KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 仮設住宅
  • 熊本地震
  • 高輪皇族邸
  • 御所
  • 西日本豪雨
  • 復興
  • 自宅
  • ヘリ
  • アマトリーチェ
  • 歩み

「寄留」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
167
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
167
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1943年11月20日
    シチリア島 イタリア戦線

    連合軍が占領したシチリアで、戦禍を避けるため古代ローマ時代の円形劇場を仮住まいにしていた女性。「間もなく帰宅できる」と写真説明=1943年11月

    商品コード: 2015030400483

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1943年12月24日
    急こう配に仮住まい設営 欧州戦線

    イタリア中部ベナフロの山岳地帯で、急こう配の尾根に宿営地をつくる米軍兵士たち。現代の穴居人の「仮住まい」だ。前線の兵士は風呂まで求めない。尾根の反対側ではドイツ軍がにらみを利かせている=1943年12月(ACME)

    商品コード: 2019032800426

  • 1944年11月02日
    掘立小屋で生き抜く 欧州戦線

    ギリシャの村ブラスタミティスで掘立小屋をつくって暮らす住民。村はドイツ軍により焼き討ちに遭ったが、この家族は住居跡にブリキ板に石を乗せて仮住まいを続けている=1944年11月(ACME)

    商品コード: 2014092900407

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年09月20日
    避難所暮らしの子供 欧州戦線

    ドイツ南部ニュルンベルクでレンガ造りの避難所に身を寄せる子供たち。多くの市民がこうした施設で仮住まいしている。寝具が干してある避難所の後方に、爆撃で廃墟となった市街地が見える=1945年9月(ACME)

    商品コード: 2014081300347

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1977年04月27日
    まだ続く“漂流生活” 第2の祖国求めて 日本のベトナム難民

    日本船に救出されて10日目。仮住まいの施設でこれからの生活に不安は隠せない−小舟による漂流は一応終わったが、安住の地を見つけるまでにはまだしばらく“漂流生活”が続きそうだ=東京・中野のベタニア修道会(52年内地 3231)(写真ニュース「第2の祖国求めて 日本のベトナム難民」5枚組の5)

    商品コード: 2014081800133

  • 1980年11月07日
    朝見の儀

    朝見の儀を終え、仮住まいの宮内庁分室へお帰りの三笠宮寛仁殿下と信子さま=東京都千代田区三番町の宮内庁分室(三笠宮信子)

    商品コード: 1980110700056

  • 1995年01月26日
    仮住まいのテント前で シャボン玉遊びの少年

    早朝に避難先の公園でシャボン玉遊びをする少年=26日、神戸市東灘区の本庄中央公園(カラーネガ)

    商品コード: 1995012600016

  • 1995年01月26日
    仮住まいのテント前で シャボン玉遊びの少年

    早朝に避難先の公園でシャボン玉遊びをする少年=26日、神戸市東灘区の本庄中央公園(カラーネガ)

    商品コード: 1995012600017

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年09月18日
    旧市街地の被災ビル 仮住まい続き、再発に不安

    メキシコ市の旧市街地で、大地震後10年間放置されたままの被災ビル(共同)

    商品コード: 1995091800033

  • 1996年01月15日
    テント生活するビリー 更地で「独り暮らし」

    阪神大震災で大きな被害を受けた兵庫県芦屋市津知町に、更地になった飼い主の自宅跡地でテント生活をしながらご主人の帰りを待ちわびる犬がいる。名前は「ビリー」。 飼い主の大牟田育宏さん(58)が神戸市内のマンションで仮住まいのため、仕方なくビリーは「独り暮らし」。「週に四、五回は面倒を見に来るが、これからもっと寒くなるだろうし…」と、大牟田さんの妻茂子さん(55)も心配そう。 新居は六月に竣工予定で、ビリーの辛抱もしばらく続く。 【写真説明】 テント生活する犬の「ビリー」=15日午後、兵庫県芦屋市津知町(カラーネガ)

    商品コード: 1996011500055

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年04月11日
    半壊した大学の寮 戒厳令下、住民に活気も

    激戦時の1993年、アゼルバイジャン側の空爆で建物の半分が吹き飛んだ大学の寮。当時、仮住まいしていた多くの難民らが死亡した=ステパナケルト(共同)(アゼルバイジャン領ナゴルノカラバフ自治州都ステパナケルト)

