KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • ムー
  • ハウス栽培
  • フルンボイル
  • ベース
  • 人工知能
  • 宇宙ステーション
  • 実用化
  • 応用研究

「尖山」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
30
( 1 30 件を表示)
  • 1
30
( 1 30 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2015年05月15日
    立山・剣の大展望台

    富山・尖山

    商品コード: 2015051500387

  • 2015年05月15日
    立山・剣の大展望台

    富山・尖山

    商品コード: 2015051500388

  • 2018年04月09日
    キヌア栽培を普及し農業構造を調整甘粛省蘭州市

    9日、キヌアの種を手にする黄峪鎮尖山村の村民。中国甘粛省蘭州市七里河区黄峪鎮は9日、南米産の穀物キヌアの栽培説明会を行い、現地の農家にキヌアの種を配布した。黄峪鎮では、昨年キヌア栽培を導入して大きな利益を得たことを受け、今年はキヌアの作付面積を1千ムー(約66ヘクタール)に拡大する。農業構造の調整を推進し、農家の所得向上を図る。(蘭州=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041100410

  • 2018年04月09日
    キヌア栽培を普及し農業構造を調整甘粛省蘭州市

    9日、キヌア栽培について説明する黄峪鎮尖山村の石培発・共産党支部書記。(左から2人目)中国甘粛省蘭州市七里河区黄峪鎮は9日、南米産の穀物キヌアの栽培説明会を行い、現地の農家にキヌアの種を配布した。黄峪鎮では、昨年キヌア栽培を導入して大きな利益を得たことを受け、今年はキヌアの作付面積を1千ムー(約66ヘクタール)に拡大する。農業構造の調整を推進し、農家の所得向上を図る。(蘭州=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041100421

  • 2019年05月25日
    【新中国成立70周年】さまざまな職業から70年の発展を振り返る

    上:1982年、灤河(らんが)から天津市まで水を引くプロジェクト「引灤入津工程」のトンネル建設工事で、手作業で砂利を運ぶ鉄道兵第8師の指揮官と戦闘員。(資料写真)下:5月25日、雲南省内の玉渓市と磨憨鎮を結ぶ玉磨鉄道の大尖山トンネル建設工事で、トンネル掘削機のドリルジャンボを使って作業する中鉄十八局集団(元鉄道兵第8師)の建設作業員。(玉渓=新華社記者/楊宗友)中国国家統計局のデータによると、1952年の中国の国内総生産(GDP)はわずか679億元だったが、2018年には90兆元(1元=約15円)の大台を突破した。(組み合わせ写真、北京=新華社配信)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100101457

  • 2019年07月10日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    変電所の電源ボックスを開けるテスト中の「機甲戦士」。(7月10日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)​=2019(令和元)年7月10日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211177

  • 2019年07月10日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    遮断器を閉めようとしているテスト中の「機甲戦士」。(7月10日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)​=2019(令和元)年7月10日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211180

  • 2019年07月10日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    変電所出入口で身分証明書を確認するテスト中の「機甲戦士」。(7月10日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211153

  • 2019年07月10日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」をリモートコントロールする研究者。(7月10日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)​=2019(令和元)年7月10日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211158

  • 2019年07月12日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    宇宙ロボットをベースに作られた、電力系統の点検・保修作業を行う人工知能(AI)リモートコントロールロボット「機甲戦士」。(7月12日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211152

  • 2019年11月29日
    開放拡大進む雲南省

    中国-ラオス鉄道の中国側区間「玉磨鉄道」にある大尖山トンネルの入り口から1号斜坑まで貫通したことを祝う中鉄十八局集団の作業員。(11月29日撮影)中国雲南省は独特の地理的優位性によって、中国から南西への対外開放・協力を進める最前線となっている。現在は「一帯一路」構想の主導の下、同省と南アジア・東南アジア諸国間の交通インフラの相互接続が徐々に進み、経済・貿易協力が日増しに活発化しており、人的・文化交流が絶えず深まり、開放がますます拡大している。(昆明=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121300325

  • 2021年01月29日
    (1)浙江省、20年電力消費の約4割がクリーン電力に

    浙江省海寧市の尖山風力発電プロジェクト。(2020年7月20日撮影)中国の送電大手、国家電網傘下の国網浙江省電力はこのほど、2020年の浙江省のクリーンエネルギー消費量が1898億キロワット時に上り、社会電力消費の4割近くを占めたと明らかにした。省内で生産されたクリーンエネルギーは100%消費されており、二酸化炭素(CO2)の排出量が減少に転じる「ピークアウト」達成に向けた革新的試みも次々と実践されている。(海寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012904640

  • 2022年01月14日
    (2)雲南省初のスマート変電所が稼働

    雲南省初のスマート変電所となる110キロボルト尖山変電所。(資料写真)中国の送電大手、南方電網傘下で雲南省の送配電業務を担う雲南電網はこのほど、同省澄江市にある110キロボルトの尖山送電・変電プロジェクトが8カ月にわたる工事を経て稼働したことを明らかにした。スマート変電所が稼働するのは同省で初めて。(澄江=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011411656

