KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • 令和
  • 記者
  • ヘクター
  • 位置
  • 生産
  • 発展
  • 日照時間
  • 面積
  • 気候
  • 乾燥

「寒暖」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
61
( 1 61 件を表示)
  • 1
61
( 1 61 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  梅の開花
    1954年02月20日
    梅の開花

    早春の日ざしがまぶしい。梅が咲き、子どもが遊び、ヤギがいて、畑を耕す人がいる。写真は昭和20年代のどこにでもあった田園風景だ。この一帯は現在では住宅街にすっかり変容している。撮影の年は、寒暖の差が特に激しかったようで、春の訪れを待ちわびていた。写真からも梅の開花とともに、春を喜ぶ人々の声がなんとなく伝わってくる。=1954(昭和29)年2月20日、岡山市上伊福、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082320983

  • 鉱山町ポトシ 栄華誇った銀の山
    2001年12月04日
    鉱山町ポトシ 栄華誇った銀の山

    )、企画70S、12日付朝刊以降使用、解禁厳守  アンデス高地の鉱山町ポトシ。空気は薄く寒暖の差が激しい。背後に町の象徴セロ・リコがそびえる。先住民を過酷な労働に追い立て銀を手にしたスペインは、欧州に多大な富をもたらした。旧国立造幣局や多くの教会、聖堂が残されている(撮影・今泉宏隆)

    商品コード: 2001120400067

  •  最高気温更新40・9度 74年ぶり、埼玉と岐阜
    00:59.12
    2007年08月17日
    最高気温更新40・9度 74年ぶり、埼玉と岐阜

    日本列島の猛暑は16日も衰える気配を見せず、岐阜県多治見市で午後2時20分に、埼玉県熊谷市では同2時42分に、それぞれ気温40.9度を観測。国内の最高気温の記録を74年ぶりに更新した。これまでの記録は、1933(昭和8)年に山形市で観測された40.8度<映像内容>気温40.9度を観測した多治見市の様子、JR多治見駅前雑観、人のいない公園、38度超えを示す寒暖計、撮影日:2007(平成19)年8月17日、撮影場所:岐阜県多治見市

    商品コード: 2020021405444

  •  春異変、どんより列島
    2010年04月29日
    春異変、どんより列島

    日照不足と寒暖の差をもたらした大気の流れ

    商品コード: 2010042900279

  •  春異変、どんより列島
    2010年04月29日
    春異変、どんより列島

    日照不足と寒暖の差をもたらした大気の流れ

    商品コード: 2010042900280

  •  寒暖差16度「でも暑い」
    2013年08月14日
    寒暖差16度「でも暑い」

    高知県四万十市と大阪市の気温変化

    商品コード: 2013081400739

  •  寒暖差16度「でも暑い」
    2013年08月14日
    寒暖差16度「でも暑い」

    高知県四万十市と大阪市の気温変化

    商品コード: 2013081400740

  • うちわ手に歩く人たち 寒暖差16度「でも暑い」
    2013年08月14日
    うちわ手に歩く人たち 寒暖差16度「でも暑い」

    うちわを手に大阪・ミナミの繁華街を歩く人たち=14日夜

    商品コード: 2013081400759

  •  深まる紅葉、はや雪化粧  北海道・大雪山系
    03:04.61
    2014年09月20日
    深まる紅葉、はや雪化粧  北海道・大雪山系

    北海道・大雪山系で、紅葉が見ごろを迎えた。昨年より1週間ほど早く色づいた今年は、昼夜の寒暖の差が激しく、20日も赤や黄色の葉が色鮮やかに、雪化粧した山の中腹を染めた。山頂付近が真っ白に雪化粧した最高峰の旭岳(2291メートル)では、雲の間から時折、光が差し込み、赤いナナカマドや黄色のダケカンバで彩られた山の斜面を、明るく照らした。「旭岳ロープウェイ」によると、現在紅葉が見ごろなのは、5合目付近。紅葉は山を下りるように、徐々に山麓に向かい、10月上旬までは雪と紅葉の両方を楽しむことができるという。紅葉が見ごろを迎えた北海道・大雪山系。<映像内容>撮影日:2014(平成26)年9月20日、撮影場所:北海道 大雪山系

    商品コード: 2019030605341

  • 黄金色に輝く湿原 尾瀬の草紅葉が見頃
    2016年10月04日
    黄金色に輝く湿原 尾瀬の草紅葉が見頃

    福島、栃木、群馬、新潟の4県にまたがる尾瀬国立公園で、湿原を黄金色に染める「草紅葉」が見頃を迎えている。薄曇りの天気の中、時折雲間から差し込む光に照らされ鮮やかに輝いていた。 群馬県の片品村観光協会によると、9月に雨が続いた影響や寒暖の差が小さかったため、色づきは例年より遅め。今週末まで楽しめるという=4日午後、群馬県片品村(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2016100400358

