KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 指定
  • 重要文化財
  • 空海
  • 創建
  • 国宝
  • 儀式
  • 全国重点文物保護単位
  • 東京
  • 修験者

「密教」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
123
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
123
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Akshobhya, the Transcendent Buddha of the East, Thakuri period, 12th century, Nepal (Kathmandu Valley),

    Akshobhya, the Transcendent Buddha of the East, Thakuri period, 12th century, Nepal (Kathmandu Valley), Copper with gold paint, H. 6 1/4 in. (15.9 cm); W. 5 5/8 in. (14.3 cm); D. 4 in. (10.2 cm); Wt. 4 lbs (1.8 kg), Sculpture, Akshobhya is one of the five Transcendent Buddhas of Esoteric Buddhism. His attribute, the thunderbolt scepter (vajra), is displayed on the cloth frontal of his lion-supported lotus throne.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022042404722

  • 1993年12月22日
    インドに建設中の大学 密教大学を募金で再建

    インドに建設中のチベット密教学の殿堂「ギュトゥ寺密教大学」=インド・ヒマチャルプラデシュ州ダラムサラ

    商品コード: 1993122200031

  • 1994年03月03日
    密教楽器の鋳型出土

    群馬県・粕川村の御殿遺跡から見つかった密教楽器「〓(にょう)」の鋳型(〓金ヘンに暁の旧字体のツクリ)(考古学)

    商品コード: 1994030300020

  • 1994年07月05日
    「ひと・立ちばなし」 ドルジェ・タシーさん

    チベット仏教界の高僧ドルジェ・タシー師(マイクあり)(南インドのチベット密教大学・ギュメー寺の前管長、DORJE TASHI)

    商品コード: 1994070500044

  • 1994年10月07日
    ケツン・サンポさん

    チベットの密教行者、ケツン・サンポさん(顔向き)「ひと・立ちばなし」

    商品コード: 1994100700037

  • 1994年10月25日
    ギュトゥ寺密教大学 人気の「死者の書」を講演

    亡命チベット人のためにインドに建築中の「ギュトゥ寺密教大学」

    商品コード: 1994102500008

  • 1995年01月19日
    群馬県藤岡市の屋敷跡 密教仏具がセットで出土

    出土した火舎香炉(中央)と六器

    商品コード: 1995011900105

  • 1997年11月05日
    開館する「紙遊苑」 手すき和紙の技術残そう

    来年オープン予定の「紙遊苑」=和歌山県九度山町(弘法大師が製法を伝えたといわれ、真言密教の仏典にも用いられた手すき和紙「高野紙」の技術を後世に残そうと、和歌山県九度山町は高野紙をテーマにした総合文化施設「紙遊苑」(しゆうえん)の開館準備を進めている。来年十月にオープン予定)

    商品コード: 1997110500005

  • 1997年11月19日
    ロジャー・ゲッパーさん

    密教研究の業績が評価され国際交流基金賞を受けたロジャー・ゲッパーさん(ROGER・GOEPPER=ドイツ・ケルン大学教授)

