KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ボスニア
  • 記事
  • 地図
  • 日本
  • アフガニスタン
  • 再会
  • 写真ニュース
  • 国境
  • 家族
  • 老人

「安住の地」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
52
( 1 52 件を表示)
  • 1
52
( 1 52 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1942年06月20日
    第1798号 「同盟写真特報」

    絶望の抗戦から安住の地へ、コレヒドールの米兵捕虜収容所へ、写真は俘虜収容所における米兵、陸軍省提供、昭和17年6月20日(土曜日)第1798号

    商品コード: 2008061300068

  • 1942年06月23日
    第1801号 「同盟写真特報」

    安住の地俘虜収容所へ急ぐ、コレヒドールの米兵達(1)トラックに収まった米人将校(2)マニラ市中通過の俘虜の一行(3)俘虜を視察する本間最高指揮官(4)収容所内で自炊するフィリピン兵―陸軍省提供―、昭和17年6月23日(火曜日)第1801号

    商品コード: 2009011400107

  • 1975年11月24日
    飛び回るカモメ 鳥害に悩む羽田空港

    ここは“禁漁区”、空港上空をわがもの顔に飛び回るカモメ-鳥が空港に集まるのは、もともと鳥の生息地に空港が建設されたり、周囲の干潟を埋め立てで追い出された水鳥や海鳥が禁猟区になっている空港を“安住の地”に選んだからだ。寝ぐらを追われた鳥の方こそ被害者(写真ニュース「鳥害に悩む羽田空港」5枚組の1)

    商品コード: 2013042200123

  • 1976年11月10日
    “不老”の手術 変容した高松塚

    着々進む保存作業 壁画がはがれないようにアクリル系樹脂液の注入-壁画修復の専門家の東京芸術大学講師らの手で、石壁に密着させるため“不老”の手術中。気温、湿度の変化や漏水、ひび割れなどで1300年間おびえ続けた“飛鳥美人”たちは、近代科学の手で安住の地を得て永遠の眠りにつく(写真ニュース「変容した高松塚 着々進む保存作業」4枚組の3)

    商品コード: 2014031800075

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1977年04月27日
    この子の将来は 第2の祖国求めて 日本のベトナム難民

    この子の将来は…。安住の地を求めてこれからも“漂流”の生活が続くのだろうか−難民にまつわる悲劇は多い。着のみ着のまま乳飲み子を抱え、老人の手を引いて小舟で荒海に乗り出し、海底に沈んでいった家族も少なくないといわれる=神奈川県藤沢市の聖園子供の家(52年内地 3229)(写真ニュース「第2の祖国求めて 日本のベトナム難民」5枚組の3)

    商品コード: 2014081800131

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1977年04月27日
    まだ続く“漂流生活” 第2の祖国求めて 日本のベトナム難民

    日本船に救出されて10日目。仮住まいの施設でこれからの生活に不安は隠せない−小舟による漂流は一応終わったが、安住の地を見つけるまでにはまだしばらく“漂流生活”が続きそうだ=東京・中野のベタニア修道会(52年内地 3231)(写真ニュース「第2の祖国求めて 日本のベトナム難民」5枚組の5)

    商品コード: 2014081800133

  • 1993年09月12日
    「安住の地に旅立つPLO」

    エリコにあるPLOのアラファト議長の邸宅として検討されている住宅(ロイター=共同)

    商品コード: 1993091200019

  • 1993年12月13日
    処分騒動の金沢動物園 動物の安住の地へ誘致合戦

    「閉鎖」の衝撃から一転、誘致合戦になっている金沢サニーランド動物園=金沢市東御影町

    商品コード: 1993121300040

  • 1994年10月05日
    妨げる「虐殺」の情報 だれもが帰りたがっている

    テントで埋まったキブンバ難民キャンプ。地平線の向こうはルワンダ=9月29日、ザイール・ゴマ(共同)

    商品コード: 2005040600116

  • 1994年10月06日
    隣人同士で殺し合いも

    ツチ族虐殺の舞台となったカトリック教会。虐殺に協力したフツ族の大司教は後にツチ族に殺された=ルワンダ・ギタラマ(共同)

    商品コード: 1994100600043

  • 1994年10月07日
    教会、学校が生活の場

    荷物を頭に乗せ、国境の検問所を越えるルワンダ難民=8月、ザイール・ブカブ(共同)

    商品コード: 1994100700054

  • 1995年09月22日
    ボスニアの難民どこへ 安住の地、はるか遠く

    )、記事55行、地図  すべてを失いこれからどうすればよいのか、と頭を抱える老人=ダボール(カラーネガ)

    商品コード: 1995092200023

  • 1995年09月22日
    ボスニアの難民どこへ 安住の地、はるか遠く

    )、記事55行、地図  クロアチアの用意した渡し舟でダボールに向かう難民たち。向こう側はスルバッツ=サバ川(カラーネガ)

    商品コード: 1995092200029

  • 1995年09月22日
    ボスニアの難民どこへ 安住の地、はるか遠く

    )、記事55行、地図  クロアチアのダボールに船で着き、シスターに慰められる難民女性(カラーネガ)

