KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 子どもたち江西省
  • 子どもたち湖南省
  • サッカー
  • 伝統文化
  • 子供たち
  • 新型肺炎
  • 無形文化遺産
  • イチロー
  • マリナーズ
  • 東京ドーム

「子どもたち」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
13,473
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
13,473
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    サッカーをする子ども 暮らし方、変えていこう

    福島県飯舘村のスポーツ公園でサッカーをする子どもたち=2020年12月

    撮影: 2020年12月

  • 2021年02月25日
    (2)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地で遊ぶ子どもたち。中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    新たな人生の出発

    ルーマニア

  • 2021年02月24日
    新たな人生の出発

    ルーマニア

  • 2021年02月24日
    広島将棋センター 広島将棋センター閉店へ

    広島将棋センターで対局する子どもたち=11日、広島市

    撮影: 11日、広島市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    米軍見送る子どもたち 米軍も被災者救援

    救援活動を終え、宮城県気仙沼市の大島を離れる米海兵隊を見送る子どもたち=2011年4月

    撮影: 2011年4月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    (5)風景区の安全を守る消防救援ステーション湖南省張家界市

    11日、消防隊員から渡された「消防安全知識読本」を手にする子どもたち。中国湖南省張家界市の武陵源風景区にある「天子山消防救援ステーション」の隊員らは、春節(旧正月)の期間中も家族の元に帰ることなく、日夜任務に当たった。同ステーションは風景区内3カ所に設置されている消防救援ステーションの一つで、地域を火災から守る役割を担う。風景区の広さは369平方キロ。3千座余りの山々があり、うち243座は標高千メートルを超えている。(張家界=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    和歌山・橋本でイベント コロナ終息願い風船放つ

    風船を一斉に放つ催しで、風船を手にする子どもたち=23日午前、和歌山県橋本市

    撮影: 23日午前、和歌山県橋本市

  • 2021年02月22日
    First Class Begins First Class Begins

    Primary school teachers and students hold a class meeting with the theme of “Children‘s Ingenuity to the Party“ in Hai ‘an, east China‘s Jiangsu Province, Feb 22, 2021.=2021(令和3)年2月22日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月22日
    First Class Begins First Class Begins

    Primary school teachers and students hold a class meeting with the theme of “Children‘s Ingenuity to the Party“ in Hai ‘an, east China‘s Jiangsu Province, Feb 22, 2021.=2021(令和3)年2月22日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    展示されたひな壇 大ひな壇、無病息災願う

    ひな人形の生産地として約380年の歴史を持つ埼玉県鴻巣市に巨大なピラミッドひな壇が登場した。毎年開催されている「鴻巣びっくりひな祭り」の展示の一つで、日本一の大きさとなる高さ7㍍、31段のひな壇に1500体のひな人形が展示されている。新型コロナ感染防止対策の緊急事態宣言が出されたためセレモニーやイベントは中止となったが、会場の商業施設「エルミこうのすショッピングモール」の篠塚龍さんは「無病息災を願って開催しました。一日でも早く新型コロナが収束し、子どもたちが健康に育っていく環境になってほしい」と話した=20日午後

    撮影: 20日午後

  • 2021年02月20日
    大ひな壇、無病息災願う
  • 2021年02月20日
    大ひな壇、無病息災願う
  • 2021年02月20日
    大ひな壇、無病息災願う
  • 2021年02月20日
    大ひな壇、無病息災願う
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    大ひな壇 大ひな壇、無病息災願う

    ひな人形の生産地として約380年の歴史を持つ埼玉県鴻巣市に巨大なピラミッドひな壇が登場した。毎年開催されている「鴻巣びっくりひな祭り」の展示の一つで、日本一の大きさとなる高さ7㍍、31段のひな壇に1500体のひな人形が展示されている。新型コロナ感染防止対策の緊急事態宣言が出されたためセレモニーやイベントは中止となったが、会場の商業施設「エルミこうのすショッピングモール」の篠塚龍さんは「無病息災を願って開催しました。一日でも早く新型コロナが収束し、子どもたちが健康に育っていく環境になってほしい」と話した=20日午後

