KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 成都平原
  • 文化財
  • 発見
  • 三星
  • 人々
  • 再現
  • 新石器時代
  • 生活
  • 研究

「宝墩文化」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
20
( 1 20 件を表示)
  • 1
20
( 1 20 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2022年01月23日
    (1)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された動物の骨格。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡として知られる。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012313821

  • 2022年01月23日
    (10)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された、文様入りの土器の破片。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314138

  • 2022年01月23日
    (3)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された土器のかまど。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314073

  • 2022年01月23日
    (13)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された宝墩期の集落の復元模型。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314187

  • 2022年01月23日
    (5)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された石器。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314090

  • 2022年01月23日
    (16)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館で、展示品を撮影する来場者。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314233

  • 2022年01月23日
    (17)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館で、展示品を見つめる来場者。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314234

  • 2022年01月23日
    (18)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館で、展示品を見つめる来場者。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314235

  • 2022年01月23日
    (8)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された土器。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314118

  • 2022年01月23日
    (7)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された建築材料。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314115

  • 2022年01月23日
    (2)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された土器。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡として知られる。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012313841

  • 2022年01月23日
    (15)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された住居の復元模型。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314206

  • 2022年01月23日
    (9)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された土器のかまど。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314137

  • 2022年01月23日
    (4)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された土器。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314069

  • 2022年01月23日
    (14)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された土器。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314208

  • 00:47.93
    2022年01月23日
    「新華社」4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡として知られる。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。同展は宝墩期の文化財やマルチメディア展示を通じて、「竹の骨組みと土壁」を持つ建物に住み、精巧に作られた陶鍋や陶製かまどを使い、米やブドウなどを食べ、豚などの家畜を飼い始めた4500年前の人々の生活を再現している。展示品の中には、4千年以上前の長さ約1・04メートルの象牙の杖や、象牙製の牌飾(はいしょく、装飾品)なども含まれている。(記者/楊華、童芳) =配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012313762

  • 2022年01月23日
    (6)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、古蜀国の人々が田んぼで農作業をする様子を再現したコーナー。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314114

  • 2022年01月23日
    (12)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された石器。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314167

  • 2022年01月23日
    (11)4500年前の暮らし生き生きと成都市で宝墩遺跡展が開幕

    21日、宝墩遺址展館に展示された象牙の杖。中国四川省成都市新津(しんしん)区の宝墩(ほうとん)遺址展館で21日、「宝墩遺跡と宝墩文化展」が開幕した。同展は貴重な文化財を通じて4500年前の長江上流地域で暮らしていた人々の生活を生き生きと再現している。1995年に発見された宝墩古城遺跡は、長江上流地域でこれまで発見された中で、最も時代が古く、最大の面積を持つ新石器時代の都市遺跡。宝墩古城を代表とする宝墩文化は、多元一体の中華文明の重要な構成部分と考えられている。同古城は成都平原の稲作文明発祥の地でもあり、三星堆文明の起源を研究する上での重要な手がかりにもなっている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2022(令和4)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012314156

  • 2022年01月25日
    (4)成都市で宝墩遺跡文化展26年前に中日合同調査隊が発掘

    21日、宝墩文化期の紅橋村遺跡から出土した象牙の杖のレプリカ。中国四川省成都市新津区の宝墩(ほうとん)遺跡展示館で、21日から「天府之根-宝墩遺跡文化展」が開かれている。4500年の長きにわたり地中に埋もれていた土器や石器、象牙の杖、炭化稲など貴重な文化財が一般公開されており、中でも宝墩古城遺跡から出土した土器のかまど「陶竈(とうそう)」は、成都平原でこれまでに発見された最古の陶竈だという。宝墩遺跡は、成都の市街地から約40キロ離れた新津区宝墩村にある。1996年に成都市考古隊や日本の早稲田大学などからなる中日合同考古学調査チームが発掘調査を実施。数カ月の調査で約60万平方メートルの都市遺跡を確認した。成都平原、さらには西南地区最大の先史時代の都市遺跡となる。(成都=新華社配信/陸超凡)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012513236

  • 1