    商品コード: 1997111900025

  • 1999年01月11日
    写真集を手にする桜井氏 高野山密教の写真集出版

    高野山の真言密教の世界を撮り続け、このほど出版した写真集「高野山・密教曼荼羅」を手にする桜井恵武さん

    商品コード: 1999011100121

  • 1999年05月15日
    チベット密教芸術団 チベット密教芸術を披露

    来日した「チベット密教芸術団」のポスター

    商品コード: 1999051500055

  • 1999年05月25日
    マスクダンス チベット僧が読経を披露

    ダライ・ラマの肖像の前でマスクダンスを披露する「チベット密教芸術団」=25日午後、静岡市のコンサートホール

    商品コード: 1999052500136

  • 1999年09月10日
    作品「投華―密教に入る」 高山画伯の奉納絵完成

    完成した高野山・金剛峯寺に奉納する屏風(びょうぶ)絵「投華―密教に入る」。右端は高山辰雄さん=10日午後、東京都港区高輪

    商品コード: 1999091000146

  • 2000年02月04日
    正木晃さん

    チベット密教の教えを正確に伝えたいと話す正木晃さん

    商品コード: 2000020400062

  • 2000年05月25日
    出土した賢瓶 地鎮用の密教法具が出土

    出土した地鎮用の賢瓶(けんびょう)=25日午後、京都市上京区の京都御苑

    商品コード: 2000052500163

  • 2003年01月17日
    手のひらの密教を提唱

    篠原資明さん=京都大

    商品コード: 2003011700102

  • 2003年09月19日
    空海の「金銅密教法具」 空海ゆかりの国宝など公開

    空海が唐から持ち帰った国宝「金銅密教法具」=京都市南区の東寺

    商品コード: 2003091900171

  • 2005年07月20日
    快慶の「孔雀明王坐像」 密教曼荼羅の世界を紹介

    「密教曼荼羅・コスモスの世界」で展示された快慶作の「孔雀明王坐像」=20日午前、和歌山県高野町の高野山霊宝館

    商品コード: 2005072000088

  • 2006年08月28日
    法具3点セット 黄金色に輝く密教法具発見

    愛媛県今治市の真光寺で発見された真言密教の儀式で使われる法具のセット=28日午後

    商品コード: 2006082800224

  • 2007年09月14日
    作品「投華―密教に入る」 高山辰雄さんが死去

    完成した高野山・金剛峯寺に奉納する屏風(びょうぶ)絵「投華―密教に入る」。右端は高山辰雄さん=99年9月、東京都港区高輪

    商品コード: 2007091400208

  • 2008年01月05日
    「大塔修正会」の僧たち 高野山で平和祈る修正会

    高野山真言密教の道場、根本大塔で営まれた、新年を祝い世界平和を祈る「大塔修正会」=5日、和歌山県高野町

    商品コード: 2008010500092

  • 2008年04月25日
    展示会前の儀式 欧州最大級の密教展示会

    24日、ドイツ西部ボンの連邦美術展示館で、京都・醍醐寺の展示会の開幕を前に行われた儀式(共同)

    商品コード: 2008042500263

  • 2009年01月10日
    銅蓮華形柄香炉 高野山霊宝館で密教美術展

    高野山霊宝館で展示されている銅蓮華形柄香炉

    商品コード: 2009011000073

  • 2009年04月10日
    チベット密教彫刻 九博で「聖地チベット」展

    チベット密教彫刻の最高傑作ともいわれる「カーラチャクラ父母仏立像」=10日、福岡県太宰府市の九州国立博物館

    商品コード: 2009041000371

  • 2011年08月29日
    鑑賞される皇太子さま 皇太子さま美術展を鑑賞

    「空海と密教美術展」を鑑賞される皇太子さま=29日午後、東京・上野の東京国立博物館(代表撮影)

    商品コード: 2011082900567

  • 2011年09月08日
    鑑賞される天皇陛下 天皇陛下が空海展を鑑賞

    「空海と密教美術展」を鑑賞される天皇陛下=8日午後、東京・上野の東京国立博物館(代表撮影)

    商品コード: 2011090800609

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月21日
    空海密教大金龍院の施設 宗教施設で集団暴行死

    施設内で暴行事件があった宗教法人「空海密教大金龍院」=21日午後、京都市南区

    商品コード: 2012092100516

  • 2014年03月19日
    平安時代の木造獅子 重文の木造獅子を公開

    「東寺の密教工芸―荘厳の美―」で展示される、平安時代の木造獅子

    商品コード: 2014031900675

  • 2014年03月19日
    展示されるけさ 重文の木造獅子を公開

    「東寺の密教工芸―荘厳の美―」で展示される、南北朝時代に寄進されたけさ=19日午後、京都市南区

    商品コード: 2014031900676

  • 2014年05月26日
    キユーピーの見学施設 マヨネーズの秘密教えます

    見学施設「マヨテラス」にある、卵の模型で浮き上がったキユーピー=21日、東京都調布市

    商品コード: 2014052600594

  • 2014年06月10日
    手を合わせる僧侶 最先端の仏教を渇望

    空海が密教を授かった長安(現西安市)の青龍寺は1200年前とは違う場所で再建された。その青龍寺の空海記念碑近くで手を合わせる僧侶=中国陝西省(共同)

    商品コード: 2014061000506

  • 2014年07月11日
    青龍寺で祈る僧侶 二つの衝撃で確信

    空海が学んだ長安(現西安市)の青龍寺で祈る僧侶。密教の継承者となった異国の僧・空海は、一刻も早い帰国を望んだ=中国陝西省(共同)

