KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 発見
  • 人々
  • 専門家
  • 記録
  • 説明
  • 実施
  • 分布
  • 国家

「実地調査」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
206
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
206
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  森永ドライミルク中毒事件
    1955年08月28日
    森永ドライミルク中毒事件

    森永製菓徳島工場を実地調査する徳島県衛生部の係官=1955(昭和30)年8月28日 (30年内地番号なし)

    商品コード: 2012081400176

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1955年08月28日
    森永ヒ素ミルク事件

    森永徳島工場を実地調査する徳島県衛生部員=1955(昭和30)年8月28日

    商品コード: 2006091200388

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:28.54
    1968年03月17日
    「中日映画社」地震予知への闘い

    地震予知への闘い、気象庁では情報収集。東大地震研究所では観測所を新設。<映像内容>十勝沖地震で倒壊しそうな建物 歪んだ線路 気象庁データ収集 地震が続く松代の実地調査 観測機から収集した世界初の記録 記録されていく様子 学会で発表する教授、※撮影日不明・公開日:1968年(昭和43年)5月17日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2017112100257

  • 事故調査委が記者会見 動燃再処理工場爆発事故
    1997年03月17日
    事故調査委が記者会見 動燃再処理工場爆発事故

    事故現場の実地調査を終え、記者会見する科技庁の火災爆発事故調査委員会主査の金川昭名古屋大学名誉教授(中央)ら=17日午後7時40分、茨城県東海村の動燃東海事業所

    商品コード: 1997031700095

  • 自民党過疎対策特別委 都市部から不満の声
    1999年03月30日
    自民党過疎対策特別委 都市部から不満の声

    )、内政402S、4月3日付朝刊以降使用、解禁厳守、モノクロのみ  自民党過疎対策特別委員会の実地調査で関係自治体首長の意見を聞く谷洋一委員長(奥左から2人目)=2月24日、札幌市内のホテル

    商品コード: 1999033000045

  • 遺骨に手を合わせる調査団 日韓両政府が初の実地調査
    2006年08月07日
    遺骨に手を合わせる調査団 日韓両政府が初の実地調査

    遺骨の前で手を合わせる日韓両政府の調査団=7日午前、福岡県田川市

    商品コード: 2006080700045

  • 地対空誘導弾パトリオット PAC3運用へ実地調査
    2007年08月29日
    地対空誘導弾パトリオット PAC3運用へ実地調査

    地対空誘導弾パトリオット(PAC3)。手前は発射装置、右奥がレーダー装置=4月、埼玉県入間基地

    商品コード: 2007082900330

  • 河野匡男子マラソン部長 自らの足で実地調査
    2007年10月19日
    河野匡男子マラソン部長 自らの足で実地調査

    北京国際マラソンで、マラソンに初挑戦する日本陸連の河野匡男子マラソン部長=19日、北京(共同)

    商品コード: 2007101900112

  • 設置されたアンテナ PAC3運用で実地調査
    2008年01月15日
    設置されたアンテナ PAC3運用で実地調査

    地対空誘導弾パトリオットの展開を前に、電波状態を確認するため設置されたアンテナ=14日夜、東京・新宿御苑

    商品コード: 2008011500008

  • アンテナの設営作業 PAC3運用で実地調査
    2008年01月15日
    アンテナの設営作業 PAC3運用で実地調査

    地対空誘導弾パトリオットの展開を前に、電波状態を調査するためアンテナを設営する自衛隊員=14日夜、東京・新宿御苑

    商品コード: 2008011500009

  • 木箱を調べる調査団 遺骨返還へ日韓が実地調査
    2008年10月15日
    木箱を調べる調査団 遺骨返還へ日韓が実地調査

    住職(奥)の説明を受けながら、遺骨の入った木箱を調べる調査団=15日午後、北海道むかわ町の梅渓寺

    商品コード: 2008101500221

  • 洞門を歩く参加者ら 迫る両壁にコケがびっしり
    2009年08月08日
    洞門を歩く参加者ら 迫る両壁にコケがびっしり

    「苔の洞門」実地調査で、コケで覆われた内部を歩く参加者ら=8日午前、北海道千歳市

    商品コード: 2009080800181

  • 苔の洞門を歩く参加者ら 迫る両壁にコケがびっしり
    2009年08月08日
    苔の洞門を歩く参加者ら 迫る両壁にコケがびっしり

    「苔の洞門」実地調査で、コケで覆われた内部を歩く参加者ら=8日午前、北海道千歳市

    商品コード: 2009080800182

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月09日
    発言する川上審議官 厚労、文科両省が東大調査

    東大で行われた実地調査の冒頭、発言する文科省の川上伸昭政策評価審議官=9日午後、東京都文京区

    商品コード: 2013080900642

  • 実地調査 「ウナギ目線で実態探る」
    2014年07月15日
    実地調査 「ウナギ目線で実態探る」

    予備調査でウナギを捕獲する北里大の吉永龍起講師(右)ら=15日午後、神奈川県小田原市

    商品コード: 2014071500728

  •  貴州省の双河洞、総延長更新で「アジア一長い洞窟」に
    2016年10月05日
    貴州省の双河洞、総延長更新で「アジア一長い洞窟」に

    2016年10月5日、貴州省遵義市綏陽県にある双河洞内部。中国貴州省遵義市の洞窟、双河洞の実地調査に関する記者会見が24日開かれ、考証の結果、双河洞の総延長が更新され238・48キロになったことが明らかになった。これにより、マレーシアのクリアウォーター洞窟を抜き、アジアで最も長い洞窟となった。(貴陽=羅星漢)=2016(平成28)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032700557

  •  貴州省の双河洞、総延長更新で「アジア一長い洞窟」に
    2016年10月05日
    貴州省の双河洞、総延長更新で「アジア一長い洞窟」に

    2016年10月5日、貴州省遵義市綏陽県にある双河洞を観光する観光客。中国貴州省遵義市の洞窟、双河洞の実地調査に関する記者会見が24日開かれ、考証の結果、双河洞の総延長が更新され238・48キロになったことが明らかになった。これにより、マレーシアのクリアウォーター洞窟を抜き、アジアで最も長い洞窟となった。(貴陽=羅星漢)=2016(平成28)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032700566

  •  貴州省の双河洞、総延長更新で「アジア一長い洞窟」に
    2016年10月05日
    貴州省の双河洞、総延長更新で「アジア一長い洞窟」に

    2016年10月5日、貴州省遵義市綏陽県にある双河洞を観光する観光客。中国貴州省遵義市の洞窟、双河洞の実地調査に関する記者会見が24日開かれ、考証の結果、双河洞の総延長が更新され238・48キロになったことが明らかになった。これにより、マレーシアのクリアウォーター洞窟を抜き、アジアで最も長い洞窟となった。(貴陽=羅星漢)=2016(平成28)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032700581

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月15日
    大学生が起業帰郷しロバを飼育

    3月15日、張掖市甘州区靖安郷のロバ飼育基地で、ロバ舎を見回る同基地の職員と普賢さん(右)。普賢さんは1984生まれ。本来の専門は建築学だが、2015年に故郷である中国甘粛省張掖市甘州区の靖安郷でロバの飼育基地を立ち上げた。「2015年は母の体調が思わしくなく、阿膠(山東省東阿県で作られる上質のにかわ。漢方薬などに用いる)を買ってあげた時に阿膠の価格が高騰したことから、ロバの飼育には未来性があると思った。」普賢さんは、商機に気づいてから山東省、新疆ウイグル自治区などへ実地調査に行き、まずはロバの赤ちゃん300頭を購入して、起業の第一歩を踏み出した。ロバは300頭から現在の3千頭まで増え、普賢さんは独学でロバ飼育に関する知識を学んでいる。彼はまた、山東省と新疆ウイグル自治区の企業数社と提携関係を結び、ロバ乳、ロバの皮、ロバ肉などの農産物を続々と売り出していくという。ここの数年、彼が帰郷しロバを飼育し始めてから、200余りの農家もロバを飼育するようになった。普賢さんは2016年に張掖市の「イノベーションと創業・行動する青年」先進個人と呼ばれる名誉な賞を受賞している。(張掖=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031900948

