KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 小唄勝太郎
  • 昭和
  • 場所
  • 京都市東山区
  • 内地
  • お茶屋
  • ふるさと
  • まいこ
  • 可能性
  • 委託

「小唄」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
31
( 1 31 件を表示)
  • 1
31
( 1 31 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    唄う女性たち

    写真中にSINGING GIARL とあるが、正座して左手に扇子を持ち、右腕を軽く腰の後ろの方に回し、首をややかしげたポーズから、小唄でも口ずさみながら座ったままで踊りの所作をしているような雰囲気である。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐27‐0]

    商品コード: 2017080400533

  • -
    お唄いの稽古

    花を飾った床の間の前で、三味線を弾く師匠と対面して小唄などを習う少女の姿。良家の子女は子どもの頃からこのような習いごとをするのが普通であった。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号49‐1‐0]

    商品コード: 2017080903309

  • -
    お唄いの稽古

    衝立に仕切られた敷物をした間で、流し髪で三味線を弾く師匠と対面して小唄などを習う少女の姿。少女の様子などから家内で練習をつけてもらっている姿のようである。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号49‐14‐0]

    商品コード: 2017080903340

  • 1929年04月07日
    日本電報通信社資料

    天皇陛下が訪問する大島。小唄で有名な波浮港=1929(昭和4)年4月7日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011041500300

  • 1946年04月23日
    第2回放送討論会

    代議士で演歌師の石田一松氏の時事小唄の舞台=1946(昭和21)年4月23日、場所不明(21年内地879)

    商品コード: 2014040300363

  • 1948年08月25日
    二十世紀梨

    「二十世紀は私の名前、花も実もある里の乙女よ!」と口ずさむ小唄も軽やかに梨を摘む乙女=出稿1948(昭和23)年8月25日、鳥取県(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016051100345

  • 1950年07月11日
    小唄の勝太郎が結婚

    奥さまぶりを発揮する小唄の勝太郎さん(本名佐藤かつ)(東京都港区赤坂伝馬町)=1950(昭和25)年7月11日出稿(25年内地3070)

    商品コード: 2013121900170

  • 1950年07月11日
    小唄の勝太郎が結婚

    奥さまぶりを発揮する小唄の勝太郎さん(本名佐藤かつ)(東京都港区赤坂伝馬町)=1950(昭和25)年7月11日出稿(25年内地3070関連)

    商品コード: 2013121900173

  • 1955年03月01日
    赤穂線・赤穂―日生間が開通

    国鉄(現JR)赤穂線の播州赤穂―日生間が開通、近くの小学校の児童2000人が振る手旗に迎えられて、相生駅発の祝典列車が新設の日生駅(和気郡福河村)にすべり込んだ。500個の風船を児童が空に放ち、駅前の中日生湾では約100隻の漁船が色鮮やかな万国旗、のぼりを立ててパレード。「日生小唄」の発表会や沿線中学8校による駅伝も開かれ、町は祝賀ムードに包まれた。福河村はこの月末、日生町と合併した。=1955(昭和30)年3月1日、岡山県日生町(現備前市)・日生駅、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100119836

  • 00:37.22
    1958年05月05日
    「福島民報」「民報ニュース」連休 飯坂温泉に行楽客

    ゴールデンウィークでにぎわう飯坂温泉。 撮影日:1958(昭和33)年5月、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020517966

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:17.58
    1959年10月17日
    「福島民報」「民報ニュース」ウールショウとミス羽二重コンテスト

    10月17日、福島市公会堂でウールショーが行われた。美しいモデルたちが、ウールのドレスでファッションショー。会場は若い女性で満員だった。川俣ではミス羽二重コンテストが行われ、ミス羽二重に新中町のカンノミキコさんが選ばれた。川俣町内のお嬢さんたちによる羽二重小唄が発表された。撮影日:1959(昭和34)年10月17日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032802284

  • 1963年12月24日
    (こうた・かつたろう) 小唄勝太郎

    歌手、ヒット曲は「島の娘」「東京音頭」「明日はお立ちか」など、本名・真野かつ=1963(昭和38)年5月12日撮影

    商品コード: 2007030100054

  • 1970年09月25日
    (こうた・かつたろう) 小唄勝太郎

    歌手=1970(昭和45)年9月25日撮影

    商品コード: 2007082000036

  • 1997年02月20日

    人物通信 32578 ◎吉川梅(よしかわ・うめ)、小唄演奏家、半・正・撮(1996.11.29)(カラーネガ)、顔(本名=吉川むめ)

    商品コード: 1998050100040

  • 1997年05月26日
    日本デジタル放送社長 小唄の弾き語り

    三田宏也氏(みた・こうや)

    商品コード: 1997052600036

  • 2000年06月15日
    舞いを披露する舞妓ら 5花街の舞妓が勢ぞろい

    特別公演「都の賑わい」の総ざらいで、最後を飾る「祇園小唄」を舞い「だらりの帯」を披露する舞妓ら=15日、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場