  • 2022年01月14日
    (1)雲南省初のスマート変電所が稼働

    雲南省初のスマート変電所となる110キロボルト尖山変電所。(資料写真)中国の送電大手、南方電網傘下で雲南省の送配電業務を担う雲南電網はこのほど、同省澄江市にある110キロボルトの尖山送電・変電プロジェクトが8カ月にわたる工事を経て稼働したことを明らかにした。スマート変電所が稼働するのは同省で初めて。(澄江=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011411663

  • 2022年04月12日
    (11)春の農作業に励む中国各地の農家

    10日、安徽省安慶市岳西県毛尖山郷林河村で農作業をする村民。春の耕作シーズンを迎えた中国各地では、農家の人々が畑仕事に精を出している。(安慶=新華社配信/呉均奇)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041208218

  • 2022年04月29日
    (4)満開のツツジが観光客を魅了内モンゴル自治区ジャラントン市

    27日、ジャラントン市尖山子村で自撮りする観光客。中国内モンゴル自治区ジャラントン市でこのほど、ツツジが満開を迎え、多くの市民が観賞に訪れた。(ジャラントン=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042906625

  • 2022年04月29日
    (2)満開のツツジが観光客を魅了内モンゴル自治区ジャラントン市

    27日、ジャラントン市尖山子村で、ツツジを楽しむ観光客。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ジャラントン市でこのほど、ツツジが満開を迎え、多くの市民が観賞に訪れた。(ジャラントン=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042906681

  • 2022年04月29日
    (6)満開のツツジが観光客を魅了内モンゴル自治区ジャラントン市

    27日、ジャラントン市尖山子村で、ツツジを楽しむ観光客。中国内モンゴル自治区ジャラントン市でこのほど、ツツジが満開を迎え、多くの市民が観賞に訪れた。(ジャラントン=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042906637

  • 2022年05月01日
    (4)春の農作業に励む農家内モンゴル自治区ジャラントン市

    4月27日、ジャラントン市尖山子村で、農機で畑を耕す農家。中国内モンゴル自治区ジャラントン市では春の農作業の時期を迎え、農家らが新型コロナウイルス感染症対策にしっかりと取り組みながら、ハウス栽培、設備メンテナンスなどの作業を行い、春の耕作を確保している。同市の今年の計画作付面積は394万2800ムー(約26万2853ヘクタール)で、うち食用作物は昨年より1万ムー多い388万3600ムー(約25万8907ヘクタール)となっている。(フルンボイル=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107848

  • 2022年05月01日
    (11)春の農作業に励む農家内モンゴル自治区ジャラントン市

    4月27日、ジャラントン市尖山子村で、農機で種をまく農家。中国内モンゴル自治区ジャラントン市では春の農作業の時期を迎え、農家らが新型コロナウイルス感染症対策にしっかりと取り組みながら、ハウス栽培、設備メンテナンスなどの作業を行い、春の耕作を確保している。同市の今年の計画作付面積は394万2800ムー(約26万2853ヘクタール)で、うち食用作物は昨年より1万ムー多い388万3600ムー(約25万8907ヘクタール)となっている。(フルンボイル=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107872

  • 2022年05月01日
    (7)春の農作業に励む農家内モンゴル自治区ジャラントン市

    4月27日、ジャラントン市尖山子村で、農機で畑を耕す農家。中国内モンゴル自治区ジャラントン市では春の農作業の時期を迎え、農家らが新型コロナウイルス感染症対策にしっかりと取り組みながら、ハウス栽培、設備メンテナンスなどの作業を行い、春の耕作を確保している。同市の今年の計画作付面積は394万2800ムー(約26万2853ヘクタール)で、うち食用作物は昨年より1万ムー多い388万3600ムー(約25万8907ヘクタール)となっている。(フルンボイル=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107864

  • 2022年05月01日
    (10)春の農作業に励む農家内モンゴル自治区ジャラントン市

    4月27日、ジャラントン市尖山子村で、種まき機を点検する農家。中国内モンゴル自治区ジャラントン市では春の農作業の時期を迎え、農家らが新型コロナウイルス感染症対策にしっかりと取り組みながら、ハウス栽培、設備メンテナンスなどの作業を行い、春の耕作を確保している。同市の今年の計画作付面積は394万2800ムー(約26万2853ヘクタール)で、うち食用作物は昨年より1万ムー多い388万3600ムー(約25万8907ヘクタール)となっている。(フルンボイル=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107869

  • 2022年05月01日
    (3)春の農作業に励む農家内モンゴル自治区ジャラントン市

    4月27日、ジャラントン市尖山子村で、農作業を行う農家。中国内モンゴル自治区ジャラントン市では春の農作業の時期を迎え、農家らが新型コロナウイルス感染症対策にしっかりと取り組みながら、ハウス栽培、設備メンテナンスなどの作業を行い、春の耕作を確保している。同市の今年の計画作付面積は394万2800ムー(約26万2853ヘクタール)で、うち食用作物は昨年より1万ムー多い388万3600ムー(約25万8907ヘクタール)となっている。(フルンボイル=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107847

