KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 屋根部分
  • 東京五輪
  • 新型肺炎
  • 敷地面積
  • 全国重点文物保護単位
  • 重要文化財
  • 建設現場
  • センター着工
  • ハルビン
  • 中国陝西省

「完成予定」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
194
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
194
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年11月19日
    新型コロナの重症者数が急増している大阪府

    大阪府は新型コロナの重症患者数が急増していることから、20日に独自指標の「大阪モデル」を非常事態に次いで厳しい「イエローステージ(警戒)2」へ引き上げる。18日時点の重症病床使用率は35%。吉村洋文知事は「(使用率が)100%を超えた場合に今は何もない」と危機感を募らせ、11月末に完成予定の大阪コロナ重症センター(大阪市住吉区)の稼働を急ぐ。=2020(令和2)年11月19日、JR大阪駅前、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    新型コロナの重症者数が急増している大阪府

    大阪府は新型コロナの重症患者数が急増していることから、20日に独自指標の「大阪モデル」を非常事態に次いで厳しい「イエローステージ(警戒)2」へ引き上げる。18日時点の重症病床使用率は35%。吉村洋文知事は「(使用率が)100%を超えた場合に今は何もない」と危機感を募らせ、11月末に完成予定の大阪コロナ重症センター(大阪市住吉区)の稼働を急ぐ。=2020(令和2)年11月19日、JR大阪駅前、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    新型コロナの重症者数が急増している大阪府

    大阪府は新型コロナの重症患者数が急増していることから、20日に独自指標の「大阪モデル」を非常事態に次いで厳しい「イエローステージ(警戒)2」へ引き上げる。18日時点の重症病床使用率は35%。吉村洋文知事は「(使用率が)100%を超えた場合に今は何もない」と危機感を募らせ、11月末に完成予定の大阪コロナ重症センター(大阪市住吉区)の稼働を急ぐ。=2020(令和2)年11月19日、JR大阪駅前、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    新型コロナの重症者数が急増している大阪府

    大阪府は新型コロナの重症患者数が急増していることから、20日に独自指標の「大阪モデル」を非常事態に次いで厳しい「イエローステージ(警戒)2」へ引き上げる。18日時点の重症病床使用率は35%。吉村洋文知事は「(使用率が)100%を超えた場合に今は何もない」と危機感を募らせ、11月末に完成予定の大阪コロナ重症センター(大阪市住吉区)の稼働を急ぐ。=2020(令和2)年11月19日、JR大阪駅前、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    新型コロナの重症者数が急増している大阪府

    大阪府は新型コロナの重症患者数が急増していることから、20日に独自指標の「大阪モデル」を非常事態に次いで厳しい「イエローステージ(警戒)2」へ引き上げる。18日時点の重症病床使用率は35%。吉村洋文知事は「(使用率が)100%を超えた場合に今は何もない」と危機感を募らせ、11月末に完成予定の大阪コロナ重症センター(大阪市住吉区)の稼働を急ぐ。=2020(令和2)年11月19日、JR大阪駅前、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    新型コロナの重症者数が急増している大阪府

    大阪府は新型コロナの重症患者数が急増していることから、20日に独自指標の「大阪モデル」を非常事態に次いで厳しい「イエローステージ(警戒)2」へ引き上げる。18日時点の重症病床使用率は35%。吉村洋文知事は「(使用率が)100%を超えた場合に今は何もない」と危機感を募らせ、11月末に完成予定の大阪コロナ重症センター(大阪市住吉区)の稼働を急ぐ。=2020(令和2)年11月19日、JR大阪駅前、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    新型コロナの重症者数が急増している大阪府

    大阪府は新型コロナの重症患者数が急増していることから、20日に独自指標の「大阪モデル」を非常事態に次いで厳しい「イエローステージ(警戒)2」へ引き上げる。18日時点の重症病床使用率は35%。吉村洋文知事は「(使用率が)100%を超えた場合に今は何もない」と危機感を募らせ、11月末に完成予定の大阪コロナ重症センター(大阪市住吉区)の稼働を急ぐ。=2020(令和2)年11月19日、JR大阪駅前、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月14日
    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市

    洪水で損壊する前の鎮海橋。(資料写真)中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市

    12日、回収された鎮海橋の石の部材。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市

    12日、鎮海橋の修復工事現場で回収された石の部材を整理する作業員。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市