    商品コード: 1997041100041

  • 2002年02月28日
    傷あとが残るソウルの街 ついにゴーサインが出た

    朝鮮戦争でソウルは焦土となった。激戦のあった南山で、れんがを寄せ集めて仮住まいをつくる人たち=1953年7月

    商品コード: 2002022800095

  • 2006年04月20日
    脱線事故のマンション住民 喪失感、後悔にさいなまれ

    仮住まいのマンションに住み続けることを決めた徳田泰夫さん(右奥)=3月16日、兵庫県尼崎市

    商品コード: 2006042000011

  • 2007年06月15日
    仮住まいで休む労働者 北京に〓卵形宇宙船〓

    北京の中心部に建設中の「国家大劇院」(奥)のそばで鉄パイプを使って組み立てた仮住まいで休む出稼ぎ労働者の呉さん(左)は同劇院の工事に日当40元(約640円)で雇われている。完成間近の同劇院を見つめながら「居心地の良い家に帰りたい」と話した=15日(共同)☆始めダブルミニュート☆終わりダブルミニュート

    商品コード: 2007061500176

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年09月03日
    ロマの家族 治安か、移動の自由か

    フランス北部リール近郊で、仮住まいの前に立つロマの家族=8月(ロイター=共同)

    商品コード: 2010090300352

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月23日
    生活の場になった校庭

    キーワード:サッカーゴール、スティルライフ、屋外、仮住まい、干す、校庭、災害、秋、震災、洗濯物、日本、復旧、暮らし、無人、上閉伊郡=2011(平成23)年11月23日、岩手県大槌町、クレジット:suzme/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030216139

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月13日
    帰郷、決断できず

    山形県天童市、新潟市、宇都宮市、栃木県栃木市、福島県富岡町

    商品コード: 2012071300246

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月13日
    帰郷、決断できず

    山形県天童市、新潟市、宇都宮市、栃木県栃木市、福島県富岡町

    商品コード: 2012071300247

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月13日
    厳しい住環境今も

    岩手県大槌町、宮城県女川町、東松島市、三陸自動車道、福島県

    商品コード: 2012071300248

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月13日
    厳しい住環境今も

    岩手県大槌町、宮城県女川町、東松島市、三陸自動車道、福島県

    商品コード: 2012071300249

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月13日
    見えない被災者どう支援

    宮城県石巻市、福島県郡山市、富岡町など

    商品コード: 2012071300252

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月13日
    見えない被災者どう支援

    宮城県石巻市、福島県郡山市、富岡町など

    商品コード: 2012071300253

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月13日
    追いだき追加に戸惑い

    岩手県釜石市、宮城県名取市、気仙沼市、亘理町、福島県富岡町、大玉村

    商品コード: 2012071300254

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月13日
    追いだき追加に戸惑い

    岩手県釜石市、宮城県名取市、気仙沼市、亘理町、福島県富岡町、大玉村

    商品コード: 2012071300255

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月13日
    相談員と話す安藤さん夫妻 見えない被災者どう支援

    社会福祉協議会の相談員(右の2人)と話す、安藤譲さん(左)と則子さん=11日、仙台市太白区

    商品コード: 2012071300316

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月13日
    箱詰めするメンバー 帰郷、決断できず

    サクランボのパック詰め作業をする「さくらんぼママーズ」のメンバーら=5日、山形県天童市

    商品コード: 2012071300325

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月13日
    収穫作業するメンバー 帰郷、決断できず

    サクランボの収穫作業をする「さくらんぼママーズ」のメンバー=5日、山形県天童市

    商品コード: 2012071300327

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月13日
    大槌町の仮設住宅 厳しい住環境今も

    浸水を防ぐための排水溝の工事が進められる岩手県大槌町の仮設住宅=10日

    商品コード: 2012071300338

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月13日
    排水溝整備する住民 厳しい住環境今も

    台風4号の大雨の後、排水溝の整備をする仮設住宅の住民=6月、宮城県女川町

    商品コード: 2012071300346

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月11日
    相談する石巻市職員 30万人、今も仮住まい

    宮城県石巻市小室地区の山林の相続権を持つ男性(手前)と相談する市職員=4日、石巻市

    商品コード: 2013031100913

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月11日
    石巻市の空撮 30万人、今も仮住まい

    東日本大震災の津波で沿岸部が大きな被害を受けた宮城県石巻市=9日、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2013031100916

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年09月03日
    南三陸町の住民説明会 仮住まい「さらに4年」

