KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 画像
  • 研究
  • 記載
  • 説明文
  • 眺望
  • 檜皮葺
  • 洋館

「寄棟造」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    円山からの京都市街

    京都市街北部を円山吉水温泉楼閣から西に望む。中央から左奥に向けて延びる道は、神苑で覆われた八坂神社境内へと続く参道である。後に円山公園となる敷地はいまだ未整備のままであるが、所々に料亭が建ち並ぶ。後に公園の名所となる枝垂桜の北東側には、寄棟造の2階建て洋館が建つ。背後には西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号79‐5‐0]

    商品コード: 2017081401135

  • -
    円山からの京都市街

    京都市街北部を円山吉水温泉楼閣から西に望む。中央から左奥に向けて延びる道は、神苑で覆われた八坂神社境内へと続く参道である。後に円山公園となる敷地はいまだ未整備のままであるが、所々に料亭が建ち並ぶ。後の名所となる枝垂桜の北東側には、寄棟造の2階建て洋館が建つ。背後には西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐3‐0]

    商品コード: 2017081401210

  • -
    坂道の町並み

    円山也阿弥(やあみ)ホテル正門前から八坂神社への参道を西に望む。正門前には人力車が常駐する車庫が設けられ、その脇には電灯が建つ。電柱が建ち並ぶ砂利道の参道には杖をついた老人や袴姿の少年が往来し、後方南側には寄棟造の洋館が建つ。写真は京都に電灯供給が開始される明治25年(1892)以後に撮影されたものである。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐93‐0]

    商品コード: 2017080902681

  • -
    大浦海岸通りの洋館群

    居留地で一番家賃の高かった大浦海岸通りの洋館群。この船着き場は上海と同じようにバンドと呼ばれた。建物は左から、大浦4番ケエスイ商会、5番は後のアメリカ領事館。コロニアルなベランダ付の大きな建物は、大浦6番で、後のイギリス領事館。奥の大きな寄棟造りのベランダ付き洋館は、大浦7番のオルト商会で、屋根越しに大浦天主堂の尖塔が見える。岸壁に吊るされたボートは沖の船舶との連絡用である。後ろは鍋冠山。=1874(明治7)年頃、長崎、撮影者:上野彦馬?、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号118‐32‐0]

    商品コード: 2017081600953

  • -
    円山からの京都市街

    京都市街北部を円山吉水温泉楼閣から西に望む。中央から左奥に向けて延びる道は、神苑で覆われた八坂神社境内へと続く参道である。後に円山公園となる敷地はいまだ未整備のままであるが、所々に料亭が建ち並ぶ。後に公園の名所となる枝垂桜の北東側には、寄棟造の2階建て洋館が建つ。背後には西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐115‐0]

    商品コード: 2017080903205

  • -
    石山寺

    石山寺本堂、蓮如堂を同寺多宝塔南側の珪灰岩の露出した斜面より南西に見下ろす。右には木々に覆い隠された三十八社が姿をのぞかせる。本堂は慶長7年(1602)の創建で、総檜皮葺で寄棟造である。=撮影年月日不明、滋賀、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐117‐0]

    商品コード: 2017080903004

  • -
    京都清水寺の舞台

    清水寺本堂舞台を奥ノ院より西北西に望む。舞台上には日傘を差した女性など観光客の姿が見える。南苑には木々が生い茂り、季節は初夏でないかと推察される。本堂舞台は寛永10年(1633)の再建で、寄棟造で総檜皮葺、西側正面と南側東西に翼楼を配する。本堂裏には地主神社が垣間見える。舞台高欄周囲に内側を向けて設けられた柵は落下防止のためか。=撮影年月日不明、京都、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号82‐13‐0]