  • 黄金色に色づいた湿原 尾瀬の草紅葉が見頃
    2016年10月04日
    黄金色に色づいた湿原 尾瀬の草紅葉が見頃

    福島、栃木、群馬、新潟の4県にまたがる尾瀬国立公園で、湿原を黄金色に染める「草紅葉」が見頃を迎えている。薄曇りの天気の中、時折雲間から差し込む光に照らされ鮮やかに輝いていた。 群馬県の片品村観光協会によると、9月に雨が続いた影響や寒暖の差が小さかったため、色づきは例年より遅め。今週末まで楽しめるという=4日午後、群馬県片品村(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2016100400357

  • 利き酒会 寒暖の差に耐え良質な出来
    2016年11月11日
    利き酒会 寒暖の差に耐え良質な出来

    利き酒会で日本酒を飲み比べる蔵元や杜氏ら=11日午後、名古屋市中区の名古屋国税局

    商品コード: 2016111100681

  • 日本酒の利き酒会 寒暖の差に耐え良質な出来
    2016年11月11日
    日本酒の利き酒会 寒暖の差に耐え良質な出来

    利き酒会で日本酒を飲み比べる蔵元や杜氏ら=11日午後、名古屋市中区の名古屋国税局

    商品コード: 2016111100682

  •  枯野に朝靄が立つ寒い朝
    2018年01月18日
    枯野に朝靄が立つ寒い朝

    キーワード:ガス、のどかな、屋外、寒い、逆光、情景、植物、水蒸気、早朝、朝、朝もや、朝日、冬、道端、日ざし、日常生活、日本、無人、立つ、もや、18日、凍て付く、枯野、テーマメイン写真、寒暖=2018(平成30)年1月18日、茨城県小美玉市、クレジット:Hajime Ishizeki/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051304447

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月28日
    ひるぜん大根 出荷始まる

    出荷に向け真っ白に磨かれた「ひるぜん大根」。岡山県内最大の大根産地・真庭市蒜山地域で28日、「ひるぜん大根」の出荷が始まった。同地域では14戸が計約20ヘクタールで栽培。昼夜の寒暖差の大きい気候と火山灰を含んだ軟らかい土壌が育む甘さとみずみずしさが特徴で、「サラダなどにして食べるのがお薦め」(JAまにわ)という。=2018(平成30)年5月28日、岡山県真庭市蒜山上長田、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052900581

  •  北海道占冠村の雲海 山を覆う白い海原に歓声
    01:00.89
    2018年07月19日
    北海道占冠村の雲海 山を覆う白い海原に歓声

    北海道占冠村の観光施設「星野リゾートトマム」で、白く厚い雲が一面に広がり、海のように見える「雲海」の観察シーズンを迎えている。18日早朝は、北海道の南の海上で発生した海霧がこの地方に流れ込むダイナミックで希少な「太平洋産雲海」が発生。標高1088メートルにある「雲海テラス」では、眼下に広がる山を覆う幻想的な景色に観光客から歓声が上がった。雲海は湿度が高く、前日と寒暖差がある早朝に発生しやすい。〈映像内容〉朝日の光の中の雲海と、観光客らの様子、撮影日:2018(平成30)年7月19日、撮影場所:北海道 占冠村

    商品コード: 2018071900700

  • 説明する資生堂担当者 寒暖差の肌リスクに新指数
    2019年09月26日
    説明する資生堂担当者 寒暖差の肌リスクに新指数

    寒暖差肌荒れ指数を説明する資生堂の担当者(左)ら=26日、東京都内

    商品コード: 2019092602861

  •  「新華社」雲海湧く新安江、水墨画の世界へいざなう安徽省
    00:32.08
    2020年05月21日
    「新華社」雲海湧く新安江、水墨画の世界へいざなう安徽省

    降り続く長雨と昼夜の寒暖差のため、中国安徽省黄山市歙(きゅう)県を流れる新安江(しんあんこう)に壮大な雲海が出現した。真っ白な雲海と澄みきった川の流れ、どこまでも続く山並みに伝統家屋の「土楼」が織り成す風景は、まるで一幅の水墨画のよう。同県新安江武陽郷を流れる新安江は、青くきらめきながら、山あいを縫うように流れる。風に吹かれ次々に雲が湧き上がるさまは、波打つ大海原のようにも見える。新安江は同県内を約50キロにわたって流れ、水墨画のような風景から「新安江山水画廊」と呼ばれる。黄山で有名な同省黄山市と浙江省千島湖(せんとうこ)を結ぶ水上のゴールデン観光ルートとして知られる。新安江一帯は年間を通じて湿度が高いため、雨が降ると雲海が現れやすくなるという。(記者/白斌)<映像内容>新安江に雲海が出現、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300717

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月13日
    新疆ウイグル自治区精河県、クコの実産業を振興