    撮影: 20日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月20日
    鴻巣びっくりひな祭り 大ひな壇、無病息災願う

    ひな人形の生産地として約380年の歴史を持つ埼玉県鴻巣市に巨大なピラミッドひな壇が登場した。毎年開催されている「鴻巣びっくりひな祭り」の展示の一つで、日本一の大きさとなる高さ7㍍、31段のひな壇に1500体のひな人形が展示されている。新型コロナ感染防止対策の緊急事態宣言が出されたためセレモニーやイベントは中止となったが、会場の商業施設「エルミこうのすショッピングモール」の篠塚龍さんは「無病息災を願って開催しました。一日でも早く新型コロナが収束し、子どもたちが健康に育っていく環境になってほしい」と話した=20日午後

    撮影: 20日午後

  • 2021年02月19日
    (3)チベットじゅうたんで注目集める「80後」の起業家青海省

    2019年8月、青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁(マチェン)県で、地元の子どもたちとヤクの毛糸作りを体験する薛婷さん。(資料写真)中国青海省出身の薛婷(せつ・てい)さんは、2007年に上海財政大学を卒業後、故郷に帰ってじゅうたんメーカー、青海聖源地毯集団を設立した。創業間もない2008年、より先進的な経営理念を学ぼうと、英国のダラム大学に留学し、修士課程に進学した。薛さんは留学中、欧州の機械織りじゅうたんの市場と設備・製造技術を実地調査し、先進技術を通じて伝統的なチベットじゅうたんの製造工程を改善し、生産性を向上させようと決意したという。薛さんの会社のじゅうたんは長年にわたり、一般家庭で使われるだけでなく、世界40カ国以上に輸出されている。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (4)冬の牧場の子どもたち四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県卡口村の牧草地で、ゴム跳びをする子ども。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (5)冬の牧場の子どもたち四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県卡口村で、牧場の番犬と遊ぶ子ども。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (8)冬の牧場の子どもたち四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県卡口村で、生後1カ月足らずの妹の世話をする子ども。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (9)冬の牧場の子どもたち四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、アバ・チベット族チャン族自治州若爾蓋県の黒河牧場の保温小屋で、生後7カ月になるいとこの世話をする子ども。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (2)冬の牧場の子どもたち四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、アバ・チベット族チャン族自治州若爾蓋県の黒河牧場の牧草地で、スケートボードを楽しむ子ども。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月18日
    (6)冬の牧場の子どもたち四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州紅原県卡口村の保温小屋で、記念写真を撮る母娘。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    パイロットになりたい

    ナイジェリア

  • 2021年02月17日
    パイロットになりたい

    ナイジェリア

  • 2021年02月17日
    (5)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館で鈍角六面体鏡を体験する子ども。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (3)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館で剣を持って踊るロボットを見学する来場者。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館で「プラズマボール」を体験する子ども。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (6)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館内の展示装置を体験する子ども。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (4)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館内の口腔模擬装置で遊ぶ子ども。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (2)科学技術館で楽しむ春節連休福建省アモイ市

    16日、アモイ科学技術館で「カラフルな影」を体験する親子。中国福建省アモイ市では春節(旧正月)の連休中、大勢の子どもたちが保護者に付き添われてアモイ科学技術館を訪れた。子どもたちはさまざまな展示装置を体験し、科学に対する興味と関心を深めた。(アモイ=新華社配信/曽徳猛)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (6)春節休みの中国思い思いの時間

    12日、浙江省蘇州市の生肖郵票(干支切手)博物館で、春節に飾る木版画を制作する子どもたち。春節(旧正月)期間に入った中国では、人々が思い思いに休日を楽しんでいる。(蘇州=新華社配信/杭興微)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (11)春節休みの中国思い思いの時間

