KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • りょう
  • エピソード
  • 三国志
  • 五関
  • 令和
  • 別れ
  • 地点
  • 封印
  • 居場所

「官印」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
26
( 1 26 件を表示)
  • 1
26
( 1 26 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年05月31日
    偽造された公印の印影 外登証偽造で6人逮捕

    逮捕されたグループが偽造していた自治体公印の印影=31日、愛知県警豊川署

    商品コード: 2005053100210

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年02月28日
    製作された復興相の公印 奇跡の一本松で復興相公印

    「奇跡の一本松」を素材に製作された復興相の公印。下は原木=28日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2015022800444

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年02月28日
    彫刻する鏑さん 奇跡の一本松で復興相公印

    「奇跡の一本松」の枝を使った復興相の公印を製作する鏑洋高さん=28日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2015022800470

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年02月28日
    復興相の公印 奇跡の一本松で復興相公印

    「奇跡の一本松」の枝を使い製作された復興相の公印=28日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2015022800471

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年02月28日
    作業見守る職人ら 奇跡の一本松で復興相公印

    「奇跡の一本松」の枝(手前)を使った公印製作の仕上げ作業を見守る職人ら。右から3人目は鏑洋高さん=28日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2015022800473

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年03月09日
    竹下復興相と中原和弥さん 「奇跡の一本松」公印贈呈

    「奇跡の一本松」の枝で作った公印を竹下復興相(右)に手渡す中原和弥さん=9日午後、復興庁

    商品コード: 2015030900863

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年03月09日
    贈呈された公印 「奇跡の一本松」公印贈呈

    「奇跡の一本松」の枝で作った復興相の公印=9日午後、復興庁

    商品コード: 2015030900864

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年03月09日
    公印 「奇跡の一本松」公印贈呈

    「奇跡の一本松」の枝で作った復興相の公印=9日午後、復興庁

    商品コード: 2015030900865

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地にある関羽が曹操に別れを告げる場面のレリーフ。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304550

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地の一角。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304610

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地に立つ関羽の像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304571

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地で祭られている関羽の像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304642

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地で祭られている関羽の像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304572

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市にある漢代の様式で復元された灞陵橋。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304575

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地の一角。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304583

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地にある関羽が曹操に別れを告げる場面のレリーフ。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304551

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市にある漢代の様式で復元された灞陵橋。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304554

  • 2020年08月28日
    「招撫副使之印」、黒竜江省博物館で公開

    8月28日、黒竜江省博物館で展示された「招撫副使之印」。中国黒竜江省ハルビン市の黒竜江省博物館で「招撫副使之印」と呼ばれる印章が1カ月間の期間限定で展示されている。1963年に同省佳木斯(ジャムス)市大賚(だいらい)郷の南城子村で発見された銅製の重さ755グラムの印で、正方形の印面は一辺が6・5センチ、厚さ1・6センチ。「九畳篆(くじょうてん)」と呼ばれる篆書の派生書体で「招撫副使之印」と浮き彫りされている。印鈕(いんちゅう)部分の高さは3・5センチ、幅1・7センチ、奥行き3・5センチとなる。同博物館の専門家は招撫使について、戦時に臨時で設置される武官職で、史料にも多く記載されていると説明。今回の銅印は年代が刻まれていないが、史料と刻印の書体から金王朝(12~13世紀)末期の官印との見方を示した。(ハルビン=新華社配信/宋天寧)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090803274

  • 2020年08月28日
    「招撫副使之印」、黒竜江省博物館で公開

    8月28日、黒竜江省博物館で展示された「招撫副使之印」。中国黒竜江省ハルビン市の黒竜江省博物館で「招撫副使之印」と呼ばれる印章が1カ月間の期間限定で展示されている。1963年に同省佳木斯(ジャムス)市大賚(だいらい)郷の南城子村で発見された銅製の重さ755グラムの印で、正方形の印面は一辺が6・5センチ、厚さ1・6センチ。「九畳篆(くじょうてん)」と呼ばれる篆書の派生書体で「招撫副使之印」と浮き彫りされている。印鈕(いんちゅう)部分の高さは3・5センチ、幅1・7センチ、奥行き3・5センチとなる。同博物館の専門家は招撫使について、戦時に臨時で設置される武官職で、史料にも多く記載されていると説明。今回の銅印は年代が刻まれていないが、史料と刻印の書体から金王朝(12~13世紀)末期の官印との見方を示した。(ハルビン=新華社配信/宋天寧)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090803307

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    (7)南京鉄道警察、偽造乗車券製造・販売事件を摘発江蘇省