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月15日
    大学生が起業帰郷しロバを飼育

    3月15日、張掖市甘州区靖安郷のロバ飼育基地で、病気のロバにミルクを飲ませる飼育員を手助けする普賢さん(右)。普賢さんは1984生まれ。本来の専門は建築学だが、2015年に故郷である中国甘粛省張掖市甘州区の靖安郷でロバの飼育基地を立ち上げた。「2015年は母の体調が思わしくなく、阿膠(山東省東阿県で作られる上質のにかわ。漢方薬などに用いる)を買ってあげた時に阿膠の価格が高騰したことから、ロバの飼育には未来性があると思った。」普賢さんは、商機に気づいてから山東省、新疆ウイグル自治区などへ実地調査に行き、まずはロバの赤ちゃん300頭を購入して、起業の第一歩を踏み出した。ロバは300頭から現在の3千頭まで増え、普賢さんは独学でロバ飼育に関する知識を学んでいる。彼はまた、山東省と新疆ウイグル自治区の企業数社と提携関係を結び、ロバ乳、ロバの皮、ロバ肉などの農産物を続々と売り出していくという。ここの数年、彼が帰郷しロバを飼育し始めてから、200余りの農家もロバを飼育するようになった。普賢さんは2016年に張掖市の「イノベーションと創業・行動する青年」先進個人と呼ばれる名誉な賞を受賞している。(張掖=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031900923

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月15日
    新疆霍城県、絶滅危惧種ヨツユビリクガメの保護を強化

    15日、新疆ウイグル自治区霍城ヨツユビリクガメ国家級自然保護区で餌を探すヨツユビリクガメ。ヨツユビリクガメは中国の国家一級重点保護動物であり、中国では新疆ウイグル自治区霍城県にしか生息していない。同自治区霍城ヨツユビリクガメ国家級自然保護区管理局によると、保護区の実地調査を行った2017年以降、保護区内にある人類活動地点60カ所以上を整理改善し、ヨツユビリクガメや他の希少種の生存環境を積極的に回復した。さらに保護区の見回りを強化し、牧草地開墾など保護区内の生態環境を破壊する違法行為を厳しく取り締まり、ヨツユビリクガメの人工飼育への取り組みにも力を入れているという。(霍城=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041900195

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月15日
    新疆霍城県、絶滅危惧種ヨツユビリクガメの保護を強化

    15日、新疆ウイグル自治区霍城ヨツユビリクガメ国家級自然保護区内を見回りする管理局の職員。ヨツユビリクガメは中国の国家一級重点保護動物であり、中国では新疆ウイグル自治区霍城県にしか生息していない。同自治区霍城ヨツユビリクガメ国家級自然保護区管理局によると、保護区の実地調査を行った2017年以降、保護区内にある人類活動地点60カ所以上を整理改善し、ヨツユビリクガメや他の希少種の生存環境を積極的に回復した。さらに保護区の見回りを強化し、牧草地開墾など保護区内の生態環境を破壊する違法行為を厳しく取り締まり、ヨツユビリクガメの人工飼育への取り組みにも力を入れているという。(霍城=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041900203

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月15日
    新疆霍城県、絶滅危惧種ヨツユビリクガメの保護を強化

    15日、新疆ウイグル自治区霍城ヨツユビリクガメ国家級自然保護区の一部。(ドローンで撮影)ヨツユビリクガメは中国の国家一級重点保護動物であり、中国では新疆ウイグル自治区霍城県にしか生息していない。同自治区霍城ヨツユビリクガメ国家級自然保護区管理局によると、保護区の実地調査を行った2017年以降、保護区内にある人類活動地点60カ所以上を整理改善し、ヨツユビリクガメや他の希少種の生存環境を積極的に回復した。さらに保護区の見回りを強化し、牧草地開墾など保護区内の生態環境を破壊する違法行為を厳しく取り締まり、ヨツユビリクガメの人工飼育への取り組みにも力を入れているという。(霍城=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041900208

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月15日
    新疆霍城県、絶滅危惧種ヨツユビリクガメの保護を強化

    15日、新疆ウイグル自治区霍城ヨツユビリクガメ国家級自然保護区で撮影されたヨツユビリクガメ。ヨツユビリクガメは中国の国家一級重点保護動物であり、中国では新疆ウイグル自治区霍城県にしか生息していない。同自治区霍城ヨツユビリクガメ国家級自然保護区管理局によると、保護区の実地調査を行った2017年以降、保護区内にある人類活動地点60カ所以上を整理改善し、ヨツユビリクガメや他の希少種の生存環境を積極的に回復した。さらに保護区の見回りを強化し、牧草地開墾など保護区内の生態環境を破壊する違法行為を厳しく取り締まり、ヨツユビリクガメの人工飼育への取り組みにも力を入れているという。(霍城=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041900232

  •  「新華社」長江河口の崇明島周辺でスナメリを観測愛らしさで人々を魅了
    03:46.66
    2019年01月22日
    「新華社」長江河口の崇明島周辺でスナメリを観測愛らしさで人々を魅了

    中国上海市の崇明島附近でこのほど実施された海上パトロールで、小型イルカの長江スナメリの群れが発見され、現場は喜びに沸いた。絶滅危惧種で国家一級保護動物に指定される長江スナメリは、個体数が極めて少なく、めったに見られないことから「長江のパンダ」とも呼ばれている。研究チームの長年にわたる実地調査により、長江河口の崇明島西側の東風西沙水域に約30頭の長江スナメリが生息していることが分かった。同島西部水域においてここ数年で新たに発見された個体群だという。パトロール中に現れたスナメリもこの群れの一部だ。2012年に行われた調査では、長江スナメリ個体群は千頭に満たず、極めて深刻な状況に直面していた。専門家は水質のよい場所にしか生息できない長江スナメリが長江河口で頻繁に出現するようになったことについて、同水域の環境保護が成果を上げている証拠との見方を示す。(記者/呉霞、岑志連)<映像内容>長江スナメリの群れを発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202070

  •  「新華社」中国の昆虫専門家、体長6センチの巨大スズメバチを発見
    00:39.35
    2019年03月07日
    「新華社」中国の昆虫専門家、体長6センチの巨大スズメバチを発見

    中国四川省の成都華希昆虫博物館の昆虫専門家がこのほど、雲南省普洱(ふじ)市とミャンマーとの境界地域で、これまでに知られている中で最大となるスズメバチを発見した。この中国オオスズメバチ(Vespamandarinia)は世界で最も大きなスズメバチの種で、一般にスズメバチもしくはオオスズメバチと呼ばれている。主な生息地はアジア東部と南部の温帯・亜熱帯地域となっている。同博物館が雲南省で実地調査を行った際、普洱地域に巨大な中国オオスズメバチが存在することを発見した。体長は6センチを超えており、羽を広げると9・35センチに達した。この大きさは、世界でこれまでに知られている5千種以上のスズメバチの中で最大で、記録を更新した。普洱地域の中国オオスズメバチがなぜこれほど巨大なのかについて、同博物館の趙力(ちょう・りき)館長は、普洱地域は北回帰線付近に位置し、冬が非常に短いため、エサを捕食し成長する期間がほかの分布地のスズメバチよりも長いからではないかと推測している。他のスズメバチが木の上に巣を作るのとは異なり、これらの巨大なスズメバチは、地面の下に巣を作る。台湾地区ではかつて、土中のハチの巣を誤って踏みつけた牛が刺されて死んだ事件が何度も報道されていた。オオスズメバチのさなぎは味が良いので、雲南省などの地元の村人は、ハチの視力が低下して攻撃能力が大幅に弱まった夜間に、ハチの巣を掘り起こしてさなぎを捕まえている。趙氏は、今回発見された超巨大な中国オオスズメバチが、独立した亜種あるいは種なのかどうかを証明するため、さらに研究を進めると述べた。(記者/李倩薇)<映像内容>中国で発見されたこれまでで最大のスズメバチの標本、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714674

