KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困脱却
  • 協同組合
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 中国浙江省
  • 大規模化
  • 浙江省湖州市
  • 農村振興
  • 農業経営
  • ビニールハウス

「家庭農場」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
73
( 1 73 件を表示)
  • 1
73
( 1 73 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:48.24
    2020年10月15日
    「新華社」貧困支援の作業場で「編み出す」豊かな生活黒竜江省樺南県

    中国黒竜江省ジャムス(佳木斯)市樺南(かなん)県はここ数年、貧困脱却の成果を固め、貧困層の収入拡大を引き続き支援するため、貧困支援作業場プロジェクトを実施している。鎮(町)や村の使われていない建物や土地を利用し、かぎ針編み工房や家庭農場など28カ所の作業場を設立。貧困世帯の320人を受け入れている。1人当たり年間平均5200元(1元=約16円)余りの増収を実現し、村民に空き時間を利用した増収の機会を提供している。(記者/唐鉄富)<映像内容>貧困支援の作業場、かぎ針編み工房の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮にある馬営村の段々畑に咲くコスモス。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の竜王壩村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮にある馬営村の段々畑に咲くコスモス。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の馬営村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の竜王壩村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮にある竜王壩村の風景。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の馬営村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の馬営村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の竜王壩村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月10日
    「林草産業」で貧困脱却を後押し寧夏回族自治区

    10日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮の竜王壩村に広がる段々畑。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の山間部に位置する固原市西吉県は近年、「林草産業」(地元の農家が木や草などを植える取り組みを指す)と生態系の構築、貧困脱却の堅塁攻略、農村振興、観光業を主体とする多業態による地域発展モデル「全域観光」を緊密に結びつけ、企業+農家、合作社(協同組合)+農家、家庭農場、大規模栽培などのモデルを採用。地元政府が農家に林草産業を発展させるよう積極的に奨励、指導している。今年同県で「林草産業」が実施された土地の面積は45万4100ムー(約3万300ヘクタール)に及ぶ。(西吉=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、家庭農場のトウモロコシ畑にかんがい設備を設置する張大鵬さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、朝の搾乳作業を終え家族と朝食を取る張大鵬さん(左から2人目)。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、ダイズ畑で除草作業をする張大鵬さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、広勝村で牛乳を受け取る張大鵬さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、張大鵬家庭農場の建物の前で家族と写真撮影する張大鵬さん(右から2人目)。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、広勝村のミルクステーションで乳牛の搾乳を行う張大鵬さん。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月31日、トウモロコシ畑で両手を広げる張大鵬さん。(小型無人機から)中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月30日、自宅で娘に食事をさせる張大鵬さん(左)。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月30日
    「家庭農場」で築く幸せな暮らし黒竜江省大慶市

    7月30日、父親に甘える張大鵬さんの娘。中国黒竜江省大慶市ドルボド・モンゴル族自治県広勝村に住む張大鵬(ちょう・だいほう)さん(41)は、中学校を中退して吉林省長春市に働きに出た後、海南省で家庭を持った。しかし、父親が大病を患ったため家族を連れて故郷に戻り、農業を営むようになった。張さんは家族や友人の助けを得ながら、農地請負のビジネスを試み、20ムー(約1・3ヘクタール)の「小規模農家」を380ムー(約25・3ヘクタール)の家庭農場へと成長させた。張さんは「トラクターやプランターなどの農業機械にかかる総額は11万元(1元=約15円)以上だったが、国が2万元余りを補助してくれ、さらにこの家庭農場に8万元の奨励金を給付してくれた。今はとても幸せに暮らしている」と語った。黒竜江省はここ数年、「家庭農場」(家族が主な労働力となり大規模化、集約化、商品化した農業生産・経営活動を行う新たな農業経営の形態)を大々的に発展させ、新たな農業経営モデルの構築を加速させている。(大慶=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月23日
    食用ホオズキが富をもたらす「黄金果」に吉林省大安市

    23日、大安市太山鎮で食用ホオズキの生育状況を確認する「軍之光農業栽培家庭農場」の責任者、武立輝(ぶ・りつき)さん。中国吉林省西部の大安市では、食用ホオズキが特産品となっている。果実は熟すと黄金色のブドウ粒のようになり、甘酸っぱく食べやすい。大安食用ホオズキは2018年に国家地理的表示の商標を得た。同市はここ数年、食用ホオズキ栽培産業の振興を積極的に推進し、生産販売と農家の収入増、貧困脱却の難関攻略を一体化した取り組みを行っている。食用ホオズキの作付面積は現在、約3万ムー(約2千ヘクタール)に達し、農家に富をもたらす「黄金果」となっている。(大安=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    農業の産業化経営、農民が「産業労働者」に変身河北省曲周県

