KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 改造
  • 村民
  • 特色
  • 発展
  • 黄土高原
  • 観光客
  • 時点
  • 民宿
  • 突破

「安沢」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
22
( 1 22 件を表示)
  • 1
22
( 1 22 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2004年08月05日
    レスリング66キロ級決勝 全国高校総体第5日

    66キロ級決勝 安沢薫にフォール勝ちした宮原崇=岡山県水島緑地福田公園体育館

    商品コード: 2004080500126

  • 2004年08月05日
    レスリング 全国高校総体第5日

    レスリング66キロ級準決勝 向上の安沢薫(下)を攻める韮崎工の倉谷修平=岡山県水島緑地福田公園体育館

    商品コード: 2004080500099

  • 2008年09月21日
    優勝旗を手に歌う安沢さん 江差追分日本一に安沢さん

    民謡「江差追分」の全国大会で日本一に輝き、優勝旗を手に歌う安沢望さん=21日夜、北海道江差町文化会館

    商品コード: 2008092100205

  • 04:18.24
    2018年10月09日
    「新華社」山西省、農家のイルミネーションショーで斬新な視覚体験

    中国山西省安沢県飛嶺村は国慶節(中華人民共和国成立記念日、10月1日)の連休期間中、色彩豊かな照明が童話のような幻想的な世界を生み出した。同村の農家の屋根にはイルミネーション装置が取り付けられ、現代のライティング技術と田園風景が見事に融合し、観光客に斬新な視覚体験をもたらしている。10月1日から5日までの間に、合計2万人以上の観光客がこの小さな山村を訪れ、芸術的なイルミネーションショーを体験した。<映像内容>飛嶺村のイルミネーションショーの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101107574

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月20日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    20日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村で開かれた「闘茶(とうちゃ)文化」をテーマにしたイベントの会場。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006218

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月20日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    20日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村のあずまやで休む観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006150

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月20日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    20日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村で開かれた「闘茶(とうちゃ)文化」をテーマにしたイベントで、茶葉を炒る選手。闘茶とは茶の種類や産地を当てるゲームのこと。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006277

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月21日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の一角。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006131

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月21日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村での撮影スポット。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006124

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月21日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の薬茶文化体験館で、茶葉を炒る村の人。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006271

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月21日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村にある薬茶文化体験館の前で、写真を撮る観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006279

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月21日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の電子商取引(EC)サービスステーションで、商品を並べる従業員。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006255

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月22日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    22日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の森の中に立ち並ぶコテージ。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006163

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月23日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    23日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村にある民宿の敷地内を散策する観光客。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006134

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月23日
    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村

    23日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の一角。(小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073006259

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    黄土高原の小さな山村が農村観光で華麗に転身山西省

    12日、山西省臨汾市安沢県の飛嶺村にあるペンション「蒹葭郷居」の客室。中国山西省臨汾市安沢県にある飛嶺村は、かつて典型的な農業村で、村民の多くが出稼ぎ労働に従事していた。貧しく立ち遅れた様相を変えるため、同村は豊かな自然に目を向け、自然景観や郷土文化を取り入れた農村観光の発展を推進。農村インフラの高度化・改造に取り組み、ペンション「蒹葭(けんか)郷居」の建設など特色ある観光プロジェクトを打ち出した。農村観光の発展で、村民が地元で就職できるようになり、多くの村民が農家楽(アグリツーリズム)施設を開設した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111704977

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    黄土高原の小さな山村が農村観光で華麗に転身山西省

    12日、山西省臨汾市安沢県の飛嶺村にあるカフェ。中国山西省臨汾市安沢県にある飛嶺村は、かつて典型的な農業村で、村民の多くが出稼ぎ労働に従事していた。貧しく立ち遅れた様相を変えるため、同村は豊かな自然に目を向け、自然景観や郷土文化を取り入れた農村観光の発展を推進。農村インフラの高度化・改造に取り組み、ペンション「蒹葭(けんか)郷居」の建設など特色ある観光プロジェクトを打ち出した。農村観光の発展で、村民が地元で就職できるようになり、多くの村民が農家楽(アグリツーリズム)施設を開設した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111704970

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    黄土高原の小さな山村が農村観光で華麗に転身山西省

    12日、山西省臨汾市安沢県にある飛嶺村の一角。中国山西省臨汾市安沢県にある飛嶺村は、かつて典型的な農業村で、村民の多くが出稼ぎ労働に従事していた。貧しく立ち遅れた様相を変えるため、同村は豊かな自然に目を向け、自然景観や郷土文化を取り入れた農村観光の発展を推進。農村インフラの高度化・改造に取り組み、ペンション「蒹葭(けんか)郷居」の建設など特色ある観光プロジェクトを打ち出した。農村観光の発展で、村民が地元で就職できるようになり、多くの村民が農家楽(アグリツーリズム)施設を開設した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111704920

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    黄土高原の小さな山村が農村観光で華麗に転身山西省

    12日、山西省臨汾市安沢県の飛嶺村にあるペンション「蒹葭郷居」。中国山西省臨汾市安沢県にある飛嶺村は、かつて典型的な農業村で、村民の多くが出稼ぎ労働に従事していた。貧しく立ち遅れた様相を変えるため、同村は豊かな自然に目を向け、自然景観や郷土文化を取り入れた農村観光の発展を推進。農村インフラの高度化・改造に取り組み、ペンション「蒹葭(けんか)郷居」の建設など特色ある観光プロジェクトを打ち出した。農村観光の発展で、村民が地元で就職できるようになり、多くの村民が農家楽(アグリツーリズム)施設を開設した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111704971

  • 2021年09月03日
    Tokyo 2020: Paralympics: Athletics

    September 3, 2021, Tokyo, Japan: Uran Sawada JPN and her guide Ryuhei Shiokawa JPN ready to lead off for Japan in the Universal 4x100m Relay Athletics Round 1 Heat 2 in the Olympic Stadium. Tokyo 2020 Paralympic Games, Tokyo, Japan, Friday 03 September 2021. (Photo: Joe Toth) (Credit Image: © OIS/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©OIS/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090408896

  • 2021年12月15日
    (あんどう・ゆうこ) 安藤優子

    URAYASU, JAPAN - DECEMBER 15: Japanese journalist Yuko Ando arrives at the photocall for the BVLGARI AVRORA AWARDS 2021 on December 15, 2021 in Urayasu, Japan. (Photo by Jun Sato/WireImage)、クレジット:WireImage/ゲッティ/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2021121606634

  • 2021年12月15日
    (あんどう・ゆうこ) 安藤優子

    URAYASU, JAPAN - DECEMBER 15: Japanese journalist Yuko Ando arrives at the photocall for the BVLGARI AVRORA AWARDS 2021 on December 15, 2021 in Urayasu, Japan. (Photo by Jun Sato/WireImage)、クレジット:WireImage/ゲッティ/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2021121606619

  • 1