    宮城県南三陸町が開いた高台移転などについての住民説明会=8月1日、宮城県登米市

    商品コード: 2013090300413

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年09月03日
    陸前高田市の住民説明会 仮住まい「さらに4年」

    市職員(手前)から高台移転などについての説明を聞く住民=8月30日、岩手県陸前高田市

    商品コード: 2013090300414

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年09月03日
    個別相談で質問する住民 仮住まい「さらに4年」

    住民説明会終了後の個別相談で、高台移転などについて市の担当者(右側)に質問する住民=8月30日、岩手県陸前高田市

    商品コード: 2013090300416

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年09月04日
    佐藤清太郎さん夫妻 仮住まい「さらに4年」

    宮城県南三陸町から避難し、仮設住宅で暮らす佐藤清太郎さん夫妻=4日、同県登米市

    商品コード: 2013090400470

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年03月03日
    中学校の仮設住宅 長引く仮住まい、重い負担

    岩手県の大船渡市立第一中学校のグラウンドに建てられた仮設住宅。優先撤去の対象となるが、別の仮設への引っ越しを余儀なくされる被災者もいる=3日

    商品コード: 2015030300744

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年09月08日
    釜石市の仮設住宅 終わらぬ仮住まい

    岩手県釜石市の仮設住宅。同市は、いち早く仮設の集約に着手している=7日

    商品コード: 2015090800887

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年09月08日
    東松島の仮設住宅 終わらぬ仮住まい

    宮城県東松島市内の仮設住宅。東日本大震災からまもなく4年半、被災地の「仮住まい」は長期化している=8日午後

    商品コード: 2015090800889

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年09月08日
    説明受ける仮設の住民 終わらぬ仮住まい

    宮城県気仙沼市でプレハブ仮設住宅の集約計画に関する市の説明を受ける住民ら=7月

    商品コード: 2015090800890

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年09月08日
    岩手県大船渡の仮設住宅 終わらぬ仮住まい

    岩手県大船渡市猪川町長洞の仮設住宅。現在も200世帯を超える被災者が生活している=7日

    商品コード: 2015090800888

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月13日
    小屋で暮らす増永さん夫婦 熊本地震

    熊本地震で全壊した自宅の敷地内に作った小屋で暮らす増永信喜さん(71)(右)、春代さん(69)夫婦。避難所やテントでの生活を経て、仮住まいの生活が続く。春代さんは「自分たちが元いた場所。益城町で生きていく」と話す=13日午後、熊本県益城町

    商品コード: 2016071300833

  • 2016年11月02日
    福田施設長と戸部さん 仮住まい、よりどころに

    退所後も福田順子施設長(左)の元を訪れる戸部静香さん(仮名)=9月、東京都荒川区

    商品コード: 2016110200035

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年01月13日
    被災者を訪問する相談員 熊本地震、仮住まい4万人

    「みなし仮設」の被災者を訪問する相談員=12日、熊本市東区

    商品コード: 2017011300687

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年04月13日
    熊本最大の仮設住宅団地 仮住まい、なお4万7千人

    熊本県内最大規模の「テクノ仮設団地」。約1300人が身を寄せる=13日午後、熊本県益城町(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2017041300821

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年04月13日
    熊本最大規模の仮設団地 仮住まい、なお4万7千人

    熊本県内最大規模の「テクノ仮設団地」。約1300人が身を寄せる=13日午後、熊本県益城町(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2017041300822

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年04月13日
    熊本県益城町の夕景 仮住まい、なお4万7千人

    熊本地震から1年を迎える熊本県益城町。倒壊せずに残った家々の間に更地が広がる。自宅を失った多くの被災者が仮設住宅などで避難生活を送る=13日午後(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2017041301030

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年04月13日
    益城町の夕景 仮住まい、なお4万7千人

    熊本地震から1年を迎える熊本県益城町。倒壊せずに残った家々の間に更地が広がる。自宅を失った多くの被災者が仮設住宅などで避難生活を送る=13日午後(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2017041301005

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年04月13日
    熊本城とくまモン 仮住まい、なお4万7千人

    熊本地震から1年、大きな被害を受けた熊本城では、本格的な復旧工事が始まりつつある。天守閣のうち高さ約30㍍の大天守の展望室を貫くように鉄骨が設置され、周囲を足場で囲む作業が進む=13日午後(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2017041301076

