KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 全国重点文物保護単位
  • 国務院
  • 指定
  • 重要文化財
  • 千年
  • 日本
  • 記者
  • 位置
  • 保存

「寺院建築」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
87
( 1 87 件を表示)
  • 1
87
( 1 87 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Sandstone miniature Hindu temple Possibly from Benares

    Sandstone miniature Hindu temple Possibly from Benares, northern India, late 18th or early 19th century AD. This miniature temple is composed of three sections. It is typical of the later north Indian or nagara style of Indian temple architecture. Raised on a moulded basement, the main shrine of a Hindu temple consists of a small, square chamber with a single entrance. Inside is an image of the temple‘s deity, in this case a linga, the symbolic, phallic emblem of Shiva. Above the doorway is a small image of Ganesha, the remover of obstacles, who often appears at the entrance to temples、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200595

  • -
    Italy. Pompeii.

    Italy. Pompeii. Temple of Apollo. Marble‘s altar and Ionic column built to hold the sundial. In the background. stairs and two fluted Corinthian columns.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020042500290

  • -
    Italy. Pompeii. Temple of Apollo. Doric architrave with metopes and triglyphs resting on the columns.

    Italy. Pompeii. Temple of Apollo. Doric architrave with metopes and triglyphs resting on the columns.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020070107441

  • -
    三重塔

    石黒コレクションの明治8年頃に収集された古写真のアルバムに同じ写真がある。三重塔の左手奥にはかなり大きな建物の屋根が見える。これも寺院建築であろう。背景に山が写っていないので、広い平野部であると思われるが場所は不明だ。明治初年の古い写真である。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号91‐4‐0]

    商品コード: 2017081400967

  • -
    真光寺

    明治中期の真光寺大仏。目録番号2821 (布引山入口) ・4893 (同左) ・2814 (布引雌滝) と同様に、横浜の写真師日下部金兵衛(くさかべきんべえ)が制作、販売した写真。奥行きのある構図や、日本的な寺院建築と大仏の前に僧侶たちを配した風景は、外国人の異国趣味を熟知した金兵衛ならではの秀作。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号56‐30‐0]

    商品コード: 2017081600907

  • 1996年09月06日
    法華経寺祖師堂 重文の寺院建築の復元完了

    復元作業がほぼ完成し、屋根が二つ並んだ「比翼入母屋造り(ひよくいりもやづくり)」の大屋根が姿を現した法華経寺祖師堂=千葉県市川市

    商品コード: 1996090600015

  • 2011年01月02日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    雪化粧した大召寺の全景。(2011年1月2日パノラマカメラで撮影)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社配信/魏月飛)=2011(平成23)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505210

  • 2012年10月16日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    400年以上の歴史を持つチベット仏教の聖地、大召寺。(2012年10月16日)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社配信/魏月飛)=2012(平成24)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505177

  • 2013年04月08日
    The carved wooden stairway of an old farm house by the Tamchhog Lhakhang Temple near Paro, Bhutan.

    April 8, 2013, Tamchhog, Paro District, Bhutan: The carved wooden stairway of an old farm house by the Tamchhog Lhakhang Temple near Paro, Bhutan. (Credit Image: © Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Jon G. Fuller/VW Pics via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112212422

  • 2017年01月26日
    中国の大学、ミャンマーのミャウ・ウー遺跡の世界遺産申請を支援

    ミャウ・ウー古代遺跡南側の寺院建築の3Dスキャンマッピングを行う東南大チームのメンバー。(2017年1月26日撮影)中国江蘇省南京市にある東南大学建築学院は、中国教育部唯一の、都市と建築遺産の保護を研究の中心に据えた重点実験室を擁している。タイのチエンマイで2016年12月、世界遺産申請作業に関する会合が開催され、ミャンマー宗教文化省考古国立博物館局は、同大のチームにミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請作業への参加要請を決定した。実験室副主任の周小棣(しゅう・しょうてい)教授は「これは中国が外国の文化遺産保護と都市計画研究を主導する初のケース」と指摘、ミャンマーには現在世界文化遺産がピュー古代遺跡1カ所しかないため、ミャウ・ウー古代遺跡の世界遺産申請には同国政府の強力な後押しがあると説明した。東南大学建築学院の董衛(とう・えい)教授は「ミャウ・ウーを一つの足がかりとして、ここでの経験を東南アジアの他の都市の保護が急がれる文化遺産にも役立てていきたい」と語った。(南京=新華社配信)=2017(平成29)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000875