  •  習近平氏、重慶市を視察
    2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701097

  •  習近平氏、重慶市を視察
    2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村の農家を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701091

  •  習近平氏、重慶市を視察
    2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村の農家を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701107

  •  習近平氏、重慶市を視察
    2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村の農家を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701105

  •  習近平氏、重慶市を視察
    2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村の農家を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701104

  •  習近平氏、重慶市を視察
    2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村の農地を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/鞠鵬)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701110

  •  習近平氏、重慶市を視察
    2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査するため、徒歩で農家へと向かう習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/謝環馳)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701095

  •  習近平氏、重慶市を視察
    2019年04月15日
    習近平氏、重慶市を視察

    15日、重慶市石柱トゥチャ族自治県華溪村を訪れ、貧困脱却の堅塁攻略の進展と「両不愁三保障」(衣食の心配をなくし、義務教育・基礎医療・住宅安全を保障する)での際立った課題への取り組みを実地調査するため、徒歩で農家へと向かう習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は15日、重慶市を視察し、調査・研究を行った。(重慶=新華社記者/王曄)=2019(平成31)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701058

  •  「新華社」彩色水墨画で「一帯一路」がテーマの山水画を描く
    02:24.96
    2019年04月19日
    「新華社」彩色水墨画で「一帯一路」がテーマの山水画を描く

    李恒(り・こう)氏は中国の国家一級美術師で、墨彩の山水画を得意とする画家だ。2013年、「一帯一路」構想に創作のインスピレーションを受け、作品のイメージを膨らませた。2016年初頭から李氏は創作を開始し、知識面の研究と実地調査を行った後、「一国一山水」をテーマに描き始めた。李氏は中国山水画の墨筆の線と西洋美術の光を組み合わせ、見聞きした美しい景色を一つ一つ素晴らしい絵巻に変えていった。現在までに計116点の作品を描き、65の国と地域の風土や人情を表現している。(記者/田晨旭、樊攀)<映像内容>墨彩の山水画の制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041904869

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:58.24
    2019年04月21日
    「新華社」台湾出身デザイナー、農村振興に助力福建省

    農村振興のために泊まり込みで研修する「同心杯」キャンプに参加している両岸(中国の大陸と台湾)の青年30人余りが21日、福建省福州市永泰県の長慶鎮で調査研究を行った。参加者はクリエーティブデザイナー、建築デザイナー、ブランドビルダーなどで、永泰県の農村で実地調査を行い、講座やセミナーを通じて農村振興の道を探る。台湾博森設計工程有限公司(BosonDesign)の李潘竜(り・はんりゅう)責任者らのグループが訪れたのは長慶鎮の中洋村。同地の気候は、落花生の栽培に適しており、村は200ムー(約13・3ヘクタール)以上の土地を投入し、農家78戸を落花生栽培拠点に引き入れた。地元の村民は、台湾のパイナップルケーキなど農産品の経験を参考にして生産高の増加を望んでいる。李さんは、大陸の農村は広々としていて、台湾の青年にとって理想的な実習、就職、起業の空間で、両岸の知恵と力を融合させ、青年同士の交流を確実に深めるのに役立つとの見方を示した。(記者/陳旺)<映像内容>農村振興のための実地調査などの様子、撮影日:2019(平成31)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042400999

  •  空撮 小島消失か、調査始まる 領海狭まる恐れも、北海道
    01:25.08
    2019年05月20日
    空撮 小島消失か、調査始まる 領海狭まる恐れも、北海道

    第1管区海上保安本部(小樽)は20日、北海道猿払村の沖約500メートルにあるとされる「エサンベ鼻北小島」が波や流氷による浸食で消失した可能性があるとして、実地調査を始めた。24日までの予定で、結果によって領海が狭まる恐れもある。〈映像内容〉エサンベ鼻北小島とみられる岩場のドローン映像、北海道猿払村の浜鬼志別漁港で出港前に測量方法などを説明する海保の担当者、出港の様子、作業中の船のドローン映像、撮影日:2019(令和元)年5月20日、撮影場所:北海道猿払村 沖

    商品コード: 2019052100307

  • 海上保安官を乗せた小型船 小島消失か、調査始まる
    2019年05月20日
    海上保安官を乗せた小型船 小島消失か、調査始まる

    海上保安官らによる実地調査が始まった北海道猿払村の沖約500㍍にあるとされる「エサンベ鼻北小島」付近=20日午後(小型無人機から)

    商品コード: 2019052002552

  • 「エサンベ鼻北小島」付近 小島消失か、調査始まる
    2019年05月20日
    「エサンベ鼻北小島」付近 小島消失か、調査始まる

    海上保安官らによる実地調査が始まった北海道猿払村の沖約500㍍にあるとされる「エサンベ鼻北小島」付近=20日午後(小型無人機から)

    商品コード: 2019052002553

  • 「エサンベ鼻北小島」付近 小島消失か、調査始まる
    2019年05月20日
    「エサンベ鼻北小島」付近 小島消失か、調査始まる

    海上保安官らによる実地調査が始まった北海道猿払村の沖約500㍍にあるとされる「エサンベ鼻北小島」付近=20日午後(小型無人機から)

    商品コード: 2019052002643

  •  小島消失か、実地調査終了
    2019年05月24日
    小島消失か、実地調査終了

    北海道猿払村、「エサンベ鼻北小島」があるとされる場所

    商品コード: 2019052401325

  •  小島消失か、実地調査終了
    2019年05月24日
    小島消失か、実地調査終了

    北海道猿払村、「エサンベ鼻北小島」があるとされる場所

    商品コード: 2019052401326

  •  小島消失か、実地調査終了
    2019年05月24日
    小島消失か、実地調査終了

    北海道猿払村、「エサンベ鼻北小島」があるとされる場所

    商品コード: 2019052401327

  •  小島消失か、実地調査終了
    2019年05月24日
    小島消失か、実地調査終了

    北海道猿払村、「エサンベ鼻北小島」があるとされる場所

    商品コード: 2019052401328

  •  青台遺跡の「北斗九星」、5千年以上前の天文遺構と確認河南省鄭州市
    2019年06月20日
    青台遺跡の「北斗九星」、5千年以上前の天文遺構と確認河南省鄭州市

    河南省鄭州市の青台遺跡の「北斗九星」遺構で実地調査をする専門家。(資料写真)中国河南省鄭州市の青台遺跡で見つかった「北斗九星」を模した遺構が5千年以上前の仰韶(ぎょうしょう)文化中期の天文遺構だったことが20日、専門家により確認された。中国の天体観測による時間計測の歴史は、これまで考えられていたよりも千年近く遡ることになる。(鄭州=新華社配信/鄭州市文物局提供)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:鄭州市文物局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006061

  •  習近平氏、甘粛省を視察
    2019年08月19日
    習近平氏、甘粛省を視察

    19日、敦煌市にある全国重点文化財保護単位(国の重要文化財)「莫高窟」を訪れ、文化財の保護や研究、優れた歴史文化の発揚などの状況を実地調査する習近平氏(左)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は19日、甘粛省を視察した。(蘭州=新華社記者/鞠鵬)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001884

  •  習近平氏、甘粛省を視察
    2019年08月19日
    習近平氏、甘粛省を視察

    19日、敦煌市にある全国重点文化財保護単位(国の重要文化財)「莫高窟」を訪れ、文化財の保護や研究、優れた歴史文化の発揚などの状況を実地調査する習近平氏(中央)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は19日、甘粛省を視察した。(蘭州=新華社記者/鞠鵬)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001837