    22日、邯鄲市曲周県にある現代農業パークの育苗ハウス内で、育苗作業を行う作業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県は近年、現代農業モデルパークや家庭農場などの新型農業経営主体を積極的に育成・発展させている。集約化、大規模化、産業化経営を通じて農業を発展させる潜在力を活性化し、多様な就業ポストを柔軟に創出することで、近隣から受け入れた農民は農業の「産業労働者」に変身。農業の収益性を高め、農民の増収を効果的に促進している。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    農業の産業化経営、農民が「産業労働者」に変身河北省曲周県

    22日、邯鄲市曲周県にある現代農業パークの育苗ハウス内で、育苗作業を行う作業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県は近年、現代農業モデルパークや家庭農場などの新型農業経営主体を積極的に育成・発展させている。集約化、大規模化、産業化経営を通じて農業を発展させる潜在力を活性化し、多様な就業ポストを柔軟に創出することで、近隣から受け入れた農民は農業の「産業労働者」に変身。農業の収益性を高め、農民の増収を効果的に促進している。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    農業の産業化経営、農民が「産業労働者」に変身河北省曲周県

    22日、邯鄲市曲周県にある現代農業パークの育苗ハウス内で、育苗作業を行う作業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県は近年、現代農業モデルパークや家庭農場などの新型農業経営主体を積極的に育成・発展させている。集約化、大規模化、産業化経営を通じて農業を発展させる潜在力を活性化し、多様な就業ポストを柔軟に創出することで、近隣から受け入れた農民は農業の「産業労働者」に変身。農業の収益性を高め、農民の増収を効果的に促進している。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    農業の産業化経営、農民が「産業労働者」に変身河北省曲周県

    22日、邯鄲市曲周県にある現代農業パークの野菜用ビニールハウス内で、立体栽培されている野菜を世話する作業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県は近年、現代農業モデルパークや家庭農場などの新型農業経営主体を積極的に育成・発展させている。集約化、大規模化、産業化経営を通じて農業を発展させる潜在力を活性化し、多様な就業ポストを柔軟に創出することで、近隣から受け入れた農民は農業の「産業労働者」に変身。農業の収益性を高め、農民の増収を効果的に促進している。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    農業の産業化経営、農民が「産業労働者」に変身河北省曲周県

    22日、邯鄲市曲周県にある現代農業パークの育苗ハウス内で、育苗作業を行う作業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県は近年、現代農業モデルパークや家庭農場などの新型農業経営主体を積極的に育成・発展させている。集約化、大規模化、産業化経営を通じて農業を発展させる潜在力を活性化し、多様な就業ポストを柔軟に創出することで、近隣から受け入れた農民は農業の「産業労働者」に変身。農業の収益性を高め、農民の増収を効果的に促進している。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    農業の産業化経営、農民が「産業労働者」に変身河北省曲周県

    22日、邯鄲市曲周県にある現代農業パークの育苗ハウス内で、野菜の苗の水やりを行う作業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県は近年、現代農業モデルパークや家庭農場などの新型農業経営主体を積極的に育成・発展させている。集約化、大規模化、産業化経営を通じて農業を発展させる潜在力を活性化し、多様な就業ポストを柔軟に創出することで、近隣から受け入れた農民は農業の「産業労働者」に変身。農業の収益性を高め、農民の増収を効果的に促進している。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    農業の産業化経営、農民が「産業労働者」に変身河北省曲周県

    22日、邯鄲市曲周県にある現代農業パークの野菜用ビニールハウス内で、立体栽培されている野菜を世話する作業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県は近年、現代農業モデルパークや家庭農場などの新型農業経営主体を積極的に育成・発展させている。集約化、大規模化、産業化経営を通じて農業を発展させる潜在力を活性化し、多様な就業ポストを柔軟に創出することで、近隣から受け入れた農民は農業の「産業労働者」に変身。農業の収益性を高め、農民の増収を効果的に促進している。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    農業の産業化経営、農民が「産業労働者」に変身河北省曲周県

    22日、邯鄲市曲周県にある現代農業パークの育苗ハウス内で、育苗作業を行う作業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県は近年、現代農業モデルパークや家庭農場などの新型農業経営主体を積極的に育成・発展させている。集約化、大規模化、産業化経営を通じて農業を発展させる潜在力を活性化し、多様な就業ポストを柔軟に創出することで、近隣から受け入れた農民は農業の「産業労働者」に変身。農業の収益性を高め、農民の増収を効果的に促進している。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月22日
    農業の産業化経営、農民が「産業労働者」に変身河北省曲周県

