KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 中国河北省
  • 中国江蘇省
  • 中国貴州省
  • 中国浙江省
  • 広西チワン族自治区
  • 新疆ウイグル自治区
  • 黒竜江省
  • 中国福建省
  • 中国甘粛省

「小型無人機」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
12,378
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
12,378
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月26日
    (3)河北省の港湾貨物取扱量、好調な滑り出し

    23日、唐山港曹妃甸港区の鉄鉱石埠頭で荷揚げを行う船舶。(小型無人機から)中国河北省交通運輸庁によると、同省唐山港、秦皇島港、黄驊(こうか)港などの今年1月の港湾貨物取扱量は前年同月比14・2%増の1億973万200トンで、好調な滑り出しとなった。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (2)河北省の港湾貨物取扱量、好調な滑り出し

    23日、タグボートに牽引されて唐山港曹妃甸港区の鉄鉱石埠頭に接岸した船舶。(小型無人機から)中国河北省交通運輸庁によると、同省唐山港、秦皇島港、黄驊(こうか)港などの今年1月の港湾貨物取扱量は前年同月比14・2%増の1億973万200トンで、好調な滑り出しとなった。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (5)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区馬武鎮にあるザーサイ工場の乾燥場に並べられた青菜頭。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (3)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、空から見た重慶市涪陵区江北街道の青菜頭畑。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)河北省の港湾貨物取扱量、好調な滑り出し

    23日、タグボートに牽引されて唐山港曹妃甸(そうひでん)港区の鉄鉱石埠頭に接岸した船舶。(小型無人機から)中国河北省交通運輸庁によると、同省唐山港、秦皇島港、黄驊(こうか)港などの今年1月の港湾貨物取扱量は前年同月比14・2%増の1億973万200トンで、好調な滑り出しとなった。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)ザーサイの原料、青菜頭がもたらす豊かな暮らし重慶市

    20日、重慶市涪陵区の江北街道で青菜頭を収穫する地元住民。(小型無人機から)「中国のザーサイの里」と呼ばれる重慶市涪陵(ふりょう)区で、ザーサイの原料となる青菜頭(ちんさいとう)の収穫が最盛期を迎えた。区内の20以上の郷や鎮に計70万ムー(約4万6700ヘクタール)超の青菜頭畑があり、農家らが刈り取り作業に追われている。青菜頭はアブラナ科の野菜で、ザーサイに使われるのは茎の下部にあるコブ状の部分。涪陵ザーサイの製造は重慶市の農村経済において販売規模とブランド知名度、周辺地域への波及能力がいずれもトップに立つ特色ある産業となっている。青菜頭の栽培農家60万人と加工に携わる約2千世帯は収入が増え、豊かな生活を送るようになった。緑色の青菜頭のコブは幸せをもたらす「金のコブ」として、人々の暮らしを支えている。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)上海地下鉄車両基地内の「隠れた太陽光発電所」を訪ねて

    22日、上海地下鉄竜陽路基地内にある分散型太陽光発電所。(小型無人機から)中国上海市の上海地下鉄竜陽路車両基地内には、分散型太陽光発電所がある。総設備容量は3・66メガワットで、2019年末にグリッド接続発電を開始、基地内の総合変電所に接続し、地下鉄列車に電力を供給している。上海地下鉄はこれまでに、川楊河や治北、金橋、竜陽路、浦江鎮などの車両基地で太陽光発電システムのグリッド接続を完了し、総設備容量は約24メガワットに達している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)上海地下鉄車両基地内の「隠れた太陽光発電所」を訪ねて

    22日、上海地下鉄竜陽路基地内にある分散型太陽光発電所。(小型無人機から)中国上海市の上海地下鉄竜陽路車両基地内には、分散型太陽光発電所がある。総設備容量は3・66メガワットで、2019年末にグリッド接続発電を開始、基地内の総合変電所に接続し、地下鉄列車に電力を供給している。上海地下鉄はこれまでに、川楊河や治北、金橋、竜陽路、浦江鎮などの車両基地で太陽光発電システムのグリッド接続を完了し、総設備容量は約24メガワットに達している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の文化広場で披露される100メートル超の板竜の舞。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (1)氷に覆われた紺碧の然烏湖チベット自治区パシュー県

