KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • じょしゅう
  • 二酸化炭素
  • 削減
  • 排出
  • 設備容量
  • ムー
  • 供給
  • 国家電網
  • 実現

「定遠県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年07月05日
    三国志の呉の名将、魯粛の墓を訪ねて江蘇省鎮江市

    5日、江蘇省鎮江市北固山の魯粛墓。魯粛(ろ・しゅく)は中国三国時代の呉の武将・政治家で、徐州臨淮郡東城県(現在の安徽省定遠県)の出身。その墓は清代まで存在し、江蘇省鎮江(ちんこう)の詩人らが度々訪れ往時をしのんだが、後の戦乱で所在がわからなくなっていた。ただ、鎮江の東の郊外にある大学山の旧「鎮江一中」(現在の鎮江市外国語学校)の校庭に魯粛の衣冠を埋葬した「衣冠墓」があったことから、1993年になってその墓を市内長江河畔の北固山(ほっこざん)に移し魯粛墓とした。呉の猛将、太史慈(たいし・じ)の墓も隣にある。(鎮江=新華社配信/周嫄)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070902511

  • 2019年07月05日
    三国志の呉の名将、魯粛の墓を訪ねて江蘇省鎮江市

    5日、江蘇省鎮江市北固山の魯粛墓。魯粛(ろ・しゅく)は中国三国時代の呉の武将・政治家で、徐州臨淮郡東城県(現在の安徽省定遠県)の出身。その墓は清代まで存在し、江蘇省鎮江(ちんこう)の詩人らが度々訪れ往時をしのんだが、後の戦乱で所在がわからなくなっていた。ただ、鎮江の東の郊外にある大学山の旧「鎮江一中」(現在の鎮江市外国語学校)の校庭に魯粛の衣冠を埋葬した「衣冠墓」があったことから、1993年にその墓を市内長江河畔の北固山(ほっこざん)に移し魯粛墓とした。呉の猛将、太史慈(たいし・じ)の墓も隣にある。(鎮江=新華社配信/周嫄)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070902524

  • 2019年07月05日
    三国志の呉の名将、魯粛の墓を訪ねて江蘇省鎮江市

    5日、江蘇省鎮江市北固山の魯粛墓。魯粛(ろ・しゅく)は中国三国時代の呉の武将・政治家で、徐州臨淮郡東城県(現在の安徽省定遠県)の出身。その墓は清代まで存在し、江蘇省鎮江(ちんこう)の詩人らが度々訪れ往時をしのんだが、後の戦乱で所在がわからなくなっていた。ただ、鎮江の東の郊外にある大学山の旧「鎮江一中」(現在の鎮江市外国語学校)の校庭に魯粛の衣冠を埋葬した「衣冠墓」があったことから、1993年にその墓を市内長江河畔の北固山(ほっこざん)に移し魯粛墓とした。呉の猛将、太史慈(たいし・じ)の墓も隣にある。(鎮江=新華社配信/周嫄)=2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070902553

  • 2021年12月30日
    (11)花卉栽培で農村振興を後押し安徽省

    27日、安徽省滁州(じょしゅう)市定遠県の九梓花卉栽培拠点でガーベラを包装する従業員。中国安徽省の複数の花卉(かき)栽培拠点では真冬でもラベンダーやクレオメソウ、コチョウランなど色とりどりの花が咲き乱れている。同省は花卉産業を中心とした農村振興を進め、環境に配慮した高効率な農業を大いに発展させてきた。美しい花々が地元農民に富をもたらしている。(合肥=新華社配信/宋衛星)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123005323

  • 00:35.56
    2022年04月24日
    「新華社」安徽省で大規模内陸風力発電の建設進む設備容量は省最大

    中国安徽省滁州(じょしゅう)市定遠県呉圩(ごきょ)鎮の風力発電所建設現場でこのほど、36号風車のブレード取り付け作業が実施された。同発電所の総投資額は約18億元(1元=約20円)。3メガワット風車を84基設置する。総設備容量は252メガワットで、同省で最大の設備容量を持つ内陸風力発電所になる。建設プロジェクトはすでに風車の設置段階に入っている。完成すると年間5億キロワット時を電力網に送電する。毎年石炭(標準炭換算)約15万トンを節約し、二酸化炭素(CO2)排出約55万トンを削減できる。(記者/曹力) =配信日: 2022(令和4)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042409594