  •  習近平氏、甘粛省を視察
    2019年08月19日
    習近平氏、甘粛省を視察

    19日、敦煌市にある全国重点文化財保護単位(国の重要文化財)「莫高窟」を訪れ、文化財の保護や研究、優れた歴史文化の発揚などの状況を実地調査する習近平氏(左)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は19日、甘粛省を視察した。(蘭州=新華社記者/鞠鵬)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001831

  •  習近平氏、甘粛省を視察
    2019年08月19日
    習近平氏、甘粛省を視察

    19日、敦煌市にある全国重点文化財保護単位(国の重要文化財)「莫高窟」を訪れ、文化財の保護や研究、優れた歴史文化の発揚などの状況を実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は19日、甘粛省を視察した。(蘭州=新華社記者/謝環馳)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001870

  •  習近平氏、甘粛省を視察
    2019年08月19日
    習近平氏、甘粛省を視察

    19日、敦煌市にある全国重点文化財保護単位(国の重要文化財)「莫高窟」を訪れ、文化財の保護や研究、優れた歴史文化の発揚などの状況を実地調査する習近平氏(前列左)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は19日、甘粛省を視察した。(蘭州=新華社記者/謝環馳)=2019(令和元)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001782

  •  「新華社」長方形の配石墓葬群が初出土内モンゴル自治区
    01:20.06
    2019年10月03日
    「新華社」長方形の配石墓葬群が初出土内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区アルシャー盟(阿拉善盟)文物局はこのほど、アルシャー左旗(阿拉善左旗)の吉蘭泰(きつらんたい)鎮およびアルシャー右旗(阿拉善右旗)のタムスフラク・スムで新たに見つかった岩絵やのろし台、墓葬群などの文化遺跡6カ所を実地踏査したところ、重大な発見が得られたと明らかにした。今回の調査は、吉蘭泰鎮内のコレンノール遺跡、タムスフラク・スム・ハオベイルの岩絵と墓葬群、アメンウス墓葬群、ブストゥののろし台、上魯の配石遺跡を対象として実施された。うち、集中的に分布し、比較的保存状態の良い長方形の配石墓葬群2カ所が同盟で初めて発見された。今回、実地調査が行われた遺跡の一つ、コレンノール亭障(邊境の塞)跡は、典型的な漢代(紀元前202年~220年)のものとみられる。また、発掘作業員が同地から西南に約50メートル離れた地点で、大量の灰陶(かいとう、中国の灰青色土器)の破片や青銅製の矢尻、印鈕(いんちゅう、印章のつまみの部分)、漢代の五銖銭(ごしゅせん、中国古代に流通した貨幣)などの実物、および西夏(1038~1227年)、元(1271年~1368年)の陶器片を発見している。地元文物局の職員は、この亭障跡が学術的価値の高い遺跡と判断している。注目すべきなのは、今回の実地踏査でハオベイル墓葬群から6キロメートル離れた地点で岩絵が発見されたことだ。岩絵に描かれた記号や人面像などの抽象的な図像および墓葬群が、当時の人々の原始的な信仰や宗教文化を体現しており、初期の遊牧民族の葬送文化を研究する上で重要な価値を持つ。(記者/張晟)<映像内容>中国内モンゴル自治区で比較的保存状態の良い長方形の配石墓葬群が初出土、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100301720

  •  無錫博物院で文化財をモチーフにした若手芸術家の創作展
    2020年01月14日
    無錫博物院で文化財をモチーフにした若手芸術家の創作展

    若手芸術家の顔有為(がん・ゆうい)さんが土と砂を使って描いた壁画「遯谷新解」。無錫博物院収蔵品の研究と実地調査を踏まえ、明代の画家、張復(ちょう・ふく)の「西林園景遯谷」をモチーフにして創作した作品。(1月14日撮影)「国際博物館の日」を迎えた18日、中国江蘇省無錫市の無錫博物院で「与古為新-2020芸術新空間特別展」が開幕した。中国で新型コロナウイルス対策が取られて以降、同院が開催する初の展覧会となる。(無錫=新華社配信)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104638

  •  中国最長の海底地下鉄トンネルが貫通山東省青島
    2020年01月19日
    中国最長の海底地下鉄トンネルが貫通山東省青島

    19日、海底地下鉄トンネルの貫通現場で実地調査をする技術作業員。中国山東省青島市の地下鉄8号線建設工事で19日、大洋駅側と青島北駅側から掘削してきたトンネルが無事に接合し、長さ5・4キロの海底地下鉄トンネルが貫通した。中国の海底横断地下鉄トンネルとして最長となる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322802

  •  中国最長の海底地下鉄トンネルが貫通山東省青島
    2020年01月19日
    中国最長の海底地下鉄トンネルが貫通山東省青島

    19日、海底地下鉄トンネルの貫通現場で実地調査をする技術作業員。中国山東省青島市の地下鉄8号線建設工事で19日、大洋駅側と青島北駅側から掘削してきたトンネルが無事に接合し、長さ5・4キロの海底地下鉄トンネルが貫通した。中国の海底横断地下鉄トンネルとして最長となる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322781

  •  「新華社」1800年続いた「崖葬」を今に伝える崖墓陝西省商洛市
    00:56.96
    2020年03月28日
    「新華社」1800年続いた「崖葬」を今に伝える崖墓陝西省商洛市

    断崖や岩壁に掘られた墓、崖墓(がいぼ)は「巴人洞」とも呼ばれる。中国陝西省商洛市には4千基近くの崖墓が分布しており、その多くが急峻な崖に掘られている。考古学者によれば、最も早期に造られた商洛崖墓は約1800年前の後漢末期のもので、墓の造成作業が魏晋南北朝時代を経て明清代まで続けられたという。崖墓群の発掘により、同地域における文化の変遷や埋葬風習に関する研究の促進が期待される。秦嶺山脈東部の南麓に位置する同市では、考古学者が2013年から崖墓の実地調査を行ってきた。これまでに崖墓群722カ所が発見され、計3936基の崖墓が丹江上流域を中心に南北に分散しているのが確認されている。(記者/陳昌奇、李亜楠)<映像内容>陝西省商洛市の崖墓の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040300610

  •  秦嶺山脈北麓で1万株超の野生のラン発見陝西省
    2020年04月13日
    秦嶺山脈北麓で1万株超の野生のラン発見陝西省

    13日、秦嶺国家植物園に自生するイッケイキュウカ。中国陝西省西安市郊外にある秦嶺国家植物園でこのほど、園内保護区の実地調査を行っていた研究員が1万株を超えるイッケイキュウカ(一茎九花、学名:CymbidiumfaberiRolfe)が自生しているのを発見した。生育状態は良好で、約40ムー(約2・7ヘクタール)にわたる群生地の環境も整っている。同省林業局が14日、明らかにした。イッケイキュウカは中国に分布するラン科シュンラン属の地生多年草で、観賞用に鉢植えで栽培されることもある。(西安=新華社配信/邢小宇)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042002958

  •  秦嶺山脈北麓で1万株超の野生のラン発見陝西省
    2020年04月13日
    秦嶺山脈北麓で1万株超の野生のラン発見陝西省

    13日、秦嶺国家植物園に自生するイッケイキュウカ。中国陝西省西安市郊外にある秦嶺国家植物園でこのほど、園内保護区の実地調査を行っていた研究員が1万株を超えるイッケイキュウカ(一茎九花、学名CymbidiumfaberiRolfe)が自生しているのを発見した。生育状態は良好で、約40ムー(約2・7ヘクタール)にわたる群生地の環境も整っている。同省林業局が14日、明らかにした。イッケイキュウカは中国に分布するラン科シュンラン属の地生多年草で、観賞用に鉢植えで栽培されることもある。(西安=新華社配信/邢小宇)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003018

