KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 重要文化財
  • 仏殿
  • 令和
  • 伝統
  • 保存状態
  • 全国重点文物保護単位
  • 合計
  • 寺院
  • 市街地
  • 悟り

「安國寺」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
34
( 1 34 件を表示)
  • 1
34
( 1 34 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1950年05月31日
    安国寺の釈迦堂

    安国寺の釈迦堂=整理1950(昭和25)年5月、広島県鞆町(25年内地番号なし)

    商品コード: 2018012600113

  • 1997年01月09日
    大分県の安国寺遺跡 弥生人の生活を体験して

    弥生人の「衣食住」を体験できる公園整備が進められている安国寺遺跡=大分県国東町

    商品コード: 1997010900032

  • 1998年06月29日
    大般若経の「道祐」の署名 韓国国宝が盗難経典に酷似

    盗まれた安国寺の大般若経第463巻の巻末「道祐」の署名

    商品コード: 1998062900288

  • 1998年06月29日
    「道祐」の署名 韓国国宝が盗難経典に酷似

    韓国国宝に指定された大般若経第463巻の巻末に残る墨書きの汚れと「道祐」の署名。安国寺の経典の同巻末、同位置にも酷似した汚れと署名があった(韓国文化財管理局の「動産文化財指定報告書」)

    商品コード: 1998062900238

  • 1998年06月29日
    安国寺の大般若経 韓国国宝が盗難経典に酷似

    盗まれた安国寺の大般若経第162巻

    商品コード: 1998062900290

  • 1998年07月04日
    長崎県・壱岐の安国寺 流出文化財への波及懸念

    国の重要文化財「大般若経」が盗まれた長崎県・壱岐の安国寺=長崎県芦辺町

    商品コード: 1998070400083

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年11月27日
    日韓の大般若経酷似問題で 盗難重文経典の写真公開へ

    盗まれた安国寺の大般若経162巻

    商品コード: 1998112700006

  • 2005年08月30日
    墓参りする平沼赳夫氏 衆院選がスタート

    衆院選の出陣式を前に、平沼騏一郎元首相の墓参りをする平沼赳夫氏=30日午前8時55分、岡山県津山市の安国寺

    商品コード: 2005083000020

  • 2011年11月11日
    安国寺のドウダンツツジ 夜に輝く紅色の「絵画」

    ライトアップされ幻想的に浮かび上がる安国寺のドウダンツツジ=11日夕、兵庫県豊岡市

    商品コード: 2011111100427

  • 2015年11月05日
    安国寺のドウダンツツジ 深紅のツツジ「絵画」に

    一般公開を前にライトアップされ、幻想的に浮かび上がった安国寺のドウダンツツジ。深紅に色づき見頃を迎えている=5日夕、兵庫県豊岡市

    商品コード: 2015110500621

  • 2016年11月12日
    安国寺のドウダンツツジ 紅葉「一枚の絵画」に

    ライトアップされた安国寺のドウダンツツジ。紅葉が見頃を迎え、住職のシルエットと共に浮かび上がった=12日午後、兵庫県豊岡市

    商品コード: 2016111200592

  • 03:04.11
    2016年11月13日
    観光客に人気 兵庫・安国寺 ツツジが見ごろ 紅葉「一枚の絵画」に

    兵庫県豊岡市但東町の安国寺で、紅葉したドウダンツツジがライトアップされている。本堂から眺めると、一枚の絵画のように見え、観光客に人気だ。本堂は戸が外され、縦約1・8メートル、横約3・6メートルの枠越しに、裏庭の真っ赤なツツジが一面に広がる。安国寺によると、今年は昨年よりも色づきがよく、12日は朝から3千人以上が訪れた。一般公開は20日まで。〈映像内容〉ライトアップされた安国寺のドウダンツツジの模様や、観光客が見物している様子。

    商品コード: 2017090201418

  • 2016年11月20日
    但馬安国寺の紅葉

    キーワード:スティルライフ、モミジ、安国寺、屋外、サイエンス、観光、紅葉、寺、自然、秋、植物、絶景、昼、道、日本、背景、風景、豊岡、無人、名所、スポット、秋セレクト、風景メイン写真、但馬安国寺=2016(平成28)年11月20日、兵庫県豊岡市、クレジット:Miura Toshihiro/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020405226

  • 2018年04月01日
    安国時の夜桜

    キーワード:サクラ、シダレザクラ、ピンク、ライトアップ、安国寺、屋外、花、関東地方、寺、春、植物、日本、風景、満開、無人、夜、夜桜、テーマメイン写真=2018(平成30)年4月1日、茨城県水戸市、クレジット:HIDEO FUJITA/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122904511

  • 2021年10月21日
    (16)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106686

  • 2021年10月21日
    (10)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106406

  • 2021年10月21日
    (6)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106314

  • 2021年10月21日
    (4)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106296

  • 2021年10月21日
    (5)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106311

  • 2021年10月21日
    (15)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106472

  • 2021年10月21日
    (14)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106664

  • 2021年10月21日
    (8)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106323

  • 2021年10月21日
    (9)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の外観。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106359

  • 2021年10月21日
    (18)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106702

  • 2021年10月21日
    (1)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106279

  • 2021年10月21日
    (2)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106280

  • 2021年10月21日
    (17)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106691

  • 2021年10月21日
    (11)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106421

  • 2021年10月21日
    (12)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の外観。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106423

  • 2021年10月21日
    (7)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106326

  • 2021年10月21日
    (13)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106452

  • 2021年10月21日
    (3)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106305

  • 2021年10月21日
    (19)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106722

  • 2021年11月08日
    安国寺のドウダンツツジ ツツジ紅葉「絵画」のよう

    兵庫県豊岡市の安国寺でドウダンツツジが見頃を迎え、一般公開が始まった。本堂から眺めると額縁に入った絵画のように見え、訪れた人たちは秋の彩りを楽しんでいる。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で一般公開は中止された。隠居した元住職の真田義永さん(82)は「昨年見ていただけなかった分、うれしさは倍増」とほほ笑んだ。本堂の開放は19日までの平日午前8時~午後5時(入場は午後4時半まで)=8日

    商品コード: 2021110810899

  • 1