KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • ムー
  • 従業員
  • 協同組合
  • けん引
  • 建設
  • 成長
  • 投入
  • 景観

「寧安」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
51
( 1 51 件を表示)
  • 1
51
( 1 51 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1996年10月22日
    中国で出土したイノシシ像 縄文時代から北方交流

    中国黒竜江省寧安県で出土したイノシシの土像=札幌市の北海道開拓記念館

    商品コード: 1996102200007

  • 2020年03月09日
    生産再開で食料の供給を確保遼寧省鞍山市

    9日、魚豆腐(魚のすり身を味付けし油で揚げたもの)製造ラインで作業する遼寧安井食品の従業員。春を迎えた中国遼寧省鞍山市では、農業企業や食品加工企業が次々と生産を再開した。生産能力を拡大し、食料の供給確保に取り組んでいる。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702623

  • 2020年03月09日
    生産再開で食料の供給を確保遼寧省鞍山市

    9日、魚豆腐(魚のすり身を味付けし油で揚げたもの)製造ラインで包装の品質検査をする遼寧安井食品の従業員。春を迎えた中国遼寧省鞍山市では、農業企業や食品加工企業が次々と生産を再開した。生産能力を拡大し、食料の供給確保に取り組んでいる。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702529

  • 2020年03月09日
    生産再開で食料の供給を確保遼寧省鞍山市

    9日、遼寧安井食品の工場で原料を運ぶ従業員。春を迎えた中国遼寧省鞍山市では、農業企業や食品加工企業が次々と生産を再開した。生産能力を拡大し、食料の供給確保に取り組んでいる。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031702625

  • 2020年05月22日
    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化

    22日、寧安市渤海鎮に広がる水田風景。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701316

  • 2020年05月22日
    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化

    22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701269

  • 2020年05月22日
    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化

    22日、寧安市渤海鎮に広がる水田風景。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701283

  • 2020年05月22日
    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化

    22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701307

  • 2020年05月22日
    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化

    22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701255

  • 2020年05月22日
    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化

    22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701311

  • 2020年05月22日
    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化

    22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701325

  • 2020年05月22日
    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化

    22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701258

  • 2020年05月22日
    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化

    22日、寧安市渤海鎮に広がる水田風景。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701257

  • 2020年05月22日
    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化

    22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701301

  • 2020年05月22日
    のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化

    22日、寧安市渤海鎮上官地村の水田で田植えに励む農家。(小型無人機から)中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701302

  • 01:09.59
    2020年05月25日
    「新華社」のどかな水田風景広がる黒竜江省で田植えが本格化

    中国黒竜江省でこのほど、田植えが本格的に始まった。ブランド米「響水大米(きょうすいたいまい)」の生産地、同省寧安市は今年、27万6千ムー(約1万8400ヘクタール)の水稲栽培を計画しており、現在全市内の田植えがほぼ終わりに近づいているという。(記者/王建威)<映像内容>田植え作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401861

  • 2020年08月11日
    野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    11日、寧安市慶雨野菜専業合作社の野菜産業パーク基地で収穫したばかりのトマトをレール式運搬車に乗せて運ぶ従業員。中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れている。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社(協同組合)に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700537

  • 2020年08月11日
    野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    11日、寧安市慶雨野菜専業合作社の野菜産業パーク基地で収穫したばかりのトマトをレール式運搬車に乗せて運ぶ従業員。中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れている。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社(協同組合)に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700541

  • 2020年08月11日
    野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    11日、寧安市慶雨野菜専業合作社の野菜産業パーク基地で収穫したばかりのトマトを箱詰めする従業員。中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れている。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社(協同組合)に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700644

  • 2020年08月11日
    野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    11日、寧安市慶雨野菜専業合作社の野菜産業パーク基地で、レール式運搬車に積み込むためトマトを収穫する従業員。中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れている。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社(協同組合)に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700483

  • 2020年08月11日
    野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    11日、寧安市慶雨野菜専業合作社の野菜産業パーク基地で収穫したばかりのトマトを三輪車で中継輸送する従業員。中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れている。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社(協同組合)に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700436

  • 2020年08月11日
    野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    11日、寧安市慶雨野菜専業合作社の野菜産業パーク基地で収穫したばかりのトマトを箱詰めする従業員。中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れ、貧困世帯の貸付金出資による産業合作社(協同組合)加入を手配し、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引している。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700432

  • 2020年08月11日
    野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    11日、寧安市慶雨野菜専業合作社の野菜産業パーク基地で収穫したばかりのトマトをレール式運搬車に乗せて運ぶ従業員。中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れている。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社(協同組合)に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700433