  • 2022年08月17日
    (1)地元の廃鉱を太陽光発電所に改造安徽省滁州市

    2日、太陽光発電所。中国安徽省滁州(じょしゅう)市定遠県の昊暉太陽光発電所は、廃鉱を改造して作られた。敷地面積約1100ムー(約73ヘクタール)、総設備容量34・74メガワット。送電大手の国家電網に年間で4235万キロワット時の電気を供給し、二酸化炭素(CO2)排出量を4万2200トン削減することができる。同県はここ数年、鉱山の整備を進める中で、新エネルギー開発と鉱山の生態系管理を結び付け、太陽光発電などのグリッド接続発電を十分に活用し、経済的利益と生態的利益の両立を実現している。(滁州=新華社配信/宋衛星)= 配信日: 2022(令和4)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081709871

  • 2022年08月17日
    (10)地元の廃鉱を太陽光発電所に改造安徽省滁州市

    2日、安徽省滁州市定遠県で、発電設備の保守点検を行うスタッフ。中国安徽省滁州(じょしゅう)市定遠県の昊暉太陽光発電所は、廃鉱を改造して作られた。敷地面積約1100ムー(約73ヘクタール)、総設備容量34・74メガワット。送電大手の国家電網に年間で4235万キロワット時の電気を供給し、二酸化炭素(CO2)排出量を4万2200トン削減することができる。同県はここ数年、鉱山の整備を進める中で、新エネルギー開発と鉱山の生態系管理を結び付け、太陽光発電などのグリッド接続発電を十分に活用し、経済的利益と生態的利益の両立を実現している。(滁州=新華社記者/曹力)= 配信日: 2022(令和4)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081709823

  • 2022年08月17日
    (6)地元の廃鉱を太陽光発電所に改造安徽省滁州市

    2日、安徽省滁州市定遠県で、発電設備の保守点検を行うスタッフ。(小型無人機から)中国安徽省滁州(じょしゅう)市定遠県の昊暉太陽光発電所は、廃鉱を改造して作られた。敷地面積約1100ムー(約73ヘクタール)、総設備容量34・74メガワット。送電大手の国家電網に年間で4235万キロワット時の電気を供給し、二酸化炭素(CO2)排出量を4万2200トン削減することができる。同県はここ数年、鉱山の整備を進める中で、新エネルギー開発と鉱山の生態系管理を結び付け、太陽光発電などのグリッド接続発電を十分に活用し、経済的利益と生態的利益の両立を実現している。(滁州=新華社配信/宋衛星)= 配信日: 2022(令和4)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081709817

  • 2022年08月17日
    (5)地元の廃鉱を太陽光発電所に改造安徽省滁州市

    2日、空から見た太陽光発電所。(小型無人機から)中国安徽省滁州(じょしゅう)市定遠県の昊暉太陽光発電所は、廃鉱を改造して作られた。敷地面積約1100ムー(約73ヘクタール)、総設備容量34・74メガワット。送電大手の国家電網に年間で4235万キロワット時の電気を供給し、二酸化炭素(CO2)排出量を4万2200トン削減することができる。同県はここ数年、鉱山の整備を進める中で、新エネルギー開発と鉱山の生態系管理を結び付け、太陽光発電などのグリッド接続発電を十分に活用し、経済的利益と生態的利益の両立を実現している。(滁州=新華社記者/曹力)= 配信日: 2022(令和4)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081709820

  • 2022年08月17日
    (8)地元の廃鉱を太陽光発電所に改造安徽省滁州市

    2日、空から見た太陽光発電所。(小型無人機から)中国安徽省滁州(じょしゅう)市定遠県の昊暉太陽光発電所は、廃鉱を改造して作られた。敷地面積約1100ムー(約73ヘクタール)、総設備容量34・74メガワット。送電大手の国家電網に年間で4235万キロワット時の電気を供給し、二酸化炭素(CO2)排出量を4万2200トン削減することができる。同県はここ数年、鉱山の整備を進める中で、新エネルギー開発と鉱山の生態系管理を結び付け、太陽光発電などのグリッド接続発電を十分に活用し、経済的利益と生態的利益の両立を実現している。(滁州=新華社記者/曹力)= 配信日: 2022(令和4)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081709826

  • 2022年08月17日
    (4)地元の廃鉱を太陽光発電所に改造安徽省滁州市

    2日、安徽省滁州市定遠県で、発電設備の保守点検を行うスタッフ。中国安徽省滁州(じょしゅう)市定遠県の昊暉太陽光発電所は、廃鉱を改造して作られた。敷地面積約1100ムー(約73ヘクタール)、総設備容量34・74メガワット。送電大手の国家電網に年間で4235万キロワット時の電気を供給し、二酸化炭素(CO2)排出量を4万2200トン削減することができる。同県はここ数年、鉱山の整備を進める中で、新エネルギー開発と鉱山の生態系管理を結び付け、太陽光発電などのグリッド接続発電を十分に活用し、経済的利益と生態的利益の両立を実現している。(滁州=新華社記者/曹力)= 配信日: 2022(令和4)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081709819