    商品コード: 2014071100555

  • 2014年07月28日
    比叡山を訪れた高村さん 論理超え、神髄つかむ

    最澄が開いた比叡山を訪れた高村薫さん。最澄は空海が唐から持ち帰った密教を学ぼうと二人の交流が始まった=大津市

    商品コード: 2014072800346

  • 2014年07月31日
    密教傾倒も理解に違い

    平安京、比叡山、高雄山寺

    商品コード: 2014073100503

  • 2014年07月31日
    密教傾倒も理解に違い

    平安京、比叡山、高雄山寺

    商品コード: 2014073100504

  • 2014年07月31日
    密教傾倒も理解に違い

    平安京、比叡山、高雄山寺

    商品コード: 2014073100505

  • 2014年07月31日
    密教傾倒も理解に違い

    平安京、比叡山、高雄山寺

    商品コード: 2014073100506

  • 2014年08月29日
    『十住心論』の写し すべての宗派を包含

    密教が一番優れていることを宣言した空海の代表的な著作『秘密曼荼羅十住心論』の写し。真言密教に到達するまでの10段階の心の発達を詳細に記している=和歌山県高野町の高野山大学

    商品コード: 2014082900517

  • 2014年09月12日
    密教で使用される法具 装置から身体の一部に

    密教の修法に使われる法具。金色に輝く法具もまた曼荼羅である=大阪府茨木市の真龍寺

    商品コード: 2014091200529

  • 2014年10月11日
    京都・東寺 死期察し、隆盛へ心砕く

    空海が真言密教の根本道場と位置づけた東寺。五重塔は京都のシンボルだ=京都市南区

    商品コード: 2014101100475

  • 2015年01月13日
    善通寺の五重塔 空気のような弘法大師

    弘法大師が誕生した地とされる善通寺。高野山、密教を授かった唐の長安(現在の西安)とほぼ同じ緯度に位置するのは偶然だろうか=香川県善通寺市

    商品コード: 2015011300445

  • 03:02.94
    2015年04月01日
    高野山が開創1200年 大法会、横綱土俵入り

    816年に弘法大師空海が密教道場を開いて1200年を迎えるのを記念して、和歌山県高野町の高野山で2日、開創記念の大法会が始まった。5月21日まで高野山真言宗総本山・金剛峯寺などで連日法会が営まれる。<映像内容>高野山開創記念の大法会の様子、撮影日:2015(平成27)年4月1日、撮影場所:和歌山県高野町 高野山

    商品コード: 2019052401452

  • 14:20.39
    2015年04月02日
    開創1200年の高野山で大法会始まる

    弘法大師空海が密教道場を開いて1200年を迎えるのを記念して和歌山県高野町の高野山で大法会が始まった。高野山では、江戸時代に焼けた中門が172年ぶりに再建されたほか、中門にある四天王像のうち、江戸時代に焼失した増長天と広目天も今回新たに造られ、焼けずに残っていた2体とともに、4体がそろった。さらに中門の前では大相撲の横綱、白鵬関と日馬富士関がそれぞれ土俵入りを披露した。〈映像内容〉金剛峯寺から出発する大法会の一行、境内を歩く様子、中門の前での2横綱の奉納土俵入り、ご本尊の開帳、法要の様子など、撮影日:2015(平成27)年4月2日、撮影場所:高野山