    12日、回収された鎮海橋の石の部材。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市

    12日、鎮海橋の修復工事現場で回収された石の部材を整理する作業員。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市

    12日、洪水後に残された鎮海橋の橋脚。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市

    12日、洪水後に残された鎮海橋の橋脚。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市

    12日、鎮海橋の修復工事現場で回収された石の部材を整理する作業員。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月24日
    NHK放送センター 規模縮小し公共メディアに

    NHKの本拠地である放送センター。9月に建て替え工事が始まり、2025年に一部運用開始、36年に完成予定=東京・渋谷

    撮影: 東京・渋谷

  • 2020年08月18日
    Centre for lace and embroidery in Plauen to open in 2022

    18 August 2020, Saxony, Plauen: A German centre for lace and embroidery is planning Plauen in the historic Weisbach House of the city. The renovation work, which is to be completed in 2022, began a few weeks ago. (to dpa “Centre for lace and embroidery in Plauen to open in 2022“) Photo: Katrin M臈ler/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    Centre for lace and embroidery in Plauen to open in 2022

    18 August 2020, Saxony, Plauen: A German centre for lace and embroidery is planning Plauen in the historic Weisbach House of the city. The renovation work, which is to be completed in 2022, began a few weeks ago. (to dpa “Centre for lace and embroidery in Plauen to open in 2022“) Photo: Katrin M臈ler/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    Centre for lace and embroidery in Plauen to open in 2022

    18 August 2020, Saxony, Plauen: A German centre for lace and embroidery is planning Plauen in the historic Weisbach House of the city. The renovation work, which is to be completed in 2022, began a few weeks ago. (to dpa “Centre for lace and embroidery in Plauen to open in 2022“) Photo: Katrin M臈ler/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    Centre for lace and embroidery in Plauen to open in 2022

    18 August 2020, Saxony, Plauen: A German centre for lace and embroidery is planning Plauen in the historic Weisbach House of the city. The renovation work, which is to be completed in 2022, began a few weeks ago. (to dpa “Centre for lace and embroidery in Plauen to open in 2022“) Photo: Katrin M臈ler/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    Florida News - August 14, 2020

    August 14, 2020, Florida, USA: The tennis center building is scheduled for completion in the summer of 2021. (Credit Image: © The Palm Beach Post via ZUMA Wire)、クレジット:©The Palm Beach Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Florida Sun Sentinel Rights OUT

  • 2020年07月17日
    California News - July 17, 2020

    July 17, 2020, Cathedral City, California, USA: Agua Caliente Casino Senior Vice President and General Manager Michael Facenda stands on the main casino floor as he points to one of the 3 bar areas at the soon to be completed casino in Cathedral City, Friday, July 17, 2020. This will be the third Agua Caliente Casino in the area and is scheduled to open later this year. The 30,000 square foot casino, which will employee approximately 500 people, will have 3 bars, 536 slot machines and 8 table games. (Credit Image: © Will Lester/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Will Lester/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2020年07月17日
    California News - July 17, 2020

    July 17, 2020, Cathedral City, California, USA: Agua Caliente Casino Senior Vice President and General Manager Michael Facenda approaches the entrance of one of the two main entrances of the soon to be completed casino in Cathedral City, Friday, July 17, 2020. This will be the third Agua Caliente Casino in the area and is scheduled to open later this year. The 30,000 square foot casino, which will employee approximately 500 people, will have 3 bars, 536 slot machines and 8 table games. (Credit Image: © Will Lester/Orange County Register via ZUMA Wire)、クレジット:©Will Lester/Orange County Register via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Tabloid Rights Out

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: A view of Santiago Bernabeu stadium during its renovation..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: A view of Santiago Bernabeu stadium during its renovation..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: Workers are seen doing renovation work at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: Workers are seen doing renovation work at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: A view of Santiago Bernabeu stadium during its renovation..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: A worker is seen doing renovation work at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: A worker is seen doing renovation work at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: Workers are seen doing renovation work at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: Workers are seen doing renovation work at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: Real Madrid and FCC logos seen during the renovation of Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: Workers are seen doing renovation work at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: Heavy cranes seen during the renovation work of Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: Workers are seen doing renovation work at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月16日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 16 Jul 2020

    July 16, 2020, Madrid, Spain: A worker is seen doing renovation work at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月02日
    永年広府古城の修繕工事始まる河北省

    2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月02日
    永年広府古城の修繕工事始まる河北省

    2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。(小型無人機から)中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月02日
    永年広府古城の修繕工事始まる河北省