  • 2020年08月11日
    野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    11日、寧安市慶雨野菜専業合作社の野菜産業パーク基地で中継輸送するため収穫したばかりのトマトをレール式運搬車から降ろす従業員。中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れている。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社(協同組合)に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700437

  • 2020年08月11日
    野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    11日、黒竜江省寧安市慶雨野菜専業合作社の野菜産業パーク基地。(小型無人機から)中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れている。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社(協同組合)に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700480

  • 2020年08月11日
    野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    11日、黒竜江省寧安市慶雨野菜専業合作社の野菜産業パーク基地。(小型無人機から)中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れている。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社(協同組合)に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700479

  • 2020年08月11日
    野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    11日、寧安市慶雨野菜専業合作社の野菜産業パーク基地のビニールハウスで、トマトを収穫する従業員。中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れている。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社(協同組合)に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700481

  • 2020年08月11日
    産業による貧困脱却支援が奏功黒竜江省

    黒竜江省寧安市にある慶雨野菜専業合作社(協同組合)の野菜産業パーク基地で、収穫したばかりのトマトを箱詰めする同市東京城鎮糖坊村の貧困世帯の村民。(8月11日撮影)中国黒竜江省では収穫の最盛期を迎え、至る所に豊作の喜びがあふれている。同省はここ数年、貧困脱却支援産業の発展に力を入れ、省を挙げて農業の優位性を生かした特色ある産業プロジェクト4千件近くを実行に移した。2017~19年末までに、同省の現行基準で累計61万3千人が貧困から脱却し、貧困発生率は0・07%まで低下。省内の国家級貧困県20県、省級貧困県8県全てが貧困指定から外れ、貧困村1778村全てが貧困脱却を果たし、地域全体の貧困解決を1年前倒しで達成した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102206446

  • 2020年08月11日
    野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    11日、寧安市慶雨野菜専業合作社の野菜産業パーク基地で収穫したばかりのトマトを箱詰めする従業員。中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れている。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社(協同組合)に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(寧安=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700474

  • 00:57.62
    2020年08月14日
    「新華社」野菜合作社が産業発展で貧困脱却を後押し黒竜江省寧安市

    中国黒竜江省寧安市は近年、的確な貧困救済を導く産業として施設野菜栽培の発展に力を入れている。同市は市全体の貧困世帯500世帯余りの小口信用貸付金を寧安市慶雨野菜専業合作社(協同組合)に集中的に投入し、野菜産業パーク基地を建設して、貧困世帯の貧困脱却と増収をけん引するとともに、合作社の野菜産業を成長させている。(記者/王建威)<映像内容>野菜栽培の様子、収穫の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081901872

  • 2020年10月27日
    寧安市で穀物加工が最盛期黒竜江省

    27日、穀物加工企業の寧安市合衆糧食貿易でトウモロコシを天日干しする農民。中国黒竜江省寧安市では秋の収穫作業がほぼ完了し、穀物加工企業が生産の最盛期に入った。市内では現在までに農地265万ムー(約17万6千ヘクタール)のうち260万3550ムー(17万3570ヘクタール)で収穫を終えており、穀物は220万ムー(約14万6千ヘクタール)のうち215万8千ムー(約14万3800ヘクタール)で収穫を終えた。(寧安=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201608

  • 2020年10月27日
    寧安市で穀物加工が最盛期黒竜江省

    27日、穀物加工企業の寧安市合衆糧食貿易でトウモロコシの積み降ろしをする農民。中国黒竜江省寧安市では秋の収穫作業がほぼ完了し、穀物加工企業が生産の最盛期に入った。市内では現在までに農地265万ムー(約17万6千ヘクタール)のうち260万3550ムー(17万3570ヘクタール)で収穫を終えており、穀物は220万ムー(約14万6千ヘクタール)のうち215万8千ムー(約14万3800ヘクタール)で収穫を終えた。(寧安=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201718

  • 2020年10月27日
    寧安市で穀物加工が最盛期黒竜江省

    27日、穀物加工企業の寧安市合衆糧食貿易でトウモロコシを天日干しする農民。(小型無人機から)中国黒竜江省寧安市では秋の収穫作業がほぼ完了し、穀物加工企業が生産の最盛期に入った。市内では現在までに農地265万ムー(約17万6千ヘクタール)のうち260万3550ムー(17万3570ヘクタール)で収穫を終えており、穀物は220万ムー(約14万6千ヘクタール)のうち215万8千ムー(約14万3800ヘクタール)で収穫を終えた。(寧安=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201586