    商品コード: 2019010922415

  • 2017年09月20日
    浦上四番崩れ行列 語り継ぎたい先人の思い

    「浦上四番崩れ」から150年で、秘密教会跡などを巡る聖職者や信徒らの行列=7月16日、長崎市

    商品コード: 2017092000672

  • 2018年06月06日
    大柴清円研究員 空海直筆漢詩の拓本か

    拓本の写真を手にする高野山大密教文化研究所の大柴清円研究員=6日午後、和歌山県橋本市

    商品コード: 2018060601032

  • 02:04.22
    2019年06月28日
    「新華社」貴重な文化財で日本の僧侶が見た大唐の繁栄再現浙江省温州市

    「江南の霧雨の中の長安-円珍(えんちん)が見た大唐世界」展が28日、中国浙江省温州市の温州博物館で始まった。唐代の文化財167点(セット)が展示されており、この時代に求法(ぐほう、仏法を求めること)のため温州を経由して長安に向かった日本の僧侶円珍の視点から、求法の経路に沿って、彼が見た唐代の世界や温州と日本との経済的・文化的交流や往来を紹介している。唐代は中国の古代封建社会の全盛期であり、外国に対し開放的で寛容な政策を取っていたため、多くの外国の使節や商人が交流や交易のために訪れていた。日本の僧侶である円珍は、平安初期に唐に渡り密教を学んだ八人の僧「入唐八家」の一人。その中で最も多くの仏教の経典を持ち帰っており、温州を経由して求法のため長安に向かい、温州で経書90巻余りを求めた。同博物館の高啓新(こう・けいしん)副館長によると、今回展示した100点余りの文化財は、同博物館と深圳望野博物館が所蔵しているもので、12点の国家一級文物(文化財)が含まれているという。展覧は「円珍入唐求法」、「円珍が見た大唐の生活」、「円珍が見た大唐文化の繁栄」、「円珍が見た大唐仏教の荘厳」の4セクションに分かれている。博物館スタッフの李戎(り・じゅう)氏は、これらの品は唐代の物質的・文化的生活の繁栄や、政治制度、書法(日本の書道に相当)、建築、宗教など多く分野における日本への影響を示すもので、両国の人々の歴史的友情を物語っているとしている。同展は7月21日まで開催されている。(記者/王俊禄、孔令杭)<映像内容>「江南の霧雨の中の長安-円珍が見た大唐世界」展の様子、撮影日:2019(令和元)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100770

  • 2020年04月06日
    西安青竜寺で日本の桜が満開新型コロナで花見客は少なめ

    6日、西安市の青竜寺で満開になった桜。中国陝西省西安市の青竜寺では、日本から三十数年前に贈られた千本余りの桜が今年も満開となった。同市南東部の楽遊原にある青竜寺は、中国仏教八大宗派の密宗(唐代密教)の発祥地の一つで、日本の真言宗ゆかりの地でもある。同寺遺跡保管所の史料には、同寺が両国の友情を育んだ場であることが記されている。(西安=新華社記者/呉鴻波)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003921

  • 2020年04月06日
    西安青竜寺で日本の桜が満開新型コロナで花見客は少なめ

    6日、西安市の青竜寺で満開になった桜。中国陝西省西安市の青竜寺では、日本から三十数年前に贈られた千本余りの桜が今年も満開となった。同市南東部の楽遊原にある青竜寺は、中国仏教八大宗派の密宗(唐代密教)の発祥地の一つで、日本の真言宗ゆかりの地でもある。同寺遺跡保管所の史料には、同寺が両国の友情を育んだ場であることが記されている。(西安=新華社記者/周永穗)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003963

  • 2020年04月06日
    西安青竜寺で日本の桜が満開新型コロナで花見客は少なめ

    6日、西安市の青竜寺で満開になった桜。中国陝西省西安市の青竜寺では、日本から三十数年前に贈られた千本余りの桜が今年も満開となった。同市南東部の楽遊原にある青竜寺は、中国仏教八大宗派の密宗(唐代密教)の発祥地の一つで、日本の真言宗ゆかりの地でもある。同寺遺跡保管所の史料には、同寺が両国の友情を育んだ場であることが記されている。(西安=新華社記者/周永穗)=2020(令和2)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003957

  • 2020年04月09日
    西安青竜寺で日本の桜が満開新型コロナで花見客は少なめ

    9日、西安市の青竜寺で漢服を着て写真を撮る人。中国陝西省西安市の青竜寺では、日本から三十数年前に贈られた千本余りの桜が今年も満開となった。同市南東部の楽遊原にある青竜寺は、中国仏教八大宗派の密宗(唐代密教)の発祥地の一つで、日本の真言宗ゆかりの地でもある。同寺遺跡保管所の史料には、同寺が両国の友情を育んだ場であることが記されている。(西安=新華社記者/周永穗)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003918

  • 01:15.00
    2020年04月10日
    「新華社」古刹・青竜寺の桜が開花に陝西省西安市

    中国陝西省西安市の南東部、楽遊原に位置する青竜寺が花見に最適な時期を迎えた。咲き誇る桜に誘われ、同寺には多くの観光客が散策に訪れている。新型コロナウイルス対策として、観光客は西安市の個人電子識別コードを取得し、検温を受けた上で列に並び入場する。同寺は中国密教の祖庭の一つで、日本の真言宗ゆかりの地。同寺では1986年に日本の僧侶、空海の記念碑を建立した際、日本の友人と仏教教会から友好と平和の象徴として桜の木1千本余りの寄贈を受け、境内に植樹した。桜は毎年3月から4月にかけて満開となり、一帯は春らんまんの趣となる。(記者/呉鴻波、周永穗)<映像内容>青竜寺の桜、花見をする人、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041300159

  • 2021年01月11日
    成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の飛天童子像。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)=配信日:2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011902925

