KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • あんどう
  • 令和
  • 制作
  • 図案
  • 家族
  • 師事
  • 彫刻刀
  • 影響
  • 清明上河図
  • 職人

「安同」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (8)労働節連休の国内旅行者2億3千万人コロナ流行前の水準上回る

    1日、山東省棗庄市孟庄鎮の亀山風景区で、無形文化遺産の磁器彫刻の技術を子どもたちに教える民間芸術家の胡安同(こ・あんどう)さん(前列左)。中国文化・観光部は5日夜、労働節(メーデー)連休(1~5日)の国内旅行者数は前年同期比2・2倍の2億3千万人で、新型コロナウイルス流行前の同じ時期を3・2%上回る水準だったと発表した。新型コロナウイルス流行前の同じ時期を3・2%上回る水準。国内観光収入は前年同期比2・4倍の1132億3千万元(1元=約17円)と、新型コロナ流行前の77%まで回復した。連休中に大きな事故や感染拡大などは報告されていないという。(棗庄=新華社配信/孫中喆)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050606520

  • 2021年11月16日
    (3)伝統技法「刻瓷」が生み出す芸術作品山東省棗荘市

    アトリエで作品作りに励む胡安同さん。(10月24日撮影)中国山東省棗荘(そうそう)市出身の胡安同(こ・あんどう)さん(55)は、家族の影響を受け、幼い頃から刻瓷(こくじ)を学び、複数の職人に師事しながら、腕を磨いてきた。刻瓷は硬質材料の特製刃物を使って、磁器の表面にさまざまな図案を彫る伝統技法。胡さんは彫刻刀で少しずつ磁器に彫刻を施し、これまでに「清明上河図」「台児荘古城」などの刻瓷作品を千点以上制作してきた。(棗荘=新華社配信/孫中喆)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111610683

  • 2021年11月16日
    (6)伝統技法「刻瓷」が生み出す芸術作品山東省棗荘市

    虫眼鏡で刻瓷作品「清明上河図」の仕上がり具合をチェックする胡安同さん。(10月25日撮影)中国山東省棗荘(そうそう)市出身の胡安同(こ・あんどう)さん(55)は、家族の影響を受け、幼い頃から刻瓷(こくじ)を学び、複数の職人に師事しながら、腕を磨いてきた。刻瓷は硬質材料の特製刃物を使って、磁器の表面にさまざまな図案を彫る伝統技法。胡さんは彫刻刀で少しずつ磁器に彫刻を施し、これまでに「清明上河図」「台児荘古城」などの刻瓷作品を千点以上制作してきた。(棗荘=新華社配信/孫中喆)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111610703

  • 2021年11月16日
    (5)伝統技法「刻瓷」が生み出す芸術作品山東省棗荘市

    アトリエで作品作りに励む胡安同さん。(10月24日撮影)中国山東省棗荘(そうそう)市出身の胡安同(こ・あんどう)さん(55)は、家族の影響を受け、幼い頃から刻瓷(こくじ)を学び、複数の職人に師事しながら、腕を磨いてきた。刻瓷は硬質材料の特製刃物を使って、磁器の表面にさまざまな図案を彫る伝統技法。胡さんは彫刻刀で少しずつ磁器に彫刻を施し、これまでに「清明上河図」「台児荘古城」などの刻瓷作品を千点以上制作してきた。(棗荘=新華社配信/孫中喆)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111610700

  • 2021年11月16日
    (4)伝統技法「刻瓷」が生み出す芸術作品山東省棗荘市

    アトリエでさまざまな彫刻刀を見せる胡安同さん。(10月25日撮影)中国山東省棗荘(そうそう)市出身の胡安同(こ・あんどう)さん(55)は、家族の影響を受け、幼い頃から刻瓷(こくじ)を学び、複数の職人に師事しながら、腕を磨いてきた。刻瓷は硬質材料の特製刃物を使って、磁器の表面にさまざまな図案を彫る伝統技法。胡さんは彫刻刀で少しずつ磁器に彫刻を施し、これまでに「清明上河図」「台児荘古城」などの刻瓷作品を千点以上制作してきた。(棗荘=新華社配信/孫中喆)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111610685

  • 2021年11月16日
    (1)伝統技法「刻瓷」が生み出す芸術作品山東省棗荘市

    棗荘市の観光スポット、魯南水城で、観光客に伝統技法「刻瓷」について説明する胡安同さん(左端)。(10月21日撮影)中国山東省棗荘(そうそう)市出身の胡安同(こ・あんどう)さん(55)は、家族の影響を受け、幼い頃から刻瓷(こくじ)を学び、複数の職人に師事しながら、腕を磨いてきた。刻瓷は硬質材料の特製刃物を使って、磁器の表面にさまざまな図案を彫る伝統技法。胡さんは彫刻刀で少しずつ磁器に彫刻を施し、これまでに「清明上河図」「台児荘古城」などの刻瓷作品を千点以上制作してきた。(棗荘=新華社配信/孫中喆)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111610680

  • 2021年11月16日
    (2)伝統技法「刻瓷」が生み出す芸術作品山東省棗荘市

    アトリエで刻瓷作品「瑞雪兆豊年」を制作する胡安同さん。(10月24日撮影)中国山東省棗荘(そうそう)市出身の胡安同(こ・あんどう)さん(55)は、家族の影響を受け、幼い頃から刻瓷(こくじ)を学び、複数の職人に師事しながら、腕を磨いてきた。刻瓷は硬質材料の特製刃物を使って、磁器の表面にさまざまな図案を彫る伝統技法。胡さんは彫刻刀で少しずつ磁器に彫刻を施し、これまでに「清明上河図」「台児荘古城」などの刻瓷作品を千点以上制作してきた。(棗荘=新華社配信/孫中喆)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111610682

  • 1