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年04月13日
    仮住まい、なお4万7千人

    熊本地震「主な被害」

    商品コード: 2017041301136

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年04月13日
    仮住まい、なお4万7千人

    熊本地震「主な被害」

    商品コード: 2017041301137

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年04月13日
    仮住まい、なお4万7千人

    熊本地震「主な被害」

    商品コード: 2017041301138

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年04月13日
    仮住まい、なお4万7千人

    熊本地震「主な被害」

    商品コード: 2017041301140

  • 2017年08月21日
    オープンしたフードエリア 仮住まい今も、復興へ歩み

    イタリア・アマトリーチェの広場にオープンした「フードエリア」=7月29日(共同)

    商品コード: 2017082100329

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年08月21日
    旧市街と鐘楼 仮住まい今も、復興へ歩み

    昨年8月のイタリア中部地震で建物の大半が倒壊したアマトリーチェの旧市街。中央奥は鐘楼=7月29日(共同)

    商品コード: 2017082100330

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年08月21日
    パスタを味わう人々 仮住まい今も、復興へ歩み

    イタリア中部地震で被災したレストランなど8店を集めオープンした「フードエリア」で、地元発祥の名物パスタ料理「アマトリチャーナ」を味わう人々=7月29日、アマトリーチェ(共同)

    商品コード: 2017082100340

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年08月21日
    クララ・セラフィーニさん 仮住まい今も、復興へ歩み

    イタリア・アマトリーチェの仮設住宅で、壊れた自宅から持ち出した思い出のオブジェを手にするクララ・セラフィーニさん=7月29日(共同)

    商品コード: 2017082100339

  • 2017年08月21日
    仮住まい今も、復興へ歩み

    イタリア・ローマ、アマトリーチェ

    商品コード: 2017082100381

  • 2017年08月21日
    仮住まい今も、復興へ歩み

    イタリア・ローマ、アマトリーチェ

    商品コード: 2017082100382

  • 2017年08月21日
    仮住まい今も、復興へ歩み

    イタリア・ローマ、アマトリーチェ

    商品コード: 2017082100383

  • 2017年08月21日
    仮住まい今も、復興へ歩み

    イタリア・ローマ、アマトリーチェ

    商品コード: 2017082100384

  • 2017年10月20日
    ブルーシートの家屋 117人なお「仮住まい」

    ブルーシートの掛かった家屋が随所に見られる鳥取県倉吉市の中心部=20日

    商品コード: 2017102000440

  • 2017年11月24日
    旧高松宮邸で仮住まいに

    高輪皇族邸、皇居・御所、赤坂御用地

    商品コード: 2017112400524

  • 2017年11月24日
    旧高松宮邸で仮住まいに

    高輪皇族邸、皇居・御所、赤坂御用地

    商品コード: 2017112400525

  • 2017年11月24日
    高輪皇族邸 旧高松宮邸で仮住まいに

    東京都港区の高輪皇族邸(旧高松宮邸)

    商品コード: 2017112400794

  • 00:39.37
    2017年12月18日
    空撮 代替わり後、住まい交換へ 両陛下と皇太子ご一家

    宮内庁は18日、天皇陛下の退位後、天皇、皇后両陛下と皇太子ご一家が住まいを交換されると正式に発表した。両陛下が先に皇居・御所を離れ、改修工事の間、東京都港区の高輪皇族邸(旧高松宮邸)に仮住まいする。皇太子ご一家の住まいは現在、東宮御所と呼ばれているが、両陛下が上皇、上皇后となって移り住んだ後は、先例に倣い「仙洞御所」と呼ぶ。<映像内容> 天皇陛下が退位後にお住まいになる予定の高輪皇族邸(旧高松宮邸)の空撮。18日午後3時45分ごろ東京都港区で撮影。

    商品コード: 2017121900280

  • 2017年12月18日
    高輪皇族邸(旧高松宮邸) 陛下退位後、住まい交換へ

    天皇陛下の退位後、天皇、皇后両陛下が仮住まいされる高輪皇族邸(旧高松宮邸)=18日午後、東京都港区(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2017121800656

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月04日
    がれき運ぶ男性 1200人なお仮住まい

    昨年7月の豪雨災害で住民らが犠牲になった住宅跡地から、がれきを撤去する男性=4日午後、福岡県朝倉市

    商品コード: 2018010400638

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年01月04日
    がれき撤去続く災害現場 1200人なお仮住まい