    22日、邯鄲市曲周県にある現代農業パークの育苗ハウス内で、育苗作業を行う作業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県は近年、現代農業モデルパークや家庭農場などの新型農業経営主体を積極的に育成・発展させている。集約化、大規模化、産業化経営を通じて農業を発展させる潜在力を活性化し、多様な就業ポストを柔軟に創出することで、近隣から受け入れた農民は農業の「産業労働者」に変身。農業の収益性を高め、農民の増収を効果的に促進している。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.59
    2020年03月30日
    「新華社」貧困扶助企業の生産再開が本格化湖北省当陽市

    新型コロナウイルスの患者が連続30日以上発生していない中国湖北省当陽市では、感染拡大が沈静化する中、市民の生産活動や日常生活も急速に回復している。同市精燿村にある薬剤生産基地ではこのところ、中高年の女性10人以上が村の草取り作業に精を出す姿が見られるようになった。同基地は貧困脱却を果たした登録貧困世帯20世帯余りを雇用している。貧困世帯は、農地を基地に転用することで1ムー(約667平方メートル)当たり500元(1元=約16円)の借地料が入るだけでなく、基地で働くことで労働収入も得られる。同市には貧困脱却を支援する企業が4社あり、うち2社が生産を再開した。このほか、合作社(協同組合)や家庭農場の多くも生産を再開している。(記者/程敏、王賢、潘志偉)<映像内容>湖北省当陽市の草取り作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.28
    2020年03月21日
    「新華社」農家が自ら販路開拓、動画配信で陝西省寧強県

    中国陝西省漢中市寧強県巴山鎮石壩子村では、夫と共同で「永定家庭農場」を経営する彭慧玲(ほう・けいれい)さんが自らインターネット上に動画を配信し、農場で栽培している作物の販路を開拓している。同農場は土地の使用権を得ることで150ムー(10ヘクタール)まで拡張。周辺住民の働く場にもなっている。中国の広大な農村地域では、農産品の栽培過程をスマートフォンでライブ配信し、消費者に直接販売する農家が増えている。(記者/邵瑞、陳晨)<映像内容>農場の様子、ライブ配信の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、収穫したシイタケの選別作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、栽培ハウスで収穫したシイタケが入った容器を運ぶ河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、イチゴの手入れをする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県西竪鎮のアスパラガス栽培ハウスで農作業に励む「潤遠農作物栽培専業合作社」の職員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、サクランボの花の間引き作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県臨城鎮のパセリ栽培ハウスで農作業をする茁越農業開発の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市

    15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で、養殖池の「レーン」に餌をまくオーナーの盛素紅(せい・そこう)さん。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市

    15日に撮影した「レーン」による養殖モデルを導入した菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場。(小型無人機から)中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市

    15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で、これから出荷する「レーン」で養殖した魚を見せるオーナーの盛素紅(せい・そこう)さん(右)夫婦。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市

    15日に撮影した「レーン」による養殖モデルを導入した菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場。(小型無人機から)中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市

    15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮にある盛江家庭農場の養殖池の「レーン」内で先を争うように餌を食べるオオクチバス。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市

    15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で、養殖池の「レーン」に餌をまくオーナーの盛素紅(せい・そこう)さん。(小型無人機から)中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市

    15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で、養殖池の「レーン」に餌をまくオーナーの盛素紅(せい・そこう)さん。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市

    15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で養殖池の「レーン」から水揚げされ、出荷を待つオオクチバス。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市

    15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で、養殖池の「レーン」に餌をまくオーナーの盛素紅(せい・そこう)さん。(小型無人機から)中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    環境に配慮した「レーン」による養殖モデルを導入浙江省湖州市

    15日、南潯区菱湖(りょうこ)鎮の盛江家庭農場で、養殖池の「レーン」から水揚げされたオオクチバス。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区はここ数年、養殖漁業の構造転換と高度化を推進するため、細長い「レーン」に分かれた養殖池を使った魚の養殖方法を積極的に普及させ、高い環境効果と経済的利益を上げている。「レーン」での養殖は、養殖池の水を循環させて行う。従来の養殖池に対し、面積の5%程度を利用して循環水流型の養殖水槽を設置する改造を施すとともに、高密度養殖に切り替える。養殖池の残りの部分で廃水を浄化処理し、廃水「ゼロ排出」、または基準以下の排出に抑える。「レーン」内の水が常に流れているため、魚は水の流れに逆らって泳ぎ続け、池の中で流水式養殖と同じ効果を実現できる。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年02月28日
    「農村観光+多肉植物栽培」で増収図る河北省巨鹿県