    16日、紺碧の湖面が氷に覆われた然烏湖の風景。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市パシュー県にある然烏湖(ラウォ・ツォ)は、地滑りや土石流によって川がせき止められてできたせき止め湖で、帕隆藏布江の主な源に当たる。沿岸を四川省成都市と同自治区ラサ市を結ぶ川藏道路が走っていることから、多くの観光客に知られている。(チャムド=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (4)氷に覆われた紺碧の然烏湖チベット自治区パシュー県

    16日、紺碧の湖面が氷に覆われた然烏湖の風景。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市パシュー県にある然烏湖(ラウォ・ツォ)は、地滑りや土石流によって川がせき止められてできたせき止め湖で、帕隆藏布江の主な源に当たる。沿岸を四川省成都市と同自治区ラサ市を結ぶ川藏道路が走っていることから、多くの観光客に知られている。(チャムド=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)観光客を魅了するハクモクレンの花江西省南昌市

    23日、南昌県鳳凰溝風景区で咲き誇るハクモクレン。(小型無人機から)中国江西省南昌市の南昌県鳳凰溝風景区では気温の上昇に伴い、ハクモクレンが満開となった。春らしい景色が広がり、花見に訪れた観光客を魅了している。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)観光客を魅了するハクモクレンの花江西省南昌市

    23日、南昌県鳳凰溝風景区で咲き誇るハクモクレン。(小型無人機から)中国江西省南昌市の南昌県鳳凰溝風景区では気温の上昇に伴い、ハクモクレンが満開となった。春らしい景色が広がり、花見に訪れた観光客を魅了している。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (8)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の壺源渓のほとりで披露される100メートル超の板竜の舞。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村の菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (6)劇団が復活、春の空に響く銅鑼や太鼓の音色青海省海東市

    21日、青海省海東市民和回族トゥ族自治県古鄯鎮の山荘村。(小型無人機から)中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県県城(県政府所在地)の南50キロメートルに位置する山荘村はかつて、高い山と深い谷に阻まれ交通が不便で、村民らはコムギやトウモロコシの栽培や出稼ぎで生計を立てていた。同村には民間伝統演劇「秦腔(しんこう)」を上演する劇団が数十年にわたり活動を続けてきたが、維持が困難になり解散していた。変化が訪れたのは2017年。地元は豊かな自然資源を頼りに農村観光に力を入れ、七里花海風景区などの観光地を建設、観光収入が増加して村民の生活はたちまち豊かになった。暮らし向きが良くなったことで、幼い頃祖父に付いて「秦腔」を学んでいた陳玉成(ちん・ぎょくせい)さんは、劇団の再結成を思いついた。この知らせが伝わるとすぐに、県や鎮、村全てが強力に支援した。20年12月、20人余りからなる山荘村秦腔アマチュア劇団が再結成された。劇団員らは春節の連休を利用して、稽古や本番に励んでいる。(海東=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の文化広場で披露される100メートル超の板竜の舞。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (6)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパーク。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/劉岭逸)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパーク。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)上海地下鉄車両基地内の「隠れた太陽光発電所」を訪ねて

    22日、上海地下鉄竜陽路基地内にある分散型太陽光発電所。(小型無人機から、パノラマ写真)中国上海市の上海地下鉄竜陽路車両基地内には、分散型太陽光発電所がある。総設備容量は3・66メガワットで、2019年末にグリッド接続発電を開始、基地内の総合変電所に接続し、地下鉄列車に電力を供給している。上海地下鉄はこれまでに、川楊河や治北、金橋、竜陽路、浦江鎮などの車両基地で太陽光発電システムのグリッド接続を完了し、総設備容量は約24メガワットに達している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (3)氷に覆われた紺碧の然烏湖チベット自治区パシュー県