    商品コード: 2017081401378

  • -
    京都清水寺の舞台

    清水寺本堂舞台を奥ノ院より西北西に望む。舞台上には人の姿はなく、南苑の木々は葉が落ちる。季節は冬でないかと推定される。本堂舞台は寛永10年(1633)の再建で、寄棟造で総檜皮葺、西側正面と南側東西に翼楼を配する。左方の南苑には参道が西にのびる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号86‐13‐0]

    商品コード: 2017081400748

  • -
    京都清水寺の舞台

    清水寺本堂舞台を奥ノ院より西北西に望む。舞台上には4人の人影が見える。南苑の木々は葉が落ち冬枯れの状態である。本堂舞台は寛永10年(1633)の再建で、寄棟造で総檜皮葺、西側正面と南側東西に翼楼を配する。舞台高欄周囲に内側を向けて設けられた柵は落下防止のためか。左の南苑には参道が西にのびる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐40‐0]

    商品コード: 2017081400763

  • -
    京都清水寺の舞台

    清水寺本堂舞台を奥ノ院より西北西に望む。舞台上には4人の人影が見える。南苑の木々は葉が落ち冬枯れの状態である。本堂舞台は寛永10年(1633)の再建で、寄棟造で総檜皮葺、西側正面と南側東西に翼楼を配する。舞台高欄周囲に内側を向けて設けられた柵は落下防止のためか。左の南苑には参道が西にのびる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号89‐5‐0]

    商品コード: 2017081400881

  • -
    円山からの京都市街

    京都市街北部を円山吉水温泉楼閣から西に望む。中央から左奥に向けて延びる道は、神苑で覆われた八坂神社境内へと続く参道である。後に円山公園となる敷地はいまだ未整備のままであるが、所々に料亭が建ち並ぶ。後に公園の名所となる枝垂桜の北東側には、寄棟造の2階建て洋館が建つ。背後には西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐22‐0]

    商品コード: 2017081002463

  • -
    円山からの京都市街

    京都市街北部を円山吉水温泉楼閣から西に望む。中央から左奥に向けて延びる道は、神苑で覆われた八坂神社境内へと続く参道である。後に円山公園となる敷地はいまだ未整備のままであるが、所々に料亭が建ち並ぶ。後に公園の名所となる枝垂桜の北東側には、寄棟造の2階建て洋館が建つ。背後には西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐32‐0]

    商品コード: 2017081002608

  • -
    京都清水寺の舞台

    清水寺本堂舞台を奥ノ院より西北西に望む。舞台上には2人の人影が見える。南苑の木々は緑深く生い茂る。本堂舞台は寛永10年(1633)の再建で、寄棟造で総檜皮葺、西側正面と南側東西に翼楼を配する。舞台高欄周囲に内側を向けて設けられた柵は落下防止のためか。左の南苑には参道が西にのびる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号42‐20‐0]

    商品コード: 2017080902676

  • -
    石山寺の境内

    石山寺本堂、蓮如堂を多宝塔南側参道より西に望む。参道には石畳が敷かれ、参道北側に石灯籠が建ち並ぶ。石灯籠の右方には珪灰岩が露出した斜面が見える。本堂は慶長7年(1602)の創建で、総檜皮葺で寄棟造である。=撮影年月日不明、滋賀、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐115‐0]

    商品コード: 2017080902930

  • 2021年03月19日
    (8)歴史の趣を今に伝える文化名城「代県古城」山西省

    11日、武廟の大殿。寄棟造の木造建築で、金・元代の典型な北方建築様式。中国山西省の北部に位置する代県の市街地は、国家歴史文化名城に指定されており、2・35平方キロの保護範囲の中に辺靖楼や阿育王塔、文廟、武廟、古城城壁の一部など100余りの歴史的建築物と20の指定文化財がある。現代中国の著名な建築史家・建築家の梁思成(りょう・しせい、1901~1972年)もかつて、代県が蓄積する建築文化などの深さ、整然と並ぶ家屋、清潔な街並みを「極めてよく計画された都市」と賞賛した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031908217

  • 1