    13日、新疆ウイグル自治区精河県でクコの実を収穫する村民。中国新疆ウイグル自治区精河県では、6600ヘクタール以上の面積で栽培されているクコの実が熟し、この数日、農家は収穫作業に追われている。精河県は気候が乾燥しており、日照時間が長く、昼夜の寒暖差も大きいため、高品質のクコ栽培に適している。地元当局は、農家の収入を増やすためにクコの実の産業チェーンを発展させようと財政支援を強化し、クコの実を使った商品のPRに非常に力を入れている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801987

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月13日
    新疆ウイグル自治区精河県、クコの実産業を振興

    13日、新疆ウイグル自治区精河県の産業実証基地でクコの実入りのナンを作る従業員ら。中国新疆ウイグル自治区精河県では、6600ヘクタール以上の面積で栽培されているクコの実が熟し、この数日、農家は収穫作業に追われている。精河県は気候が乾燥しており、日照時間が長く、昼夜の寒暖差も大きいため、高品質のクコ栽培に適している。地元当局は、農家の収入を増やすためにクコの実の産業チェーンを発展させようと財政支援を強化し、クコの実を使った商品のPRに非常に力を入れている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801964

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月13日
    新疆ウイグル自治区精河県、クコの実産業を振興

    13日、新疆ウイグル自治区精河県で熟したクコの実。中国新疆ウイグル自治区精河県では、6600ヘクタール以上の面積で栽培されているクコの実が熟し、この数日、農家は収穫作業に追われている。精河県は気候が乾燥しており、日照時間が長く、昼夜の寒暖差も大きいため、高品質のクコ栽培に適している。地元当局は、農家の収入を増やすためにクコの実の産業チェーンを発展させようと財政支援を強化し、クコの実を使った商品のPRに非常に力を入れている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802043

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月13日
    新疆ウイグル自治区精河県、クコの実産業を振興

    13日、新疆ウイグル自治区精河県の産業実証基地で作られたクコの実入りのナン。中国新疆ウイグル自治区精河県では、6600ヘクタール以上の面積で栽培されているクコの実が熟し、この数日、農家は収穫作業に追われている。精河県は気候が乾燥しており、日照時間が長く、昼夜の寒暖差も大きいため、高品質のクコ栽培に適している。地元当局は、農家の収入を増やすためにクコの実の産業チェーンを発展させようと財政支援を強化し、クコの実を使った商品のPRに非常に力を入れている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802047

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月13日
    新疆ウイグル自治区精河県、クコの実産業を振興

    13日、新疆ウイグル自治区精河県の工場でクコの実入りの飲料を包装する従業員。中国新疆ウイグル自治区精河県では、6600ヘクタール以上の面積で栽培されているクコの実が熟し、この数日、農家は収穫作業に追われている。精河県は気候が乾燥しており、日照時間が長く、昼夜の寒暖差も大きいため、高品質のクコ栽培に適している。地元当局は、農家の収入を増やすためにクコの実の産業チェーンを発展させようと財政支援を強化し、クコの実を使った商品のPRに非常に力を入れている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801992

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月13日
    新疆ウイグル自治区精河県、クコの実産業を振興

    13日、新疆ウイグル自治区精河県の農園でクコの実を収穫する村民。中国新疆ウイグル自治区精河県では、6600ヘクタール以上の面積で栽培されているクコの実が熟し、この数日、農家は収穫作業に追われている。精河県は気候が乾燥しており、日照時間が長く、昼夜の寒暖差も大きいため、高品質のクコ栽培に適している。地元当局は、農家の収入を増やすためにクコの実の産業チェーンを発展させようと財政支援を強化し、クコの実を使った商品のPRに非常に力を入れている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802002

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:01.22
    2020年09月07日
    「新華社」和若鉄道の軌道敷設工事、タクラマカン砂漠区間に入る新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区南部のホータン(和田)とチャルクリク(若羌)を結ぶ和若鉄道の軌道敷設工事が7日、中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠区間に入った。この区間は、バインゴリン・モンゴル自治州チャルチャン県内にある。同砂漠の南端に位置し、砂嵐が吹き荒れる日が多く、昼夜の寒暖差が大きい。同鉄道は総延長約825キロ、貨客併用の単線で、設計時速は120キロ。敷設工事は今年5月に始まり、これまでに160キロ分の敷設が完了した。和若鉄道は、同自治区南部を走る南疆鉄道のホータン駅を起点にチャルチャン(且末)などを経由して、チャルクリク駅で青海省のゴルムド(格爾木)と新疆のコルラ(庫爾勒)を結ぶ格庫鉄道と交わり、タリム盆地をぐるりと一周する環状線を構成する。開通すると、チャルチャン県などの五つの県に初めて鉄道が通ることになり、ホータンの人々が同自治区から他の地域へ出る際の距離が千キロ余りも短縮されるなど、新疆南部地域の経済・社会の発展を後押しすると期待される。(記者/宿伝義、張鍾凱、張暁竜)、撮影日:2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091205490