  • 2022年08月17日
    (11)地元の廃鉱を太陽光発電所に改造安徽省滁州市

    2日、空から見た太陽光発電所。(小型無人機から)中国安徽省滁州(じょしゅう)市定遠県の昊暉太陽光発電所は、廃鉱を改造して作られた。敷地面積約1100ムー(約73ヘクタール)、総設備容量34・74メガワット。送電大手の国家電網に年間で4235万キロワット時の電気を供給し、二酸化炭素(CO2)排出量を4万2200トン削減することができる。同県はここ数年、鉱山の整備を進める中で、新エネルギー開発と鉱山の生態系管理を結び付け、太陽光発電などのグリッド接続発電を十分に活用し、経済的利益と生態的利益の両立を実現している。(滁州=新華社記者/曹力)= 配信日: 2022(令和4)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081709822

  • 2022年08月17日
    (2)地元の廃鉱を太陽光発電所に改造安徽省滁州市

    2日、安徽省滁州市定遠県で、発電設備の保守点検を行うスタッフ。中国安徽省滁州(じょしゅう)市定遠県の昊暉太陽光発電所は、廃鉱を改造して作られた。敷地面積約1100ムー(約73ヘクタール)、総設備容量34・74メガワット。送電大手の国家電網に年間で4235万キロワット時の電気を供給し、二酸化炭素(CO2)排出量を4万2200トン削減することができる。同県はここ数年、鉱山の整備を進める中で、新エネルギー開発と鉱山の生態系管理を結び付け、太陽光発電などのグリッド接続発電を十分に活用し、経済的利益と生態的利益の両立を実現している。(滁州=新華社記者/曹力)= 配信日: 2022(令和4)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081709755

  • 2022年08月17日
    (3)地元の廃鉱を太陽光発電所に改造安徽省滁州市

    2日、空から見た太陽光発電所。(小型無人機から)中国安徽省滁州(じょしゅう)市定遠県の昊暉太陽光発電所は、廃鉱を改造して作られた。敷地面積約1100ムー(約73ヘクタール)、総設備容量34・74メガワット。送電大手の国家電網に年間で4235万キロワット時の電気を供給し、二酸化炭素(CO2)排出量を4万2200トン削減することができる。同県はここ数年、鉱山の整備を進める中で、新エネルギー開発と鉱山の生態系管理を結び付け、太陽光発電などのグリッド接続発電を十分に活用し、経済的利益と生態的利益の両立を実現している。(滁州=新華社配信/宋衛星)= 配信日: 2022(令和4)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081709760

  • 2022年08月17日
    (7)地元の廃鉱を太陽光発電所に改造安徽省滁州市

    2日、空から見た太陽光発電所。(小型無人機から)中国安徽省滁州(じょしゅう)市定遠県の昊暉太陽光発電所は、廃鉱を改造して作られた。敷地面積約1100ムー(約73ヘクタール)、総設備容量34・74メガワット。送電大手の国家電網に年間で4235万キロワット時の電気を供給し、二酸化炭素(CO2)排出量を4万2200トン削減することができる。同県はここ数年、鉱山の整備を進める中で、新エネルギー開発と鉱山の生態系管理を結び付け、太陽光発電などのグリッド接続発電を十分に活用し、経済的利益と生態的利益の両立を実現している。(滁州=新華社記者/曹力)= 配信日: 2022(令和4)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081709825

  • 2022年08月17日
    (9)地元の廃鉱を太陽光発電所に改造安徽省滁州市

    2日、空から見た太陽光発電所。(小型無人機から)中国安徽省滁州(じょしゅう)市定遠県の昊暉太陽光発電所は、廃鉱を改造して作られた。敷地面積約1100ムー(約73ヘクタール)、総設備容量34・74メガワット。送電大手の国家電網に年間で4235万キロワット時の電気を供給し、二酸化炭素(CO2)排出量を4万2200トン削減することができる。同県はここ数年、鉱山の整備を進める中で、新エネルギー開発と鉱山の生態系管理を結び付け、太陽光発電などのグリッド接続発電を十分に活用し、経済的利益と生態的利益の両立を実現している。(滁州=新華社記者/曹力)= 配信日: 2022(令和4)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081709821

  • 1