    16日、紺碧の湖面が氷に覆われた然烏湖の風景。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市パシュー県にある然烏湖(ラウォ・ツォ)は、地滑りや土石流によって川がせき止められてできたせき止め湖で、帕隆藏布江の主な源に当たる。沿岸を四川省成都市と同自治区ラサ市を結ぶ川藏道路が走っていることから、多くの観光客に知られている。(チャムド=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)上海地下鉄車両基地内の「隠れた太陽光発電所」を訪ねて

    22日、上海地下鉄竜陽路基地内にある分散型太陽光発電所。(小型無人機から)中国上海市の上海地下鉄竜陽路車両基地内には、分散型太陽光発電所がある。総設備容量は3・66メガワットで、2019年末にグリッド接続発電を開始、基地内の総合変電所に接続し、地下鉄列車に電力を供給している。上海地下鉄はこれまでに、川楊河や治北、金橋、竜陽路、浦江鎮などの車両基地で太陽光発電システムのグリッド接続を完了し、総設備容量は約24メガワットに達している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、壺口瀑布に現れた虹。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (8)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (6)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)春の菜の花畑に酔う福州市

    23日、福州市閩侯県鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県の鴻尾村に広がる菜の花栽培モデル基地では菜の花が満開となり、黄金色に輝く田園風景が観光客を魅了している。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村内踩街を100メートル超の板竜を担いで練り歩く女性たち。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)観光客を魅了するハクモクレンの花江西省南昌市

    23日、南昌県鳳凰溝風景区で花見を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国江西省南昌市の南昌県鳳凰溝風景区では気温の上昇に伴い、ハクモクレンが満開となった。春らしい景色が広がり、花見に訪れた観光客を魅了している。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    (2)氷に覆われた紺碧の然烏湖チベット自治区パシュー県

    16日、紺碧の湖面が氷に覆われた然烏湖。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市パシュー県にある然烏湖(ラウォ・ツォ)は、地滑りや土石流によって川がせき止められてできたせき止め湖で、帕隆藏布江の主な源に当たる。沿岸を四川省成都市と同自治区ラサ市を結ぶ川藏道路が走っていることから、多くの観光客に知られている。(チャムド=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (9)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (7)ダイナミックな景観に圧倒壺口瀑布に春の訪れ

    23日、豪快に流れ落ちる壺口瀑布の風景。(小型無人機から)中国の山西省と陝西省の境に位置する壺口瀑布では、気温が上昇するにつれて、黄河壺口区間の氷が溶けたことから、大量の水が再び勢いよく流れ落ち、ダイナミックな景観を作り出している。(延安=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (5)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (6)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (7)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (5)都市を彩る古橋福建省福州市

    23日、福州市の白馬橋。(小型無人機から)中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (8)都市を彩る古橋福建省福州市

    22日、福州市の路通橋。(小型無人機から)中国福建省福州市は川が多く、水路が発達している。さまざまな造形の古橋が架かり、特別な都市景観を作り出している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (2)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (7)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (3)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場を彩る氷彫刻。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (5)福建省福州市で早春を彩る桜が満開

    21日、上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島の遊歩道。(小型無人機から)中国福建省福州市閩侯県上街鎮沙堤村にある鯉魚洲桜花島でこのほど、桜が見頃を迎え、早春の息吹を感じようと多くの観光客が訪れている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (7)西渓国家湿地公園の梅の花が見頃浙江省杭州市

    21日、西溪国家湿地公園で、遊覧船から川沿いを彩る梅の花を楽しむ観光客。(小型無人機から)少しずつ春の訪れを感じさせる中国浙江省杭州市の西渓(せいけい)国家湿地公園では、梅の花が見頃を迎えている。同園には2万本以上の梅が栽培されており、その品種もさまざまだという。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮に広がる田園風景。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)渤海で1億トン級の新たな大型石油・ガス田見つかる

    20日、渤海で新たに見つかった石油・ガス田「渤中13-2」。(小型無人機から)中国石油大手の中国海洋石油集団は22日、渤海で1億トン級の大型石油・天然ガス田を発見したと明らかにした。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (10)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、大梁江村の四合院。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    (1)インドネシアの西ジャワ州で洪水