    昨年7月の豪雨災害によるがれきの撤去が続けられる、住人ら3人が犠牲になった福岡県朝倉市黒川地区=4日午後

    商品コード: 2018010400634

  • 2018年02月03日
    説明する日野さん 被災者住宅支援に格差

    仮住まいしている賃貸住宅で、避難生活について語る日野八千代さん=1月9日、福岡県うきは市

    商品コード: 2018020300387

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年03月13日
    熊本県益城町の仮設住宅 熊本仮住まい4万人下回る

    熊本地震の被災者が暮らす仮設住宅=9日、熊本県益城町

    商品コード: 2018031300674

  • 2018年03月15日
    高輪皇族邸に入る両陛下 両陛下、2度目の下見

    仮住まいとなる高輪皇族邸に入られる天皇、皇后両陛下=15日午後、東京都港区

    商品コード: 2018031501293

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月13日
    仮住まい3万8千人

    熊本地震「主な被害」

    商品コード: 2018041300777

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月13日
    仮住まい3万8千人

    熊本地震「主な被害」

    商品コード: 2018041300779

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月13日
    仮住まい3万8千人

    熊本地震「主な被害」

    商品コード: 2018041300780

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月13日
    仮住まい3万8千人

    熊本地震「主な被害」

    商品コード: 2018041300782

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月13日
    仮設団地の夕景 熊本地震きょう2年

    熊本地震の発生から2年を迎える熊本県益城町の夕景。小池島田仮設団地(手前)では今も被災者が仮住まい生活を送る=13日午後7時5分

    商品コード: 2018041301045

  • 2018年04月26日
    住民「会えるの楽しみに」

    高輪皇族邸、皇居・御所、品川駅

    商品コード: 2018042600660

  • 2018年04月26日
    住民「会えるの楽しみに」

    高輪皇族邸、皇居・御所、品川駅

    商品コード: 2018042600663

  • 2018年04月26日
    住民「会えるの楽しみに」

    高輪皇族邸、皇居・御所、品川駅

    商品コード: 2018042600664

  • 2018年04月26日
    住民「会えるの楽しみに」

    高輪皇族邸、皇居・御所、品川駅

    商品コード: 2018042600665

  • 2018年09月24日
    Housing shortage of students in the Netherlands

    24 September 2018, Netherlands, Groningen: A small caravan stands in front of a hostel where students of the University of Groningen live temporarily. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092818458

  • 2018年09月24日
    Housing shortage among students in the Netherlands

    24 September 2018, Netherlands, Groningen: Two students sitting on the grounds of a hostel and reading. Both have not found an apartment in Groningen at the start of the winter semester 2018 and live temporarily in the hostel until they can move into their living containers, which are not yet finished. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100322325

  • 2018年09月24日
    Housing shortage of students in the Netherlands

    24 September 2018, Netherlands, Groningen: Two students sit on the grounds of a hostel and read. Both have not found an apartment in Groningen at the start of the winter semester 2018 and live temporarily in the hostel until they can move into their living containers, which are not yet finished. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092818424

  • 2018年09月24日
    Housing shortage of students in the Netherlands

    24 September 2018, Netherlands, Groningen: A small caravan of a hostel in which students of the University of Groningen who have run into housing difficulties live temporarily. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092818490

  • 2018年09月24日
    Housing shortage of students in the Netherlands

    24 September 2018, Netherlands, Groningen: Two students sit on the grounds of a hostel and read. Both have not found an apartment in Groningen at the start of the winter semester 2018 and live temporarily in the hostel until they can move into their living containers, which are not yet finished. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092817652

  • 2018年09月24日
    Housing shortage of students in the Netherlands

    24 September 2018, Netherlands, Groningen: Two students sit on the grounds of a hostel and read. Both have not found an apartment in Groningen at the start of the winter semester 2018 and live temporarily in the hostel until they can move into their living containers, which are not yet finished. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092817613

  • 2018年09月24日
    Housing shortage of students in the Netherlands

    24 September 2018, Netherlands, Groningen: Two students sit on the grounds of a hostel and read. Both have not found an apartment in Groningen at the start of the winter semester 2018 and live temporarily in the hostel until they can move into their living containers, which are not yet finished. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092818811

  • 2018年09月24日
    Housing shortage of students in the Netherlands

    24 September 2018, Netherlands, Groningen: Two students sit on the grounds of a hostel and read. Both have not found an apartment in Groningen at the start of the winter semester 2018 and live temporarily in the hostel until they can move into their living containers, which are not yet finished. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092818478

