KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 甲子園
  • 横浜
  • 片山
  • 二塁打
  • 全国高校総体
  • 出場
  • やり投げ
  • オペレーター
  • ガッツポーズ
  • スマートフォン

「小松工」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 2000年08月14日
    片山がガッツポーズ 小松工―育英

    小松工―育英 2回表育英無死、片山が左中間に先制のソロホーマーを放ち、一塁を回ってガッツポーズ=甲子園

    商品コード: 2000081400082

  • 2000年08月14日
    通次が本塁生還 小松工―育英

    小松工―育英 2回裏小松工1死一、三塁、辻の左越え二塁打で三塁走者に続き一塁走者通次が本塁生還。捕手藤村=甲子園

    商品コード: 2000081400088

  • 2000年08月14日
    藤村がタイムリー 小松工―育英

    小松工―育英 6回表育英1死二塁、藤村が左翼線にタイムリー二塁打を放つ=甲子園

    商品コード: 2000081400096

  • 2000年08月14日
    松下が本塁生還 小松工―育英

    小松工―育英 8回表育英2死二、三塁、片山の中前打で三塁走者に続き二塁走者松下が本塁生還。捕手北室=甲子園

    商品コード: 2000081400108

  • 2000年08月14日
    片山が2点タイムリー 小松工―育英

    小松工―育英 8回表育英2死二、三塁、片山が中前に2点タイムリー打を放つ。投手鹿野=甲子園

    商品コード: 2000081400112

  • 2014年07月30日
    ハンマー投げ・手塚智大 全国高校総体・陸上

    男子ハンマー投げ予選 出場した小松工・手塚智大=山梨中銀スタジアム

    商品コード: 2014073000364

  • 2006年09月25日
    横浜1巡目の北投手 プロ野球高校生ドラフト

    横浜から1巡目で指名され喜ぶ小松工の北篤投手=25日午後、石川県小松市

    商品コード: 2006092500247

  • 2006年10月21日
    笑顔の北投手と両親 大矢監督が捕れない直球を

    両親の間で、笑顔を見せる小松工高の北篤投手=21日午後、石川県小松市

    商品コード: 2006102100102

  • 2008年07月30日
    男子八種やり投げの二枚田 全国高校総体第3日

    男子八種 やり投げに出場した小松工・二枚田一平=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

    商品コード: 2008073000190

  • 2006年09月25日
    両親と握手する北投手 プロ野球高校生ドラフト

    横浜から1巡目で指名され、両親と握手する小松工の北篤投手(中央)=25日午後、石川県小松市

    商品コード: 2006092500246

  • 2006年09月21日
    木村文和ら6人 ドラフト高校生候補選手2

    木村文和(埼玉栄・投手)、磯部泰(修徳・内野手)、田中大二郎(東海大相模・内野手)、福田永将(横浜・捕手)、佐藤賢治(横浜・外野手)、北篤(小松工・投手)

    商品コード: 2006092100089

  • 2019年08月05日
    帝人加工糸の加賀工場内

    帝人加工糸(石川県小松市)は、2020年春をめどにセンシング技術を用いた生産機器の異常管理システムを導入する。機械の異常停止などの際、考えられる理由を選択肢から自動で認識し、担当者のスマートフォンに通知。オペレーターが緊急で生産現場に向かうべきかを判断できるようにする。帝人フロンティアセンシング(福岡市南区)と協業し、システムを構築する。従業員の作業負担の軽減や生産の効率化を目指す。異常の対処方法や原因について担当者が分からない場合、現場の写真を撮り、音声で不明点を入力するとベテラン従業員らから助言を得られる仕組みも導入する。音声は録音し担当者が復習できるようにするほか、システム構築に向けた人工知能(AI)の機械学習にも生かしたい考えだ。帝人加工糸は帝人傘下で衣料や産業向け繊維を販売する帝人フロンティア(大阪市北区)の完全子会社。小松工場(石川県小松市)で特殊加工糸、加賀工場(同加賀市)でニットを生産している。小松工場では21年3月期までに糸の物性を確認するための筒編み作業の無人化も図る。機械を導入し、担当者が生産した糸で筒状に編んで検査する作業負担を軽減する。段ボールを自動で組み立てる製函機も21年3月期までに導入する計画だ。既に勤務管理向け静脈認証システムを全社に導入した。加賀工場では自動包装機や、編み上がった生地を検査スペースに運ぶための自動カートを運用している。=2019(令和元)年8月5日、帝人加工糸加賀工場、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700886

  • 1