    28日、河北省巨鹿県尋虎村晴仁花き家庭農場で、多肉植物の生育状況を観察する農家の薄朝棟(はく・ちょうとう)さん。中国河北省邢台(けいたい)市巨鹿(きょろく)県ではここ数年、特色ある農作物栽培に力を入れている。地元の花き・苗木産業資源の優位性を生かし、農民が多肉植物の生産・研究開発基地とレジャー観光基地を建設するのを奨励し、市場ニーズに合わせて「オンライン」と「オフライン」を組み合わせた販売モデルを推進し、農民の増収を図っている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月26日
    新春を迎えるビニールハウス

    26日、湖北省十堰市鄖陽区柳陂鎮の家庭農場の温室でイチゴ狩りを楽しむ観光客。春節(旧正月)を間近に控え、中国湖北省十堰(じゅうえん)市鄖陽(うんよう)区各地の温室で栽培されているイチゴがこのほど収穫期を迎えた。イチゴ狩りを楽しむ観光客と販売に忙しい農家の活気があふれ、温室内はいっそう春めいた雰囲気に包まれた。(十堰=新華社配信/曹忠宏)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月17日
    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県

    17日に撮影した浙江省安吉県魯家村を走る観光列車。中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/張礼慶)=2018(平成30)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月16日
    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県

    16日、空から見た浙江省安吉県魯家村。(小型無人機から)中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月16日
    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県

    16日、浙江省安吉県魯家村で、同村の大工、郭金賢(かく・きんけん)さんが伝統的な技法で製造した「十六擡雕花木轎」(16人で担ぐ彫刻の施されたかご)を見学する観光客。中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/譚進)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月16日
    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県

    16日、空から見た浙江省安吉県魯家村の農場。(小型無人機から)中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月16日
    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県

    16日、空から見た浙江省安吉県魯家村に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/孟晨光)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月14日
    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県

    14日、浙江省安吉県魯家村に新しく建てられた施設で、自分のデザインチームが作成した完成予想図を掲げて見せる広東省出身のデザイナー、丁煒(てい・い)さん。中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/譚進)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月14日
    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県

    14日、浙江省安吉県魯家村で、地形模型を眺めながら観光産業の発展計画について話し合う同村の朱仁斌(しゅ・じんひん)党委書記と広東省出身のデザイナー、丁煒(てい・い)さん。中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/譚進)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月14日
    新型農業産業化モデルで農村振興を後押し浙江省安吉県

    14日、浙江省安吉県魯家村の漢方薬材を栽培する農場で、村民とたんぽぽ(蒲公英)栽培のポイントについて話し合う同村党委書記の朱仁斌(しゅ・じんひん)氏。中国浙江省湖州市安吉(あんきつ)県の魯家(ろか)村は、美しい農村の建設プロセスにおいて「企業+農村+家庭農場」のモデルを採用し、農村・産業・観光業の発展計画を総括的に実施し、恵まれた自然環境の優位性を活かして農業・農村・農民を緊密に一体化させることで、めざましい発展を遂げてきた。村全体の収入は、2011年の1万8千元(1元=約16円)から2017年の330万元あまりに増え、農民1人当たりの平均年収も1万9千元から3万5千元に増えた。(安吉=新華社記者/譚進)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月14日
    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省

    14日、山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県の「会義家庭農場」で、空から見た小麦の種まきの様子。(小型無人機から)秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(臨沂=新華社配信/張春雷)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月14日
    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省

    14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人たち。(小型無人機から)秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月14日
    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省

    14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人。秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月14日
    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省

    14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人。秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月14日
    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省

    14日、山東省臨沂市郯城(たんじょう)県の「会義家庭農場」で、播種機(はしゅき)に小麦の種を入れる農場長の王会義さん(右)。秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(臨沂=新華社配信/張春雷)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月14日
    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省

    14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人たち。(小型無人機から)秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月03日
    露地野菜の収穫ピーク河南省西華県

    3日、収穫に精を出す宋府園林家庭農場の香港向け野菜生産基地の従業員。中国河南省周口市西華県の宋府園林家庭農場の香港向け野菜生産基地は近ごろ、カイラン、サイシン、チンゲンサイなどの露地野菜の収穫がピークを迎えた。(西華=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月03日
    露地野菜の収穫ピーク河南省西華県

    3日、収穫に精を出す宋府園林家庭農場の香港向け野菜生産基地の従業員。中国河南省周口市西華県の宋府園林家庭農場の香港向け野菜生産基地は近ごろ、カイラン、サイシン、チンゲンサイなどの露地野菜の収穫がピークを迎えた。(西華=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月03日
    露地野菜の収穫ピーク河南省西華県

    3日、収穫に精を出す宋府園林家庭農場の香港向け野菜生産基地の従業員。中国河南省周口市西華県の宋府園林家庭農場の香港向け野菜生産基地は近ごろ、カイラン、サイシン、チンゲンサイなどの露地野菜の収穫がピークを迎えた。(西華=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1