  • 2019年02月14日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    うっすらと雪化粧した大召寺の屋根部分。(2月14日撮影)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社配信/魏月飛)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505190

  • 2019年02月14日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    うっすらと雪化粧した大召寺。(2月14日撮影)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社配信/魏月飛)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505295

  • 2019年02月14日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    うっすらと雪化粧した大召寺の屋根部分。(2月14日撮影)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社配信/魏月飛)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505203

  • 2019年04月02日
    中国で鑑真6度目の渡航の出発地点が判明寺院遺構は唐招提寺に酷似

    2日、黄泗浦遺跡の木橋の遺構。中国江蘇省の南京博物院考古研究所は3日、長年にわたる発掘と研究により、蘇州市張家港の黄泗浦(こうしほ)遺跡が鑑真の6回目の日本への渡航の出発地であることを概ね確定したことを明らかにした。出土した唐代の寺院建築の遺構と日本の唐招提寺は非常によく似ているという。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101315

  • 2019年04月02日
    中国で鑑真6度目の渡航の出発地点が判明寺院遺構は唐招提寺に酷似

    2日、黄泗浦遺跡から出土した文化財。中国江蘇省の南京博物院考古研究所は3日、長年にわたる発掘と研究により、蘇州市張家港の黄泗浦(こうしほ)遺跡が鑑真の6回目の日本への渡航の出発地であることを概ね確定したことを明らかにした。出土した唐代の寺院建築の遺構と日本の唐招提寺は非常によく似ているという。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101269

  • 2019年04月02日
    中国で鑑真6度目の渡航の出発地点が判明寺院遺構は唐招提寺に酷似

    2日、黄泗浦遺跡の寺院遺構。中国江蘇省の南京博物院考古研究所は3日、長年にわたる発掘と研究により、蘇州市張家港の黄泗浦(こうしほ)遺跡が鑑真の6回目の日本への渡航の出発地であることを概ね確定したことを明らかにした。出土した唐代の寺院建築の遺構と日本の唐招提寺は非常によく似ているという。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101261

  • 2019年04月02日
    中国で鑑真6度目の渡航の出発地点が判明寺院遺構は唐招提寺に酷似

    2日、黄泗浦遺跡から出土した「開元通宝」。中国江蘇省の南京博物院考古研究所は3日、長年にわたる発掘と研究により、蘇州市張家港の黄泗浦(こうしほ)遺跡が鑑真の6回目の日本への渡航の出発地であることを概ね確定したことを明らかにした。出土した唐代の寺院建築の遺構と日本の唐招提寺は非常に良く似ているという。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101329

  • 2019年04月02日
    中国で鑑真6度目の渡航の出発地点が判明寺院遺構は唐招提寺に酷似

    2日、黄泗浦遺跡で見つかった木橋遺構の説明をする発掘チームのリーダー、南京博物院考古研究所の周潤墾(しゅう・じゅんこん)副所長。中国江蘇省の南京博物院考古研究所は3日、長年にわたる発掘と研究により、蘇州市張家港の黄泗浦(こうしほ)遺跡が鑑真の6回目の日本への渡航の出発地であることを概ね確定したことを明らかにした。出土した唐代の寺院建築の遺構と日本の唐招提寺は非常に良く似ているという。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101316

  • 2019年04月02日
    中国で鑑真6度目の渡航の出発地点が判明寺院遺構は唐招提寺に酷似

    2日、黄泗浦遺跡から出土した磁器。中国江蘇省の南京博物院考古研究所は3日、長年にわたる発掘と研究により、蘇州市張家港の黄泗浦(こうしほ)遺跡が鑑真の6回目の日本への渡航の出発地であることを概ね確定したことを明らかにした。出土した唐代の寺院建築の遺構と日本の唐招提寺は非常に良く似ているという。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101318