    2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月02日
    永年広府古城の修繕工事始まる河北省

    2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月02日
    永年広府古城の修繕工事始まる河北省

    2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月02日
    永年広府古城の修繕工事始まる河北省

    2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月02日
    永年広府古城の修繕工事始まる河北省

    2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: A view of Santiago Bernabeu stadium undergoing renovation works in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: A view of Santiago Bernabeu stadium undergoing renovation works in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: A view of Santiago Bernabeu stadium undergoing renovation works in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: A view of Santiago Bernabeu stadium undergoing renovation works in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: A view of Santiago Bernabeu stadium undergoing renovation works in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: A worker cleans up debris as renovation works continue at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: Construction workers are seen as renovations continue at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: A construction worker cleans up debris as renovation continues at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: A view of Santiago Bernabeu stadium under going renovation works in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: A view of Santiago Bernabeu stadium undergoing renovation as a worker is seen putting up a sign in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: A worker cleans up debris as renovation works continue at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: Workers are seen as doing renovation works at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: A construction worker is seen putting up a sign as renovation works continue at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: A view of Santiago Bernabeu stadium during its renovation works in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: A worker is seen putting up a sign as renovation works continue at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    Santiago Bernabeu Stadium construction renovations continue in Madrid, Spain - 30 Jun 2020

    June 30, 2020, Madrid, Spain: Workers are seen as renovation works continue at Santiago Bernabeu stadium in Madrid..The new Bernabeu Stadium with a 360-degree scoreboard, new leisure spaces and a retractable roof which was originally due to be finished in the summer of 2022 is undergoing renovation. It will be the most modern stadium in the world. (Credit Image: © Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jorge Sanz/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 01:06.98
    2020年06月20日
    「新華社」中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。中央大街は1898年から建設が始まった。ハルビンはかつて数十カ国・地域の人々が暮らした歴史を有し、中央大街の歩行者天国には現在も319棟のさまざまな様式の建築物が残っており、「屋外の建築芸術博物館」とも呼ばれている。(記者/王建威)<映像内容>黒竜江省ハルビン市の中央大街、工事の様子、街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、中央大街改造高度化プロジェクトで工事が行われている建物。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、改造工事中の中央大街の入口で記念撮影をする子ども。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、改造工事が進む中央大街を散策する市民。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、中央大街改造高度化プロジェクトで工事が行われている建物。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、中央大街改造高度化プロジェクトで工事が行われている建物。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、中央大街改造高度化プロジェクトの工事を進める作業員。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、改造工事が進むの中央大街を散策する市民。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    16日、中央大街改造高度化プロジェクトで工事が行われている建物。中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:54.08
    2020年06月11日
    「新華社」張家口と雄安新区結ぶ高圧送変電プロジェクト、8月末に完成予定

    中国河北省張家口市張北県と同省雄安新区を結ぶ千キロボルト(kV)の高圧交流送電・変電プロジェクトは現在、急ピッチで進められている。同プロジェクトは張家口地区における新エネルギーの供給能力を高め、雄安新区に供給する初の大規模クリーンエネルギールートになる。プロジェクトは今年8月末に完成する予定。(記者/郭雅茹)<映像内容>張家口市張北県と雄安新区を結ぶ高圧交流送電・変電プロジェクトの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    Construction site Rhine bridge Leverkusen

    19 May 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: The construction site of the Rhine bridge Leverkusen. The construction of the new Leverkusen Rhine bridge is delayed due to alleged defects in steel components. The bridge, which is no longer passable by trucks, is not scheduled for completion until September 2023. Photo: Oliver Berg/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    Construction site Rhine bridge Leverkusen

    19 May 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: The construction site of the Rhine bridge Leverkusen. The construction of the new Leverkusen Rhine bridge is delayed due to alleged defects in steel components. The bridge, which is no longer passable by trucks, is not scheduled for completion until September 2023. Photo: Oliver Berg/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    Construction site Rhine bridge Leverkusen

    19 May 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: A ship passes the construction site of the Rhine bridge Leverkusen. Due to alleged defects in steel components, the new construction of the Leverkusen Rhine bridge is delayed. The bridge, which is no longer accessible to trucks, is not scheduled for completion until September 2023. Photo: Oliver Berg/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    Construction site Rhine bridge Leverkusen