  •  コリバス属の植物、雲南省騰衝市で発見
    2020年07月11日
    コリバス属の植物、雲南省騰衝市で発見

    11日、雲南省騰衝市で発見された「コリバス・シニイ」。中国雲南省騰衝(とうしょう)市の高黎貢山山系でこのほど、研究者が野生の「ヒマラヤコリバス」の群生地を発見した。実地調査でさらに同じコリバス属の絶滅危惧植物「コリバス・シニイ」の群生地も見つかった。群生地はいずれも同市で初めての記録。高黎貢山南部ではこれまでに大理コリバス、ヒマラヤコリバス、コリバス・シニイという3種類のコリバス属植物が発見されている。(騰衝=新華社配信/畢争)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703383

  •  コリバス属の植物、雲南省騰衝市で発見
    2020年07月11日
    コリバス属の植物、雲南省騰衝市で発見

    11日、雲南省騰衝市で発見された「ヒマラヤコリバス」。中国雲南省騰衝(とうしょう)市の高黎貢山山系でこのほど、研究者が野生の「ヒマラヤコリバス」の群生地を発見した。実地調査でさらに同じコリバス属の絶滅危惧植物「コリバス・シニイ」の群生地も見つかった。群生地はいずれも同市で初めての記録。高黎貢山南部ではこれまでに大理コリバス、ヒマラヤコリバス、コリバス・シニイという3種類のコリバス属植物が発見されている。(騰衝=新華社配信/畢争)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703517

  •  コリバス属の植物、雲南省騰衝市で発見
    2020年07月11日
    コリバス属の植物、雲南省騰衝市で発見

    11日、雲南省騰衝市で発見された「ヒマラヤコリバス」。中国雲南省騰衝(とうしょう)市の高黎貢山山系でこのほど、研究者が野生の「ヒマラヤコリバス」の群生地を発見した。実地調査でさらに同じコリバス属の絶滅危惧植物「コリバス・シニイ」の群生地も見つかった。群生地はいずれも同市で初めての記録。高黎貢山南部ではこれまでに大理コリバス、ヒマラヤコリバス、コリバス・シニイという3種類のコリバス属植物が発見されている。(騰衝=新華社配信/畢争)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703404

  •  コリバス属の植物、雲南省騰衝市で発見
    2020年07月11日
    コリバス属の植物、雲南省騰衝市で発見

    11日、雲南省騰衝市で発見された「ヒマラヤコリバス」(上2株)と「コリバス・シニイ」(右下)。中国雲南省騰衝(とうしょう)市の高黎貢山山系でこのほど、研究者が野生の「ヒマラヤコリバス」の群生地を発見した。実地調査でさらに同じコリバス属の絶滅危惧植物「コリバス・シニイ」の群生地も見つかった。群生地はいずれも同市で初めての記録。高黎貢山南部ではこれまでに大理コリバス、ヒマラヤコリバス、コリバス・シニイという3種類のコリバス属植物が発見されている。(騰衝=新華社配信/畢争)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703500

  •  コリバス属の植物、雲南省騰衝市で発見
    2020年07月11日
    コリバス属の植物、雲南省騰衝市で発見

    11日、雲南省騰衝市で発見された「コリバス・シニイ」。中国雲南省騰衝(とうしょう)市の高黎貢山山系でこのほど、研究者が野生の「ヒマラヤコリバス」の群生地を発見した。実地調査でさらに同じコリバス属の絶滅危惧植物「コリバス・シニイ」の群生地も見つかった。群生地はいずれも同市で初めての記録。高黎貢山南部ではこれまでに大理コリバス、ヒマラヤコリバス、コリバス・シニイという3種類のコリバス属植物が発見されている。(騰衝=新華社配信/畢争)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703399

  •  コリバス属の植物、雲南省騰衝市で発見
    2020年07月11日
    コリバス属の植物、雲南省騰衝市で発見

    11日、雲南省騰衝市で発見された「コリバス・シニイ」。中国雲南省騰衝(とうしょう)市の高黎貢山山系でこのほど、研究者が野生の「ヒマラヤコリバス」の群生地を発見した。実地調査でさらに同じコリバス属の絶滅危惧植物「コリバス・シニイ」の群生地も見つかった。群生地はいずれも同市で初めての記録。高黎貢山南部ではこれまでに大理コリバス、ヒマラヤコリバス、コリバス・シニイという3種類のコリバス属植物が発見されている。(騰衝=新華社配信/畢争)=2020(令和2)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703495

  •  「新華社」アジア大会が結ぶ絆中日両国組織委員会が共同でPV制作
    02:59.79
    2020年07月21日
    「新華社」アジア大会が結ぶ絆中日両国組織委員会が共同でPV制作

    中国浙江省杭州市と日本愛知県名古屋市の両アジア競技大会組織委員会は21日、共同で制作したプロモーションビデオ(PV)をインターネットで世界に配信した。「アジア競技大会都市」をテーマに制作されたこのビデオが、2022年に杭州市で開かれる第19回大会と2026年に名古屋市で開かれる第20回大会の、大会精神の普及と伝承を表現している。両組織委員会は2019年以来交流を重ね、プロモーションビデオ制作などについてオンラインとオフラインで検討し、実地調査も行ってきた。両者はアジア競技大会を通じて絆を深め、経済や文化などの分野で協力を強め、ウインウインの関係を構築・発展させていくことで合意した。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>杭州市と名古屋市の両アジア競技大会組織委員会が共同で制作したプロモーションビデオ、撮影日:2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701210

  •  (4)チベットじゅうたんで注目集める「80後」の起業家青海省
    2021年02月19日
    (4)チベットじゅうたんで注目集める「80後」の起業家青海省

    工場で、じゅうたんの仕上がり状態をチェックする薛婷さん(右)。(1月20日撮影)中国青海省出身の薛婷(せつ・てい)さんは、2007年に上海財政大学を卒業後、故郷に帰ってじゅうたんメーカー、青海聖源地毯集団を設立した。創業間もない2008年、より先進的な経営理念を学ぼうと、英国のダラム大学に留学し、修士課程に進学した。薛さんは留学中、欧州の機械織りじゅうたんの市場と設備・製造技術を実地調査し、先進技術を通じて伝統的なチベットじゅうたんの製造工程を改善し、生産性を向上させようと決意したという。薛さんの会社のじゅうたんは長年にわたり、一般家庭で使われるだけでなく、世界40カ国以上に輸出されている。(西寧=新華社記者/耿輝凰)= 配信日: 2021(令和3)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021900843

  •  (2)チベットじゅうたんで注目集める「80後」の起業家青海省
    2021年02月19日
    (2)チベットじゅうたんで注目集める「80後」の起業家青海省

    2017年9月、河南省洛陽市で開かれた「第6回中国イノベーション・起業家コンペティション」に出場する薛婷さん。(資料写真)中国青海省出身の薛婷(せつ・てい)さんは、2007年に上海財政大学を卒業後、故郷に帰ってじゅうたんメーカー、青海聖源地毯集団を設立した。創業間もない2008年、より先進的な経営理念を学ぼうと、英国のダラム大学に留学し、修士課程に進学した。薛さんは留学中、欧州の機械織りじゅうたんの市場と設備・製造技術を実地調査し、先進技術を通じて伝統的なチベットじゅうたんの製造工程を改善し、生産性を向上させようと決意したという。薛さんの会社のじゅうたんは長年にわたり、一般家庭で使われるだけでなく、世界40カ国以上に輸出されている。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021900842

  •  (3)チベットじゅうたんで注目集める「80後」の起業家青海省
    2021年02月19日
    (3)チベットじゅうたんで注目集める「80後」の起業家青海省

