KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ヤカン
  • 農業
  • 企業
  • ムー
  • 平成
  • 日本
  • 記者
  • サイコ
  • 丹参
  • 協同組合

「射干」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年04月06日
    シャガ(射干)

    キーワード:シャガ、屋外、初夏、植物、日本、無人、6日=2017(平成29)年4月6日、東京都台東区、クレジット:MASAHIRO MORIGAKI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051305316

  • 2018年06月27日
    漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤

    河北豊潤27日、丹参(タンジン)畑で農作業に勤しむ豊潤区王官営鎮田各荘村の農家の人たち。(小型無人機で撮影)中国河北省唐山市の豊潤区はここ数年、「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)政策の実施プロセスにおいて、「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、農民に丹参(タンジン)、射干(ヤカン)などの漢方生薬の栽培を発展させるよう指導している。現在、同区の漢方生薬の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、500人を超える農家に増収をもたらした。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200554

  • 2018年06月27日
    漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤

    27日、畑で射干(ヤカン)の手入れをする豊潤区王官営鎮田各荘村の農家の人たち。中国河北省唐山市の豊潤区はここ数年、「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)政策の実施プロセスにおいて、「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、農民に丹参(タンジン)、射干(ヤカン)などの漢方生薬の栽培を発展させるよう指導している。現在、同区の漢方生薬の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、500人を超える農家に増収をもたらした。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200590

  • 2018年06月27日
    漢方生薬の栽培が増収の道を切り開く河北豊潤

    27日、乾燥させた丹参(タンジン)を見せる豊潤区王官営鎮田各荘村の農家の人。中国河北省唐山市の豊潤区はここ数年、「産業富民」(産業を発展させることで民を富ませる)政策の実施プロセスにおいて、「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、農民に丹参(タンジン)、射干(ヤカン)などの漢方生薬の栽培を発展させるよう指導している。現在、同区の漢方生薬の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、500人を超える農家に増収をもたらした。(唐山=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070200552

  • 2018年10月24日
    薬用作物の栽培で増収を後押し河北省唐山市

    24日、収穫したての丹参を掲げて見せる唐山市豊潤区新軍屯鎮報喜坨(ほうきた)村の薬用作物栽培合作社のメンバー。近年、中国河北省唐山市豊潤(ほうじゅん)区は、農業の供給側構造改革を進める中で、農家による「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、丹参(タンジン)や射干(ヤカン)、鉄皮石斛(テッピセッコク)などの薬用作物栽培の規模拡大を進め、大きな成果を上げてきた。現在同区の薬用作物の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、地元農家に増収効果をもたらしている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000132

  • 2018年10月24日
    薬用作物の栽培で増収を後押し河北省唐山市

    24日、丹参を収穫する唐山市豊潤区新軍屯鎮報喜坨(ほうきた)村の薬用作物栽培合作社のメンバー。近年、中国河北省唐山市豊潤(ほうじゅん)区は、農業の供給側構造改革を進める中で、農家による「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、丹参(タンジン)や射干(ヤカン)、鉄皮石斛(テッピセッコク)などの薬用作物栽培の規模拡大を進め、大きな成果を上げてきた。現在同区の薬用作物の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、地元農家に増収効果をもたらしている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000143

  • 2018年10月24日
    薬用作物の栽培で増収を後押し河北省唐山市

    24日、収穫した丹参を日干しする唐山市豊潤区新軍屯鎮報喜坨(ほうきた)村の薬用作物栽培合作社のメンバー。近年、中国河北省唐山市豊潤(ほうじゅん)区は、農業の供給側構造改革を進める中で、農家による「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、丹参(タンジン)や射干(ヤカン)、鉄皮石斛(テッピセッコク)などの薬用作物栽培の規模拡大を進め、大きな成果を上げてきた。現在同区の薬用作物の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、地元農家に増収効果をもたらしている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000147

  • 2018年10月24日
    薬用作物の栽培で増収を後押し河北省唐山市

    24日、収穫した丹参を日干しする唐山市豊潤区新軍屯鎮報喜坨(ほうきた)村の薬用作物栽培合作社のメンバー。近年、中国河北省唐山市豊潤(ほうじゅん)区は、農業の供給側構造改革を進める中で、農家による「企業+合作社(日本の協同組合にあたる中国の組織)+農家」の経営管理モデルを利用し、丹参(タンジン)や射干(ヤカン)、鉄皮石斛(テッピセッコク)などの薬用作物栽培の規模拡大を進め、大きな成果を上げてきた。現在同区の薬用作物の栽培面積は3千ムー(約200ヘクタール)余りに達し、地元農家に増収効果をもたらしている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000137

  • 01:36.11
    2020年07月23日
    「新華社」太行山麓の農家、「林+薬+観光」方式で収入増河北省邯鄲市

    太行山脈の東麓に位置する中国河北省邯鄲市渉県はここ数年、林業と中医薬材料の栽培を両立した上で観光産業を発展させ、農家の収入増につなげている。現地の林業・中医薬材料栽培拠点の責任者によると、リンゴやモモ、スモモなどの果樹の下に、サイコ(柴胡)やヤカン(射干)など中医薬材料となる植物を植えている。果実が熟す時期には摘み取り体験もできる。栽培面積1ムー(約667平方メートル)当たりの収入はかつて約300元(1元=約15円)だったが、今では千元近くになることもある。同県では現在、林業・中薬材の複合栽培を行っている農地が5万5千ムー(約3667ヘクタール)に達している。果物狩りや農村ツアーなどの観光プロジェクトも人気を集め、農業経済の質の高い発展を促進している。(記者/岳文婷)<映像内容>中医薬材料の栽培、収穫の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072905524