  • 2018年09月24日
    Housing shortage among students in the Netherlands

    24 September 2018, Netherlands, Groningen: Two students sitting on the grounds of a hostel and reading. Both have not found an apartment in Groningen at the start of the winter semester 2018 and live temporarily in the hostel until they can move into their living containers, which are not yet finished. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100322273

  • 2018年09月24日
    Housing shortage among students in the Netherlands

    24 September 2018, Netherlands, Groningen: Two students sitting on the grounds of a hostel and reading. Both have not found an apartment in Groningen at the start of the winter semester 2018 and live temporarily in the hostel until they can move into their living containers, which are not yet finished. Photo: Mohssen Assanimoghaddam/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100322281

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月13日
    仮住まい続く建設型仮設 仮住まいなお2万4千人超

    熊本地震の被災者が仮住まいを続ける建設型仮設住宅=12日、熊本県益城町

    商品コード: 2018101302045

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年10月13日
    整備急ぐ災害公営住宅 仮住まいなお2万4千人超

    整備が急がれる熊本地震の災害公営住宅=12日午後、熊本県益城町

    商品コード: 2018101302046

  • 04:46.42
    2018年12月13日
    「新華社」渡り鳥の大群が飛来吉林省琿春市の敬信湿地

    中国とロシアの国境地帯に位置する吉林省延辺朝鮮族自治州琿春(こんしゅん)市の敬信湿地に、南へ渡り越冬するガンの群れが飛来した。敬信湿地は渡り鳥がシベリアから南へ渡る際、中国に入り最初に滞在する寄留地。湿地を河川が貫くように流れ、動植物が非常に豊富。この2カ月でシベリアからのガンが相次いで飛来して集結し、羽を休め餌を探し、南へ渡る長い旅路に備えている。現在、同湿地は中国の渡り鳥の3大渡りルートのうちの一つに位置しており、毎年多くの渡り鳥がここを経由して南や北へ渡る。このガンの群れは12月中旬に次々に南へ渡り越冬するという。(記者/姜明明、周万鵬、魏蒙)<映像内容>敬信湿地の渡り鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420554

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月05日
    仮住まいなお9800人 西日本豪雨半年

    西日本豪雨の被災者が入居する建設型の仮設住宅。岡山県内では今も多くの人が仮住まいで生活している=1月5日、倉敷市真備町箭田。西日本豪雨は6日、発生から半年となった。戦後最大級の水害を受けた岡山県の被災地では、家屋の解体・撤去、店舗再開といった復興への動きが少しずつ進む一方で、なお9千人超が仮設住宅などの「仮住まい」で生活している。関係自治体は住民の生活再建に全力を挙げる方針だ。=2019(平成31)年1月5日、岡山県倉敷市真備町箭田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010817749

  • 2019年01月05日
    仮住まい1万3500人

    「仮住まい」の被災者数

    商品コード: 2019010500243

  • 2019年01月05日
    仮住まい1万3500人

    「仮住まい」の被災者数

    商品コード: 2019010500244

  • 2019年01月05日
    みなし仮設で独居の男性 仮住まい1万3500人

    岡山県倉敷市のみなし仮設で1人暮らしをする男性(83)。毎日外出し、浸水した同市真備町地区の自宅を片付けたり知人と会うようにしている。「孤立感はそれほどない」と話すが、入居したアパートの住人との関わりはほとんどないという=4日

    商品コード: 2019010500399

  • 2019年01月05日
    みなし仮設で暮らす男性 仮住まい1万3500人

    岡山県倉敷市のみなし仮設で1人暮らしをする男性(83)。毎日外出し、浸水した同市真備町地区の自宅を片付けたり知人と会うようにしている。「孤立感はそれほどない」と話すが、入居したアパートの住人との関わりはほとんどないという=4日

    商品コード: 2019010500401

  • 2019年02月07日
    仮住まいの「御仮寓所」 秋篠宮家の仮住まい公開

    秋篠宮ご一家が仮住まいされる「御仮寓所」=7日午前、東京・元赤坂の赤坂御用地内(代表撮影)

    商品コード: 2019020722584

  • 2019年02月07日
    ご一家の「御仮寓所」 秋篠宮家の仮住まい公開

    秋篠宮ご一家が仮住まいされる「御仮寓所」=7日午前、東京・元赤坂の赤坂御用地内(代表撮影)

    商品コード: 2019020722600

  • 1
  • 2