  • 2022年05月01日
    (1)春の農作業に励む農家内モンゴル自治区ジャラントン市

    4月27日、ジャラントン市尖山子村で、農機で畑を耕す農家。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ジャラントン市では春の農作業の時期を迎え、農家らが新型コロナウイルス感染症対策にしっかりと取り組みながら、ハウス栽培、設備メンテナンスなどの作業を行い、春の耕作を確保している。同市の今年の計画作付面積は394万2800ムー(約26万2853ヘクタール)で、うち食用作物は昨年より1万ムー多い388万3600ムー(約25万8907ヘクタール)となっている。(フルンボイル=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107849

  • 2022年05月01日
    (6)春の農作業に励む農家内モンゴル自治区ジャラントン市

    4月27日、ジャラントン市尖山子村で、種まき機の車輪を点検する農家。中国内モンゴル自治区ジャラントン市では春の農作業の時期を迎え、農家らが新型コロナウイルス感染症対策にしっかりと取り組みながら、ハウス栽培、設備メンテナンスなどの作業を行い、春の耕作を確保している。同市の今年の計画作付面積は394万2800ムー(約26万2853ヘクタール)で、うち食用作物は昨年より1万ムー多い388万3600ムー(約25万8907ヘクタール)となっている。(フルンボイル=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107863

  • 2022年05月01日
    (12)春の農作業に励む農家内モンゴル自治区ジャラントン市

    4月27日、ジャラントン市尖山子村で、種まき機にセットしたトウモロコシの種を確認する農家。中国内モンゴル自治区ジャラントン市では春の農作業の時期を迎え、農家らが新型コロナウイルス感染症対策にしっかりと取り組みながら、ハウス栽培、設備メンテナンスなどの作業を行い、春の耕作を確保している。同市の今年の計画作付面積は394万2800ムー(約26万2853ヘクタール)で、うち食用作物は昨年より1万ムー多い388万3600ムー(約25万8907ヘクタール)となっている。(フルンボイル=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107873

  • 2022年05月01日
    (8)春の農作業に励む農家内モンゴル自治区ジャラントン市

    4月27日、ジャラントン市尖山子村で、トウモロコシの種を天日干しする農家。中国内モンゴル自治区ジャラントン市では春の農作業の時期を迎え、農家らが新型コロナウイルス感染症対策にしっかりと取り組みながら、ハウス栽培、設備メンテナンスなどの作業を行い、春の耕作を確保している。同市の今年の計画作付面積は394万2800ムー(約26万2853ヘクタール)で、うち食用作物は昨年より1万ムー多い388万3600ムー(約25万8907ヘクタール)となっている。(フルンボイル=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107870

  • 2022年05月01日
    (9)春の農作業に励む農家内モンゴル自治区ジャラントン市

    4月27日、ジャラントン市尖山子村で、農機で畑を耕す農家。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ジャラントン市では春の農作業の時期を迎え、農家らが新型コロナウイルス感染症対策にしっかりと取り組みながら、ハウス栽培、設備メンテナンスなどの作業を行い、春の耕作を確保している。同市の今年の計画作付面積は394万2800ムー(約26万2853ヘクタール)で、うち食用作物は昨年より1万ムー多い388万3600ムー(約25万8907ヘクタール)となっている。(フルンボイル=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107871

  • 2022年05月01日
    (2)春の農作業に励む農家内モンゴル自治区ジャラントン市

    4月27日、ジャラントン市尖山子村で、種まき機にセットしたトウモロコシの種を確認する農家。中国内モンゴル自治区ジャラントン市では春の農作業の時期を迎え、農家らが新型コロナウイルス感染症対策にしっかりと取り組みながら、ハウス栽培、設備メンテナンスなどの作業を行い、春の耕作を確保している。同市の今年の計画作付面積は394万2800ムー(約26万2853ヘクタール)で、うち食用作物は昨年より1万ムー多い388万3600ムー(約25万8907ヘクタール)となっている。(フルンボイル=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107877

  • 2022年05月01日
    (5)春の農作業に励む農家内モンゴル自治区ジャラントン市

    4月27日、ジャラントン市尖山子村で、農機で畑を耕す農家。中国内モンゴル自治区ジャラントン市では春の農作業の時期を迎え、農家らが新型コロナウイルス感染症対策にしっかりと取り組みながら、ハウス栽培、設備メンテナンスなどの作業を行い、春の耕作を確保している。同市の今年の計画作付面積は394万2800ムー(約26万2853ヘクタール)で、うち食用作物は昨年より1万ムー多い388万3600ムー(約25万8907ヘクタール)となっている。(フルンボイル=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2022(令和4)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050107850

  • 1