  • 2021年01月16日
    (1)元代の墓から法具の金剛杵が出土山西省

    五里後墓地の明代墓から出土した副葬品の磁器香炉。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省臨汾(りんふん)市隰(しつ)県の五里後墓地で実施した考古発掘調査の成果を発表した。墓9基を発掘し、うち元代の墓1基から副葬品の金剛杵(こんごうしょ、密教の法具)が出土した。非常に珍しい出土品で、被葬者の男性が仏教と深い関りを持っていたことを示している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800182

  • 2021年01月16日
    (5)元代の墓から法具の金剛杵が出土山西省

    五里後墓地の明代墓から出土した副葬品の銅鏡。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省臨汾(りんふん)市隰(しつ)県の五里後墓地で実施した考古発掘調査の成果を発表した。墓9基を発掘し、うち元代の墓1基から副葬品の金剛杵(こんごうしょ、密教の法具)が出土した。非常に珍しい出土品で、被葬者の男性が仏教と深い関りを持っていたことを示している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800190

  • 2021年01月16日
    (6)元代の墓から法具の金剛杵が出土山西省

    五里後墓地で見つかった元代墓の墓室(部分)。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省臨汾(りんふん)市隰(しつ)県の五里後墓地で実施した考古発掘調査の成果を発表した。墓9基を発掘し、うち元代の墓1基から副葬品の金剛杵(こんごうしょ、密教の法具)が出土した。非常に珍しい出土品で、被葬者の男性が仏教と深い関りを持っていたことを示している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800166

  • 2021年01月16日
    (3)元代の墓から法具の金剛杵が出土山西省

    五里後墓地の元代墓の墓道から出土した白塗りの陶器。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省臨汾(りんふん)市隰(しつ)県の五里後墓地で実施した考古発掘調査の成果を発表した。墓9基を発掘し、うち元代の墓1基から副葬品の金剛杵(こんごうしょ、密教の法具)が出土した。非常に珍しい出土品で、被葬者の男性が仏教と深い関りを持っていたことを示している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800169

  • 2021年01月16日
    (2)元代の墓から法具の金剛杵が出土山西省

    五里後墓地の元代墓の墓道から出土した白塗りの陶製香炉。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省臨汾(りんふん)市隰(しつ)県の五里後墓地で実施した考古発掘調査の成果を発表した。墓9基を発掘し、うち元代の墓1基から副葬品の金剛杵(こんごうしょ、密教の法具)が出土した。非常に珍しい出土品で、被葬者の男性が仏教と深い関りを持っていたことを示している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800144

  • 2021年01月16日
    (4)元代の墓から法具の金剛杵が出土山西省

    五里後墓地の元代墓から出土した副葬品の金メッキされた銅製の金剛杵。(資料写真)中国の山西省考古研究院はこのほど、同省臨汾(りんふん)市隰(しつ)県の五里後墓地で実施した考古発掘調査の成果を発表した。墓9基を発掘し、うち元代の墓1基から副葬品の金剛杵(こんごうしょ、密教の法具)が出土した。非常に珍しい出土品で、被葬者の男性が仏教と深い関りを持っていたことを示している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800156

  • 2021年01月18日
    (8)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺毘盧堂の明代仏教故事壁画。輪郭線は明代の工筆重彩画法の集大成といえる。描かれているのは菩薩像や尊天像だが、現実社会に生きる人のように生き生きとしており、個性が際立っている。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801082

  • 2021年01月18日
    (5)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺毘盧堂の明代仏教故事壁画。輪郭線は明代の工筆重彩画法の集大成といえる。描かれているのは菩薩像や尊天像だが、現実社会に生きる人のように生き生きとしており、個性が際立っている。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801072

  • 2021年01月18日
    (1)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、釈迦(しゃか)の三身(法身、報身、応身)を表した観音寺毘盧堂の仏像。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801074

  • 2021年01月18日
    (6)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の漂海観音塑像群(部分)。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801076

  • 2021年01月18日
    (2)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の漂海観音像。大型の浮き彫り群の中央にあり、高さは2・48メートル。南海の荒波を背景に、鼇(ごう、大亀)の頭の上に立つ。重さ数百キロの像を支える支柱は鼇の中に隠れており、中空に浮いているように見える。500年経ってもまったく動いておらず、当時の仏師の知恵と高い技術がうかがえる。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801069

  • 2021年01月18日
    (4)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の飛天童子像。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801070

  • 2021年01月18日
    (3)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の漂海観音像(部分)。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801073

  • 2021年01月18日
    (7)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺観音堂の等身大羅漢塑像と高さ50センチの五百羅漢像(部分)。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801085