  •  寒暖差で局地的な前線形成
    2020年10月02日
    寒暖差で局地的な前線形成

    大雨のメカニズム(イメージ)

    商品コード: 2020100204238

  •  寒暖差で局地的な前線形成
    2020年10月02日
    寒暖差で局地的な前線形成

    大雨のメカニズム(イメージ)

    商品コード: 2020100204241

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月06日
    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県

    6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県にある新疆紅棗(和田)卸売り交易市場のナツメ生産加工区で忙しく働く作業員。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104533

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月06日
    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県

    6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、収獲したナツメを運ぶ栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104541

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月06日
    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県

    6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、ナツメを落とす栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104518

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月06日
    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県

    6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、収獲したナツメを運ぶ栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104712

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月06日
    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県

    6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、収穫したナツメを見せる栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104461

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月06日
    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県

    6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、収獲したナツメをカゴに入れる栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104537

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月06日
    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県

    6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、収獲したナツメを仕分けする農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104722

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月06日
    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県

    6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県吾宗肖郷で、木から落としたナツメを集める栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104406

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月06日
    収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン県

    6日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ホータン県にある新疆紅棗(和田)卸売り交易市場で、日にさらして乾燥させたナツメの仕分けをする栽培農家。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111104468

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.55
    2020年11月11日
    「新華社」収穫期を迎えたナツメ畑新疆ウイグル自治区ホータン地区

    中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠南端に位置する和田(ホータン)地区では11月に入り、面積89万ムー(約5万9300ヘクタール)の畑に植えられたナツメが収穫期を迎えている。同地区は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きく、年間を通して降水量が少ないことから、有数のナツメ産地となっている。同地区ではここ数年、ナツメを主とした特色ある果樹農業の発展を農村の産業構造調整における最重要事項とし、企業と合作社(協同組合)と農家を組み合わせた生産・販売モデルを確立して、地元の農牧民の近場での就業や貧困脱却と増収を後押ししている。(記者/丁磊、張鍾凱)<映像内容>ナツメの収穫の様子、選別の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111202576

  •  「新華社」出荷期迎えた高原夏野菜甘粛省定西市
    01:17.67
    2021年07月16日
    「新華社」出荷期迎えた高原夏野菜甘粛省定西市

    中国甘粛省定西市安定区は標高が2千メートルを超える。夏の収穫に入った現在、同区の畑ではキャベツやセロリなどの高原夏野菜が青々と育ち、収穫を待っている。生産地を一望すると、段々畑のうねの連なりが五線譜を描いているように見える。同市はかつて、やせた土地での単作農業が中心で収益も低かったが、ここ数年は積極的な栽培構造調整が進む。夏が涼しく、日照も十分にあり、昼夜の寒暖差も大きいという北西部地域の高原の気候特性に基づき、政府の後押しの下、生態文明の保護と段々畑の建設に力を入れている。安定区では現在、20種類以上の高原夏野菜を栽培しており、主に広東省や福建省、上海市など、2千キロ以上離れた南東部沿岸地域の市場に販売している。生態環境の改善に加え、人々の収益にもつながることから、地元住民を収入増と豊かさへ導く重要産業の一つとなっている。(記者/馬希平、張百慧) =配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705446

  •  「北海道新聞」秋色模様織りなす山肌 層雲峡・大雪高原温泉で紅葉ピーク
    01:03.16
    2021年09月25日
    「北海道新聞」秋色模様織りなす山肌 層雲峡・大雪高原温泉で紅葉ピーク

    北海道・上川町層雲峡の大雪高原温泉周辺で、紅葉がピークを迎えている。秋晴れの9月25日、赤いナナカマドや黄のミネカエデが日差しを浴び、美しい模様を織りなしている。大雪高原温泉は大雪山国立公園内にあり、沼巡りができる登山コースでは多くの観光客が散策した。黒岳ロープウェイ黒岳駅からの景観を楽しむ姿も目立った。札幌管区気象台によると、25日の上川町は午前3時すぎに最低気温が1.2度まで冷え込んだ後、日中は17.4度まで上昇。秋の寒暖差が山肌を色鮮やかに染めている、撮影日:2021(令和3)年9月25日、撮影場所:北海道上川町 クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100510765

  •  色づく紅葉、ライトアップ 京都・永観堂で試験点灯
    01:30.72
    2021年11月04日
    色づく紅葉、ライトアップ 京都・永観堂で試験点灯