    2019年8月、青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁(マチェン)県で、地元の子どもたちとヤクの毛糸作りを体験する薛婷さん。(資料写真)中国青海省出身の薛婷(せつ・てい)さんは、2007年に上海財政大学を卒業後、故郷に帰ってじゅうたんメーカー、青海聖源地毯集団を設立した。創業間もない2008年、より先進的な経営理念を学ぼうと、英国のダラム大学に留学し、修士課程に進学した。薛さんは留学中、欧州の機械織りじゅうたんの市場と設備・製造技術を実地調査し、先進技術を通じて伝統的なチベットじゅうたんの製造工程を改善し、生産性を向上させようと決意したという。薛さんの会社のじゅうたんは長年にわたり、一般家庭で使われるだけでなく、世界40カ国以上に輸出されている。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021900844

  •  (1)チベットじゅうたんで注目集める「80後」の起業家青海省
    2021年02月19日
    (1)チベットじゅうたんで注目集める「80後」の起業家青海省

    工場内を見て回る薛婷さん。(1月20日撮影)中国青海省出身の薛婷(せつ・てい)さんは、2007年に上海財政大学を卒業後、故郷に帰ってじゅうたんメーカー、青海聖源地毯集団を設立した。創業間もない2008年、より先進的な経営理念を学ぼうと、英国のダラム大学に留学し、修士課程に進学した。薛さんは留学中、欧州の機械織りじゅうたんの市場と設備・製造技術を実地調査し、先進技術を通じて伝統的なチベットじゅうたんの製造工程を改善し、生産性を向上させようと決意したという。薛さんの会社のじゅうたんは長年にわたり、一般家庭で使われるだけでなく、世界40カ国以上に輸出されている。(西寧=新華社記者/耿輝凰)= 配信日: 2021(令和3)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021900845

  •  (5)チベットじゅうたんで注目集める「80後」の起業家青海省
    2021年02月19日
    (5)チベットじゅうたんで注目集める「80後」の起業家青海省

    従業員にじゅうたん織り機の使い方を教える薛婷さん(右)。(1月20日撮影)中国青海省出身の薛婷(せつ・てい)さんは、2007年に上海財政大学を卒業後、故郷に帰ってじゅうたんメーカー、青海聖源地毯集団を設立した。創業間もない2008年、より先進的な経営理念を学ぼうと、英国のダラム大学に留学し、修士課程に進学した。薛さんは留学中、欧州の機械織りじゅうたんの市場と設備・製造技術を実地調査し、先進技術を通じて伝統的なチベットじゅうたんの製造工程を改善し、生産性を向上させようと決意したという。薛さんの会社のじゅうたんは長年にわたり、一般家庭で使われるだけでなく、世界40カ国以上に輸出されている。(西寧=新華社記者/耿輝凰)= 配信日: 2021(令和3)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021900849

  •  (6)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省
    2021年04月08日
    (6)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省

    今回長江流域で見つかった「莎禾」。(資料写真)中国科学院武漢植物園は7日、同園を中心とする実地調査チームが湖北省黄岡市浠水(きすい)県の長江の砂州でイネ科の植物「莎禾」を発見し、サンプルと植物分子の研究材料を採取したと明らかにした。記録によると、学界が長江流域で最後に莎禾のサンプルを採取したのは、今からちょうど100年前の1921年という。(黄岡=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040808016

  •  (2)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省
    2021年04月08日
    (2)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省

    今回長江流域で見つかった「莎禾」。(資料写真)中国科学院武漢植物園は7日、同園を中心とする実地調査チームが湖北省黄岡市浠水(きすい)県の長江の砂州でイネ科の植物「莎禾」を発見し、サンプルと植物分子の研究材料を採取したと明らかにした。記録によると、学界が長江流域で最後に莎禾のサンプルを採取したのは、今からちょうど100年前の1921年という。(黄岡=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040808013

  •  (4)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省
    2021年04月08日
    (4)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省

    今回長江流域で見つかった「莎禾」。(資料写真)中国科学院武漢植物園は7日、同園を中心とする実地調査チームが湖北省黄岡市浠水(きすい)県の長江の砂州でイネ科の植物「莎禾」を発見し、サンプルと植物分子の研究材料を採取したと明らかにした。記録によると、学界が長江流域で最後に莎禾のサンプルを採取したのは、今からちょうど100年前の1921年という。(黄岡=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040808015

  •  (5)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省
    2021年04月08日
    (5)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省

    今回長江流域で見つかった「莎禾」。(資料写真)中国科学院武漢植物園は7日、同園を中心とする実地調査チームが湖北省黄岡市浠水(きすい)県の長江の砂州でイネ科の植物「莎禾」を発見し、サンプルと植物分子の研究材料を採取したと明らかにした。記録によると、学界が長江流域で最後に莎禾のサンプルを採取したのは、今からちょうど100年前の1921年という。(黄岡=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040808017

  •  (3)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省
    2021年04月08日
    (3)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省

    今回長江流域で見つかった「莎禾」。(資料写真)中国科学院武漢植物園は7日、同園を中心とする実地調査チームが湖北省黄岡市浠水(きすい)県の長江の砂州でイネ科の植物「莎禾」を発見し、サンプルと植物分子の研究材料を採取したと明らかにした。記録によると、学界が長江流域で最後に莎禾のサンプルを採取したのは、今からちょうど100年前の1921年という。(黄岡=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040808018

  •  (7)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省
    2021年04月08日
    (7)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省

    今回長江流域で見つかった「莎禾」。(資料写真)中国科学院武漢植物園は7日、同園を中心とする実地調査チームが湖北省黄岡市浠水(きすい)県の長江の砂州でイネ科の植物「莎禾」を発見し、サンプルと植物分子の研究材料を採取したと明らかにした。記録によると、学界が長江流域で最後に莎禾のサンプルを採取したのは、今からちょうど100年前の1921年という。(黄岡=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040808019

  •  (1)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省
    2021年04月08日
    (1)イネ科の「莎禾」、100年ぶりに長江流域でサンプル採取に成功湖北省

    今回長江流域で見つかった「莎禾」。(資料写真)中国科学院武漢植物園は7日、同園を中心とする実地調査チームが湖北省黄岡市浠水(きすい)県の長江の砂州でイネ科の植物「莎禾」を発見し、サンプルと植物分子の研究材料を採取したと明らかにした。記録によると、学界が長江流域で最後に莎禾のサンプルを採取したのは、今からちょうど100年前の1921年という。(黄岡=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040808014

  •  「新華社」中国の科学者、雲南省景東県で地衣類の新種を発見
    01:00.96
    2021年04月30日
    「新華社」中国の科学者、雲南省景東県で地衣類の新種を発見

    中国の科学者はこのほど、雲南省普洱(ふじ)市景東イ族自治県で採集したヨコワサルオガセの一種の標本について、3年以上の研究の結果、地衣類の新種「磺盤(こうばん)ヨコワサルオガセ」と特定し、研究成果を国際学術誌に発表した。2017年に中国科学院微生物研究所真菌学国家重点実験室の郭守玉(かく・しゅぎょく)博士と、河北師範大学生命科学学院の韓留福(かん・りゅうふく)教授らが同県内の哀牢山を実地調査したところ、地衣類の同新種を発見。その後2回に分けて多数の標本を採集し、研究室に持ち帰り詳細な研究を行った。形態学的、解剖学的、科学的特徴および地理的分布から、特定のDNAバーコードの特定の配列を組み合わせて系統樹を作成し、複数の標本を比較することで最終的に新種として確定した。研究員によると、地衣類は真菌と藻類が共生する特殊な生物で、根、茎、葉の分化がなく、「生物圏のパイオニア」と呼ばれている。ヨコワサルオガセはその地衣類の中でも重要なグループという。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021043004323

