KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 関心
  • 人気
  • 作家
  • 入学
  • 平成
  • 情熱
  • 李佳
  • 楽団
  • 理解

「専攻科」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1995年11月29日
    三浦光喜さん

    絶滅危機のイヌワシを人工巣作りで守る責任者三浦光喜(みうら・こうき)さん(田沢湖町に近い大曲市出身。県立高校を卒業後、二年間の専攻科を終えて、昭和三十三年に県庁へ入る。その後三十五年間、林務部で植林指導などを担当した。)

    商品コード: 1995112900033

  • 1997年01月31日
    作品を展示する大学生 温暖化防止、ユーモラスに

    卒業作品を叡山電鉄の車内に展示する京都精華大マンガ専攻科の学生ら=1月31日午後、京都市左京区の叡山電鉄修学院車庫

    商品コード: 1997013100112

  • 2006年12月01日
    実習に取り組む学生 正常出産は助産師に

    実習に取り組む徳島大助産学専攻科の学生=7月、徳島市

    商品コード: 2006120100100

  • 2010年11月13日
    専攻科の授業風景 「県営予備校」存続危うし

    鳥取県立米子東高校に設置されている「専攻科」の授業風景=9日、鳥取県米子市

    商品コード: 2010111300249

  • 2018年12月15日
    伝統楽器「古琴」の音色を後世に遼寧省鞍山市

    15日、古琴教室で子ども達を教える李佳さん。中国遼寧省鞍山(あんざん)市に住む元楽団員、李佳(り・か)さんが中国の伝統楽器「古琴」に関心を持ったのは2000年。古琴芸術に深い情熱を抱いた李さんは、2004年に瀋陽音楽学院の古琴専攻科に入学し、その間に多くの古琴演奏家を訪ねて古琴の製作技法を学び、古琴製作家となった。李さんは十年以上にわたり、昔ながらの製作技法を守り続け、その作品は愛好者から高い人気を得ている。また、楽器作りをするかたわら古琴教室を開設。古琴文化を伝えることで、この伝統芸術が多くの人に理解され、愛されていくよう努めている。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2018(平成30)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621431

  • 2018年12月15日
    伝統楽器「古琴」の音色を後世に遼寧省鞍山市

    15日、古琴教室で子ども達を教える李佳さん(左)。中国遼寧省鞍山(あんざん)市に住む元楽団員、李佳(り・か)さんが中国の伝統楽器「古琴」に関心を持ったのは2000年。古琴芸術に深い情熱を抱いた李さんは、2004年に瀋陽音楽学院の古琴専攻科に入学し、その間に多くの古琴演奏家を訪ねて古琴の製作技法を学び、古琴製作家となった。李さんは十年以上にわたり、昔ながらの製作技法を守り続け、その作品は愛好者から高い人気を得ている。また、楽器作りをするかたわら古琴教室を開設。古琴文化を伝えることで、この伝統芸術が多くの人に理解され、愛されていくよう努めている。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2018(平成30)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621491

  • 2018年12月18日
    伝統楽器「古琴」の音色を後世に遼寧省鞍山市

    18日、娘の李美歌(り・びか)さん(右)と合奏する李佳さん。中国遼寧省鞍山(あんざん)市に住む元楽団員、李佳(り・か)さんが中国の伝統楽器「古琴」に関心を持ったのは2000年。古琴芸術に深い情熱を抱いた李さんは、2004年に瀋陽音楽学院の古琴専攻科に入学し、その間に多くの古琴演奏家を訪ねて古琴の製作技法を学び、古琴製作家となった。李さんは十年以上にわたり、昔ながらの製作技法を守り続け、その作品は愛好者から高い人気を得ている。また、楽器作りをするかたわら古琴教室を開設。古琴文化を伝えることで、この伝統芸術が多くの人に理解され、愛されていくよう努めている。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621446