    商品コード: 1995092200032

  • 1995年09月22日
    ボスニアの難民どこへ 安住の地、はるか遠く

    )、記事55行、地図  小学校の体育館に作られた宿泊所でおもちゃのけん銃を構える少年=ザグレブ近郊(カラーネガ)

    商品コード: 1995092200026

  • 1995年09月22日
    ボスニアの難民どこへ 安住の地、はるか遠く

    )、記事55行、地図  すべてを失いこれからどうすればよいのか、と頭を抱える老人=ダボール(カラーネガ)

    商品コード: 1995092200030

  • 1995年09月22日
    ボスニアの難民どこへ 安住の地、はるか遠く

    )、記事55行、地図  難民キャンプで支給された食事をとるクロアチア人の母子=ザグレブ近郊(カラーネガ)

    商品コード: 1995092200024

  • 1995年09月22日
    ボスニアの難民どこへ 安住の地、はるか遠く

    )、記事55行、 【写真説明】 クロアチアの用意した渡し舟でダボールに向かう難民たち。向こう側はスルバッツ=サバ川(カラーネガ)

    商品コード: 1995092200022

  • 1995年09月22日
    ボスニアの難民どこへ 安住の地、はるか遠く

    )、記事55行、地図  クロアチアのダボールに船で着き、シスターに慰められる難民女性(カラーネガ)

    商品コード: 1995092200025

  • 1995年09月22日
    ボスニアの難民どこへ 安住の地、はるか遠く

    )、記事55行、地図  難民キャンプで支給された食事をとるクロアチア人の母子=ザグレブ近郊(カラーネガ)

    商品コード: 1995092200031

  • 1995年09月22日
    ボスニアの難民どこへ 安住の地、はるか遠く

    )、記事55行、地図  小学校の体育館に作られた宿泊所でおもちゃのけん銃を構える少年=ザグレブ近郊(カラーネガ)

    商品コード: 1995092200033

  • 1998年10月05日
    完成した百済観音堂 百済観音に安住の地

    法隆寺に完成した百済観音堂=奈良県斑鳩町

    商品コード: 1998100500068

  • 2001年11月22日
    ラクダの群れと行く子供ら 安住の地を求めて生きる

    古代から東西文明が交差した街道「グランド・トランク・ロード」を、ラクダの群れを率いて行く子供たち=アフガニスタン・ナンガルハル州(共同)

    商品コード: 2001112200062

  • 2001年11月22日
    小屋を造る男たち 安住の地を求めて生きる

    小屋造りのため、屋根に土を投げ上げる男たち=パキスタン・ペシャワル郊外の難民キャンプ(共同)

    商品コード: 2001112200063

  • 2001年11月22日
    カーペット製作する女性 安住の地を求めて生きる

    パキスタン・ペシャワル郊外の難民キャンプでアフガンカーペットの製作に励む女性たち(共同)

    商品コード: 2001112200064

  • 2001年11月22日
    笑顔で話す老人 安住の地を求めて生きる

    バザールで「昔は強い兵士だった」と笑顔で話す老人=アフガニスタン・ジャララバード(共同)

    商品コード: 2001112200060

  • 2001年11月22日
    焼きたてのナン 安住の地を求めて生きる

    バザールの商店で、かまどから焼きたてのナンを取り出す職人=アフガニスタン・ジャララバード(共同)

    商品コード: 2001112200061

  • 2001年11月22日
    カメラにポーズの子供たち 安住の地を求めて生きる

    カメラの前に集まりポーズをとる子供たち=アフガニスタン・ナンガルハル州(共同)

    商品コード: 2001112200058

  • 2001年11月22日
    幼い妹を背負う姉 安住の地を求めて生きる

    パキスタン・ペシャワル郊外の難民キャンプで幼い妹を背負う姉(共同)

    商品コード: 2001112200057

  • 2002年05月23日
    再会喜ぶ一家 静かな政府にNGO反発

    韓国の仁川国際空港で、先に亡命していた親類と再会を喜ぶキム・グァンチョルさん(中央)ら。左端は親類の男性に抱かれたハンミちゃん=23日未明(共同)

    商品コード: 2002052300202

  • 2002年05月24日
    アフガン難民申請者 人道面より安全保障

    難民認定申請中に法務省東日本入国管理センターに収容されていたアフガニスタン人23人が全員解放されたことを受け、記者会見する難民申請者ら=4月26日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

    商品コード: 2002052400217

  • 2002年05月25日
    日本大使公邸の有刺鉄線 苦悩象徴する有刺鉄線

    北京の日本大使公邸を取り囲む有刺鉄線。増員された武装警察官が24時間体制で周囲を警備し、不審者に目を光らせる=25日(共同)

    商品コード: 2002052500061

  • 2002年11月16日
    タマちゃん 安住の地、見つけた

    「タマちゃん」とみられるアゴヒゲアザラシ=8月26日、川崎市幸区

    商品コード: 2002111600003

  • 2002年11月16日
    タマちゃんが住む帷子川 安住の地、見つけた

    「タマちゃん」とみられるアゴヒゲアザラシが寝そべる横浜市を流れる帷子川の護岸=15日

    商品コード: 2002111600004

  • 2004年03月01日
    フェニックス安住の地に

    和歌山県橋本市の特別養護老人ホーム敷地に移植されたフェニックス=1日午後

    商品コード: 2004030100263

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年02月22日
    仮設で暮らす高齢者 安住の地どこに