    19 May 2020, North Rhine-Westphalia, Cologne: The construction site of the Rhine bridge Leverkusen, on the right you can see the old bridge. Due to alleged defects in steel components, the new construction of the Leverkusen Rhine bridge is delayed. The bridge, which is no longer accessible to trucks, is not scheduled for completion until September 2023. Photo: Oliver Berg/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    Construction of the New Synagogue Potsdam

    22 April 2020, Brandenburg, Potsdam: A Star of David stands on the square at the corner of Schlo゚stra゚e/Friedrich-Ebert-Strasse, which is fenced off by a site fence. The land opposite the Film Museum was made available by the State of Brandenburg for the construction of the New Synagogue, which was originally scheduled for completion by April 2012. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 01:08.22
    2020年04月15日
    「新華社」海事部門、風力発電所建設現場のパトロール強化福建省莆田市

    中国福建省莆田(ほでん)市の平海湾F区洋上風力発電所プロジェクトでこのほど、1本目の大口径モノパイル(円柱状の1本杭)の海底への打ち込みに成功し、工事が再開後の重要な節目を迎えた。地元の海事部門は、潜在的な安全上の問題を徹底的に調査するとともに、現場での巡回を強化することで、航行秩序を保つとしている。同プロジェクトは、同省の第13次5カ年計画(2016~2020年)の重点プロジェクトで、同市秀嶼区の南日島南部海域に建設し、合計出力20万キロワット規模、2021年に完成予定だ。今回打ち込まれたモノパイルは、長さ62メートル、直径6・7メートル、重さ740トン。現時点で、中国国内の洋上風力発電所に使われるモノパイルとしてはかなり大きいもので、打ち込みが成功したことで、プロジェクト全体の建設が大きく進展したとともに、洋上風力発電設備建設に関する多くの経験を蓄積している。(記者/郭圻)<映像内容>風力発電所の工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月01日
    交通インフラへの投資額1800億元に黒竜江省

    黒竜江省100大プロジェクト集中起工式の交通インフラ大規模プロジェクトサブ会場。(4月1日撮影)中国黒竜江省交通運輸庁はこのほど、2020年の交通分野の大規模プロジェクトへの総投資額が1800億元(1元=約15円)に達したことを明らかにした。新型コロナウイルス感染防止対策と社会・経済の発展を総合的に推進するため、同省は20年500件の重点プロジェクトを打ち出した。そのうち交通分野51件の総投資額は1800億元、20年度完成予定のプロジェクト投資額は370億元に上る。総額100億元を超えるプロジェクトは、牡佳高速鉄道(牡丹江~ジャムスを結ぶ)や綏大高速道路(綏化~大慶を結ぶ)など5件。綏大高速は、同省高速道路網において省レベルの主要幹線高速道路であり、総延長185キロ、投資額128億元となっている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月01日
    交通インフラへの投資額1800億元に黒竜江省

    黒竜江省100大プロジェクト集中起工式の交通インフラ大規模プロジェクトサブ会場。(4月1日撮影)中国黒竜江省交通運輸庁はこのほど、2020年の交通分野の大規模プロジェクトへの総投資額が1800億元(1元=約15円)に達したことを明らかにした。新型コロナウイルス感染防止対策と社会・経済の発展を総合的に推進するため、同省は20年500件の重点プロジェクトを打ち出した。そのうち交通分野51件の総投資額は1800億元、20年度完成予定のプロジェクト投資額は370億元に上る。総額100億元を超えるプロジェクトは、牡佳(牡丹江・ジャムス)高速鉄道や綏大(綏化・大慶)高速道路など5件。綏大高速は、同省高速道路網において省レベルの主要幹線高速道路であり、総延長185キロ、投資額128億元となっている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    Garrison Church Potsdam

    03 March 2020, Brandenburg, Potsdam: A flattened sandy area extends behind the portal of the Garrison Church. On the left is the building of the former data processing centre (DVZ) of the Potsdam district and now the art and creative house computing centre of the Social Pedagogical Institute Berlin (SPI) foundation. The church was built between 1730 and 1735 according to the plans of the architect Philipp Gerlach and was considered a major work of the Prussian Baroque. After the bombing by the Allies on 14 April 1945, only ruins remained, which were blown up and removed only in 1968. The reconstruction of the Garrison Church is limited to the church tower, which is scheduled for completion by summer 2022. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    Garrison Church Potsdam