  • 2018年12月18日
    伝統楽器「古琴」の音色を後世に遼寧省鞍山市

    18日、作業場で古琴を作る李佳さん。中国遼寧省鞍山(あんざん)市に住む元楽団員、李佳(り・か)さんが中国の伝統楽器「古琴」に関心を持ったのは2000年。古琴芸術に深い情熱を抱いた李さんは、2004年に瀋陽音楽学院の古琴専攻科に入学し、その間に多くの古琴演奏家を訪ねて古琴の製作技法を学び、古琴製作家となった。李さんは十年以上にわたり、昔ながらの製作技法を守り続け、その作品は愛好者から高い人気を得ている。また、楽器作りをするかたわら古琴教室を開設。古琴文化を伝えることで、この伝統芸術が多くの人に理解され、愛されていくよう努めている。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621430

  • 2018年12月18日
    伝統楽器「古琴」の音色を後世に遼寧省鞍山市

    18日、娘の李美歌(り・びか)さん(左)と歩く李佳さん。中国遼寧省鞍山(あんざん)市に住む元楽団員、李佳(り・か)さんが中国の伝統楽器「古琴」に関心を持ったのは2000年。古琴芸術に深い情熱を抱いた李さんは、2004年に瀋陽音楽学院の古琴専攻科に入学し、その間に多くの古琴演奏家を訪ねて古琴の製作技法を学び、古琴製作家となった。李さんは十年以上にわたり、昔ながらの製作技法を守り続け、その作品は愛好者から高い人気を得ている。また、楽器作りをするかたわら古琴教室を開設。古琴文化を伝えることで、この伝統芸術が多くの人に理解され、愛されていくよう努めている。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621433

  • 2018年12月18日
    伝統楽器「古琴」の音色を後世に遼寧省鞍山市

    18日、作業場で古琴作りに使う木材を選ぶ李佳さん。中国遼寧省鞍山(あんざん)市に住む元楽団員、李佳(り・か)さんが中国の伝統楽器「古琴」に関心を持ったのは2000年。古琴芸術に深い情熱を抱いた李さんは、2004年に瀋陽音楽学院の古琴専攻科に入学し、その間に多くの古琴演奏家を訪ねて古琴の製作技法を学び、古琴製作家となった。李さんは十年以上にわたり、昔ながらの製作技法を守り続け、その作品は愛好者から高い人気を得ている。また、楽器作りをするかたわら古琴教室を開設。古琴文化を伝えることで、この伝統芸術が多くの人に理解され、愛されていくよう努めている。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621483

  • 2018年12月18日
    伝統楽器「古琴」の音色を後世に遼寧省鞍山市

    18日、古琴を弾く李佳さん。中国遼寧省鞍山(あんざん)市に住む元楽団員、李佳(り・か)さんが中国の伝統楽器「古琴」に関心を持ったのは2000年。古琴芸術に深い情熱を抱いた李さんは、2004年に瀋陽音楽学院の古琴専攻科に入学し、その間に多くの古琴演奏家を訪ねて古琴の製作技法を学び、古琴製作家となった。李さんは十年以上にわたり、昔ながらの製作技法を守り続け、その作品は愛好者から高い人気を得ている。また、楽器作りをするかたわら古琴教室を開設。古琴文化を伝えることで、この伝統芸術が多くの人に理解され、愛されていくよう努めている。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621429

  • 2018年12月18日
    伝統楽器「古琴」の音色を後世に遼寧省鞍山市

    18日、完成した古琴を試奏する李佳さん。中国遼寧省鞍山(あんざん)市に住む元楽団員、李佳(り・か)さんが中国の伝統楽器「古琴」に関心を持ったのは2000年。古琴芸術に深い情熱を抱いた李さんは、2004年に瀋陽音楽学院の古琴専攻科に入学し、その間に多くの古琴演奏家を訪ねて古琴の製作技法を学び、古琴製作家となった。李さんは十年以上にわたり、昔ながらの製作技法を守り続け、その作品は愛好者から高い人気を得ている。また、楽器作りをするかたわら古琴教室を開設。古琴文化を伝えることで、この伝統芸術が多くの人に理解され、愛されていくよう努めている。(瀋陽=新華社記者/竜雷)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112251

