KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ペア
  • 流れ
  • 平成
  • 体長
  • さくらの滝
  • じょう
  • アメマス
  • サクラマス
  • 動物
  • 合成

「婚姻色」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2001年05月07日
    小滝目掛けて飛ぶイトウ 幻の魚イトウがジャンプ

    幻の魚「イトウ」が産卵のため、湿地帯を流れる川の小滝を越えようと、何度もジャンプを繰り返した。四月末の北海道の山間部。雪解けで増水した川の支流を、生まれ故郷の産卵場まで一気にさかのぼる。体長約八十センチの雄は三分の二が婚姻色の朱に染まっている。動きが鈍いといわれるイトウ。サケのように高さ八十センチほどの滝の上を目指して飛ぶさまは極めて珍しい。

    商品コード: 2001050700182

  • 2009年12月08日
    ジャンプするイトウ 淡水魚イトウに保護区設定

    小さな滝を越えようとジャンプするイトウの雄。3分の2が婚姻色の朱に染まっていた=01年

    商品コード: 2009120800324

  • 2011年07月31日
    さくらの滝を上る桜ます

    キーワード:7、DNA、アメマス、さくらの滝、サクラマス、屋外、夏、回遊、回遊魚、魚、午前中、合成、雌、自然、斜里、潤い、水、水しぶき、水面、成熟、清里、生存競争、生き物、赤、川、遡上、滝、ジャンプ、動物、日本、白、飛ぶ、鼻曲がり、風景、並ぶ、本能、無人、生命、野生、躍動感のある、雄、流れ、緑、上がる、婚姻色、斜里川、産卵期、イメージ、降海型、サケ科、マス、サケ属、自然風景、チェリーサーモン、遡上魚、種族保存本能、動植物メイン写真=2011(平成23)年7月31日、北海道清里町、クレジット:TOYOHIRO YAMADA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021005549

  • 2011年07月31日
    さくらの滝を上る桜ます

    キーワード:7、DNA、アメマス、さくらの滝、サクラマス、屋外、夏、回遊、回遊魚、魚、午前中、合成、雌、自然、斜里、潤い、水、水しぶき、水面、成熟、清里、生存競争、生き物、赤、川、遡上、滝、ジャンプ、動物、日本、白、飛ぶ、鼻曲がり、風景、並ぶ、本能、無人、生命、野生、躍動感のある、雄、流れ、緑、上がる、婚姻色、斜里川、産卵期、イメージ、降海型、サケ科、マス、サケ属、自然風景、チェリーサーモン、遡上魚、種族保存本能、風景メイン写真=2011(平成23)年7月31日、北海道清里町、クレジット:TOYOHIRO YAMADA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021005441

  • 2011年07月31日
    さくらの滝を上る桜ます

    キーワード:7、DNA、アメマス、さくらの滝、サクラマス、屋外、夏、回遊、回遊魚、魚、午前中、合成、雌、自然、斜里、潤い、水、水しぶき、水面、成熟、清里、生存競争、生き物、赤、川、遡上、滝、ジャンプ、動物、日本、白、飛ぶ、鼻曲がり、風景、並ぶ、本能、無人、生命、野生、躍動感のある、雄、流れ、緑、上がる、婚姻色、斜里川、産卵期、イメージ、降海型、サケ科、マス、サケ属、自然風景、チェリーサーモン、遡上魚、種族保存本能、動植物メイン写真=2011(平成23)年7月31日、北海道清里町、クレジット:TOYOHIRO YAMADA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021005512

  • 2013年04月30日
    遡上するイトウのペア 体赤く染め、イトウ産卵

    産卵のため北海道北部の河川を遡上するイトウのペア。雄(上)の体は真っ赤な婚姻色に染まっている=4月29日

    商品コード: 2013043000447

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:00.38
    2014年04月28日
    寄り添って、イトウ産卵  北海道北部で撮影

    遅い春を迎えた北海道北部の河川上流域に、日本最大のサケ科の淡水魚で「幻の魚」と呼ばれるイトウが遡上(そじょう)している。残雪に足を取られながら、ささやぶをかき分けて約1時間進み、雄雌のペアが寄り添って産卵する姿を撮影した。イトウの繁殖行動は、雌が尾びれで小石を飛ばして産卵床を作り、雄が慌ただしく左右に位置を変えて産卵を促す。雌をめぐって雄同士が激しく争い、かみつき合うこともある。春といっても水の冷たい幅2メートル弱、水深約30センチの小川で、体長1メートル近いイトウのペア数組が、悠然と泳いでいた。真っ赤な婚姻色に染まった雄は、雪解け水で濁った水の中でも、はっきりと見えた。環境省が絶滅危惧種に指定するイトウ。サケと異なり産卵後も死ぬことはなく、寿命は長いもので20年以上になる。雪解けで増水するこの時期、身を潜めている湿原や沼から河川をさかのぼる。<映像内容>イトウが泳いでいる様子、撮影日:2014(平成26)年4月28日、撮影場所:北海道北部 ※イトウ保護のため撮影場所は表記できません。

    商品コード: 2019042401161

  • 2014年04月28日
    遡上するイトウのペア 寄り添って、イトウ産卵

    遅い春を迎えた北海道北部の河川上流域で、産卵のため遡上するイトウのペア。雄(上)は真っ赤な婚姻色に染まっている。日本最大のサケ科の淡水魚で「幻の魚」と呼ばれる=28日