    紅葉の名所として知られる永観堂禅林寺(京都市左京区)で4日、夜の特別拝観「もみじのライトアップ」が始まるのを前に試験点灯が行われた。約700基の照明が赤や黄色に色づき始めた約3千本の木々を照らし、暗い夜空に浮かび上がって見えた。 境内に植えられているのはイロハモミジやヤマモミジなど。池の水面にも映り込み、彩り鮮やかだった。永観堂の担当者は「ここ最近の寒暖差で紅葉が始まった」と話し、見頃は今月下旬ごろと予想している。 夜の特別拝観は、6日から12月5日までの午後5時半~8時半。中学生以上は拝観料600円。<映像内容>永観堂禅林寺の山門、永観堂禅林寺の釋真盛(しゃく・しんじょう)執事のインタビュー、試験点灯で照らされた庭園のモミジや多宝塔、御影堂、池など、撮影日:2021(令和3)年11月4日、撮影場所:京都府京都市

    商品コード: 2021110508820

  •  (1)青蔵高原の谷、楚布溝を訪ねて西蔵自治区
    2022年03月31日
    (1)青蔵高原の谷、楚布溝を訪ねて西蔵自治区

    26日、畑仕事をするトゥールン・デチェン区古栄鎮加多村の普桑(プサン)さん。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区の楚布溝は、区の北西部にある楚布(ツルプ)寺にちなんで名付けられた谷で、ラサの市街地からは30キロメートル以上離れている。同地ではこのところ、寒暖の変化がはっきりと表れるようになり、本格的な春の訪れを感じさせる風景が至る所に広がっている。(ラサ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040100175

  •  (3)青蔵高原の谷、楚布溝を訪ねて西蔵自治区
    2022年03月31日
    (3)青蔵高原の谷、楚布溝を訪ねて西蔵自治区

    26日、楚布溝に広がる早春の風景。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区の楚布溝は、区の北西部にある楚布(ツルプ)寺にちなんで名付けられた谷で、ラサの市街地からは30キロメートル以上離れている。同地ではこのところ、寒暖の変化がはっきりと表れるようになり、本格的な春の訪れを感じさせる風景が至る所に広がっている。(ラサ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040100186

  •  (4)青蔵高原の谷、楚布溝を訪ねて西蔵自治区
    2022年03月31日
    (4)青蔵高原の谷、楚布溝を訪ねて西蔵自治区

    26日、楚布溝に広がる早春の風景。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区の楚布溝は、区の北西部にある楚布(ツルプ)寺にちなんで名付けられた谷で、ラサの市街地からは30キロメートル以上離れている。同地ではこのところ、寒暖の変化がはっきりと表れるようになり、本格的な春の訪れを感じさせる風景が至る所に広がっている。(ラサ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040100193

  •  (5)青蔵高原の谷、楚布溝を訪ねて西蔵自治区
    2022年03月31日
    (5)青蔵高原の谷、楚布溝を訪ねて西蔵自治区

    26日、静かに流れる楚布河。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区の楚布溝は、区の北西部にある楚布(ツルプ)寺にちなんで名付けられた谷で、ラサの市街地からは30キロメートル以上離れている。同地ではこのところ、寒暖の変化がはっきりと表れるようになり、本格的な春の訪れを感じさせる風景が至る所に広がっている。(ラサ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040100198

  •  (2)青蔵高原の谷、楚布溝を訪ねて西蔵自治区
    2022年03月31日
    (2)青蔵高原の谷、楚布溝を訪ねて西蔵自治区

    26日、楚布溝の整然とした田舎道。中国西蔵(シーザン)自治区ラサ市トゥールン・デチェン区の楚布溝は、区の北西部にある楚布(ツルプ)寺にちなんで名付けられた谷で、ラサの市街地からは30キロメートル以上離れている。同地ではこのところ、寒暖の変化がはっきりと表れるようになり、本格的な春の訪れを感じさせる風景が至る所に広がっている。(ラサ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040100209

  •  (4)西蔵博物館の建設に先進建築技術西蔵自治区
    2022年07月15日
    (4)西蔵博物館の建設に先進建築技術西蔵自治区

    6日、超高標高に対応した天窓付き黄金屋根。中国西蔵(シーザン)自治区で西蔵博物館の建設工事を請け負う中国建築一局(集団)は、低気圧や低酸素、乾燥、強紫外線、激しい寒暖差といった高地特有の環境条件を考慮し、チベット式建築の特徴も踏まえ、長寿命化コンクリートや太陽熱を集めて暖房に利用するアクティブソーラーシステムなど超高標高の寒冷地区に対応した先進建築技術を開発、博物館の建設を順調に進めている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2022(令和4)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071504418

  •  (2)西蔵博物館の建設に先進建築技術西蔵自治区
    2022年07月15日
    (2)西蔵博物館の建設に先進建築技術西蔵自治区

    6日、軽量鉄骨造を用いた西蔵博物館のチベット式黄金屋根。中国西蔵(シーザン)自治区で西蔵博物館の建設工事を請け負う中国建築一局(集団)は、低気圧や低酸素、乾燥、強紫外線、激しい寒暖差といった高地特有の環境条件を考慮し、チベット式建築の特徴も踏まえ、長寿命化コンクリートや太陽熱を集めて暖房に利用するアクティブソーラーシステムなど超高標高の寒冷地区に対応した先進建築技術を開発、博物館の建設を順調に進めている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2022(令和4)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071504423

