KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 書籍
  • 記者
  • 世界最古
  • 令和
  • 北宋
  • 千年
  • 南宋
  • 史書
  • 地位
  • 技術

「専門書」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
46
( 1 46 件を表示)
  • 1
46
( 1 46 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1998年05月08日
    遺族らが出版の本 事故再発防止求める専門書

    信楽高原鉄道事故の遺族らが出版した「鉄道事故の再発防止を求めて」

    商品コード: 1998050800101

  • 1999年02月15日
    本を手に店番する范さん 共産主義の専門書店

    マルクス、レーニン、毛沢東、[7B48]小平の肖像画が壁に並んだ小さな書店で「資本論」を手に店番する元高校教師の范強鳴さん。共産主義に熱心なあまりマルクス生誕180年を記念し昨年、北京中心部の繁華街の一角に共産主義の専門書店を開業した。 中国人がマルクス主義の重要さを忘れないようにとの願いを込めた開店だったが、改革・開放政策の下、市場経済化に慣れた北京市民の反応は鈍く、もうけはほとんどない。 「マルクス全集」や「毛沢東選集」などのお気に入りの本が並ぶ書棚に囲まれ、じっと客を待つ范さんは「中国では本屋はどこも経営が苦しいのです」と静かに語るだけだ(共同)([B]登の右に郊のツクリ)

    商品コード: 1999021500026

  • 2005年08月25日
    曲がり角の地方出版

    地方・小出版流通センター直営の地方出版専門書店=東京・神田神保町

    商品コード: 2005082500031

  • 2007年10月23日
    尾野寛明さん 山里のネット古書店が1年

    インターネットで専門書を売買する古書店を1年前に島根県川本町に開店した尾野寛明さん

    商品コード: 2007102300007

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月30日
    押収された約千冊の専門書 高価な昆虫図鑑盗んだ疑い

    中田孝則容疑者の自宅から押収された約千冊の専門書=30日午後、石川県警津幡署

    商品コード: 2010063000498

  • 2013年11月09日
    Viva神保町の店内 神保町に大活字専門書店

    文字を拡大した「大活字本」を扱う専門書店「Viva神保町」の店内=3日、東京・神保町

    商品コード: 2013110900015

  • 2013年11月09日
    棚に並ぶ大活字本 神保町に大活字専門書店

    文字を拡大した「大活字本」が並ぶ「Viva神保町」の店内=8日、東京・神保町

    商品コード: 2013110900028

  • 2014年06月20日
    講演するピケティ教授 経済専門書、異例の人気

    講演するパリ経済学院のピケティ教授=16日、ロンドン(共同)

    商品コード: 2014062000682

  • 2014年06月20日
    サインするピケティ教授 経済専門書、異例の人気

    講演後に自著にサインするパリ経済学院のピケティ教授=16日、ロンドン(共同)

    商品コード: 2014062000684

  • 2017年01月09日
    図書館の農業支援コーナー 図書館を街づくりの核に

    岩手県の紫波町図書館の専門書を集めた農業支援コーナー

    商品コード: 2017010900429

  • 2017年11月17日
    岡本厚さん1 日本人の教養を下支え

    「1冊をステップに専門書へ進めるし、いろんなテーマの本を読んで教養の幅を広げることもできる」と話す岡本厚さん

    商品コード: 2017111700507

  • 2017年11月17日
    岡本厚さん2 日本人の教養を下支え

    「1冊をステップに専門書へ進めるし、いろんなテーマの本を読んで教養の幅を広げることもできる」と話す岡本厚さん

    商品コード: 2017111700509

  • 2019年04月24日
    「書肆吾輩堂」の店内 猫だらけ、専門書5千冊

    壁にずらりと猫をテーマにした書籍が並ぶ「書肆吾輩堂」の店内=19日、福岡市

    商品コード: 2019042400034

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、現代の版木の一部。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401355

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、建陽本「建陽県志」。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401293

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、版木に彫刻する無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さん。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401399

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている清代乾隆年間の建陽本。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401315

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている明代の建陽本「妙法蓮華経巻一」。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401318

