KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アメリカ
  • 出荷
  • 平成
  • 従業員
  • 指導
  • 揚琴
  • 琵琶
  • 記者
  • 転換
  • 近代化

「家内工業」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1949年01月01日
    模造真珠

    模造真珠の家内工業=整理1949(昭和24)年1月、場所不明(24年内地番号なし)

    商品コード: 2016051100327

  • 1954年09月16日
    モーターエンジン工場 家内工業

    日本の家内工業の標本のようなモーターエンジン工場=1954(昭和29)年9月16日、

    商品コード: 1954091650001

  • 02:11.92
    1959年09月18日
    「中日映画社」カメラ風土記 亡びゆく塩田

    滅びゆく塩田(宮城・香川・愛媛)全国の3分の2が姿を消す。(全国塩田の三分の二が姿を消すことになった、昭和34年当時の晩年の塩田風景を収録)<映像内容>塩田での作業風景、入浜式から流下式へ国を挙げての増産・新しいメカニズムによる生産過剰、在庫を抱る専売公社が47億円の赤字、香川では倉庫に入らず野天に溢れた塩、廃業する塩田が自動車練習所や空き地となり土地の風景が一変、転職する人々、宮城県 渡波塩田、若い浜子達の転業・婦人達は家内工業から大企業へ・老人達は牡蠣の養殖へ。※撮影日不明・公開日:1959年(昭和34年)9月18日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2017112800290

  • 2014年11月14日
    部品の組み立て作業 家内工業

    家庭内の作業場で、手作業でエンジン部品を組み立てる日本の家内工業の見本のようなモーターエンジン工場=1954(昭和29)年9月16日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第2巻使用画像(P189)

    商品コード: 2014111400077

  • 2018年11月15日
    中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県

    15日、河北省粛寧県にある民族楽器工場で作業する従業員。中国河北省の民族楽器生産拠点、粛寧県はここ数年、企業の産業高度化を積極的に指導し、楽器産業では従来の家内工業による生産から近代化、企業化された生産経営モデルへの転換を推進し、良好な成果を上げている。同県の民族楽器生産企業は現在60社余りで、筝、琵琶、揚琴などの楽器の年間生産量は70万面余りに達している。楽器製品は国内だけでなく、日本、アメリカなどにも出荷されている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119121

  • 2018年11月15日
    中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県

    15日、河北省粛寧県にある民族楽器工場で作業する従業員。中国河北省の民族楽器生産拠点、粛寧県はここ数年、企業の産業高度化を積極的に指導し、楽器産業では従来の家内工業による生産から近代化、企業化された生産経営モデルへの転換を推進し、良好な成果を上げている。同県の民族楽器生産企業は現在60社余りで、筝、琵琶、揚琴などの楽器の年間生産量は70万面余りに達している。楽器製品は国内だけでなく、日本、アメリカなどにも出荷されている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119343

  • 2018年11月15日
    中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県

    15日、河北省粛寧県にある民族楽器工場で作業する従業員。中国河北省の民族楽器生産拠点、粛寧県はここ数年、企業の産業高度化を積極的に指導し、楽器産業では従来の家内工業による生産から近代化、企業化された生産経営モデルへの転換を推進し、良好な成果を上げている。同県の民族楽器生産企業は現在60社余りで、筝、琵琶、揚琴などの楽器の年間生産量は70万面余りに達している。楽器製品は国内だけでなく、日本、アメリカなどにも出荷されている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119418

  • 2018年11月15日
    中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県

    15日、河北省粛寧県にある民族楽器工場で作業する従業員。中国河北省の民族楽器生産拠点、粛寧県はここ数年、企業の産業高度化を積極的に指導し、楽器産業では従来の家内工業による生産から近代化、企業化された生産経営モデルへの転換を推進し、良好な成果を上げている。同県の民族楽器生産企業は現在60社余りで、筝、琵琶、揚琴などの楽器の年間生産量は70万面余りに達している。楽器製品は国内だけでなく、日本、アメリカなどにも出荷されている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119399

  • 2018年11月15日
    中国民族楽器の生産拠点を訪ねて河北省粛寧県

    15日、河北省粛寧県にある民族楽器工場で作業する従業員。中国河北省の民族楽器生産拠点、粛寧県はここ数年、企業の産業高度化を積極的に指導し、楽器産業では従来の家内工業による生産から近代化、企業化された生産経営モデルへの転換を推進し、良好な成果を上げている。同県の民族楽器生産企業は現在60社余りで、筝、琵琶、揚琴などの楽器の年間生産量は70万面余りに達している。楽器製品は国内だけでなく、日本、アメリカなどにも出荷されている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119564

  • 1