KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 会見
  • 実行
  • あいちトリエンナーレ
  • いき
  • おぐら
  • おの
  • にし
  • まさき
  • めがね
  • コメント

「小倉利丸」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1999年08月04日
    公述人の小口氏ら 参院法務委で公聴会

    参院法務委の組織犯罪対策3法案についての中央公聴会に出席した公述人の(右から)弁護士の小口克巳氏、中央大の宮沢浩一教授、富山大の小倉利丸教授=4日午後

    商品コード: 1999080400083

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:30.09
    2018年11月14日
    タトゥー彫師に逆転無罪 医師法違反事件、大阪高裁

    医師免許を持たずに客にタトゥー(入れ墨)を施したとして医師法違反の罪に問われた大阪府吹田市の彫師増田太輝(ますだ・たいき)被告(30)の控訴審判決で、大阪高裁は14日「タトゥー施術は医療関連性を欠いており、医師法上の医療行為に該当しない」とし、罰金15万円とした一審大阪地裁判決を破棄、逆転無罪を言い渡した。判決理由で西田真基(にしだ・まさき)裁判長は、タトゥーは歴史や現代社会における位置付けに照らすと装飾的、象徴的な要素や美術的な意義があり「医療目的の行為ではない」と指摘。施術に求められるのは美的センスやデザインの素養で、医学的技能を基本とする医療業務とは根本的に異なり「医師に施術を独占的に行わせるのは相当ではない」とし、医療と関連がない行為は医師法の規制対象外と判断した。〈映像内容〉大阪高裁の外観、記者会見で喜びのコメントを述べる増田さん、主任弁護士らのコメント、皮膚科医の立場でコメントする熊本大学の小野友道(おの・ともみち)名誉教授(背広でめがねの男性)、表現の自由について研究してきた富山大の小倉利丸(おぐら・としまる)名誉教授(白髪交じりの男性)、「無罪」の垂れ幕を掲げる増田被告など、撮影日:2018(平成30)年11月14日、撮影場所:大阪府 大阪高裁

    商品コード: 2018111515380

  • 2019年08月04日
    企画実施団体が記者会見 慰安婦少女像の展示中止

    「あいちトリエンナーレ2019」で「平和の少女像」を含む企画「表現の不自由展・その後」の展示中止が決まり、記者会見する不自由展実行委の(右から)小倉利丸さん、岡本有佳さんら=3日夜、名古屋市

    商品コード: 2019080300886

  • 2019年09月02日
    会見に臨む実行委 不自由展実行委が会見

    日本外国特派員協会で記者会見に臨む企画展「表現の不自由展・その後」実行委の(左から)アライヒロユキさん、岡本有佳さんら=2日午後、東京・丸の内

    商品コード: 2019090201121

  • 1