  •  (6)西蔵博物館の建設に先進建築技術西蔵自治区
    2022年07月15日
    (6)西蔵博物館の建設に先進建築技術西蔵自治区

    西蔵博物館内部に施されたチベット様式の建築装飾。(6月29日撮影)中国西蔵(シーザン)自治区で西蔵博物館の建設工事を請け負う中国建築一局(集団)は、低気圧や低酸素、乾燥、強紫外線、激しい寒暖差といった高地特有の環境条件を考慮し、チベット式建築の特徴も踏まえ、長寿命化コンクリートや太陽熱を集めて暖房に利用するアクティブソーラーシステムなど超高標高の寒冷地区に対応した先進建築技術を開発、博物館の建設を順調に進めている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2022(令和4)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071504426

  •  (3)西蔵博物館の建設に先進建築技術西蔵自治区
    2022年07月15日
    (3)西蔵博物館の建設に先進建築技術西蔵自治区

    6日、軽量鉄骨造を用いた西蔵博物館のチベット式黄金屋根。中国西蔵(シーザン)自治区で西蔵博物館の建設工事を請け負う中国建築一局(集団)は、低気圧や低酸素、乾燥、強紫外線、激しい寒暖差といった高地特有の環境条件を考慮し、チベット式建築の特徴も踏まえ、長寿命化コンクリートや太陽熱を集めて暖房に利用するアクティブソーラーシステムなど超高標高の寒冷地区に対応した先進建築技術を開発、博物館の建設を順調に進めている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2022(令和4)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071504414

  •  (1)西蔵博物館の建設に先進建築技術西蔵自治区
    2022年07月15日
    (1)西蔵博物館の建設に先進建築技術西蔵自治区

    6日、太陽熱を集めて暖房に利用するアクティブソーラーシステムを検査する中国建築一局(集団)の作業員。中国西蔵(シーザン)自治区で西蔵博物館の建設工事を請け負う中国建築一局(集団)は、低気圧や低酸素、乾燥、強紫外線、激しい寒暖差といった高地特有の環境条件を考慮し、チベット式建築の特徴も踏まえ、長寿命化コンクリートや太陽熱を集めて暖房に利用するアクティブソーラーシステムなど超高標高の寒冷地区に対応した先進建築技術を開発、博物館の建設を順調に進めている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2022(令和4)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071504473

  •  (5)西蔵博物館の建設に先進建築技術西蔵自治区
    2022年07月15日
    (5)西蔵博物館の建設に先進建築技術西蔵自治区

    6日、超高標高に対応した天窓付き黄金屋根。中国西蔵(シーザン)自治区で西蔵博物館の建設工事を請け負う中国建築一局(集団)は、低気圧や低酸素、乾燥、強紫外線、激しい寒暖差といった高地特有の環境条件を考慮し、チベット式建築の特徴も踏まえ、長寿命化コンクリートや太陽熱を集めて暖房に利用するアクティブソーラーシステムなど超高標高の寒冷地区に対応した先進建築技術を開発、博物館の建設を順調に進めている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2022(令和4)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071504413

  •  「新華社」帰郷してイチゴを栽培する博士貴州省
    01:23.00
    2022年07月16日
    「新華社」帰郷してイチゴを栽培する博士貴州省

    中国貴州省六盤水市双戛(そうかつ)街道中箐(ちゅうせい)村は、同省の中でも標高が高く、昼夜の寒暖差が大きいため、イチゴの花芽分化や成熟が早く栽培に適している。地元でイチゴを栽培する李世瑶(り・せいよう)さんは、村人から「イチゴ博士」と呼ばれ親しまれている。同省山間部出身の李さんは、農学を学び2017年に博士課程卒業後、故郷に戻った。数十種類の品種について栽培実証実験に取り組み、地元のイチゴ産業が科学的で効率的な農業に変わるよう支援してきた。朝夕は綿入れの上着を着て、昼は汗をかきながら仕事をする日々を送っている。今では、六盤水山海園山地特別農業実証基地を作り上げ、当初二つだけだったハウスを50にまで増やし、イチゴからスイカ、シソ、水稲、トウモロコシまで栽培品種を拡大している。(記者/周宣妮、田徳豊) =配信日: 2022(令和4)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071607578