    22日、冠水したブカシ。(小型無人機から)インドネシアの首都ジャカルタでこのほど豪雨が発生し、西ジャワ州北西部のブカシではチタルム川が氾濫、広い範囲で冠水の被害が出た。(西ジャワ=新華社配信/ジェフリ・タリガン)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (9)メキシコで中国製コロナワクチンの接種始まる

    22日、メキシコ・エカテペックのワクチン接種施設の外で列を作る人々。(小型無人機から)メキシコ中部のエカテペック市(メキシコ州)で22日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。60歳以上の高齢者が最初の接種対象となる。同日午前には、数千人の高齢者が家族や友人に付き添われ、接種場所のラスアメリカ文化体育センターの外で列を作った。(エカテペック=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節 浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の文化広場で披露される100メートル超の板竜の舞。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)100メートルの板竜を舞って祝う元宵節 浙江省杭州市

    23日、杭州市富陽区湖源郷窈口村の文化広場で披露される100メートル超の板竜の舞。(小型無人機から)旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)が近づき、中国浙江省杭州市富陽区湖源郷窈口村では、地元の女性たちが銅鑼や太鼓のリズムに合わせて「板竜」と呼ばれる竜を担いで踊り、元宵節の到来を祝った。この板竜は長さ130メートル、58脚のベンチをつないで作られている。女性たちは真っ赤な絹織物で仕立てた中国の伝統的な衣装を着て、村内を練り歩き、広場で竜灯舞を踊った。同村の女性たちによる板竜は、富陽区の無形文化遺産にも指定されている。窈口村の板竜の歴史は清代にさかのぼる。当時、南北を行き来しながら手広く商売をしていた村民が、北方から村に伝えたのが始まりで、以来200年以上にわたり続けられてきた。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)観光客を魅了するハクモクレンの花 江西省南昌市

    23日、南昌県鳳凰溝風景区で咲き誇るハクモクレン。(小型無人機から)中国江西省南昌市の南昌県鳳凰溝風景区では気温の上昇に伴い、ハクモクレンが満開となった。春らしい景色が広がり、花見に訪れた観光客を魅了している。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)渤海で1億トン級の新たな大型石油・ガス田見つかる

    21日、渤海で新たに見つかった石油・ガス田「渤中13-2」。(小型無人機から)中国石油大手の中国海洋石油集団は22日、渤海で1億トン級の大型石油・天然ガス田を発見したと明らかにした。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (8)天津港のコンテナ取扱量、「春節」連休期間中に増加

    22日、天津港の欧亜国際コンテナ埠頭(ふとう)(小型無人機から)。春節(旧正月)連休期間中、中国天津市の浜海新区にある天津港で作業したコンテナ船は延べ174隻、コンテナ取扱量は前年同期比18・6%増の21万2千TEU(20フィートコンテナ換算)だった。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮の畑で、農作業に励む農家の人。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮に広がる田園風景。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮に広がる田園風景。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (8)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮の畑で、水やりをする農家の人。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (7)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮に広がる田園風景。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)観光客を魅了するハクモクレンの花 江西省南昌市

    23日、南昌県鳳凰溝風景区で花見を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国江西省南昌市の南昌県鳳凰溝風景区では気温の上昇に伴い、ハクモクレンが満開となった。春らしい景色が広がり、花見に訪れた観光客を魅了している。(南昌=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)淡水魚の稚魚養殖が最盛期に浙江省湖州市

    19日、空から見た湖旺水産基地の稚魚養殖場。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区東林鎮保健村の養殖企業、湖州湖旺水産基地では、稚魚養殖の正念場となる春を迎えている。総面積120ムー(8ヘクタール)の養殖場には、サーモスタット設備と電子監視制御装置を搭載。毎日稚魚3千万匹以上を卵からかえし、周辺の水産養殖業者に供給している。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮の畑で、農作業に励む農家の人。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (9)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮の畑で、農作業に励む農家の人。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)春めく大地で農作業始まる広西南寧市

