西蔵自治区生態環境状況公報」を発表し、同自治区が依然として環境の質が世界で最も良い地域の一つであると明らかにした。公報によると、2021年、同自治区の主要河川や湖沼の水質は全体的に良好を維持し、国が定める該当水域の環境品質基準をクリアした。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061609105

  • 2022年06月16日
    (10)西蔵自治区生態環境状況公報を発表世界屈指の環境の質を維持

    ナクチュ(那曲)市ビル県で撮影されたヒゲワシ。(5月25日撮影)中国西蔵(シーザン)自治区生態環境庁はこのほど、「2021年西蔵自治区生態環境状況公報」を発表し、同自治区が依然として環境の質が世界で最も良い地域の一つであると明らかにした。公報によると、2021年、同自治区の主要河川や湖沼の水質は全体的に良好を維持し、国が定める該当水域の環境品質基準をクリアした。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061609096

  • 2022年06月17日
    (6)国家天文台ガリ観測所を訪ねて西蔵自治区

    国家天文台ガリ観測所。(4月7日撮影、比較明合成写真)中国西蔵(シーザン)自治区ガリ地区は平均標高4500メートルの高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。極めて高い標高と希薄で清浄な大気により、天体観測に適した条件を備える。中国科学院国家天文台は2002年、「中国西部における天文台の戦略的用地選定」を開始。10年後に同地区を選出し、獅泉河鎮以南の尾根に観測所を設置した。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061710105

  • 2022年06月17日
    (4)国家天文台ガリ観測所を訪ねて西蔵自治区

    空から見た国家天文台ガリ観測所。(4月7日、小型無人機から撮影)中国西蔵(シーザン)自治区ガリ地区は平均標高4500メートルの高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。極めて高い標高と希薄で清浄な大気により、天体観測に適した条件を備える。中国科学院国家天文台は2002年、「中国西部における天文台の戦略的用地選定」を開始。10年後に同地区を選出し、獅泉河鎮以南の尾根に観測所を設置した。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061710094

  • 2022年06月17日
    (1)国家天文台ガリ観測所を訪ねて西蔵自治区

    空から見た国家天文台ガリ観測所。(4月7日、小型無人機から撮影)中国西蔵(シーザン)自治区ガリ地区は平均標高4500メートルの高地に位置することから「世界の屋根の屋根」と称される。極めて高い標高と希薄で清浄な大気により、天体観測に適した条件を備える。中国科学院国家天文台は2002年、「中国西部における天文台の戦略的用地選定」を開始。10年後に同地区を選出し、獅泉河鎮以南の尾根に観測所を設置した。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061710095

  • 2022年06月19日
    (14)「アジアの給水塔」青蔵高原を守る

    ナクチュ(那曲)市の普若岡日氷河。(2019年6月18日、小型無人機から撮影)中国の青蔵高原は、大部分の地域が標高4千メートルを超え、南極と北極を除き、地球上で氷河が最も広範囲に分布していることから「アジアの給水塔」と呼ばれている。アジアの主要河川の多くが青蔵高原を水源地とし、中国ひいてはアジアの重要な生態安全障壁となっている。西蔵(シーザン)自治区はここ数年、生態安全障壁の保護と構築を積極的に推進。河川、湖沼、飲用水の水源地などの水域の生態環境と水の安全を保護し、アジアの給水塔をしっかりと守っている。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061905254

  • 2022年06月19日
    (15)「アジアの給水塔」青蔵高原を守る

    ナクチュ(那曲)市で撮影した普若岡日氷河。(2019年6月18日、小型無人機から撮影、組み合わせ写真)中国の青蔵高原は、大部分の地域が標高4千メートルを超え、南極と北極を除き、地球上で氷河が最も広範囲に分布していることから「アジアの給水塔」と呼ばれている。アジアの主要河川の多くが青蔵高原を水源地とし、中国ひいてはアジアの重要な生態安全障壁となっている。西蔵(シーザン)自治区はここ数年、生態安全障壁の保護と構築を積極的に推進。河川、湖沼、飲用水の水源地などの水域の生態環境と水の安全を保護し、アジアの給水塔をしっかりと守っている。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061905255

  • 2022年06月19日
    (16)「アジアの給水塔」青蔵高原を守る

    3日、シガツェ(日喀則)市で撮影した卡若拉(カローラ)氷河の一部。中国の青蔵高原は、大部分の地域が標高4千メートルを超え、南極と北極を除き、地球上で氷河が最も広範囲に分布していることから「アジアの給水塔」と呼ばれている。アジアの主要河川の多くが青蔵高原を水源地とし、中国ひいてはアジアの重要な生態安全障壁となっている。西蔵(シーザン)自治区はここ数年、生態安全障壁の保護と構築を積極的に推進。河川、湖沼、飲用水の水源地などの水域の生態環境と水の安全を保護し、アジアの給水塔をしっかりと守っている。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061905256

  • 2022年06月19日
    (2)「アジアの給水塔」青蔵高原を守る

    4日、山南市の措嘉氷河。(組み合わせ写真)中国の青蔵高原は、大部分の地域が標高4千メートルを超え、南極と北極を除き、地球上で氷河が最も広範囲に分布していることから「アジアの給水塔」と呼ばれている。アジアの主要河川の多くが青蔵高原を水源地とし、中国ひいてはアジアの重要な生態安全障壁となっている。西蔵(シーザン)自治区はここ数年、生態安全障壁の保護と構築を積極的に推進。河川、湖沼、飲用水の水源地などの水域の生態環境と水の安全を保護し、アジアの給水塔をしっかりと守っている。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061905194

  • 2022年06月19日
    (4)「アジアの給水塔」青蔵高原を守る

    ラサ市の窮母岡日氷河。(3月27日撮影)中国の青蔵高原は、大部分の地域が標高4千メートルを超え、南極と北極を除き、地球上で氷河が最も広範囲に分布していることから「アジアの給水塔」と呼ばれている。アジアの主要河川の多くが青蔵高原を水源地とし、中国ひいてはアジアの重要な生態安全障壁となっている。西蔵(シーザン)自治区はここ数年、生態安全障壁の保護と構築を積極的に推進。河川、湖沼、飲用水の水源地などの水域の生態環境と水の安全を保護し、アジアの給水塔をしっかりと守っている。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061905190

  • 2022年06月19日
    (3)「アジアの給水塔」青蔵高原を守る

    4日、山南市の措嘉氷河。(小型無人機から)中国の青蔵高原は、大部分の地域が標高4千メートルを超え、南極と北極を除き、地球上で氷河が最も広範囲に分布していることから「アジアの給水塔」と呼ばれている。アジアの主要河川の多くが青蔵高原を水源地とし、中国ひいてはアジアの重要な生態安全障壁となっている。西蔵(シーザン)自治区はここ数年、生態安全障壁の保護と構築を積極的に推進。河川、湖沼、飲用水の水源地などの水域の生態環境と水の安全を保護し、アジアの給水塔をしっかりと守っている。(ラサ=新華社記者/姜帆)= 配信日: 2022(令和4)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061905191

  • 1