  •  (1)衡水市で清末民初の醸造所跡見つかる河北省
    2021年05月12日
    (1)衡水市で清末民初の醸造所跡見つかる河北省

    7日、衡水市桃城区で見つかった醸造所跡で出土した石碑残骸と石牌坊部材。中国河北省衡水市桃城区でこのほど行われた小学校の拡張工事で、敷地面積千平方メートルの酒造遺跡が見つかった。同省・市の文化財部門の専門家らによる実地調査で、清から中華民国期にかけての醸造所跡だと分かった。今回の発見は、同市の特産品で全国でも銘酒として知られる「老白干酒」の醸造技術の貴重な実物資料になるという。(衡水=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051406425

  •  (4)衡水市で清末民初の醸造所跡見つかる河北省
    2021年05月12日
    (4)衡水市で清末民初の醸造所跡見つかる河北省

    7日、衡水市桃城区で見つかった醸造所跡で出土したかめ。中国河北省衡水市桃城区でこのほど行われた小学校の拡張工事で、敷地面積千平方メートルの酒造遺跡が見つかった。同省・市の文化財部門の専門家らによる実地調査で、清から中華民国期にかけての醸造所跡だと分かった。今回の発見は、同市の特産品で全国でも銘酒として知られる「老白干酒」の醸造技術の貴重な実物資料になるという。(衡水=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051406433

  •  (3)衡水市で清末民初の醸造所跡見つかる河北省
    2021年05月12日
    (3)衡水市で清末民初の醸造所跡見つかる河北省

    7日、衡水市桃城区で見つかった醸造所跡で出土した建物基礎やれんが排水溝。中国河北省衡水市桃城区でこのほど行われた小学校の拡張工事で、敷地面積千平方メートルの酒造遺跡が見つかった。同省・市の文化財部門の専門家らによる実地調査で、清から中華民国期にかけての醸造所跡だと分かった。今回の発見は、同市の特産品で全国でも銘酒として知られる「老白干酒」の醸造技術の貴重な実物資料になるという。(衡水=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051406432

  •  (2)衡水市で清末民初の醸造所跡見つかる河北省
    2021年05月12日
    (2)衡水市で清末民初の醸造所跡見つかる河北省

    7日、衡水市桃城区で見つかった醸造所跡で出土した石碑残骸と石牌坊部材。中国河北省衡水市桃城区でこのほど行われた小学校の拡張工事で、敷地面積千平方メートルの酒造遺跡が見つかった。同省・市の文化財部門の専門家らによる実地調査で、清から中華民国期にかけての醸造所跡だと分かった。今回の発見は、同市の特産品で全国でも銘酒として知られる「老白干酒」の醸造技術の貴重な実物資料になるという。(衡水=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051406431

  •  (2)希少植物のデンドロビウム、重慶市城口県で個体群発見
    2021年08月10日
    (2)希少植物のデンドロビウム、重慶市城口県で個体群発見

    城口県でデンドロビウム・フレキシカウレの実地調査を行う重慶市中薬研究院の専門調査チーム。中国重慶市中薬研究院の調査チームがこのほど、同市城口県でラン科セッコク属の希少植物デンドロビウム・フレキシカウレの個体群を発見した。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081103181

  •  (2)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる
    2021年09月30日
    (2)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる

    25日、鎮雄県以勒鎮の青花磁器窯跡で見つかった藍釉碗。中国雲南省昭通市鎮雄県でこのほど実施された赤水河流域文化の文化財調査で、青花磁器の窯跡が発見された。その後の専門家による実地調査により、明清時代の青花磁器製造遺跡と判明した。同省文物鑑定専門家委員会が28日明らかにした。(昭通=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102822

  •  (4)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる
    2021年09月30日
    (4)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる

    25日、鎮雄県以勒鎮の青花磁器窯跡で見つかった青花すり鉢の破片。中国雲南省昭通市鎮雄県でこのほど実施された赤水河流域文化の文化財調査で、青花磁器の窯跡が発見された。その後の専門家による実地調査により、明清時代の青花磁器製造遺跡と判明した。同省文物鑑定専門家委員会が28日明らかにした。(昭通=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102827

  •  (1)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる
    2021年09月30日
    (1)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる

    25日、鎮雄県以勒鎮の青花磁器窯跡で見つかった青花磁器碗。中国雲南省昭通市鎮雄県でこのほど実施された赤水河流域文化の文化財調査で、青花磁器の窯跡が発見された。その後の専門家による実地調査により、明清時代の青花磁器製造遺跡と判明した。同省文物鑑定専門家委員会が28日明らかにした。(昭通=新華社配信/余冬雲)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102830

  •  (3)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる
    2021年09月30日
    (3)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる

    鎮雄県以勒鎮の青花磁器窯跡で見つかった青花磁器碗の破片。(8月26日撮影)中国雲南省昭通市鎮雄県でこのほど実施された赤水河流域文化の文化財調査で、青花磁器の窯跡が発見された。その後の専門家による実地調査により、明清時代の青花磁器製造遺跡と判明した。同省文物鑑定専門家委員会が28日明らかにした。(昭通=新華社配信/余冬雲)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102837

  •  (7)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる
    2021年09月30日
    (7)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる

    25日、鎮雄県以勒鎮の青花磁器窯跡で見つかった青釉皿。(8月26日撮影)中国雲南省昭通市鎮雄県でこのほど実施された赤水河流域文化の文化財調査で、青花磁器の窯跡が発見された。その後の専門家による実地調査により、明清時代の青花磁器製造遺跡と判明した。同省文物鑑定専門家委員会が28日明らかにした。(昭通=新華社配信/余冬雲)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102825

  •  「新華社」雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる
    01:04.16
    2021年09月30日
    「新華社」雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる

    中国雲南省昭通市鎮雄県でこのほど実施された赤水河流域文化の文化財調査で、青花磁器の窯跡が発見された。その後の専門家による実地調査により、明清時代の青花磁器製造遺跡と判明した。同省文物鑑定専門家委員会が28日明らかにした。窯跡は同県以勒(いろく)鎮金鐘社区(コミュニティー)碗廠(わんしょう)集落の農地で見つかり、概算面積は100ムー(約6・7ヘクタール)近くある。実地調査に参加した同委員会の張永康(ちょう・えいこう)主任によると、採集標本の初期分析で、同窯跡がかつて竜窯柴焼、渋圏畳焼の焼成方法を用い、青釉や青花(染付)、藍釉などの装飾が施された盃や皿、碗、すり鉢、双耳缶などを生産していたことが分かった。磁器の標本には、明代と清代のものがあり、窯が比較的長期間使用されていたことを物語っているという。雲南省博物館文物鑑定ステーションの趙雲(ちょう・うん)副主任は、同省北東部で今回のような規模と質の青花磁器窯跡が見つかることは珍しく、雲南、四川、貴州3省の過去の交易関係を研究する上で重要な意義を持つと述べた。同省は青花磁器の重要な歴史的産地の一つで、これまでに建水窯や玉渓窯、大理窯などの窯跡が見つかっている。今回見つかった鎮雄窯は、同省における古窯跡考古学分野の新たな重要発見であり、明清時代の同県の交通と商業、交易、製造業の発展水準も示している。(記者/林碧鋒) =配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102844

  •  (5)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる
    2021年09月30日
    (5)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる

    25日、鎮雄県以勒鎮の青花磁器窯跡で見つかった青釉双耳缶の破片。中国雲南省昭通市鎮雄県でこのほど実施された赤水河流域文化の文化財調査で、青花磁器の窯跡が発見された。その後の専門家による実地調査により、明清時代の青花磁器製造遺跡と判明した。同省文物鑑定専門家委員会が28日明らかにした。(昭通=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102838

  •  (6)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる
    2021年09月30日
    (6)雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる

    25日、鎮雄県以勒鎮の青花磁器窯跡で見つかった青花磁器碗。中国雲南省昭通市鎮雄県でこのほど実施された赤水河流域文化の文化財調査で、青花磁器の窯跡が発見された。その後の専門家による実地調査により、明清時代の青花磁器製造遺跡と判明した。同省文物鑑定専門家委員会が28日明らかにした。(昭通=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102814