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さんが収蔵する明末清初の版木。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401344

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、版木に彫刻する無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さん。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401292

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている建陽本「資治通鑑」。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401296

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、現代の版木の一部。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401288

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、南平市建陽区の建本博物館で展示されている建陽本「四書大全」。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401289

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、清代末期の版木の一部。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401309

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、清代末期の建陽本の一部。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401353

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    挿絵の挿入が建陽刻本の最も顕著な特色とされ、上に絵、下に文章という組版形式は当時の一大革新であった。(12月17日撮影)中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401403

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、版木に彫刻する無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さん。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401301

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、清朝末期の建陽本に用いられた活字。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401306

  • 2019年12月17日
    福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    17日、無形文化遺産「建本木版印刷技法」の伝承者、李国平(り・こくへい)さんが収蔵する明末清初の版木。中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録された。(建陽=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401307

  • 02:15.51
    2019年12月24日
    「新華社」福建省に千年伝わる木版印刷文化「建陽刻本」

    中国福建省南平市建陽区は古代木版印刷の中心地の一つで、同区北部の麻沙や書坊で印刷された書籍を「建本(建陽刻本、建陽本)」、または「建安本」「麻沙本」と呼ぶ。麻沙や書坊は、10世紀中頃から13世紀後半の北宋・南宋期の時点で既に中国の三大木版印刷の中心地の一つとなっていた。建陽刻本は書籍の印刷や組版に革新をもたらしたほか、世界最古の著作権表示や最古の綱目体史書の刻本、最古の学術思想史専門書の発行など、中国の図書発展史において多くの「史上初」を生み出した。その技術は中国古代出版史で極めて重要な地位を占める。建陽刻本には、版木の裁断や謄写、描画、校正、版木彫り、紙の用意、墨の調合、印刷、装丁など多くの工程があり、書籍のジャンルも多岐にわたった。挿絵の挿入が最も顕著な特色とされ、上に絵、下に文章という組版形式は当時の一大革新であった。宋代には大量の建本書籍が遠く日本や高麗など世界各地に輸出され、明代には屋号を持つ印刷出版工房が200軒超えた。建陽刻本の版画は明代に成熟期を迎え、万暦年間(1573~1620年)には刻本のほぼ全てに挿絵が入った。建陽刻本は千年にわたり中国文化の伝播と発展の歴史に多大な貢献をし、外国との文化交流にも積極的な役割を果たしてきた。建陽刻本の技術は2005年10月、「建本木版印刷技法」として福建省の第1次省級無形文化遺産保護リストに登録され、2015年3月には「中国印刷博物館福建建陽印刷文化保護基地」が国により設立された。(記者/魏培全、章博寧)<映像内容>建陽刻本の印刷の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401724

  • 2020年01月19日
    After the flood: The rescue for Venice‘s paper treasures

    19 January 2020, Italy, Bologna: Books are stored in the workshop of the specialist book restoration company “Frati e Livi The company restored a total of about 13,000 books that fell victim to the floods in Venice in November 2019 (to dpa-KORR After the flood: The rescue for Venice‘s paper treasures) Photo: Alvise Armellini/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062503645

  • 2020年01月19日
    After the flood: The rescue for Venice‘s paper treasures

    19 January 2020, Italy, Bologna: Piero Livi, head of the specialist book restoration company “Frati e Livi“, shows the machine used to freeze-dry water-damaged books. The company restored a total of around 13,000 books that fell victim to the floods in Venice in November 2019 (to dpa-KORR After the flood: The rescue for Venice‘s paper treasures) Photo: Alvise Armellini/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062503668

  • 2020年01月19日
    After the flood: The rescue for Venice‘s paper treasures

    19 January 2020, Italy, Bologna: Piero Livi, the head of the specialist book restoration company “Frati e Livi“, shows a historical newspaper restoring his company. The company restored a total of around 13,000 books that fell victim to the floods in Venice in November 2019 (to dpa-KORR After the flood: The rescue for Venice‘s paper treasures) Photo: Alvise Armellini/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062503831