    福島県南相馬市の仮設住宅=17日

    商品コード: 2016022200577

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年02月22日
    仮設住宅 安住の地どこに

    福島県南相馬市の仮設住宅=17日

    商品コード: 2016022200587

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年02月22日
    集会所に集まる高齢者 安住の地どこに

    仮設住宅の集会所に集まる入居者=17日、福島県南相馬市

    商品コード: 2016022200588

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月29日
    サリマ・ハトゥルさん ロヒンギャ安住の地どこに

    クトゥパロンの難民キャンプでインタビューに応じるサリマ・ハトゥルさん(中央)=2日、バングラデシュ南東部コックスバザール近郊(共同)

    商品コード: 2018052900790

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月29日
    ラカイン州のロヒンギャ ロヒンギャ安住の地どこに

    ミャンマー西部ラカイン州に残ったロヒンギャの人々。取材ツアーで訪れた記者と面会する場が設けられた=3月(共同)

    商品コード: 2018052900795

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月29日
    難民キャンプ ロヒンギャ安住の地どこに

    バングラデシュ南東部コックスバザール近郊にあるクトゥパロン難民キャンプ=2日(共同)

    商品コード: 2018052900801

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月29日
    治安施設と治安要員 ロヒンギャ安住の地どこに

    ロヒンギャが暮らしていた村に建てられた治安施設と警備する治安要員=3月、ミャンマー西部ラカイン州(共同)

    商品コード: 2018052900803

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月29日
    クトゥパロン難民キャンプ ロヒンギャ安住の地どこに

    バングラデシュ南東部コックスバザール近郊にあるクトゥパロン難民キャンプ=2日(共同)

    商品コード: 2018052900804

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月29日
    ロヒンギャ安住の地どこに

    ミャンマー・ラカイン州、バングラデシュ・コックスバザール

    商品コード: 2018052900809

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月29日
    ロヒンギャ安住の地どこに

    ミャンマー・ラカイン州、バングラデシュ・コックスバザール

    商品コード: 2018052900810

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月29日
    ロヒンギャ安住の地どこに

    ミャンマー・ラカイン州、バングラデシュ・コックスバザール

    商品コード: 2018052900813

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月29日
    ロヒンギャ安住の地どこに

    ミャンマー・ラカイン州、バングラデシュ・コックスバザール

    商品コード: 2018052900814

  • 2020年03月29日
    四神の館 「安住の地は」模索続く

    「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」=奈良県明日香村

    商品コード: 2020032900169

  • 2020年03月29日
    高松塚古墳 「安住の地は」模索続く

    奈良県明日香村の高松塚古墳=1月

    商品コード: 2020032900170

  • 2022年03月28日
    再会したウクライナの家族 安住の地求め、続々避難

    ロシア軍の激しい攻撃が続くウクライナから、日本に暮らす親族などを頼って避難する人が増えている。成田空港では26日、隣国ポーランドから航空機で到着した避難者が家族と再会する姿があった。ロシアとの国境に近い東部スムイから避難したイリナ・ドゥルニクさん(中央、63)は、迎えにきた娘と孫を見ると、大粒の涙を流し、体を震わせながら抱き合った。娘のクセニア・ジレンコさん(右、33)は「誰も死ぬことなく、安全な場所で家族で暮らせることを祈りたい」と話した。

    商品コード: 2022032801388

  • 2022年03月28日
    再会したウクライナの家族 安住の地求め、続々避難

    ロシア軍の激しい攻撃が続くウクライナから、日本に暮らす親族などを頼って避難する人が増えている。成田空港では26日、隣国ポーランドから航空機で到着した避難者が家族と再会する姿があった。ロシアとの国境に近い東部スムイから避難したイリナ・ドゥルニクさん(右から3人目、63)は、迎えにきた娘と孫を見ると、大粒の涙を流し、体を震わせながら抱き合った。娘のクセニア・ジレンコさん(右端、33)は「誰も死ぬことなく、安全な場所で家族で暮らせることを祈りたい」と話した。

    商品コード: 2022032801384

  • 2022年03月28日
    再会したウクライナの家族 安住の地求め、続々避難

    ロシア軍の激しい攻撃が続くウクライナから、日本に暮らす親族などを頼って避難する人が増えている。成田空港では26日、隣国ポーランドから航空機で到着した避難者が家族と再会する姿があった。ロシアとの国境に近い東部スムイから避難したイリナ・ドゥルニクさん(右端、63)は、迎えにきた娘と孫を見ると、大粒の涙を流し、体を震わせながら抱き合った。娘のクセニア・ジレンコさん(左端、33)は「誰も死ぬことなく、安全な場所で家族で暮らせることを祈りたい」と話した。

    商品コード: 2022032801390

  • 1