    12日、江蘇省揚州市何園景区で輪回しをする子どもたち。春節(旧正月)期間に入った中国では、人々が思い思いに休日を楽しんでいる。(揚州=新華社配信/孟徳竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    手倉森監督らの被災地訪問 「運命」で再び仙台へ

    宮城県石巻市の被災地を訪れ、子どもたちに囲まれるJ1仙台の手倉森誠監督(前列中央右)ら=2011年3月28日

  • 2021年02月16日
    Daily Life in Bangladesh

    February 16, 2021, Dhaka, Bangladesh: Boats are seen carrying passengers to cross the Buriganga river in Dhaka, Bangladesh. (Credit Image: © Kazi Salahuddin via ZUMA Wire)、クレジット:©Kazi Salahuddin via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    Daily Life in Bangladesh

    February 16, 2021, Dhaka, Bangladesh: Boats are seen carrying passengers to cross the Buriganga river in Dhaka, Bangladesh. (Credit Image: © Kazi Salahuddin via ZUMA Wire)、クレジット:©Kazi Salahuddin via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (3)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    4日、上海市の農副産物卸売市場で、友人と魚介類を選ぶ英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん(中央)。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (4)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    5日、近隣の中国人家庭で、ギターを演奏する英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (8)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    8日、大学が実施した新年文化イベントで切り紙細工を体験する華東政法大学の留学生。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (5)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    4日、上海市の農業副産物卸売市場で果物を選ぶ英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (6)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    4日、近隣の中国人家庭で、「紅灯籠」(赤いちょうちん)をつるすのを手伝う英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (2)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    5日、近隣の中国人家庭で、友人とギョーザ作りを体験する英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん(左端)。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (9)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    8日、切り紙細工を体験する華東政法大学の留学生。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    (7)外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    5日、近隣の中国人家庭で春巻揚げ体験をする英国人男性、イアン・オコンネル(中国名欧陽毅=おう・ようき)さん。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年02月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月15日
    (7)冬の牧場の子どもたち 四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、アバ・チベット族チャン族自治州若爾蓋県の黒河牧場の牧草地で、スケートボードを楽しむ子ども。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月15日
    (3)冬の牧場の子どもたち 四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、雪が積もったアバ・チベット族チャン族自治州紅原県卡口村で遊ぶ子ども。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月15日
    (1)冬の牧場の子どもたち 四川省アバ・チベット族チャン族自治州

    15日、アバ・チベット族チャン族自治州紅原県卡口村で縄跳びをする子ども。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の若爾蓋(ゾルゲ)県と紅原県で暮らすチベット族の牧畜民は、冬になると温暖で湿潤な標高が低い場所で牛や羊を放牧する。冬の牧場には、牛や羊の飼育用と居住用を兼ねた多機能な保温小屋が建てられ、子どもたちは冬休みの間、この小屋で家族の放牧作業を手伝ったり、幼い子どもの世話をするなどして、楽しく遊んでのどかな日々を過ごす。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. The pictured banner reads “Babis lies!“. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    「老北市」風情街で春節を満喫遼寧省瀋陽市

    14日、瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街で民間芸能「拉洋片」(のぞきからくり)を楽しむ子どもたち。中国遼寧省瀋陽市和平区の「老北市」特色風情街では春節(旧正月)の期間中、新年の雰囲気が濃く醸し出されている。通りには特色のある市や美味しい小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)だけでなく、さまざまな文化クリエーティブ製品が並び、訪れた大勢の市民が祝日を楽しんでいる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=配信日:2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. The pictured banner reads “Babis lies!“. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. The pictured banner reads “Babis lies!“. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    Saint Valentine march, Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked)