  • 2019年04月02日
    中国で鑑真6度目の渡航の出発地点が判明寺院遺構は唐招提寺に酷似

    2日、黄泗浦遺跡の寺院遺構。中国江蘇省の南京博物院考古研究所は3日、長年にわたる発掘と研究により、蘇州市張家港の黄泗浦(こうしほ)遺跡が鑑真の6回目の日本への渡航の出発地であることを概ね確定したことを明らかにした。出土した唐代の寺院建築の遺構と日本の唐招提寺は非常によく似ているという。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101325

  • 2019年04月02日
    中国で鑑真6度目の渡航の出発地点が判明寺院遺構は唐招提寺に酷似

    2日、黄泗浦遺跡の寺院遺構。中国江蘇省の南京博物院考古研究所は3日、長年にわたる発掘と研究により、蘇州市張家港の黄泗浦(こうしほ)遺跡が鑑真の6回目の日本への渡航の出発地であることを概ね確定したことを明らかにした。出土した唐代の寺院建築の遺構と日本の唐招提寺は非常によく似ているという。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101293

  • 2019年04月02日
    中国で鑑真6度目の渡航の出発地点が判明寺院遺構は唐招提寺に酷似

    2日、黄泗浦遺跡から出土した茶碾(ちゃひき)。中国江蘇省の南京博物院考古研究所は3日、長年にわたる発掘と研究により、蘇州市張家港の黄泗浦(こうしほ)遺跡が鑑真の6回目の日本への渡航の出発地であることを概ね確定したことを明らかにした。出土した唐代の寺院建築の遺構と日本の唐招提寺は非常に良く似ているという。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101317

  • 2019年04月02日
    中国で鑑真6度目の渡航の出発地点が判明寺院遺構は唐招提寺に酷似

    2日、黄泗浦遺跡の寺院遺構。中国江蘇省の南京博物院考古研究所は3日、長年にわたる発掘と研究により、蘇州市張家港の黄泗浦(こうしほ)遺跡が鑑真の6回目の日本への渡航の出発地であることを概ね確定したことを明らかにした。出土した唐代の寺院建築の遺構と日本の唐招提寺は非常によく似ているという。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101300

  • 2019年04月02日
    中国で鑑真6度目の渡航の出発地点が判明寺院遺構は唐招提寺に酷似

    2日、黄泗浦遺跡から出土した磁州窯の器。中国江蘇省の南京博物院考古研究所は3日、長年にわたる発掘と研究により、蘇州市張家港の黄泗浦(こうしほ)遺跡が鑑真の6回目の日本への渡航の出発地であることを概ね確定したことを明らかにした。出土した唐代の寺院建築の遺構と日本の唐招提寺は非常に良く似ているという。(南京=新華社記者/邱氷清)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041101333

  • 2019年07月29日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    大召寺の上空にかかる虹。(7月29日撮影)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社配信/魏月飛)=2019(令和元)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505282

  • 2019年09月19日
    断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア

    19日、空から望む世界遺産・プレアビヒア寺院。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社配信/陳剛)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092605091

  • 2019年09月19日
    断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア

    19日、カンボジア・プレアビヒア州にある世界文化遺産・プレアビヒア寺院。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092605033

  • 2019年09月19日
    断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア

    19日、カンボジア・プレアビヒア州にある世界文化遺産・プレアビヒア寺院の一角。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092605044

  • 2019年09月19日
    断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア

    19日、カンボジア・プレアビヒア州にある世界文化遺産・プレアビヒア寺院を訪れた観光客。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092605096

  • 2019年09月19日
    断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア

    19日、カンボジア・プレアビヒア州にある世界文化遺産・プレアビヒア寺院の一角。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092605055

  • 2019年09月19日
    断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア

    19日、カンボジア・プレアビヒア州にある世界文化遺産・プレアビヒア寺院の一角。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092605040

  • 2019年09月19日
    断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア

    19日、カンボジア・プレアビヒア州にある世界文化遺産・プレアビヒア寺院。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092605043

  • 2019年09月19日
    断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア

    19日、カンボジア・プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の内部の様子。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社記者/毛鵬飛)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092605037

  • 2019年09月19日
    断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア

    19日、カンボジア・プレアビヒア州にある世界文化遺産・プレアビヒア寺院の一角。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092605051