    20日、広西チワン族自治区南寧市邕寧(ようねい)区蒲廟鎮に広がる田園風景。(小型無人機から)初春を迎えた中国広西チワン族自治区の各地では、耕作や種まきなどの農作業にいそしむ農家の人たちの姿を見ることができる。美しい田園には、生命の息吹に満ちた風景が広がっている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)渤海で1億トン級の新たな大型石油・ガス田見つかる

    21日、渤海で新たに見つかった石油・ガス田「渤中13-2」。(小型無人機から)中国石油大手の中国海洋石油集団は22日、渤海で1億トン級の大型石油・天然ガス田を発見したと明らかにした。(天津=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、太行山脈の奥地にある大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (7)太行山脈奥地の古村落を訪ねて河北省大梁江村

    21日、空から見た大梁江村。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘(せいけい)県南障城鎮の大梁江村は、華北平原と黄土高原の境を南北に走る太行山脈の奥地にある。山を背にして建てられており、保存状態の良い古村落として知られる。古民家は石または石とレンガで作られた「四合院(建物が中庭を取り囲む中国北方の伝統家屋建築)」が中心で、明末清初に建てられたものが多い。2010年に第5次中国歴史文化名村に指定された。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月22日
    福島県浪江町津島地区 開拓の歴史、後世につなぐ

    帰還困難区域となった福島県浪江町津島地区の集落。左手前は除染廃棄物の仮置き場(小型無人機から)

  • 2021年02月22日
    (10)満開のヤマザクラ、観光を後押し

    19日、空から見た桜花谷のヤマザクラ。(小型無人機から)中国浙江省杭州市富陽区湖源郷石竜村北坑塢の桜花谷でこのほど、気温の上昇に伴い、ヤマザクラが満開となった。春の訪れを感じようと多くの観光客が足を運んでいる。同村では約1万ムー(約667ヘクタール)にわたりヤマザクラの木が自生。小ぶりな花が比較的早い時期から咲き、花期は20日間ほど続く。花見シーズンの週末には1万人以上が訪れるという。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (4)春の息吹、キバナノウゼン見頃広西チワン族自治区

    21日、青秀山風景区で咲き誇るキバナノウゼン。(小型無人機から、パノラマ写真)中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山風景区では現在、満開のキバナノウゼンが多くの市民の目を楽しませている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (6)春の息吹、キバナノウゼン見頃広西チワン族自治区

    21日、青秀山風景区で咲き誇るキバナノウゼン。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山風景区では現在、満開のキバナノウゼンが多くの市民の目を楽しませている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (7)春の息吹、キバナノウゼン見頃広西チワン族自治区

    21日、青秀山風景区で咲き誇るキバナノウゼン。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山風景区では現在、満開のキバナノウゼンが多くの市民の目を楽しませている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)春の息吹、キバナノウゼン見頃広西チワン族自治区

    21日、青秀山風景区で咲き誇るキバナノウゼン。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山風景区では現在、満開のキバナノウゼンが多くの市民の目を楽しませている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (10)メキシコで中国製コロナワクチンの接種始まる

    22日、メキシコ・エカテペックのワクチン接種施設の外で列を作る人々。(小型無人機から)メキシコ中部のエカテペック市(メキシコ州)で22日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。60歳以上の高齢者が最初の接種対象となる。同日午前には、数千人の高齢者が家族や友人に付き添われ、接種場所のラスアメリカ文化体育センターの外で列を作った。(エカテペック=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)活況を呈するコンテナ港、年初から貨物の取り扱いが好調江蘇省

    18日、江蘇省港口集団傘下の南京港竜潭コンテナ港の風景。(小型無人機から、パノラマ写真)中国江蘇省内の港湾業務を手掛ける江蘇省港口集団傘下の南京港竜潭コンテナは、長江沿いで規模、現代化、専門性全てにおいてトップクラスのコンテナ港となっている。同港の1月の国内貿易コンテナ取扱量は前年同月比22・0%増となり、好調なスタートを切った。春節(旧正月)連休期間中、同港で作業したコンテナ船は10・3%増の延べ107隻、コンテナ取扱量は15・8%増の1万9790TEU(20フィートコンテナ換算)と、ここ数年で最高を記録した。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (11)春の息吹、キバナノウゼン見頃広西チワン族自治区