    商品コード: 2000061500098

  • 2000年11月11日
    小学生に京舞披露の舞妓 芸舞妓の出番つくります

    修学旅行の小学生らを前に京舞「祇園小唄」を披露する舞妓(まいこ)=京都市東山区

    商品コード: 2000111100058

  • 2002年11月22日
    祇園小唄を舞う舞妓 「祇園小唄」を後世に

    それぞれの流派の振り付けで「祇園小唄」を舞う舞妓(まいこ)=6月、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場

    商品コード: 2002112200012

  • 2003年01月29日
    高安美三子さん

    「祇園小唄」を守り続けるお茶屋「吉うた」の女将、高安美三子(たかやす・みみこ)さん

    商品コード: 2003012900096

  • 2003年06月03日
    祇園小唄を舞う中学生 中学生、舞妓さんと共演

    修学旅行で京都を訪れ、舞妓さんの手ほどきで祇園小唄を舞う東京の中学生=3日午後、京都市上京区の上七軒歌舞練場

    商品コード: 2003060300170

  • 02:53.30
    2007年06月05日
    京都舞妓「都の賑わい」稽古 舞妓さん華やかに競演 京都五花街が合同けいこ

    京都五花街の芸舞妓(まいこ)が勢ぞろいし、華やかな舞を競演する伝統芸能特別公演「都の賑(にぎわ)い」の合同けいこが5日、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場であった。祇園甲部、宮川町、祇園東、上七軒、先斗町の各花街から4人ずつ舞妓が参加し、呼び物の今年の合同演目「京小唄」を舞台でけいこした。特別公演は今年で14回目<映像内容>歌舞練場外観、合同けいこをする舞妓ら、指導する京舞家元の井上八千代さん、撮影日:2007(平成19)年6月5日、撮影場所:京都市東山区

    商品コード: 2020010700250

  • 2011年04月24日
    被災者が三味線演奏会 釜石小唄、ふるさとに届け

    釜石小唄を合唱する被災者ら=24日午後、盛岡市

    商品コード: 2011042400251

  • 2011年04月24日
    被災者が三味線演奏会 釜石小唄、ふるさとに届け

    釜石小唄の演奏に聴き入る被災者ら=24日午後、盛岡市

    商品コード: 2011042400256

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年04月24日
    三味線を演奏する鈴木さん 釜石小唄、ふるさとに届け

    三味線を演奏する鈴木絹子さん(右)=24日午後、盛岡市

    商品コード: 2011042400257

  • 2014年08月21日
    春日豊吉久さん

    小唄界で「期待の若手」と呼び声高い春日豊吉久(かすが・とよよしひさ)さん

    商品コード: 2014082100718

  • 2017年06月27日
    磯原小唄の碑

    キーワード:屋外、記念館、小唄、石碑、朝、日本、梅雨、無人、野口雨情、野口雨情記念館、モノメイン写真、磯原小唄=2017(平成29)年6月27日、茨城県北茨城市、クレジット:HIDEO FUJITA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122903690

  • 2017年09月25日
    「明るさ見せるのも強さ」

    端唄を習い、ベストアルバムの題名「歌祭文」は江戸時代の小唄から取った。「日本のことをもっとよく知りたい」と話す一青窈

    商品コード: 2017092500476

  • 01:02.56
    2018年07月23日
    「東奥日報」あでやかな舞、八戸の街彩る/小唄流し踊り

    八戸の夏の風物詩「第48回八戸小唄流し踊り」(東奥日報社主催)が13日、八戸市中心街で行われた。昨年より1団体多い16団体の約800人が、静かにたなびく七夕の飾りの下で優雅な舞を繰り広げ、観衆を魅了した。<映像内容>八戸小唄流しを踊る人たち、撮影日:2018年7月13日、撮影場所:八戸市中心街、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018072301141

  • 2018年08月25日
    「やかげ小唄おどり」優美に

    旧矢掛本陣前で優雅な舞を披露する踊り手たち。旧山陽道の宿場町として栄えた矢掛町中心部で25日夜、「やかげ小唄おどり」が開かれ、白い浴衣と編みがさ姿の踊り手たちが優美な舞を披露し、江戸期の趣を残す町並みに花を添えた。=2018(平成30)年8月25日、岡山県矢掛町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082804476

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月09日
    火災で燃えた「吉うた」 「祇園小唄」の茶屋も全焼

    京都・祇園の火災で全焼した老舗のお茶屋「吉うた」=9日

    商品コード: 2019070904435

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月09日
    全焼した「吉うた」 「祇園小唄」の茶屋も全焼

    京都・祇園の火災で全焼した老舗のお茶屋「吉うた」(左)=9日(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019070904440

  • 1