  • 2020年10月27日
    寧安市で穀物加工が最盛期黒竜江省

    27日、穀物加工企業の寧安市合衆糧食貿易でトウモロコシを天日干しする農民。(小型無人機から)中国黒竜江省寧安市では秋の収穫作業がほぼ完了し、穀物加工企業が生産の最盛期に入った。市内では現在までに農地265万ムー(約17万6千ヘクタール)のうち260万3550ムー(17万3570ヘクタール)で収穫を終えており、穀物は220万ムー(約14万6千ヘクタール)のうち215万8千ムー(約14万3800ヘクタール)で収穫を終えた。(寧安=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201656

  • 2020年10月27日
    寧安市で穀物加工が最盛期黒竜江省

    27日、寧安市貢響米業の工場で機械を使って穀物の加工を行う従業員。中国黒竜江省寧安市では秋の収穫作業がほぼ完了し、穀物加工企業が生産の最盛期に入った。市内では現在までに農地265万ムー(約17万6千ヘクタール)のうち260万3550ムー(17万3570ヘクタール)で収穫を終えており、穀物は220万ムー(約14万6千ヘクタール)のうち215万8千ムー(約14万3800ヘクタール)で収穫を終えた。(寧安=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201714

  • 2020年10月27日
    寧安市で穀物加工が最盛期黒竜江省

    27日、穀物加工企業の寧安市合衆糧食貿易でトウモロコシを天日干しする農民。(小型無人機から)中国黒竜江省寧安市では秋の収穫作業がほぼ完了し、穀物加工企業が生産の最盛期に入った。市内では現在までに農地265万ムー(約17万6千ヘクタール)のうち260万3550ムー(17万3570ヘクタール)で収穫を終えており、穀物は220万ムー(約14万6千ヘクタール)のうち215万8千ムー(約14万3800ヘクタール)で収穫を終えた。(寧安=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201609

  • 2020年10月27日
    寧安市で穀物加工が最盛期黒竜江省

    27日、穀物加工企業の寧安市合衆糧食貿易でトウモロコシを天日干しする農民。中国黒竜江省寧安市では秋の収穫作業がほぼ完了し、穀物加工企業が生産の最盛期に入った。市内では現在までに農地265万ムー(約17万6千ヘクタール)のうち260万3550ムー(17万3570ヘクタール)で収穫を終えており、穀物は220万ムー(約14万6千ヘクタール)のうち215万8千ムー(約14万3800ヘクタール)で収穫を終えた。(寧安=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201661

  • 2020年10月27日
    寧安市で穀物加工が最盛期黒竜江省

    27日、寧安市貢響米業の工場で機械を使って穀物の加工を行う従業員。中国黒竜江省寧安市では秋の収穫作業がほぼ完了し、穀物加工企業が生産の最盛期に入った。市内では現在までに農地265万ムー(約17万6千ヘクタール)のうち260万3550ムー(17万3570ヘクタール)で収穫を終えており、穀物は220万ムー(約14万6千ヘクタール)のうち215万8千ムー(約14万3800ヘクタール)で収穫を終えた。(寧安=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201671

  • 2020年11月22日
    牡丹江のほとりに純白の霧氷現る黒竜江省寧安市

    22日、牡丹江のほとりで霧氷を楽しむ人たち。中国黒竜江省寧安市を流れる牡丹江のほとりではこのところ、昼夜の温度差が大きいことから霧が立ち込め、純白の霧氷に覆われたヤナギやニレの木が織りなす美しい風景が、訪れた人たちを楽しませている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511839

  • 2020年11月22日
    牡丹江のほとりに純白の霧氷現る黒竜江省寧安市

    22日、霧氷と雪に覆われた牡丹江のほとりを散策する人たち。中国黒竜江省寧安市を流れる牡丹江のほとりではこのところ、昼夜の温度差が大きいことから霧が立ち込め、純白の霧氷に覆われたヤナギやニレの木が織りなす美しい風景が、訪れた人たちを楽しませている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511849

  • 2020年11月22日
    牡丹江のほとりに純白の霧氷現る黒竜江省寧安市

    22日、霧氷で覆われた木々が並ぶ牡丹江のほとりの風景。中国黒竜江省寧安市を流れる牡丹江のほとりではこのところ、昼夜の温度差が大きいことから霧が立ち込め、純白の霧氷に覆われたヤナギやニレの木が織りなす美しい風景が、訪れた人たちを楽しませている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511854

  • 2020年11月22日
    牡丹江のほとりに純白の霧氷現る黒竜江省寧安市

    22日、霧氷と雪に覆われた牡丹江のほとりの風景。中国黒竜江省寧安市を流れる牡丹江のほとりではこのところ、昼夜の温度差が大きいことから霧が立ち込め、純白の霧氷に覆われたヤナギやニレの木が織りなす美しい風景が、訪れた人たちを楽しませている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511872