  • 2019年09月19日
    断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア

    19日、空から望む世界遺産・プレアビヒア寺院。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社配信/陳剛)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092605057

  • 2019年09月19日
    断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア

    19日、カンボジア・プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の敷地内を歩く僧侶。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092605036

  • 2019年09月19日
    断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア

    19日、カンボジア・プレアビヒア州にある世界文化遺産・プレアビヒア寺院の一角。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092605049

  • 2019年11月20日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    20日、大召寺の境内にある銅馬像。中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505182

  • 2019年11月20日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    20日、400年以上の歴史を持つ大召寺の一角。中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505257

  • 2019年11月20日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    20日、寺院建築が取り入れられた大召寺の屋根部分。中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505183

  • 2019年11月20日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    20日、内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺の正門。中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505178

  • 2019年11月20日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    20日、400年以上の歴史を持つ大召寺の一角。。中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505207

  • 2019年11月20日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    20日、ライトアップされ、金色に輝く大召寺。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505200

  • 2019年11月20日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    20日、400年以上の歴史を持つ大召寺の境内。中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505179

  • 2019年11月20日
    チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区

    20日、ライトアップされ、金色に輝く大召寺。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112505268

  • 2019年12月24日
    遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市

    山西省大同市の華厳寺にある華厳宝塔の銅で出来た地下室「地宮」に安置された仏像。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300572

  • 2019年12月24日
    遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市

    山西省大同市の華厳寺境内に立つ華厳宝塔。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300609

  • 2019年12月24日
    遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市

    山西省大同市の華厳寺境内に立つ華厳宝塔の銅で出来た地下室「地宮」に安置された仏舎利。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300423

  • 2019年12月24日
    遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市

    山西省大同市の華厳寺。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300417

  • 2019年12月24日
    遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市

    山西省大同市の華厳寺境内に立つ華厳宝塔の銅で出来た地下室「地宮」に安置された仏像。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300565

  • 2019年12月24日
    遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市

    山西省大同市の華厳寺境内に立つ普光明殿。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300605

  • 2020年02月17日
    Crematorium Baumschulenweg

    17 February 2020, Berlin: A man walks in the crematorium Baumschulenweg through the building‘s condolence hall, which is modelled on the Egyptian architecture of the temples and was built by the architects Axel Schultes and Charlotte Frank, who also created the Federal Chancellery in Berlin. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022704034

  • 01:03.53
    2020年04月03日
    空撮 奈良・吉野のシロヤマザクラが見頃

    山全体に桜が咲き広がる景観から「一目千本」と呼ばれる奈良県吉野町の吉野山のシロヤマザクラが見頃を迎えた。<映像内容>見頃を迎えた吉野のシロヤマザクラの空撮、寺院建築は金峯山寺蔵王堂(きんぷせんじざおうどう)、4月3日正午ごろ奈良県吉野町で撮影、撮影日:2020(令和2)年4月3日、撮影場所:奈良県吉野町

    商品コード: 2020040703484

  • 2020年06月05日
    夏の盤山を訪ねて天津市

    5日、天津市盤山風景区の緑に映える寺院建築。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区に位置する盤山風景名勝区は、夏になると緑の山々がひときわ美しくなり、各地から多くの観光客が訪れる。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102944

  • 2020年06月05日
    夏の盤山を訪ねて天津市

    5日、天津市盤山風景区の緑に映える寺院建築。中国天津市薊州(けいしゅう)区に位置する盤山風景名勝区は、夏になると緑の山々がひときわ美しくなり、各地から多くの観光客が訪れる。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102866

  • 02:19.20
    2020年07月23日
    「新華社」空から眺めた夏の避暑山荘河北省承徳市

    中国河北省承徳市にある避暑山荘は、清王朝の離宮で、皇帝は夏の間ここで政務を執った。造営が始まったのは1703(康煕42)年で、面積は564万平方メートル。避暑山荘と周囲の寺院群「外八廟(がいはちびょう)」は、世界に現存する皇室庭園・寺院建築群の中で最大規模を誇る。山荘は中国の地形を模して設計されており、北西部の山岳区、南東部の湖沼区、北部の平野区からなる形状は中国国土の縮図とされる。庭園内には亭、閣、軒、榭(しゃ)、廟など中国古典建築の景観が120カ所余りある。避暑山荘と外八廟は1994年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(記者/駱学峰)<映像内容>避暑山荘の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072905531