    Saint Valentine march, staged by Let Us Open the Czech Republic - Chcipl PES (PES/DOG Croaked), was held on February 14, 2021, in Prague, Czech Republic. About 300 people attended a Saint Valentine march against the government‘s lockdown rules with flags and banners against the state of emergency and for the return of children to schools. (CTK Photo/Michaela Rihova)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    菜の花と子どもたち 鮮やかな菜の花が見頃

    神奈川県横須賀市の公園「くりはま花の国」で、約4万本の菜の花が見頃を迎えている。来園者は園内を巡回するバスに乗ったり散策したりしながら、鮮やかな黄色い花を楽しんでいた。家族で訪れた男性(36)は「いい気分転換ができた。天気も良く気持ちよかった」と笑顔。同園では開花時期が異なる4種類の種をまいてあり、4月下旬まで楽しめるという=13日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月11日
    サッカー部監督の飛内さん 岩手とともに

    飛内サムエルさん(55、中央)は英国出身の元プロサッカー選手だ。2005年から岩手県釜石市を拠点に子どもたちを指導してきた。しかし震災で町は壊滅。犠牲になった教え子もいる。惨状を知る東京のチームがコーチのオファーをくれたが、傷ついた町を見放せなかった。「復興に携わり〝釜石人〟として生きていく」と決め、日本国籍を取得した。いまは市職員として働く傍ら、日本製鉄釜石サッカー部の監督を務める。「スポーツで地域を盛り上げたい」と意気込む。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月11日
    大槌町出身の三浦崇さん 岩手とともに

    家族とともに岩手県大槌町の実家跡に立つ三浦崇さん(34、右端)。あの日、母や姉、妹らと連絡が取れなくなった。がれきだらけの町や安置所を捜し歩いたが見つからず、思い詰める日々。妻と震災後に生まれた3人の子どもたちとのなにげない日常が、徐々に心を和らげた。震災から9年半となった昨秋、行方不明だった母の遺骨を受け取った。「やっと戻ってきたんだね」。だが、きょうだい2人の行方はいまだ分からぬまま。いるはずの海に、その面影を求めている。

  • 2021年02月10日
    ハルンさん しなやかに生きる

    ケニアの首都ナイロビのスラムに並ぶハルン・イクバノさん(左奥)と住民。カメラを向けると、近所の子どもたちが踊り出した=2020年12月(共同)

  • 2021年02月10日
    言葉の壁をこえて

    ヨルダン

  • 2021年02月10日
    言葉の壁をこえて

    ヨルダン

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月10日
    仙台市の貴田慎二さん 宮城とともに

    「悲しみの地となった荒浜を笑って過ごせる場に」。貴田慎二さん(40)は津波で流失した仙台市若林区の実家跡地にスケートボードパークを造って9年目を迎えた。子どもたちに無料で開放するため、廃材などを使って整備を進める。周辺では避難道路や高台、大規模スポーツ施設などが次々と完成する。町の復興が進む一方で一人きりの運営は厳しく、作業の進みも遅い。それでも居心地の良い場所を追求し、日々手入れする。「終わりはなくて、変化し続けていけたら面白い」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    浪江町の須藤嘉人君 福島とともに

    原発事故後、避難先の福島県二本松市で授業を続けた浪江町立津島小が、この春に休校する。子どもたちは帰還困難区域となった津島地区に戻れず、今も散り散りの状態が続く。唯一の在校生、須藤嘉人君(12)は卒業を前に、同町がテーマの「博物館」づくりに取り組む。請戸地区の砂浜や桜並木を記したカルタ、郷土料理や祭りの歴史…。避難してから10年、在籍した児童が調べた「古里」の集大成だ。須藤君は「多くの人に、僕たちの浪江を見てもらいたい」と心から願っている。

  • 2021年02月09日
    Daily life in Gaza

    February 9, 2021, Gaza City, The Gaza Strip, Palestine: Palestinian children play outside their homes in Jabalia camp in the northern Gaza Strip. (Credit Image: © Mahmoud Issa/Quds Net News via ZUMA Wire)、クレジット:©Mahmoud Issa/Quds Net News via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Learning ‘sebae‘ Learning ‘sebae‘