    6日、南京駅派出所で、押収した偽造乗車券の数を確認する警察官。中国江蘇省南京市の南京鉄道公安処はこのほど、偽造乗車券製造・販売のアジトに踏み込み、容疑者3人をその場で逮捕し、偽造乗車券299枚、未完成の偽造乗車券176枚、偽造領収書1箱、偽造領収書用紙10箱、偽造公印66本およびレーザープリンター、バーコードプリンターなどの犯行道具を押収した。乗車券は額面価格で20万元(1元=約16円)相当に上る。主犯はすでに同公安処に自首したという。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011100034

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    (2)南京鉄道警察、偽造乗車券製造・販売事件を摘発江蘇省

    6日、南京駅派出所で、押収した偽造乗車券の数を確認する警察官。中国江蘇省南京市の南京鉄道公安処はこのほど、偽造乗車券製造・販売のアジトに踏み込み、容疑者3人をその場で逮捕し、偽造乗車券299枚、未完成の偽造乗車券176枚、偽造領収書1箱、偽造領収書用紙10箱、偽造公印66本およびレーザープリンター、バーコードプリンターなどの犯行道具を押収した。乗車券は額面価格で20万元(1元=約16円)相当に上る。主犯はすでに同公安処に自首したという。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011100059

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    (4)南京鉄道警察、偽造乗車券製造・販売事件を摘発江蘇省

    6日、南京駅派出所で、押収した犯罪道具の状態を確認する警察官。中国江蘇省南京市の南京鉄道公安処はこのほど、偽造乗車券製造・販売のアジトに踏み込み、容疑者3人をその場で逮捕し、偽造乗車券299枚、未完成の偽造乗車券176枚、偽造領収書1箱、偽造領収書用紙10箱、偽造公印66本およびレーザープリンター、バーコードプリンターなどの犯罪道具を押収した。乗車券は額面価格で20万元(1元=約16円)相当に上る。主犯はすでに同公安処に自首したという。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011100061

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    (3)南京鉄道警察、偽造乗車券製造・販売事件を摘発江蘇省

    6日、南京駅派出所で、押収した偽造乗車券の数を確認する警察官。中国江蘇省南京市の南京鉄道公安処はこのほど、偽造乗車券製造・販売のアジトに踏み込み、容疑者3人をその場で逮捕し、偽造乗車券299枚、未完成の偽造乗車券176枚、偽造領収書1箱、偽造領収書用紙10箱、偽造公印66本およびレーザープリンター、バーコードプリンターなどの犯行道具を押収した。乗車券は額面価格で20万元(1元=約16円)相当に上る。主犯はすでに同公安処に自首したという。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011100066

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    (1)南京鉄道警察、偽造乗車券製造・販売事件を摘発江蘇省

    6日、南京駅派出所で、押収した偽造乗車券の数を確認する警察官。中国江蘇省南京市の南京鉄道公安処はこのほど、偽造乗車券製造・販売のアジトに踏み込み、容疑者3人をその場で逮捕し、偽造乗車券299枚、未完成の偽造乗車券176枚、偽造領収書1箱、偽造領収書用紙10箱、偽造公印66本およびレーザープリンター、バーコードプリンターなどの犯行道具を押収した。乗車券は額面価格で20万元(1元=約16円)相当に上る。主犯はすでに同公安処に自首したという。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011100238

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    (5)南京鉄道警察、偽造乗車券製造・販売事件を摘発江蘇省

    6日、南京駅派出所で、押収した偽造乗車券を見せる警察官。中国江蘇省南京市の南京鉄道公安処はこのほど、偽造乗車券製造・販売のアジトに踏み込み、容疑者3人をその場で逮捕し、偽造乗車券299枚、未完成の偽造乗車券176枚、偽造領収書1箱、偽造領収書用紙10箱、偽造公印66本およびレーザープリンター、バーコードプリンターなどの犯罪道具を押収した。乗車券は額面価格で20万元(1元=約16円)相当に上る。主犯はすでに同公安処に自首したという。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011100027

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    (6)南京鉄道警察、偽造乗車券製造・販売事件を摘発江蘇省

    6日、南京駅派出所で、押収した偽造領収書の数を確認する警察官。中国江蘇省南京市の南京鉄道公安処はこのほど、偽造乗車券製造・販売のアジトに踏み込み、容疑者3人をその場で逮捕し、偽造乗車券299枚、未完成の偽造乗車券176枚、偽造領収書1箱、偽造領収書用紙10箱、偽造公印66本およびレーザープリンター、バーコードプリンターなどの犯行道具を押収した。乗車券は額面価格で20万元(1元=約16円)相当に上る。主犯はすでに同公安処に自首したという。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011100055

  • 1