  • 2020年09月17日
    Daily life in Tokyo, Japan - 17 Sep 2020

    September 17, 2020, Tokyo, Japan: A woman with her kid ride past a Buddhist temple in Shibakoen, Minato-Ku. (Credit Image: © Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093006413

  • 2021年02月13日
    (13)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500922

  • 2021年02月13日
    (8)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の廊下。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500944

  • 2021年02月13日
    (1)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺山門の内側。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500954

  • 2021年02月13日
    (11)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺の境内にある宋高宗趙構篆書残碑。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021501154

  • 2021年02月13日
    (17)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿内部を支える梁。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021501194

  • 2021年02月13日
    (2)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺の山門前にある石獅子。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500728

  • 2021年02月13日
    (3)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の山門。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500712

  • 2021年02月13日
    (15)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿の補修時に残された古材。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500921

  • 2021年02月13日
    (10)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿内に置かれている模型。修復時に残った古材を利用して作られた。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500860

  • 2021年02月13日
    (18)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の廊下の柱。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500727

  • 2021年02月13日
    (12)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の裏手。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500862

  • 2021年02月13日
    (5)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500904

  • 2021年02月13日
    (16)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の山門。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500929

  • 2021年02月13日
    (4)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500835

  • 2021年02月13日
    (6)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500924

  • 2021年02月13日
    (19)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿内に置かれている大殿模型。修復時に残った古材を利用して作られた。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500946

  • 2021年02月13日
    (9)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿内部。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500896

  • 2021年02月13日
    (7)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500905

  • 2021年02月13日
    (14)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿の補修時に残された古材。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500906

  • 2021年09月04日
    NIMES

    June 3, 2021, Nimes, Occitanie, France: Maison Carrée, a ancient Roman temple built around 4-7 AD and dedicated to Julius Caesar, the best preserved example of a Roman temple, Nimes, France...Maison Carree Nimes Roman architecture history ancient Rome historic 16BC ancient building column Corinthian facade France historical podium portico preserve restore Roman Empire Rome temple tourism Vitruvian buildings columns facades podiums porticos preserves restores temples architecture Augustus Caesar emperor lectern old pillar protect religion restoration travel Western Europe emperors lecterns pillars porticoes restorations Europe protection reconstruct vacation reconstructs French preservation sightseeing sightsee Western European blue sky color image horizontal outdoor blue skies color images European horizontals outdoors tourist clear sky colour image outside KEVIN ELSBY tourists clear skies colour images FR outsides traveller sky travellers holiday skies day holidays attraction day-time daytime day time d...

    商品コード: 2021121903539

  • 2021年09月04日
    NIMES

    June 4, 2021, Nimes, Occitanie, France: Lacoste shopcase reflexion on Maison Carrée, a ancient Roman temple built around 4-7 AD and dedicated to Julius Caesar, the best preserved example of a Roman temple, Nimes, France...Maison Carree Nimes Roman architecture history ancient Rome historic 16BC ancient building column Corinthian facade France historical podium portico preserve restore Roman Empire Rome temple tourism Vitruvian buildings columns facades podiums porticos preserves restores temples architecture Augustus Caesar emperor lectern old pillar protect religion restoration travel Western Europe emperors lecterns pillars porticoes restorations Europe protection reconstruct vacation reconstructs French preservation sightseeing sightsee Western European blue sky color image horizontal outdoor blue skies color images European horizontals outdoors tourist clear sky colour image outside KEVIN ELSBY tourists clear skies colour images FR outsides traveller sky travellers holiday skies day holidays attracti...