    21日、青秀山風景区でキバナノウゼンを観賞する市民。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山風景区では現在、満開のキバナノウゼンが多くの市民の目を楽しませている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)活況を呈するコンテナ港、年初から貨物の取り扱いが好調江蘇省

    18日、江蘇省港口集団傘下の南京港竜潭コンテナ港の作業風景。(小型無人機から)中国江蘇省内の港湾業務を手掛ける江蘇省港口集団傘下の南京港竜潭コンテナは、長江沿いで規模、現代化、専門性全てにおいてトップクラスのコンテナ港となっている。同港の1月の国内貿易コンテナ取扱量は前年同月比22・0%増となり、好調なスタートを切った。春節(旧正月)連休期間中、同港で作業したコンテナ船は10・3%増の延べ107隻、コンテナ取扱量は15・8%増の1万9790TEU(20フィートコンテナ換算)と、ここ数年で最高を記録した。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)春漁準備にいそしむ漁師江蘇省連雲港市

    19日、江蘇省連雲港市の埠頭で網を修理する漁師ら。(小型無人機から)中国江蘇省連雲港市沿岸の漁村や埠頭(ふとう)ではこのところ、漁師たちがまもなく始まる春漁に備え、船や網の修理、燃料や生活用品の補充など各種の準備作業に追われている。(連雲港=新華社配信/王健民)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)見頃迎える梅の名所江蘇省無錫市

    17日、空から見た無錫梅園。(小型無人機から)中国江蘇省無錫市の梅の名所、無錫梅園でこのところ、梅の花が色づき始め大勢の観光客を魅了している。同梅園は国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、1912年に中国の著名実業家の栄宗敬(えい・そうけい)・徳生(とくせい)兄弟によって建設された。梅園では400種以上の梅が栽培されており、1万本余りがこのところ次々と開花している。ここ数年、梅園で栽培される品種や本数はますます増加している。その多くは中国各地や日本から導入されたもので、国内の他の梅園ではめったに見られない品種も多い。(無錫=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (4)無形文化遺産「掄花」で新春を祝う河北省灤平県

    19日、河北省灤平県火斗山鎮大店子村の文化広場で「掄花」を披露する民間芸能従事者。(小型無人機から)中国河北省承徳市灤平(らんへい)県には「掄花(りんか)」と呼ばれる伝統的な民俗文化がある。筒の中に木炭と鉄片を入れて燃やし、それを専用のスタンドに架けて振り回すことで燃えた鉄が火花となって周囲に飛び散り、まばゆい光の輪を作り出す。「掄花」は国家級無形文化遺産リストに登録されている。同県の人々はこの無形文化遺産で新春を祝っている。(承徳=新華社配信/王立群)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (10)春の息吹、キバナノウゼン見頃広西チワン族自治区

    21日、青秀山風景区で咲き誇るキバナノウゼン。(小型無人機から、パノラマ写真)中国広西チワン族自治区南寧市の青秀山風景区では現在、満開のキバナノウゼンが多くの市民の目を楽しませている。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (6)梅が咲き誇る梅花山から南京市を眺める江蘇省

    21日、梅花山越しに眺める南京市の中心市街地。(小型無人機から、パノラマ写真)中国江蘇省南京市の梅花山ではこのところ、梅の花が見頃を迎えており、梅の花見や、同市中心市街地の眺めを楽しむため、多くの観光客が訪れている。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (9)梅が咲き誇る梅花山から南京市を眺める江蘇省

    21日、南京市の梅花山で花見を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国江蘇省南京市の梅花山ではこのところ、梅の花が見頃を迎えており、梅の花見や、同市中心市街地の眺めを楽しむため、多くの観光客が訪れている。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (8)梅が咲き誇る梅花山から南京市を眺める江蘇省

    21日、南京市の梅花山で花見を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国江蘇省南京市の梅花山ではこのところ、梅の花が見頃を迎えており、梅の花見や、同市中心市街地の眺めを楽しむため、多くの観光客が訪れている。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (4)梅が咲き誇る梅花山から南京市を眺める江蘇省