    03 March 2020, Brandenburg, Potsdam: A flattened sandy area extends behind the portal of the Garrison Church. On the left is the building of the former data processing centre (DVZ) of the Potsdam district and now the art and creative house computing centre of the Social Pedagogical Institute Berlin (SPI) foundation. The church was built between 1730 and 1735 according to the plans of the architect Philipp Gerlach and was considered a major work of the Prussian Baroque. After the bombing by the Allies on 14 April 1945, only ruins remained, which were blown up and removed only in 1968. The reconstruction of the Garrison Church is limited to the church tower, which is scheduled for completion by summer 2022. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    Garrison Church Potsdam

    03 March 2020, Brandenburg, Potsdam: A flattened sandy area extends behind the portal of the Garrison Church. On the left is the building of the former data processing centre (DVZ) of the Potsdam district and now the art and creative house computing centre of the Social Pedagogical Institute Berlin (SPI) foundation. The church was built between 1730 and 1735 according to the plans of the architect Philipp Gerlach and was considered a major work of the Prussian Baroque. After the bombing by the Allies on 14 April 1945, only ruins remained, which were blown up and removed only in 1968. The reconstruction of the Garrison Church is limited to the church tower, which is scheduled for completion by summer 2022. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年03月03日
    Garrison Church Potsdam

    03 March 2020, Brandenburg, Potsdam: A flattened sandy area extends behind the portal of the Garrison Church (r). In the background the church St. Nikolai (M) at the Old Market Square is visible. The church was built between 1730 and 1735 according to the plans of the architect Philipp Gerlach and was considered a major work of the Prussian Baroque. After the bombing by the Allies on 14 April 1945, only ruins remained, which were blown up and removed only in 1968. The reconstruction of the Garrison Church is limited to the church tower, which is scheduled for completion by summer 2022. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    Venice - Three months after devastating flood

    07 February 2020, Italy, Venedig: The site manager and engineer, Alessandro Soru, is standing in the flood protection system MOSE, which is due to be completed. Three months after the dramatic flood, something strange happens. Venice suddenly complains about too few visitors. (to dpa-Korr “Silence on St Mark‘s Square“) Photo: Annette Reuther/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センター建設現場の作業員。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場で待機する作業員ら。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場で建材を組み立てる作業員。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場で、受け取ったマスクを着用する作業員。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センター建設現場の作業員。中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月03日
    西安市公共衛生センター着工第1期は10日間で完成予定

    3日、西安市公共衛生センターの建設現場。(小型無人機から)中国陝西省西安市で3日、同市公共衛生センターの建設が始まった。建設地は市内の高陵区に位置し、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)。第1期工事では病床数500床の応急隔離病棟が10日以内に完成する予定。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:19.60
    2020年01月29日
    東京五輪選手村交流スペースを公開 63自治体の木の香り漂う

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は29日、東京都中央区で整備中の選手村の一部で、選手らの交流スペースとなる「ビレッジプラザ」を報道陣に公開した。全国の63自治体から寄せられた木材約1300立方㍍分が床、柱などに使用され、木の香りが漂い、森林の中にいるような空間となっている。また、同日午後には、63自治体の首長らを招き、お披露目式典も行った。ビレッジプラザは選手らの宿泊棟が立ち並ぶエリアの玄関口として設置され、雑貨店やカフェが入るほか各チームの入村式も行われる。平屋で5棟に分かれ、床面積は約5300平方㍍。昨年3月に着工し、既に内装工事が始まっている。4月末に完成予定。木材はスギやヒノキ、カラマツなど。約4万本分の角材が提供され、1本ずつ自治体名が印字されている。3本の角材をねじるように組み合わせて強度の強い柱にする「レシプロカル架構」など、部屋の用途に合わせて三つの工法を採用した。<映像内容>選手村ビレッジプラザ外観、内観、自治体名の入った木材の柱や床など。自治体首長を招いた式典、雑観、大会組織委の森喜朗会長あいさつ、東京都の小池百合子知事あいさつ、木材提供自治体として岐阜県の古田肇知事あいさつなど、撮影日:2020(令和2)年1月29日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2020(令和2)年1月29日

