KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 交通手段
  • 令和
  • 停車
  • 全線
  • 収入
  • 品質
  • 増結
  • 外部
  • 役割
  • 急行列車

「小竜洞」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年12月09日
    (5)雲貴高原を走る「幸福のローカル列車」

    雲南省昭通市昭陽区小竜洞回族イ族郷小竜洞村で、収穫したリンゴをトラックに積み込む果物農家。(11月29日撮影)中国貴州省貴陽市と雲南省昭通市の間には、「緑皮車」と呼ばれる旧型車両の鈍行列車5648/5647便が運行している。2003年に開通し、平均時速は40キロ余り、全線407キロを9時間31分かけて運行する。途中、農村にある18カ所の駅全てに停車する。雲貴高原を走るこの「ローカル列車」は、沿線に住む村民の重要な交通手段であるとともに、雲南、貴州両省の鉄道沿線の農産物を外部に運び、収入を得るための役割も担っている。沿線に住む果物農家のリンゴ販売を円滑にするため、同列車は専用の車内放送を流して地元のリンゴの品質を紹介している。また、鉄道部門が列車後部に貨物車両を増結し、車内に専用の貨物室を設置して果物農家の利便性向上に努めている。同列車は沿線住民から親しみを込めて「リンゴ列車」「富をもたらす急行列車」と呼ばれている。(威寧=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121000972

  • 2021年12月09日
    (2)雲貴高原を走る「幸福のローカル列車」

    雲南省昭通市昭陽区小竜洞回族イ族郷小竜洞村で、リンゴ園のそばを通過する「緑皮車」。(11月29日撮影)中国貴州省貴陽市と雲南省昭通市の間には、「緑皮車」と呼ばれる旧型車両の鈍行列車5648/5647便が運行している。2003年に開通し、平均時速は40キロ余り、全線407キロを9時間31分かけて運行する。途中、農村にある18カ所の駅全てに停車する。雲貴高原を走るこの「ローカル列車」は、沿線に住む村民の重要な交通手段であるとともに、雲南、貴州両省の鉄道沿線の農産物を外部に運び、収入を得るための役割も担っている。沿線に住む果物農家のリンゴ販売を円滑にするため、同列車は専用の車内放送を流して地元のリンゴの品質を紹介している。また、鉄道部門が列車後部に貨物車両を増結し、車内に専用の貨物室を設置して果物農家の利便性向上に努めている。同列車は沿線住民から親しみを込めて「リンゴ列車」「富をもたらす急行列車」と呼ばれている。(威寧=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121001038

  • 2021年12月09日
    (4)雲貴高原を走る「幸福のローカル列車」

    雲南省昭通市昭陽区小竜洞回族イ族郷小竜洞村で、収穫したリンゴを運ぶ果物農家。(11月29日撮影)中国貴州省貴陽市と雲南省昭通市の間には、「緑皮車」と呼ばれる旧型車両の鈍行列車5648/5647便が運行している。2003年に開通し、平均時速は40キロ余り、全線407キロを9時間31分かけて運行する。途中、農村にある18カ所の駅全てに停車する。雲貴高原を走るこの「ローカル列車」は、沿線に住む村民の重要な交通手段であるとともに、雲南、貴州両省の鉄道沿線の農産物を外部に運び、収入を得るための役割も担っている。沿線に住む果物農家のリンゴ販売を円滑にするため、同列車は専用の車内放送を流して地元のリンゴの品質を紹介している。また、鉄道部門が列車後部に貨物車両を増結し、車内に専用の貨物室を設置して果物農家の利便性向上に努めている。同列車は沿線住民から親しみを込めて「リンゴ列車」「富をもたらす急行列車」と呼ばれている。(威寧=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121001039

  • 2021年12月09日
    (3)雲貴高原を走る「幸福のローカル列車」

    雲南省昭通市昭陽区小竜洞回族イ族郷小竜洞村で、リンゴを収穫する果物農家。(11月29日撮影)中国貴州省貴陽市と雲南省昭通市の間には、「緑皮車」と呼ばれる旧型車両の鈍行列車5648/5647便が運行している。2003年に開通し、平均時速は40キロ余り、全線407キロを9時間31分かけて運行する。途中、農村にある18カ所の駅全てに停車する。雲貴高原を走るこの「ローカル列車」は、沿線に住む村民の重要な交通手段であるとともに、雲南、貴州両省の鉄道沿線の農産物を外部に運び、収入を得るための役割も担っている。沿線に住む果物農家のリンゴ販売を円滑にするため、同列車は専用の車内放送を流して地元のリンゴの品質を紹介している。また、鉄道部門が列車後部に貨物車両を増結し、車内に専用の貨物室を設置して果物農家の利便性向上に努めている。同列車は沿線住民から親しみを込めて「リンゴ列車」「富をもたらす急行列車」と呼ばれている。(威寧=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121000989

  • 1