    21日、日の出後間もなく、梅花山越しに眺める南京市の中心市街地。(小型無人機から、パノラマ写真)中国江蘇省南京市の梅花山ではこのところ、梅の花が見頃を迎えており、梅の花見や、同市中心市街地の眺めを楽しむため、多くの観光客が訪れている。(南京=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (4)活況を呈するコンテナ港、年初から貨物の取り扱いが好調江蘇省

    18日、江蘇省港口集団傘下の南京港竜潭コンテナターミナルに停泊するコンテナ船。(小型無人機から)中国江蘇省内の港湾業務を手掛ける江蘇省港口集団傘下の南京港竜潭コンテナは、長江沿いで規模、現代化、専門性全てにおいてトップクラスのコンテナ港となっている。同港の1月の国内貿易コンテナ取扱量は前年同月比22・0%増となり、好調なスタートを切った。春節(旧正月)連休期間中、同港で作業したコンテナ船は10・3%増の延べ107隻、コンテナ取扱量は15・8%増の1万9790TEU(20フィートコンテナ換算)と、ここ数年で最高を記録した。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (6)活況を呈するコンテナ港、年初から貨物の取り扱いが好調江蘇省

    18日、江蘇省港口集団傘下の南京港竜潭コンテナ港の風景。(小型無人機から)中国江蘇省内の港湾業務を手掛ける江蘇省港口集団傘下の南京港竜潭コンテナは、長江沿いで規模、現代化、専門性全てにおいてトップクラスのコンテナ港となっている。同港の1月の国内貿易コンテナ取扱量は前年同月比22・0%増となり、好調なスタートを切った。春節(旧正月)連休期間中、同港で作業したコンテナ船は10・3%増の延べ107隻、コンテナ取扱量は15・8%増の1万9790TEU(20フィートコンテナ換算)と、ここ数年で最高を記録した。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (1)活況を呈するコンテナ港、年初から貨物の取り扱いが好調江蘇省

    18日、江蘇省港口集団傘下の南京港竜潭コンテナ港の作業風景。(小型無人機から)中国江蘇省内の港湾業務を手掛ける江蘇省港口集団傘下の南京港竜潭コンテナは、長江沿いで規模、現代化、専門性全てにおいてトップクラスのコンテナ港となっている。同港の1月の国内貿易コンテナ取扱量は前年同月比22・0%増となり、好調なスタートを切った。春節(旧正月)連休期間中、同港で作業したコンテナ船は10・3%増の延べ107隻、コンテナ取扱量は15・8%増の1万9790TEU(20フィートコンテナ換算)と、ここ数年で最高を記録した。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)見頃迎える梅の名所江蘇省無錫市

    17日、空から見た無錫梅園。(小型無人機から)中国江蘇省無錫市の梅の名所、無錫梅園でこのところ、梅の花が色づき始め大勢の観光客を魅了している。同梅園は国家4A級観光地(上から2番目のランク)で、1912年に中国の著名実業家の栄宗敬(えい・そうけい)・徳生(とくせい)兄弟によって建設された。梅園では400種以上の梅が栽培されており、1万本余りがこのところ次々と開花している。ここ数年、梅園で栽培される品種や本数はますます増加している。その多くは中国各地や日本から導入されたもので、国内の他の梅園ではめったに見られない品種も多い。(無錫=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)サンクトペテルブルグ行き「中欧班列」第1便、成都を出発

    21日、成都市の国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した同市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便。(小型無人機から)中国四川省成都市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便が21日、同市青白江区にある国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した。この列車には、中国の総合化学メーカー、中国化学工程集団傘下の中国化学工程第七建設が手掛ける「一帯一路」大型プロジェクト、「バルチック・ガス・ケミカル・コンプレックス(GCC)」プロジェクトの建設関連物資が積み込まれている。同プロジェクトは契約額が約1千億元(1元=約16円)に上る、石油化学分野で単独の契約額が世界最大のプロジェクトになる。列車が13日後に到着すると、サンクトペテルブルクは成都発国際貨物列車が開拓した59番目の輸送先となる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...