  • 01:31.62
    2019年11月21日
    世界水準の水泳場お目見え 五輪新設会場、建設進む

    東京都は21日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて建設中の2施設を公開した。水泳会場の「東京アクアティクスセンター」(江東区)は工事が全体の9割まで終了。距離や深さを調節するためプールの壁や床が可動し、世界最高水準の仕様を備えた大規模な競技場が来年2月に完成する見込みだ。 センターは地上4階、地下1階で大会時の客席は約1万5千席。メインプールとサブプールはいずれも50メートルのコースを10レーン確保でき、飛び込み用のプールも設けた。整備費は都の新設会場6カ所のうち最大となる約567億円。 併せて公開されたバレーボール会場の「有明アリーナ」(江東区)は工事進捗率が98%に到達し、細部の内装などを施して12月に完成予定。地上5階で整備費は約370億円。大会後は主にコンサートやイベントで利用し、年間収支は約3・8億円の黒字を見込む。<映像内容>①アクアティクスセンター外観、施設内部(プールなど)雑観②有明アリーナ外観、施設内部雑観、撮影日:2019(令和元)年11月21日、撮影場所:東京都江東区

    撮影: 2019(令和元)年11月21日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:33.92
    2019年09月22日
    大津波の記憶、次世代に 岩手・陸前高田に伝承館

    東日本大震災で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市で22日、整備が進む高田松原津波復興祈念公園に東日本大震災津波伝承館(愛称・いわてTSUNAMIメモリアル)と、国営追悼・祈念施設がオープンした。岩手、宮城、福島各県に国が1カ所ずつ整備する追悼施設が利用可能となるのは初めてで、震災被害や教訓発信の拠点となることが期待される。伝承館の展示テーマは「命を守り、海と大地と共に生きる」。脅威を伝えるため岩手の沿岸12市町村を襲った津波の映像を流すシアターや、被災した消防車両なども展示する。国営施設は一部が完成。慰霊の場が整備され震災遺構・奇跡の一本松も含まれる。国、県、市が約100億円をかけ整備。2021年4月に全体が完成予定。<映像内容>開業した東日本大震災津波伝承館の内部、外観、開業式典の様子、国営追悼・祈念施設部分とそこから見える海、奇跡の一本松、新旧の道の駅など、撮影日:2019(令和元)年9月22日、撮影場所:陸前高田市

    撮影: 2019(令和元)年9月22日

  • 2019年09月06日
    新国立競技場空撮 決勝の舞台は新国立

    2020年元日に行われる、サッカー天皇杯決勝の舞台となる新国立競技場。11月末に完成予定で、スポーツの公式戦開催は天皇杯が初となる見通し=7月

    撮影: 7月

  • 2019年09月06日
    新国立競技場 決勝の舞台は新国立

    2020年元日に行われる、サッカー天皇杯決勝の舞台となる新国立競技場。11月末に完成予定で、スポーツの公式戦開催は天皇杯が初となる見通し=7月

    撮影: 7月

  • 2019年09月02日
    ピュアロンジャパンが導入した大型真空ロウ付け炉

    ピュアロンジャパン(福島県いわき市)は、金属加工精密部品を製造する「第4工場」を稼働した。いわき市内にある医療機器事業の環境・開発中央研究所でも製造設備の増強を進めているほか、今月中に本社敷地内で「第3工場」の新設工事に着手する計画。20億円を投じて生産体制を強化する。ピュアロンジャパンは半導体製造装置向けセンサーを中心にフィルターなどを製造。半導体関連が全社売り上げの80%、産業・医療機器が20%を占める。半導体関連精密機器の市場は世界で成長すると判断し、これから強化する医療機器と合わせて生産体制を大幅に増強することにした。第4工場は床面積2100平方メートル。本社工場に隣接していた電子機器の工場を買い取り、クリーンリームを設けるなど改造した。第3工場は同3000平方メートルで今月にも着工し、2020年6月の完成予定。精密フィルター、圧力センサー以外の金属加工精密部品を内製化する。中島社長は「半導体製造装置向けは我々が得意とする特殊なセンサーを製造し、内外の新市場へ拡販していく」とする。既存工場でも、第2工場では真空焼結炉を設置して19年8月から半導体フィルター・エレメントの製造を開始。金属研磨などを行う同社のグループ企業が、第2工場の1階と新設予定の第3工場で操業する。環境・開発中央研究所は研究棟の建屋を改造し、年末から半導体関連の成膜製造工場として機能させる。圧力センサーやX線管検査装置、人工透析膜など産業・医療機器部門の生産を本格化する。このため日本で唯一の大型高真空度X線管ロウ付け炉も導入した。=2019(令和元)年9月2日、福島県いわき市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2