    Learning ‘sebae‘ Children in “hanbok,“ traditional Korean attire, learn how to carry out “sebae,“ traditional ceremonial bows that younger family members make to elders on Lunar New Year, or “Seol,“ at a preschool in Gwangju, 330 kilometers south of Seoul, on Feb. 9, 2021, three days ahead of the Seol holiday. (Yonhap)/2021-02-09 11:53:30/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Learning ‘sebae‘ Learning ‘sebae‘

    Learning ‘sebae‘ Children in “hanbok,“ traditional Korean attire, learn how to carry out “sebae,“ traditional ceremonial bows that younger family members make to elders on Lunar New Year, or “Seol,“ at a preschool in Gwangju, 330 kilometers south of Seoul, on Feb. 9, 2021, three days ahead of the Seol holiday. (Yonhap)/2021-02-09 11:49:17/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Flooding in Jakarta, Indonesia - 9 Feb 2021

    February 9, 2021, Jakarta, Indonesia: Children play in floodwaters using rubber tires during the aftermath of the flooding in Jakarta..Floods submerged several houses on the banks of the Ciliwung River in the East and South of Jakarta areas. (Credit Image: © Aslam Iqbal/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Aslam Iqbal/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Flooding in Jakarta, Indonesia - 9 Feb 2021

    February 9, 2021, Jakarta, Indonesia: Children play in floodwaters using rubber tires during the aftermath of the flooding in Jakarta..Floods submerged several houses on the banks of the Ciliwung River in the East and South of Jakarta areas. (Credit Image: © Aslam Iqbal/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Aslam Iqbal/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    Flooding in Jakarta, Indonesia - 9 Feb 2021

    February 9, 2021, Jakarta, Indonesia: Children play in floodwaters using rubber tires during the aftermath of the flooding in Jakarta..Floods submerged several houses on the banks of the Ciliwung River in the East and South of Jakarta areas. (Credit Image: © Aslam Iqbal/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Aslam Iqbal/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    Jakarta Flood

    February 8, 2021, Jakarta, DKI Jakarta, Indonesia: children play in their residential area which is submerged by floodwaters of the Ciliwung River More than 1,000 people in east and south Jakarta were evacuated after torrential rain overnight, local media reported, with households along the winding Ciliwung River among the worst affected by the floods. (Credit Image: © Muhammad Zaenuddin/ZUMA Wire)、クレジット:©Muhammad Zaenuddin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    (1)年越し文化体験イベントで伝統を知る山東省浜州市

    5日、子どもたちに花饃にまつわる伝統文化を紹介する山東省浜州市沾化区富国街道の住民、王金満(おう・きんまん)さん(右から3人目)。春節(旧正月)を間近に控え、中国山東省浜州市沾化(せんか)区富国街道の富中社区(コミュニティー)でこのほど、年越し文化体験イベントが開かれた。社区の住民は、寿桃(祝い事がある時に食べる桃の形をしたまんじゅう)や福袋、ヒョウタンなどをかたどった手作りの花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を使って、沾化区第一実験小学校の子どもたちにその歴史や伝承、制作技法を紹介した。子どもたちは伝統文化への理解を深めながら、年越しムードあふれるひとときを楽しんだ。(浜州=新華社記者/范長国)= 配信日: 2021(平成33)年02月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    (2)年越し文化体験イベントで伝統を知る山東省浜州市

    5日、山東省浜州市沾化区富国街道富中社区で、子どもたちにさまざまな形をした花饃を紹介する住民。春節(旧正月)を間近に控え、中国山東省浜州市沾化(せんか)区富国街道の富中社区(コミュニティー)でこのほど、年越し文化体験イベントが開かれた。社区の住民は、寿桃(祝い事がある時に食べる桃の形をしたまんじゅう)や福袋、ヒョウタンなどをかたどった手作りの花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を使って、沾化区第一実験小学校の子どもたちにその歴史や伝承、制作技法を紹介した。子どもたちは伝統文化への理解を深めながら、年越しムードあふれるひとときを楽しんだ。(浜州=新華社記者/范長国)= 配信日: 2021(平成33)年02月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    (3)年越し文化体験イベントで伝統を知る山東省浜州市