    商品コード: 2021121903515

  • 2021年09月04日
    NIMES

    June 4, 2021, Nimes, Occitanie, France: Marley davidson motorbike in front Maison Carrée, a ancient Roman temple built around 4-7 AD and dedicated to Julius Caesar, the best preserved example of a Roman temple, Nimes, France...Maison Carree Nimes Roman architecture history ancient Rome historic 16BC ancient building column Corinthian facade France historical podium portico preserve restore Roman Empire Rome temple tourism Vitruvian buildings columns facades podiums porticos preserves restores temples architecture Augustus Caesar emperor lectern old pillar protect religion restoration travel Western Europe emperors lecterns pillars porticoes restorations Europe protection reconstruct vacation reconstructs French preservation sightseeing sightsee Western European blue sky color image horizontal outdoor blue skies color images European horizontals outdoors tourist clear sky colour image outside KEVIN ELSBY tourists clear skies colour images FR outsides traveller sky travellers holiday skies day holidays att...

    商品コード: 2021121905827

  • 2021年09月04日
    NIMES

    June 4, 2021, Nimes, Occitanie, France: Maison Carrée, a ancient Roman temple built around 4-7 AD and dedicated to Julius Caesar, the best preserved example of a Roman temple, Nimes, France...Maison Carree Nimes Roman architecture history ancient Rome historic 16BC ancient building column Corinthian facade France historical podium portico preserve restore Roman Empire Rome temple tourism Vitruvian buildings columns facades podiums porticos preserves restores temples architecture Augustus Caesar emperor lectern old pillar protect religion restoration travel Western Europe emperors lecterns pillars porticoes restorations Europe protection reconstruct vacation reconstructs French preservation sightseeing sightsee Western European blue sky color image horizontal outdoor blue skies color images European horizontals outdoors tourist clear sky colour image outside KEVIN ELSBY tourists clear skies colour images FR outsides traveller sky travellers holiday skies day holidays attraction day-time daytime day time d...

    商品コード: 2021121905855

  • 2021年09月04日
    NIMES

    June 4, 2021, Nimes, Occitanie, France: Maison Carrée, a ancient Roman temple built around 4-7 AD and dedicated to Julius Caesar, the best preserved example of a Roman temple, Nimes, France...Maison Carree Nimes Roman architecture history ancient Rome historic 16BC ancient building column Corinthian facade France historical podium portico preserve restore Roman Empire Rome temple tourism Vitruvian buildings columns facades podiums porticos preserves restores temples architecture Augustus Caesar emperor lectern old pillar protect religion restoration travel Western Europe emperors lecterns pillars porticoes restorations Europe protection reconstruct vacation reconstructs French preservation sightseeing sightsee Western European blue sky color image horizontal outdoor blue skies color images European horizontals outdoors tourist clear sky colour image outside KEVIN ELSBY tourists clear skies colour images FR outsides traveller sky travellers holiday skies day holidays attraction day-time daytime day time d...

    商品コード: 2021121905967

  • 2021年09月04日
    NIMES

    June 3, 2021, Nimes, Occitanie, France: Maison Carrée, a ancient Roman temple built around 4-7 AD and dedicated to Julius Caesar, the best preserved example of a Roman temple, Nimes, France...Maison Carree Nimes Roman architecture history ancient Rome historic 16BC ancient building column Corinthian facade France historical podium portico preserve restore Roman Empire Rome temple tourism Vitruvian buildings columns facades podiums porticos preserves restores temples architecture Augustus Caesar emperor lectern old pillar protect religion restoration travel Western Europe emperors lecterns pillars porticoes restorations Europe protection reconstruct vacation reconstructs French preservation sightseeing sightsee Western European blue sky color image horizontal outdoor blue skies color images European horizontals outdoors tourist clear sky colour image outside KEVIN ELSBY tourists clear skies colour images FR outsides traveller sky travellers holiday skies day holidays attraction day-time daytime day time d...

    商品コード: 2021121903479

  • 2021年09月04日
    NIMES

    June 3, 2021, Nimes, Occitanie, France: Maison Carrée, a ancient Roman temple built around 4-7 AD and dedicated to Julius Caesar, the best preserved example of a Roman temple, Nimes, France...Maison Carree Nimes Roman architecture history ancient Rome historic 16BC ancient building column Corinthian facade France historical podium portico preserve restore Roman Empire Rome temple tourism Vitruvian buildings columns facades podiums porticos preserves restores temples architecture Augustus Caesar emperor lectern old pillar protect religion restoration travel Western Europe emperors lecterns pillars porticoes restorations Europe protection reconstruct vacation reconstructs French preservation sightseeing sightsee Western European blue sky color image horizontal outdoor blue skies color images European horizontals outdoors tourist clear sky colour image outside KEVIN ELSBY tourists clear skies colour images FR outsides traveller sky travellers holiday skies day holidays attraction day-time daytime day time d...