  • 2020年11月22日
    牡丹江のほとりに純白の霧氷現る黒竜江省寧安市

    22日、霧氷と雪に覆われた牡丹江のほとりの風景。中国黒竜江省寧安市を流れる牡丹江のほとりではこのところ、昼夜の温度差が大きいことから霧が立ち込め、純白の霧氷に覆われたヤナギやニレの木が織りなす美しい風景が、訪れた人たちを楽しませている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511894

  • 2020年12月25日
    (3)黒竜江省寧安市に稲わらのテーマパーク開園

    17日、黒竜江省寧安市にある稲わらのテーマパークに設置されているオブジェ。中国黒竜江省寧安市にこのほど、稲わらのテーマパークが開園した。昔ながらの農村風景の中に、稲わらを編んで作ったさまざまな作品が展示されている。パークの敷地面積は3万平方メートル。すでに多くのオブジェが設置され、来園者を迎えている。(寧安=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122603991

  • 2020年12月25日
    (4)黒竜江省寧安市に稲わらのテーマパーク開園

    17日、黒竜江省寧安市にある稲わらのテーマパークに並ぶオブジェ。中国黒竜江省寧安市にこのほど、稲わらのテーマパークが開園した。昔ながらの農村風景の中に、稲わらを編んで作ったさまざまな作品が展示されている。パークの敷地面積は3万平方メートル。すでに多くのオブジェが設置され、来園者を迎えている。(寧安=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122603972

  • 2020年12月25日
    (1)黒竜江省寧安市に稲わらのテーマパーク開園

    17日、黒竜江省寧安市の稲わらのテーマパーク。中国黒竜江省寧安市にこのほど、稲わらのテーマパークが開園した。昔ながらの農村風景の中に、稲わらを編んで作ったさまざまな作品が展示されている。パークの敷地面積は3万平方メートル。すでに多くのオブジェが設置され、来園者を迎えている。(寧安=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122603987

  • 2020年12月25日
    (2)黒竜江省寧安市に稲わらのテーマパーク開園

    17日、黒竜江省寧安市にある稲わらのテーマパークに並ぶオブジェ。中国黒竜江省寧安市にこのほど、稲わらのテーマパークが開園した。昔ながらの農村風景の中に、稲わらを編んで作ったさまざまな作品が展示されている。パークの敷地面積は3万平方メートル。すでに多くのオブジェが設置され、来園者を迎えている。(寧安=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122603997

  • 2021年06月06日
    (4)銀川市に砂塵が飛来寧夏回族自治区

    6日、砂塵でかすむ寧安北街。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区銀川市は6日、砂塵嵐(さじんあらし)に見舞われ、視界が1キロ以内となった。同自治区気象台は砂塵嵐警報を発令し、関係機関や市民らに対策を呼び掛けた。(銀川=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2021(令和3)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060608585

  • 2022年04月24日
    (1)黒竜江省寧安市、春の耕作期始まる

    21日、ジャガイモの植え付けを行う農家。中国黒竜江省寧安市農業農村局は、同市で春の耕作が順次始まり、多数のジャガイモ農家が作業を開始していると発表した。同局の担当者によると、今年の市内全域のジャガイモ作付面積は約15万ムー(1万ヘクタール)で、多くの農家が栽培面積の拡大や機械化、流し込み施肥技術などを取り入れており、半月ほどですべての作付けを終える見込みとなっている。(寧安=新華社配信/付文軍)= 配信日: 2022(令和4)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042405560

  • 2022年04月24日
    (3)黒竜江省寧安市、春の耕作期始まる

    21日、ジャガイモの植え付けを行う農家。中国黒竜江省寧安市農業農村局は、同市で春の耕作が順次始まり、多数のジャガイモ農家が作業を開始していると発表した。同局の担当者によると、今年の市内全域のジャガイモ作付面積は約15万ムー(1万ヘクタール)で、多くの農家が栽培面積の拡大や機械化、流し込み施肥技術などを取り入れており、半月ほどですべての作付けを終える見込みとなっている。(寧安=新華社配信/付文軍)= 配信日: 2022(令和4)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042405548

  • 2022年04月24日
    (2)黒竜江省寧安市、春の耕作期始まる

    21日、ジャガイモの植え付けを行う農家。中国黒竜江省寧安市農業農村局は、同市で春の耕作が順次始まり、多数のジャガイモ農家が作業を開始していると発表した。同局の担当者によると、今年の市内全域のジャガイモ作付面積は約15万ムー(1万ヘクタール)で、多くの農家が栽培面積の拡大や機械化、流し込み施肥技術などを取り入れており、半月ほどですべての作付けを終える見込みとなっている。(寧安=新華社配信/付文軍)= 配信日: 2022(令和4)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042405531

  • 1