  • 2021年08月12日
    (5)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し河北省灤平県

    3日、河北省灤平県張百湾鎮西井溝村の中医薬材料栽培基地で、忙しく働く農家の人。中国河北省承徳市灤平(らんへい)県張百湾鎮西井溝村の中医薬材料栽培基地でこのほど、農家が中医薬材料の管理と畑の除草作業に追われている。同県はここ数年、農業の産業構造を積極的に調整し、地元の土壌や気候の特徴に基づいて、オウゴン(黄芩)やヤカン(射干)、サイコ(柴胡)、ソウジュツ(蒼朮)、ゴミシ(五味子)などの中医薬材料の栽培に力を入れている。地元政府は企業、基地、農家を組み合わせた管理モデルを採用することで、農家の増収と農業の効率化を促進し、農村振興を後押ししている。(承徳=新華社配信/王立群)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302807

  • 2021年08月12日
    (6)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し河北省灤平県

    3日、河北省灤平県張百湾鎮西井溝村の中医薬材料栽培基地で、除草作業を行う農家の人。(小型無人機から)中国河北省承徳市灤平(らんへい)県張百湾鎮西井溝村の中医薬材料栽培基地でこのほど、農家が中医薬材料の管理と畑の除草作業に追われている。同県はここ数年、農業の産業構造を積極的に調整し、地元の土壌や気候の特徴に基づいて、オウゴン(黄芩)やヤカン(射干)、サイコ(柴胡)、ソウジュツ(蒼朮)、ゴミシ(五味子)などの中医薬材料の栽培に力を入れている。地元政府は企業、基地、農家を組み合わせた管理モデルを採用することで、農家の増収と農業の効率化を促進し、農村振興を後押ししている。(承徳=新華社配信/王立群)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302818

  • 2021年08月12日
    (1)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し河北省灤平県

    3日、河北省灤平県張百湾鎮西井溝村の中医薬材料栽培基地で、除草作業を行う農家の人。(小型無人機から)中国河北省承徳市灤平(らんへい)県張百湾鎮西井溝村の中医薬材料栽培基地でこのほど、農家が中医薬材料の管理と畑の除草作業に追われている。同県はここ数年、農業の産業構造を積極的に調整し、地元の土壌や気候の特徴に基づいて、オウゴン(黄芩)やヤカン(射干)、サイコ(柴胡)、ソウジュツ(蒼朮)、ゴミシ(五味子)などの中医薬材料の栽培に力を入れている。地元政府は企業、基地、農家を組み合わせた管理モデルを採用することで、農家の増収と農業の効率化を促進し、農村振興を後押ししている。(承徳=新華社配信/王立群)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302817

  • 2021年08月12日
    (4)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し河北省灤平県

    3日、河北省灤平県張百湾鎮西井溝村の中医薬材料栽培基地で、忙しく働く農家の人。中国河北省承徳市灤平(らんへい)県張百湾鎮西井溝村の中医薬材料栽培基地でこのほど、農家が中医薬材料の管理と畑の除草作業に追われている。同県はここ数年、農業の産業構造を積極的に調整し、地元の土壌や気候の特徴に基づいて、オウゴン(黄芩)やヤカン(射干)、サイコ(柴胡)、ソウジュツ(蒼朮)、ゴミシ(五味子)などの中医薬材料の栽培に力を入れている。地元政府は企業、基地、農家を組み合わせた管理モデルを採用することで、農家の増収と農業の効率化を促進し、農村振興を後押ししている。(承徳=新華社配信/王立群)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302833

  • 2021年08月12日
    (3)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し河北省灤平県

    3日、河北省灤平県張百湾鎮西井溝村の中医薬材料栽培基地で、除草作業を行う農家の人。中国河北省承徳市灤平(らんへい)県張百湾鎮西井溝村の中医薬材料栽培基地でこのほど、農家が中医薬材料の管理と畑の除草作業に追われている。同県はここ数年、農業の産業構造を積極的に調整し、地元の土壌や気候の特徴に基づいて、オウゴン(黄芩)やヤカン(射干)、サイコ(柴胡)、ソウジュツ(蒼朮)、ゴミシ(五味子)などの中医薬材料の栽培に力を入れている。地元政府は企業、基地、農家を組み合わせた管理モデルを採用することで、農家の増収と農業の効率化を促進し、農村振興を後押ししている。(承徳=新華社配信/王立群)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302805

  • 2021年08月12日
    (2)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し河北省灤平県

    3日、河北省灤平県張百湾鎮西井溝村の中医薬材料栽培基地で、忙しく働く農家の人。中国河北省承徳市灤平(らんへい)県張百湾鎮西井溝村の中医薬材料栽培基地でこのほど、農家が中医薬材料の管理と畑の除草作業に追われている。同県はここ数年、農業の産業構造を積極的に調整し、地元の土壌や気候の特徴に基づいて、オウゴン(黄芩)やヤカン(射干)、サイコ(柴胡)、ソウジュツ(蒼朮)、ゴミシ(五味子)などの中医薬材料の栽培に力を入れている。地元政府は企業、基地、農家を組み合わせた管理モデルを採用することで、農家の増収と農業の効率化を促進し、農村振興を後押ししている。(承徳=新華社配信/王立群)= 配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302814

  • 1