  •  (1)野生復帰したユキヒョウが生活環境に適応内モンゴル自治区
    2021年12月08日
    (1)野生復帰したユキヒョウが生活環境に適応内モンゴル自治区

    賀蘭山内モンゴル区間の哈拉烏北溝林区で野生復帰したばかりのユキヒョウ。(9月22日撮影)中国内モンゴル自治区賀蘭山国家級自然保護区管理局によると、約2カ月前に野生復帰させたユキヒョウが徐々に生活環境に適応していることが分かった。同自治区の職員が11月30日に行った実地調査で、ユキヒョウが捕食したと思われるバーラルの死骸やふん、毛を発見し、明らかとなった。ユキヒョウは9月初めに同自治区四子王旗で発見・保護され、同月22日に国家林業・草原局の専門家チームと地元の関連部門が、賀蘭山の内モンゴル区間の哈拉烏北溝林区で野生復帰させていた。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120805727

  •  (5)野生復帰したユキヒョウが生活環境に適応内モンゴル自治区
    2021年12月08日
    (5)野生復帰したユキヒョウが生活環境に適応内モンゴル自治区

    野生復帰したユキヒョウが賀蘭山中を活動した2カ月余りの記録。(資料写真)中国内モンゴル自治区賀蘭山国家級自然保護区管理局によると、約2カ月前に野生復帰させたユキヒョウが徐々に生活環境に適応していることが分かった。同自治区の職員が11月30日に行った実地調査で、ユキヒョウが捕食したと思われるバーラルの死骸やふん、毛を発見し、明らかとなった。ユキヒョウは9月初めに同自治区四子王旗で発見・保護され、同月22日に国家林業・草原局の専門家チームと地元の関連部門が、賀蘭山の内モンゴル区間の哈拉烏北溝林区で野生復帰させていた。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120805772

  •  (2)野生復帰したユキヒョウが生活環境に適応内モンゴル自治区
    2021年12月08日
    (2)野生復帰したユキヒョウが生活環境に適応内モンゴル自治区

    賀蘭山内モンゴル区間の水溝子付近で、ユキヒョウが捕食したと思われるバーラルの死骸を発見した職員。(11月30日撮影)中国内モンゴル自治区賀蘭山国家級自然保護区管理局によると、約2カ月前に野生復帰させたユキヒョウが徐々に生活環境に適応していることが分かった。同自治区の職員が11月30日に行った実地調査で、ユキヒョウが捕食したと思われるバーラルの死骸やふん、毛を発見し、明らかとなった。ユキヒョウは9月初めに同自治区四子王旗で発見・保護され、同月22日に国家林業・草原局の専門家チームと地元の関連部門が、賀蘭山の内モンゴル区間の哈拉烏北溝林区で野生復帰させていた。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120805745

  •  (4)野生復帰したユキヒョウが生活環境に適応内モンゴル自治区
    2021年12月08日
    (4)野生復帰したユキヒョウが生活環境に適応内モンゴル自治区

    1日、職員が賀蘭山内モンゴル区間の哈拉烏南溝で撮影したユキヒョウの足跡。中国内モンゴル自治区賀蘭山国家級自然保護区管理局によると、約2カ月前に野生復帰させたユキヒョウが徐々に生活環境に適応していることが分かった。同自治区の職員が11月30日に行った実地調査で、ユキヒョウが捕食したと思われるバーラルの死骸やふん、毛を発見し、明らかとなった。ユキヒョウは9月初めに同自治区四子王旗で発見・保護され、同月22日に国家林業・草原局の専門家チームと地元の関連部門が、賀蘭山の内モンゴル区間の哈拉烏北溝林区で野生復帰させていた。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120805750

  •  (3)野生復帰したユキヒョウが生活環境に適応内モンゴル自治区
    2021年12月08日
    (3)野生復帰したユキヒョウが生活環境に適応内モンゴル自治区

    賀蘭山内モンゴル区間の水溝子付近で、ユキヒョウが捕食したと思われるバーラルの死骸などを発見した職員。(11月30日撮影)中国内モンゴル自治区賀蘭山国家級自然保護区管理局によると、約2カ月前に野生復帰させたユキヒョウが徐々に生活環境に適応していることが分かった。同自治区の職員が11月30日に行った実地調査で、ユキヒョウが捕食したと思われるバーラルの死骸やふん、毛を発見し、明らかとなった。ユキヒョウは9月初めに同自治区四子王旗で発見・保護され、同月22日に国家林業・草原局の専門家チームと地元の関連部門が、賀蘭山の内モンゴル区間の哈拉烏北溝林区で野生復帰させていた。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120805743

  •  (12)習近平氏、山西省を視察
    2022年01月28日
    (12)習近平氏、山西省を視察

    26日、山西省臨汾市汾西県僧念鎮段村で、貧困脱却の成果を固め農村振興を推進する取り組みなどを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は、春節(旧正月、今年は2月1日)を前に山西省を視察した。(臨汾=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2022(令和4)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012800863

  •  (15)習近平氏、山西省を視察
    2022年01月28日
    (15)習近平氏、山西省を視察

    26日、山西省臨汾市汾西県僧念鎮段村で、貧困脱却の成果を固め農村振興を推進する取り組みなどを実地調査する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は、春節(旧正月、今年は2月1日)を前に山西省を視察した。(臨汾=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2022(令和4)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012800873

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月28日
    (1)中国の研究者、新疆天山の植物多様性研究で新成果

    新疆ウイグル自治区内の天山山脈で、野生植物を実地調査する新疆師範大学の海鷹(ハイイン)教授(左端)。(2019年7月19日撮影)中国の新疆植物学会は25日に開いた記者会見で、同学界の研究員が2年余りをかけ、「天山維管束植物目録」を完成させたと発表した。天山山脈に生息する維管束植物117科924属6784種を収録している。天山山脈はユーラシア大陸の奥地にあり、中国、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタンの4カ国を東西にまたぐ。全長は2500キロ余り。独立山系では世界で東西方向に最も長い山脈で、豊かな生物多様性を持つ。中国新疆ウイグル自治区内にある保護区は2013年に「新疆天山」として世界自然遺産に登録されている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032900688

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月28日
    (4)中国の研究者、新疆天山の植物多様性研究で新成果

    ウズベキスタン領内の天山山脈で、野生植物を実地調査する中国科学院新疆生態・地理研究所の潘伯栄(はん・はくえい)研究員(中央)。(2007年5月21日撮影)中国の新疆植物学会は25日に開いた記者会見で、同学界の研究員が2年余りをかけ、「天山維管束植物目録」を完成させたと発表した。天山山脈に生息する維管束植物117科924属6784種を収録している。天山山脈はユーラシア大陸の奥地にあり、中国、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタンの4カ国を東西にまたぐ。全長は2500キロ余り。独立山系では世界で東西方向に最も長い山脈で、豊かな生物多様性を持つ。中国新疆ウイグル自治区内にある保護区は2013年に「新疆天山」として世界自然遺産に登録されている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032900687

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月28日
    (3)中国の研究者、新疆天山の植物多様性研究で新成果

    新疆ウイグル自治区内の天山山脈で、野生植物を実地調査する中国科学院新疆生態・地理研究所の潘伯栄(はん・はくえい)研究員。(2013年8月3日撮影)中国の新疆植物学会は25日に開いた記者会見で、同学界の研究員が2年余りをかけ、「天山維管束植物目録」を完成させたと発表した。天山山脈に生息する維管束植物117科924属6784種を収録している。天山山脈はユーラシア大陸の奥地にあり、中国、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタンの4カ国を東西にまたぐ。全長は2500キロ余り。独立山系では世界で東西方向に最も長い山脈で、豊かな生物多様性を持つ。中国新疆ウイグル自治区内にある保護区は2013年に「新疆天山」として世界自然遺産に登録されている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032900691

  • 1
  • 2
  • 3