    商品コード: 2014042800727

  • 2014年04月28日
    遡上するイトウ 寄り添って、イトウ産卵

    遅い春を迎えた北海道北部の河川上流域で、産卵のため遡上するイトウのペア。雄(手前)は真っ赤な婚姻色に染まっている。日本最大のサケ科の淡水魚で「幻の魚」と呼ばれる=28日

    商品コード: 2014042800729

  • 2015年04月26日
    遡上するイトウのペア 幻の魚イトウ、恋紡ぐ春

    北海道北部の河川上流域で、産卵のため遡上するイトウのペア。雄(手前)は真っ赤な婚姻色に染まっている=25日

    商品コード: 2015042600118

  • 03:02.28
    2015年04月27日
    幻の魚イトウが産卵 北海道に春、雌雄寄り添い

    遅い春を迎えた北海道北部の河川上流域に、日本最大の淡水魚で「幻の魚」と呼ばれるイトウ(サケ科)が、産卵のため遡上(そじょう)している。体長1メートル近いペアが寄り添って産卵する姿を撮影した。シャーベット状の雪が残るささやぶをかき分け約1時間半。幅約5メートル、水深約30センチの小川では、雌が器用に尾びれで小石を飛ばして産卵床を作り、真っ赤な「婚姻色」の雄が慌ただしく左右に位置を変えて産卵を促していた。雌をめぐり、雄同士が激しく体をぶつけ合う場面にも遭遇した。〈映像内容〉産卵のため遡上するイトウのペア、真っ赤な婚姻色に染まる雄、 背びれで小石を飛ばして産卵床を作る雌など。撮影日:2015(平成27)年4月26日、撮影場所:北海道

    商品コード: 2019011120831

  • 2016年04月27日
    寄り添い泳ぐイトウのペア 幻の魚イトウが産卵

    産卵のため遡上したイトウのペア。雄(手前)は赤い婚姻色に染まっている=27日、北海道北部

    商品コード: 2016042700528

  • 2016年04月27日
    体をぶつけ合う雄 幻の魚イトウが産卵

    雌を巡り、赤い婚姻色に染まった体をぶつけ合うイトウの雄=26日、北海道北部

    商品コード: 2016042700529

  • 2017年04月29日
    遡上するイトウのペア 体赤く染め、イトウ産卵

    遅い春を迎えた北海道北部の河川上流域で、産卵のため遡上するイトウのペア。雄(上)は真っ赤な婚姻色に染まっている。日本最大のサケ科の淡水魚で「幻の魚」と呼ばれる=29日

    商品コード: 2017042900375

  • 2017年04月29日
    イトウのペア 体赤く染め、イトウ産卵

    遅い春を迎えた北海道北部の河川上流域で、産卵のため遡上するイトウのペア。雄(上)は真っ赤な婚姻色に染まっている。日本最大のサケ科の淡水魚で「幻の魚」と呼ばれる=29日

    商品コード: 2017042900376

  • 2017年04月30日
    遡上するイトウ 体赤く染め、イトウ産卵

    日本最大の淡水魚で「幻の魚」と言われるイトウが産卵のため北海道北部の河川を遡上している。産卵期特有の「婚姻色」で真っ赤になった雄が、体をくねらせながら激しい流れを登ろうとする様が見られた=30日

    商品コード: 2017043000495

  • 2018年05月01日
    遡上するイトウのペア 幻の魚、イトウが産卵

    北海道北部の河川上流域で、産卵のため遡上するイトウのペア。雄(奥)は真っ赤な婚姻色に染まっている=4月29日

    商品コード: 2018050100206

  • 2018年05月01日
    イトウが遡上する上流域 幻の魚、イトウが産卵

    イトウが産卵のために遡上する北海道北部の河川上流域。真っ赤な婚姻色に染まった雄の姿が流れの中に見える=4月28日

    商品コード: 2018050100211

  • 01:30.29
    2020年11月07日
    「北海道新聞」サケの命 最後の輝き 釧路川支流の最上流

    釧路管内の河川では冬にさしかかった今も、産卵期を迎えたサケの遡上(そじょう)が続いている。11月中旬の早朝、釧路川河口から数十キロ上流の支流最上部で「長旅」の終わりに懸命に泳ぐ姿を見た。エゾシカの「ピィー」と鋭い鳴き声が響く早朝。雪がちらつく中、浅瀬をのぞくと、澄んだ流れの中に体長60~70センチのサケが群れていた。川底には鮮やかなピンク色の卵が散らばる。紫色の婚姻色に身を染めたサケたちはぼろぼろになったヒレで懸命に上流を目指す。産卵を終えて命尽きたサケは、キタキツネや野鳥の貴重な栄養源にもなる。釧路川水系では今月下旬頃まで遡上が続くという。、撮影日:2020(令和2)年11月7日、撮影場所:北海道弟子屈町、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112703587

  • 2020年12月03日
    川底のアユ 市街地にアユの群れ

    神戸市の市街地を流れる住吉川で、婚姻色に染まり繁殖のため川底に群れるアユ=3日午前

    商品コード: 2020120306182

  • 2020年12月03日
    川底で群れるアユ 市街地にアユの群れ

    神戸市の市街地を流れる住吉川で、婚姻色に染まり繁殖のため川底に群れるアユ=3日午前

    商品コード: 2020120306180

  • 1