    5日、山東省浜州市沾化区富国街道富中社区の住民が作った花饃。春節(旧正月)を間近に控え、中国山東省浜州市沾化(せんか)区富国街道の富中社区(コミュニティー)でこのほど、年越し文化体験イベントが開かれた。社区の住民は、寿桃(祝い事がある時に食べる桃の形をしたまんじゅう)や福袋、ヒョウタンなどをかたどった手作りの花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を使って、沾化区第一実験小学校の子どもたちにその歴史や伝承、制作技法を紹介した。子どもたちは伝統文化への理解を深めながら、年越しムードあふれるひとときを楽しんだ。(浜州=新華社記者/范長国)= 配信日: 2021(平成33)年02月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    Demonstration for opening of schools and kindergartens

    07 February 2021, Berlin: “Children are systemic“ is written on the sign of a participant at a rally under the slogan “Ensure return to schools and daycare centers with infection control and monitoring - now!“ on the occasion of the upcoming Conference of Ministers. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    Chinese Spring Festival Decoration Chinese Spring Festival Decoration

    Children play under a lantern corridor at Dazhao Pedestrian Street in Yuquan District of Hohhot, north China‘s Inner Mongolia Autonomous Region, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月06日
    Chinese Spring Festival Decoration Chinese Spring Festival Decoration

    Children play under a lantern corridor at Dazhao Pedestrian Street in Yuquan District of Hohhot, north China‘s Inner Mongolia Autonomous Region, Feb 6, 2021.=2021(令和3)年2月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月05日
    外国人住民、留学生が多彩な中国の春節を体験上海市

    5日、近隣の中国人家庭の集まりに友人と参加する英国人男性イアン・オコンネルさん(左から3人目)、彼は欧陽毅(おう・ようき)という中国名を持っている。春節(旧正月)時期を迎え、中国上海市閔行(びんこう)区華漕鎮の国際社区(コミュニティー)では、上品な旗袍(チーパオ、チャイナドレス)を身にまとったアメリカンスクールの外国人教師たちや、中国語のお祝いの歌を学ぶブリティッシュスクールの子どもたち、中国の家庭を訪れて一緒に「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する近隣外国人住民の姿が見られた。同市では多くの大学で、世界中から来た留学生が学んでいる。華東政法大学は春節の数日前に、「春聯(春節に門の両側に貼る、縁起の良い対句)と窓花(窓に貼る切り紙細工)で幸福を祈り、伝統文化で新年を迎える」と題した文化イベントを実施した。(上海=新華社記者/王翔)=配信日:2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月04日
    村本栄花さん 支援届かず、何度も水くみ

    仮設住宅で子どもたちと話す村本栄花さん=2020年11月、熊本県球磨村

    撮影: 2020年11月、熊本県球磨村

  • 2021年02月04日
    Daily Life In Dangyang Daily Life In Dangyang

    Children learn the gesture under the guidance of a traffic police officer in Danyang, east China‘s Jiangsu Province, Feb 4, 2021.=2021(令和3)年2月4日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月04日
    Food distribution for needy families in Gaza

    04 February 2021, Palestinian Territories, Gaza City: Palestinian children gather in front of the house of volunteer Palestinian chef Amal Abu Amra, who cooks food inside her home before distributing it to children and poor families in the Zeitoun neighbourhood of Gaza City. Amal, 41 years old, distributes food which prepared from ingredients obtained from donors twice a week. Photo: Mohammed Talatene/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    Food distribution for needy families in Gaza