  • 2021年01月18日
    (10)成都平原の隠れた小敦煌四川省

    11日、観音寺毘盧堂の塑像。中国四川省成都市新津区にある観音寺は、南宋・淳熙年間(1174~89年)の創建。明代の塑像や壁画があることで知られ、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。500年の歴史を持つ観音堂と毘盧堂などが現存する。毘盧堂の広さは94平方メートルで、1468年に描かれた仏教故事壁画がある。敦煌莫高窟の「密厳経変」「仏頂尊勝陀羅経変」壁画と並び中国でも数少ない密教の変相図壁画とされる。観音堂には数百の羅漢像と大型の塑像「漂海観音」があり、真に迫る造形が見られる。(成都=新華社記者/王迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011801087

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A monk floods the flame with water..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703602

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A monk helps a child cross the field with embers of burning wood..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703591

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A monk seen reading Buddhist Sutra before walking across embers of burning wood..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703584

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: The Leader of Takao-san Yakuo-in Temple recites mantras before the Fire Walking ritual..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703585

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A monk walks barefoot across the embers of burning wood..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703593

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A monk is seen preparing for the Fire Walking ritual..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703596

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A monk walks barefoot across the embers of burning wood..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703601

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A monk helps a child and his grandmother to cross the field with embers of burning wood..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703595

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: Monks are seen preparing big bonfire..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703582

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: People are seen preparing for the Fire Walking rituals..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703583

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A view of a big bonfire during the walking Festival in mount Takao..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703590

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: Monks flood the flame with water..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703599

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A monk floods the flame with water..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703592

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: Monks flood the flame with water..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703600

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A monk floods the flame with water..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703603

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A monk floods the flame with water..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703598

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A monk floods the flame with water..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703581

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A monk seen flaying his body with branches dipped in boiling water..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703587

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: A monk seen flaying his body with branches dipped in boiling water..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703580

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: People walk barefoot across the embers of burning wood..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703589

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: People walk barefoot across the embers of burning wood..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703597

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: People walk barefoot across the embers of burning wood..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703586

  • 2021年03月14日
    Fire Walking festival in Hachioji, Japan - 14 Mar 2021

    キーワード:東京、高尾山、火渡り祭、高尾山火渡り祭、薬王院、高尾山薬王院、高尾山薬王院有喜寺、高尾山御本尊飯縄大権現、衆生救済、御誓願、真言密教加持、御護摩炎、御護摩修行、儀式、修験道、イベント、修験者、自動車祈祷殿広場、八王子市-March 14, 2021, Hachioji, Japan: People walk barefoot across the embers of burning wood..The Fire Walking Festival is held near Mount Takao every second Sunday of March. This year the programme of the Festival was shorter because of Covid19 pandemic, all people and some Monks were wearing face mask. The main attraction of Festival is the Monks walk barefoot across the embers of burning wood to cleanse themselves of evil spirits, pray for world peace, longevity, safe passage in life and general health and safety. (Credit Image: © Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Takimoto Marina/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031703588

  • 2021年08月19日
    中国、漢服楽しむ女性たち まるでタイムスリップ

    中国・漢族の伝統的な「漢服」とみられる衣装を着てポーズをとるのは母娘でしょうか。猛暑の中、涼しげな表情を浮かべ何枚も写真を撮ってもらっています。唐の時代に長安と呼ばれ、国際都市として栄えた陝西省西安市。弘法大師空海が密教を学んだ歴史のある青龍寺の周りでは衣装に着替え撮影に興じる人があちこちにいて、まるでタイムスリップしたかのようでした。(撮影・大沢心介、共同)

    商品コード: 2021081905525

  • 2021年08月23日
    (3)真言宗の庭祖、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    唐代転法輪殿跡にある霊獣。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406610

  • 2021年08月23日
    (6)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の山門。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410436

  • 2021年08月23日
    (16)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺境内に立つ唐大興善寺大弁正広智三蔵国師碑。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大士」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410379

  • 2021年08月23日
    (10)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の救苦地蔵殿。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406653

  • 2021年08月23日
    (8)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の普賢殿。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406658

  • 2021年08月23日
    (2)真言宗の庭祖、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の文殊殿。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406603

  • 2021年08月23日
    (5)真言宗の庭祖、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺山門前の獅子。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410357

  • 2021年08月23日
    (13)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の法堂。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大士」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410412

  • 2021年08月23日
    (7)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の山門(裏側)。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410327

  • 1
  • 2