  •  蒜山特産スイートコーン出荷最盛期
    2022年07月25日
    蒜山特産スイートコーン出荷最盛期

    イエローダイヤモンドを収穫する農家。岡山県真庭市蒜山地域の特産で、強い甘みとみずみずしさが売りのスイートコーン「イエローダイヤモンド」の出荷が最盛期を迎えている。収穫は8月下旬まで続き、岡山県南のスーパーなどに届けられる。寒暖差の大きい高原の気候により糖度が上がりやすく、高いものでバナナ並みの20度以上になる。JA晴れの国岡山真庭統括本部が2020年に、朝採りした蒜山産をイエローダイヤモンドとして商標登録し、ブランド化を進めている。=2022(令和4)年7月25日、岡山県真庭市蒜山地域、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080207223

  •  「献上桃の郷」今年は豊作 福島・桑折町
    01:16.91
    2022年07月27日
    「献上桃の郷」今年は豊作 福島・桑折町

    皇室に献上するモモの産地、福島県桑折町で主力品種「あかつき」の収穫が始まった。一昨年は病害、昨年は霜害で不作だったが、今年は天候に恵まれ豊作だ。収穫間近に程よく雨が降り、味も良いという。 福島県はモモ生産量が山梨県に次ぐ全国2位。寒暖差が大きく、生育に適した桑折町で収穫されたあかつきは29年連続で、今年も献上品に選ばれた。<映像内容> 収穫の様子、モモの接写、箱詰め作業など、撮影日:2022(令和4)年7月27日、撮影場所:福島県桑折町

    商品コード: 2022072806166

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.34
    2022年08月21日
    戦時に踏ん張るウクライナのワイナリー 勝利信じ、設備投資も

    ウクライナ南部オデッサ州のワイナリー「ビントレスト」がロシア侵攻による苦境を乗り越えようと模索している。ロシアの海上封鎖で輸出が何カ月も阻まれ内需も縮小。戦争の終わりは見えず経営は苦しいものの、社長は「勝利を信じ、輸出拡大に備える」。設備投資を進め、将来の需要回復を見込んで踏ん張る。 黒海の港湾都市オデッサから内陸に車で30分走ると、140ヘクタールのブドウ畑が広がる。「ここは晴れの日が多く、土壌のミネラルも豊富。潮風や朝夜の寒暖差が大きいことも、良質なブドウ栽培の環境をつくっている」。技術責任者のドミトリー・ビリャエフ氏が解説する。多品種を育て、赤や白、スパークリングワインを生産する。 2002年の創業後、他社ブランドの受注生産を請け負っていたが、15年にジョージア(グルジア)資本を受け入れ、自社ブランド「グランド・バレー」の販売を開始。海外にも販路を拡大し、欧州に加え、21年は初めて中国への大口輸出を実現した。 だが追加受注の直後、侵攻が始まり、輸出が容易にできなくなった。国境か周辺国の港まで製品を運ばないといけなくなり、輸送費がかさむようになったためだ。 逆境の中、マリア・タラネンコ社長は「将来に備える好機」と捉え、瓶詰めの効率を2倍にするための設備投資などを進める。 <映像内容>ブドウ畑、ブドウ、マリア・タラネンコ社長、ワイン工場、技術責任者のドミトリー・ビリャエフ氏、ワインの栓を開けるところなど、撮影日:2022(令和4)年8月21日、撮影場所:ウクライナ・オデーサ

    商品コード: 2022082210082

  •  (2)ステムレタスの生産で農村振興を後押し青海省貴徳県
    2022年08月26日
    (2)ステムレタスの生産で農村振興を後押し青海省貴徳県

    2日、収穫したステムレタスを見せる貴徳県新街回族郷下卡力岡村の村民。中国青海省海南チベット族自治州貴徳県新街回族郷は平均標高2800メートル、黄河の谷あいに位置し、高原夏野菜のステムレタスの生産が盛んに行われている。ステムレタスは冷涼な気候を好むことから、夏になると中国南方では育ちにくく、産地が北上する傾向がある。同郷は2014年、雲南省などからステムレタスを導入。昼夜の大きな寒暖差や十分な日当たり、夏の涼しい気候といった特徴のおかげで、同郷産の良質なステムレタスは消費者から人気を博し、甘粛、広東、福建、浙江、江蘇などの省に毎年大量に出荷されている。同地では現在、高原夏野菜の栽培が人々に増収をもたらす支柱産業となっている。(西寧=新華社記者/周盛盛)= 配信日: 2022(令和4)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082612903

  •  (6)ステムレタスの生産で農村振興を後押し青海省貴徳県
    2022年08月26日
    (6)ステムレタスの生産で農村振興を後押し青海省貴徳県

    2日、収穫したステムレタスを車に積む貴徳県新街回族郷蔵蓋村の村民。中国青海省海南チベット族自治州貴徳県新街回族郷は平均標高2800メートル、黄河の谷あいに位置し、高原夏野菜のステムレタスの生産が盛んに行われている。ステムレタスは冷涼な気候を好むことから、夏になると中国南方では育ちにくく、産地が北上する傾向がある。同郷は2014年、雲南省などからステムレタスを導入。昼夜の大きな寒暖差や十分な日当たり、夏の涼しい気候といった特徴のおかげで、同郷産の良質なステムレタスは消費者から人気を博し、甘粛、広東、福建、浙江、江蘇などの省に毎年大量に出荷されている。同地では現在、高原夏野菜の栽培が人々に増収をもたらす支柱産業となっている。(西寧=新華社記者/央秀達珍)= 配信日: 2022(令和4)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082612911