    04 February 2021, Palestinian Territories, Gaza City: Palestinian children carry pots and gather in front of the house of volunteer Palestinian chef Amal Abu Amra, who cooks food inside her home before distributing it to children and poor families in the Zeitoun neighbourhood of Gaza City. Amal, 41 years old, distributes food which prepared from ingredients obtained from donors twice a week. Photo: Mohammed Talatene/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    Food distribution for needy families in Gaza

    04 February 2021, Palestinian Territories, Gaza City: Palestinian children carry pots and gather in front of the house of volunteer Palestinian chef Amal Abu Amra, who cooks food on inside her home before distributing it to children and poor families in the Zeitoun neighbourhood of Gaza City. Amal, 41 years old, distributes food which prepared from ingredients obtained from donors twice a week. Photo: Mohammed Talatene/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    Food distribution for needy families in Gaza

    04 February 2021, Palestinian Territories, Gaza City: Palestinian children carry pots and gather in front of the house of volunteer Palestinian chef Amal Abu Amra, who cooks food inside her home before distributing it to children and poor families in the Zeitoun neighbourhood of Gaza City. Amal, 41 years old, distributes food which prepared from ingredients obtained from donors twice a week. Photo: Mohammed Talatene/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月04日
    (1)春の訪れ祝う「春牛打ち」、北京市で開催

    2日、イベントで「春の子ども」に扮して練り歩く子どもたち。中国北京市東城区建国門街道の北京古観象台で2日、豊作を祈って「春牛」と呼ばれる牛の像をむち打つ民俗イベントが開催され、人々が春の訪れを祝った。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2021(平成33)年02月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    荒遥也君(現在) 被災地の子どもたちは今

    サッカーJ3福島ユナイテッドFCの下部組織でプレーする荒遥也君(11)。夢はもちろん「サッカー選手。バルセロナに入りたい」とはにかんだ。「シュート力を強くしたい!」と日々練習する。いまの目標は全国大会出場だ=福島市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月03日
    荒遥也ちゃん(当時) 被災地の子どもたちは今

    福島市内の避難所で、母の日に配られたカーネーションを手にする荒遥也ちゃん。東京電力福島第1原発事故で、母有加里さん(左)らと福島県南相馬市の自宅から避難してきた=2011年5月8日

  • 2021年02月03日
    佐々木結乃さん(当時) 被災地の子どもたちは今

    避難所の近くで風船を膨らませる佐々木結乃さん。どこかうつろで悲しそうな表情をしていた。「家を流され、ずっと笑っていた家族がこれからどうなるの? 希望はあるのかなって感じてた」=2011年3月29日、宮城県南三陸町

    撮影: 2011年3月29日、宮城県南三陸町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月03日
    阿部心美さん(現在) 被災地の子どもたちは今

    吹奏楽部でアルトサックスを担当する中学1年の阿部心美さん(13)。除染が進み、マスクを着けないことも多くなったが、感染症の拡大で再びマスクが必須に。目立たぬようにごく普通の白いマスクを着けて登校している=福島市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月03日
    阿部心美ちゃん(当時) 被災地の子どもたちは今

    放射性物質を吸い込まないよう、幼稚園の屋内でマスクを着ける阿部心美ちゃん。「少しでもかわいくしてあげたい」と、母文子さんが猫好きの娘のために口とひげのイラストを描いた=2011年6月8日、福島市

    撮影: 2011年6月8日、福島市

  • 2021年02月03日
    大好きな学校

    ブラジル

  • 2021年02月03日
    大好きな学校

    ブラジル

  • 2021年02月03日
    大森太郎さん(現在) 被災地の子どもたちは今

    避難先の自宅でくつろぐ中学1年の大森太郎さん(13)。弟耕太君(左)と妹彩花さん(中央)とはカードゲームをしたり、パソコンで曲を聴いたりいつも仲良し。農業高校へ進み、野菜の栽培などに携わることが夢だ=福島県郡山市

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...