    商品コード: 2021121903545

  • 2021年09月04日
    NIMES

    June 3, 2021, Nimes, Occitanie, France: Maison Carrée, a ancient Roman temple built around 4-7 AD and dedicated to Julius Caesar, the best preserved example of a Roman temple, Nimes, France...Maison Carree Nimes Roman architecture history ancient Rome historic 16BC ancient building column Corinthian facade France historical podium portico preserve restore Roman Empire Rome temple tourism Vitruvian buildings columns facades podiums porticos preserves restores temples architecture Augustus Caesar emperor lectern old pillar protect religion restoration travel Western Europe emperors lecterns pillars porticoes restorations Europe protection reconstruct vacation reconstructs French preservation sightseeing sightsee Western European blue sky color image horizontal outdoor blue skies color images European horizontals outdoors tourist clear sky colour image outside KEVIN ELSBY tourists clear skies colour images FR outsides traveller sky travellers holiday skies day holidays attraction day-time daytime day time d...

    商品コード: 2021121903514

  • 2021年09月04日
    NIMES

    June 3, 2021, Nimes, Occitanie, France: Maison Carrée, a ancient Roman temple built around 4-7 AD and dedicated to Julius Caesar, the best preserved example of a Roman temple, Nimes, France...Maison Carree Nimes Roman architecture history ancient Rome historic 16BC ancient building column Corinthian facade France historical podium portico preserve restore Roman Empire Rome temple tourism Vitruvian buildings columns facades podiums porticos preserves restores temples architecture Augustus Caesar emperor lectern old pillar protect religion restoration travel Western Europe emperors lecterns pillars porticoes restorations Europe protection reconstruct vacation reconstructs French preservation sightseeing sightsee Western European blue sky color image horizontal outdoor blue skies color images European horizontals outdoors tourist clear sky colour image outside KEVIN ELSBY tourists clear skies colour images FR outsides traveller sky travellers holiday skies day holidays attraction day-time daytime day time d...

    商品コード: 2021121903561

  • 2021年09月04日
    NIMES

    June 3, 2021, Nimes, Occitanie, France: Maison Carrée, a ancient Roman temple built around 4-7 AD and dedicated to Julius Caesar, the best preserved example of a Roman temple, Nimes, France...Maison Carree Nimes Roman architecture history ancient Rome historic 16BC ancient building column Corinthian facade France historical podium portico preserve restore Roman Empire Rome temple tourism Vitruvian buildings columns facades podiums porticos preserves restores temples architecture Augustus Caesar emperor lectern old pillar protect religion restoration travel Western Europe emperors lecterns pillars porticoes restorations Europe protection reconstruct vacation reconstructs French preservation sightseeing sightsee Western European blue sky color image horizontal outdoor blue skies color images European horizontals outdoors tourist clear sky colour image outside KEVIN ELSBY tourists clear skies colour images FR outsides traveller sky travellers holiday skies day holidays attraction day-time daytime day time d...

    商品コード: 2021121903550

  • 2021年09月04日
    NIMES

    June 4, 2021, Nimes, Occitanie, France: Maison Carrée, a ancient Roman temple built around 4-7 AD and dedicated to Julius Caesar, the best preserved example of a Roman temple, Nimes, France...Maison Carree Nimes Roman architecture history ancient Rome historic 16BC ancient building column Corinthian facade France historical podium portico preserve restore Roman Empire Rome temple tourism Vitruvian buildings columns facades podiums porticos preserves restores temples architecture Augustus Caesar emperor lectern old pillar protect religion restoration travel Western Europe emperors lecterns pillars porticoes restorations Europe protection reconstruct vacation reconstructs French preservation sightseeing sightsee Western European blue sky color image horizontal outdoor blue skies color images European horizontals outdoors tourist clear sky colour image outside KEVIN ELSBY tourists clear skies colour images FR outsides traveller sky travellers holiday skies day holidays attraction day-time daytime day time d...

    商品コード: 2021121905969

  • 1