  •  (3)ステムレタスの生産で農村振興を後押し青海省貴徳県
    2022年08月26日
    (3)ステムレタスの生産で農村振興を後押し青海省貴徳県

    2日、収穫したステムレタスを車に積む貴徳県新街回族郷蔵蓋村の村民。中国青海省海南チベット族自治州貴徳県新街回族郷は平均標高2800メートル、黄河の谷あいに位置し、高原夏野菜のステムレタスの生産が盛んに行われている。ステムレタスは冷涼な気候を好むことから、夏になると中国南方では育ちにくく、産地が北上する傾向がある。同郷は2014年、雲南省などからステムレタスを導入。昼夜の大きな寒暖差や十分な日当たり、夏の涼しい気候といった特徴のおかげで、同郷産の良質なステムレタスは消費者から人気を博し、甘粛、広東、福建、浙江、江蘇などの省に毎年大量に出荷されている。同地では現在、高原夏野菜の栽培が人々に増収をもたらす支柱産業となっている。(西寧=新華社記者/央秀達珍)= 配信日: 2022(令和4)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082612904

  •  (5)ステムレタスの生産で農村振興を後押し青海省貴徳県
    2022年08月26日
    (5)ステムレタスの生産で農村振興を後押し青海省貴徳県

    2日、貴徳県新街回族郷下卡力岡村に広がるステムレタス畑。中国青海省海南チベット族自治州貴徳県新街回族郷は平均標高2800メートル、黄河の谷あいに位置し、高原夏野菜のステムレタスの生産が盛んに行われている。ステムレタスは冷涼な気候を好むことから、夏になると中国南方では育ちにくく、産地が北上する傾向がある。同郷は2014年、雲南省などからステムレタスを導入。昼夜の大きな寒暖差や十分な日当たり、夏の涼しい気候といった特徴のおかげで、同郷産の良質なステムレタスは消費者から人気を博し、甘粛、広東、福建、浙江、江蘇などの省に毎年大量に出荷されている。同地では現在、高原夏野菜の栽培が人々に増収をもたらす支柱産業となっている。(西寧=新華社記者/央秀達珍)= 配信日: 2022(令和4)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082612912

  •  (4)ステムレタスの生産で農村振興を後押し青海省貴徳県
    2022年08月26日
    (4)ステムレタスの生産で農村振興を後押し青海省貴徳県

    2日、畑でステムレタスを収穫する貴徳県新街回族郷下卡力岡村の村民。中国青海省海南チベット族自治州貴徳県新街回族郷は平均標高2800メートル、黄河の谷あいに位置し、高原夏野菜のステムレタスの生産が盛んに行われている。ステムレタスは冷涼な気候を好むことから、夏になると中国南方では育ちにくく、産地が北上する傾向がある。同郷は2014年、雲南省などからステムレタスを導入。昼夜の大きな寒暖差や十分な日当たり、夏の涼しい気候といった特徴のおかげで、同郷産の良質なステムレタスは消費者から人気を博し、甘粛、広東、福建、浙江、江蘇などの省に毎年大量に出荷されている。同地では現在、高原夏野菜の栽培が人々に増収をもたらす支柱産業となっている。(西寧=新華社記者/周盛盛)= 配信日: 2022(令和4)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082612915

  •  (1)ステムレタスの生産で農村振興を後押し青海省貴徳県
    2022年08月26日
    (1)ステムレタスの生産で農村振興を後押し青海省貴徳県

    2日、ステムレタス畑で作業をする貴徳県新街回族郷下卡力岡村の村民。中国青海省海南チベット族自治州貴徳県新街回族郷は平均標高2800メートル、黄河の谷あいに位置し、高原夏野菜のステムレタスの生産が盛んに行われている。ステムレタスは冷涼な気候を好むことから、夏になると中国南方では育ちにくく、産地が北上する傾向がある。同郷は2014年、雲南省などからステムレタスを導入。昼夜の大きな寒暖差や十分な日当たり、夏の涼しい気候といった特徴のおかげで、同郷産の良質なステムレタスは消費者から人気を博し、甘粛、広東、福建、浙江、江蘇などの省に毎年大量に出荷されている。同地では現在、高原夏野菜の栽培が人々に増収をもたらす支柱産業となっている。(西寧=新華社記者/周盛盛)= 配信日: 2022(令和4)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082612976

  • 1