  • 2020年01月19日
    After the flood: The rescue for Venice‘s paper treasures

    19 January 2020, Italy, Bologna: A cardboard box with the inscription “Louvre“, recorded by the specialist book restoration company “Frati e Livi“. The company restored a total of around 13,000 books that fell victim to the floods in Venice in November 2019. Photo: Alvise Armellini/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062503767

  • 2020年01月19日
    After the flood: The rescue for Venice‘s paper treasures

    19 January 2020, Italy, Bologna: The company logo of the specialist book restoration company “Frati e Livi“. The company restored a total of about 13,000 books that fell victim to the floods in Venice in November 2019 (to dpa-KORR After the flood: The rescue for Venice‘s paper treasures) Photo: Alvise Armellini/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062503885

  • 2020年05月14日
    山田雄司さん

    忍者研究の第一人者で専門書を編集した三重大教授の山田雄司(やまだ・ゆうじ)さん

    商品コード: 2020051402232

  • 2021年06月01日
    ニューヨークの書店 進撃の巨人、世界が共感

    米ニューヨークのコミック専門書店に並べられた「進撃の巨人」と店員=5月(共同)

    商品コード: 2021060107310

  • 2021年07月09日
    プロが通う料理専門書店

    大阪市「波屋書房」、千日前道具屋筋商店街

    商品コード: 2021070904712

  • 2021年07月09日
    プロが通う料理専門書店

    大阪市「波屋書房」、千日前道具屋筋商店街

    商品コード: 2021070904713

  • 2021年07月09日
    プロが通う料理専門書店

    大阪市「波屋書房」、千日前道具屋筋商店街

    商品コード: 2021070904714

  • 2021年07月09日
    プロが通う料理専門書店

    大阪市「波屋書房」、千日前道具屋筋商店街

    商品コード: 2021070904715

  • 2021年07月09日
    波屋書房の芝本尚明さんら プロが通う料理専門書店

    波屋書房の店主芝本尚明さん(中央)と妻昌子さん(その左)ら=6月、大阪市

    商品コード: 2021070905114

  • 2021年07月09日
    眺めて楽しい料理書 プロが通う料理専門書店

    眺めるだけでも楽しい著名料理人による料理書=6月、大阪市

    商品コード: 2021070905113

  • 2021年07月09日
    波屋書房 プロが通う料理専門書店

    「専門料理書」と看板を掲げる波屋書房=7月、大阪市

    商品コード: 2021070905112

  • 00:30.39
    2021年08月13日
    「新華社」中国版ゴルフ?900年前の人気スポーツ「捶丸」とは

    ゴルフは世界の人気スポーツだが、中国では約900年前の宋代に中国版ゴルフともいえる「捶丸(すいがん)」が一世を風靡し、皇帝から庶民までが親しんだ。江西省博物館の収蔵品に、同省吉安市の吉州窯跡から出土した宋代褐彩磁器の捶丸がある。素地はベージュ色で、表面には顔料で褐色の渦巻き模様が描かれている。同館で陶磁器を管理する陳之川(ちん・しせん)さんは、中が詰まっており、大きさはゴルフボールとほぼ同じだと説明。「宋代吉州窯の生産規模や商業化の程度を考え合わせると、捶丸は当時の人気商品だったと推測できる」と語った。陳さんによると、捶丸の起源は唐代の「歩打球」で、宋から金、元にかけて成熟して広まり、盛んとなった。元の世祖フビライの至元19(1282)年には捶丸に関する専門書「丸経」も編さんされた。同書の記載によると、捶丸は杖で球を打つとあり、競技場所の選定やホールの設置など驚くほどゴルフに似ているという。丸経には「宋の徽宗と金の章宗が捶丸を好んだ」と書かれており、捶丸が当時既に普及していたことが分かる。宋~元代の壁画や宮廷画、磁器枕にも捶丸に関する絵を多く目にすることができる。(記者/袁慧晶) =配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304708

  • 2021年11月24日
    田中さんと安東さん 島根で励む若き義肢装具士

    専門書を読みながら意見交換する田中美里さん(左)と安東侑香さん=9月、島根県大田市

    商品コード: 2021112409509

  • 1