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:50.27
    2019年09月25日
    「新華社」愛は無言の中に

    これまで33年にわたり特別支援教育に携わってきた張俐(ちょう・り)さんは、9月10日の「教師の日」に特別なプレゼントを受け取った。張さんは模範的な教育者に贈られる名誉ある賞「2019年度全国教書育人模範」を受賞したのだ。張さんは江西省南昌市のろう学校で、聴覚障害のある子どもたちを教えている。特別支援学校の教師から、今や校長にまでなった張さんは、長年現場で「愛情は心の中に、教育は無言の中に」をモットーとした教育を実践してきた。同校では聴覚障害のある児童・生徒の進級に合わせて、絵画や皿絵付け、裁縫の職業教育等の専攻科目を設け、「小学生は関心を高め、中学生は技能学習、高校生で専門職業訓練」という職業教育モデルを構築してきた。また、生徒の就職の「ラストワンマイル」を全力で達成するため、張さんは日頃からあちこちの企業に連絡を取り、学生の就職活動を支援している。張さんは「特別支援学校の子どもたちも普通の子どもと同じように、輝かしい人生を送るべきだ」と語った。(記者/彭昭之、姚子雲、閔尊濤)<映像内容>聴覚障害のある子どもたちの学校生活の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504698

  • 2022年03月09日
    神戸高専清水俊彦准教授の壁を上り下りする4脚ロボ

    神戸市立工業高等専門学校の浜田翼専攻科生と原俊哉専攻科生、清水俊彦准教授らは、垂直な壁を上り下りする四脚ロボットを開発した。足の先に吸引グリッパーを搭載した。足先が壁に吸い付き、壁の途中で止まれる。本体にコンプレッサーや電池を積んだため単独で歩き回れる。ビルやダムなどの壁面を降りて地面へと移動しながら精密測量する用途に提案していく。四脚ロボの足に吸引グリッパー、胴体にコンプレッサーなどを搭載し、単体で地面を歩き回れるようにした。可搬重量は3キログラム。高性能センサー「LiDAR(ライダー)」などを積んで壁面に取り付き、止まった状態で精密に計測できる。壁面を動く際はロープでつって自重を補償する必要がある。ビルの屋上などから壁面を移動して計測し、そのまま地上を歩いて連続的な測量データを集めるなどの使い方を想定する。宙づりでなく、壁に固定できるため打音検査などの反力が発生する作業に向く。現在は壁移動の基本原理を実証した段階。今後、壁から床や天井から壁などの接続部に対応させる。天井と壁、床の移動では壁が最も難度が高かった。吸引グリッパーの吸い付き方向と直交する向きに体重がかかるため、吸引グリッパーが剥がれやすい。壁が移動できれば天井はやさしいと考えられる。従来も壁に張り付くロボットは開発されてきたが、地面の走破性が低かった。命綱のみで壁面と地面を移動できると適用範囲が広がる。災害現場などの人が近づけないエリアに上方から投入し、測量ロボが計測しながら安全地帯へ帰還するような運用が可能になる。=2022(令和4)年3月9日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040306594

  • 2022年03月28日
    (1)中国の華北電力大学、水素エネルギー専攻科を新設へ

    華北電力大学の本館。(資料写真)中国教育部はこのほど、華北電力大学の「水素エネルギー科学と工程」専攻科の新設を認可した。中国の水素エネルギー業界とエネルギー事業の発展に必要な人材の育成が期待される。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903742

  • 2022年03月28日
    (2)中国の華北電力大学、水素エネルギー専攻科を新設へ

    華北電力大学のキャンパスの一角。(資料写真)中国教育部はこのほど、華北電力大学の「水素エネルギー科学と工程」専攻科の新設を認可した。中国の水素エネルギー業界とエネルギー事業の発展に必要な人材の育成が期待される。(北京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032903743

  • 1