KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 戸部尚書
  • 成化
  • 皇帝
  • 一種
  • 令和
  • 大成
  • 大書
  • 太子太保
  • 左右
  • 李敏

「尚書」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年03月21日
    河北省で明代高級官吏の族譜見つかる580年間の家系記す

    6日、河北省辛集市の民家で見つかった明代吏部尚書・王文の族譜の肖像画。中国河北省辛集(しんしゅう)市の旧城鎮寨子(さいし)村の民家で、明代の重臣、王文(おうぶん)の家系を記した「王氏族譜」が発見された。同市文物保護部門が明らかにした。族譜は王文の子孫が清代に編纂したもので、明代宣徳年間(1425年~1435年)からの一族の変遷や歴史が約580年にわたり詳細に記載されている。(辛集=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901337

  • 2019年03月21日
    河北省で明代高級官吏の族譜見つかる580年間の家系記す

    6日、河北省辛集市の民家で見つかった明代吏部尚書・王文の族譜の家系図。中国河北省辛集(しんしゅう)市の旧城鎮寨子(さいし)村の民家で、明代の重臣、王文(おうぶん)の家系を記した「王氏族譜」が発見された。同市文物保護部門が明らかにした。族譜は王文の子孫が清代に編纂したもので、明代宣徳年間(1425年~1435年)からの一族の変遷や歴史が約580年にわたり詳細に記載されている。(辛集=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901309

  • 03:27.83
    2019年05月15日
    「新華社」河北省で明代高級官吏の族譜見つかる580年間の家系記す

    中国河北省辛集(しんしゅう)市の旧城鎮寨子(さいし)村の民家で、明代の重臣、王文(おうぶん)の家系を記した「王氏族譜」が発見された。同市文物保護部門が明らかにした。族譜は王文の子孫が清代に編纂したもので、明代宣徳年間(1425年~1435年)からの一族の変遷や歴史が約580年にわたり詳細に記載されている。王文は北直隷束鹿(そくろく、現在の河北省辛集市)の出身。永楽19年(1421年)に進士に合格し監察御史となり、陝西按察使、左都御史を歴任した。その後昇進し吏部尚書、少保、謹身殿大学士兼東閣大学士を務めた。景泰8年(1457年)に上皇の英宗が弟の景泰帝から帝位を奪い重祚(ちょうそ)した「奪門の変」が起こると、当時の名臣于謙(うけん)とともに無実の罪で処刑された。成化5年(1469年)に名誉が回復され「太保」の称号が追贈された。今回発見された「王氏族譜」は糸で装丁された2冊の写本と彩色の肖像画からなる。肖像画は長さ2・5メートル、幅1・2メートルの絹布が用いられ、王文が早朝朝廷に出仕する際に紫禁城前の金水橋を渡る様子が描かれていた。郷土史研究家は、王氏一族の古くからの系譜が詳細に記録されている族譜は、明代の重臣、王文の一族の家系の相続や変遷を研究する上で信頼性の高い基礎資料となると説明。長期にわたり保存状態が良く、家系の筋道も明確に記されている族譜が現代まで伝わるのは容易ではなく、河北省中南部の風俗や人情、歴史の変遷、一族の相続関係などの研究で重要な価値を持つと述べた。(記者/李継偉)<映像内容>明代高級官吏の「王氏族譜」発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600504

  • 02:10.53
    2019年07月17日
    「新華社」邢台市で唐代の古碑見つかる1200年の歴史河北省

    中国河北省邢台市南和県でこのほど、文化財保護担当者が閆里(えんり)郷宋台(そうだい)村で古碑を発見した。鑑定の結果、唐の貞元10年(794年)3月に建立されたものであることが分かった。1225年の歴史を持つという。石碑は碑首と碑身、台石の3部分からなり、青石製の碑身は縦216センチ、横80センチ、幅22センチ。二つに折れており、上半分は欠けた部分があったが、下半分はほぼ完全に残っていた。台石の保存状態は良く、四面に美しい模様が刻まれている。碑首は既に失われていた。両面に文字が刻まれており、字体は楷書体で刻字ははっきりしている。銘文は1300字余りあり、宋台村が唐の宰相、宋璟(そう・けい)の故郷であることや当時の行政区画、古い廟の再建過程などが詳細に記されていた。宋璟(663年‐737年)は、現在の邢台市南和県の生まれで、唐の開元17年(729年)に尚書右丞相となり、当時の玄宗皇帝が「開元の治」をもたらすのを補佐した。房玄齢(ぼう・げんれい)や杜如晦(と・じょかい)、姚崇(よう・すう)とともに唐の四大賢相と呼ばれている。同県文化財保護所の要雅潔(よう・がけつ)所長は、石碑が宋璟や行政区画の沿革、宗教の伝承を研究する上で高い史料価値を持つと語った。(記者/李継偉)<映像内容>唐代の古碑発見の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707075

  • 2020年09月18日
    道教の古刹・永楽宮で元代の古文書発見山西省芮城県

    永楽宮の古文書整理で見つかった元代の行尚書省断事官が全真教の道人(修行者)、張来童(ちょう・らいどう)に授けた免許(部分)。(資料写真)中国山西省の永楽宮壁画保護研究院は、中国道教の一派、全真道の古刹(こさつ)・永楽宮(同省芮城県)で昨年実施した古文書の整理で、モンゴル・元時代の道教関連の文書百点近くを発見したとこのほど明らかにした。専門家の鑑定で、うち5点は元代の道教の度牒(どちょう、僧尼や道士の得度を国が認める文書)や戒牒(かいちょう、授戒証明書)、1点はさらに古い時代の刻印のある道教経典であることが分かった。モンゴル・元時代の全真教の発展、永楽宮の再建の歴史を知る上で貴重な価値があるという。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303404

  • 2022年08月02日
    (15)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、紫雲山の麓にある馬澗溝村。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211412

  • 2022年08月02日
    (7)許昌市襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省

    17日、紫雲書院の創始者、李敏の彫像。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080209381

  • 2022年08月02日
    (4)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、紫雲書院前の牌坊(はいぼう)。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211222

  • 2022年08月02日
    (11)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、紫雲書院の櫺星門(れいせいもん)。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211331

  • 2022年08月02日
    (10)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、紫雲書院の付近。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211320

  • 2022年08月02日
    (1)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、紫雲書院の正門。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211196

  • 2022年08月02日
    (5)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、紫雲書院の内部。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211232

  • 2022年08月02日
    (2)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、紫雲書院の正門。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211267

  • 2022年08月02日
    (3)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、紫雲山の入り口にある牌坊(はいぼう)。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211223

  • 2022年08月02日
    (14)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、襄城名人像。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211397

  • 2022年08月02日
    (13)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、後ろから見た櫺星門(れいせいもん)。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211425

  • 2022年08月02日
    (16)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、紫雲書院の後ろの登山道から見た紫雲山。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211411

  • 2022年08月02日
    (12)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、正面から見た櫺星門(れいせいもん)。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211367

  • 2022年08月02日
    (9)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、紫雲書院にある孔子像。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211332

  • 2022年08月02日
    (8)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、紫雲書院の後ろにある登山道。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211318

  • 2022年08月02日
    (6)襄城県の紫雲書院を訪ねて河南省許昌市

    7月17日、紫雲書院の内部。中国河南省許昌市襄城(じょうじょう)県紫雲鎮の紫雲山にある紫雲書院は、明の成化4(1468)年、当時の太子太保と戸部尚書を務めた同県出身の李敏(り・びん)によって建てられた。成化18年、皇帝の詔によって「紫雲書院」の名を下賜され、宋の四大書院に続く新たな大書院として知られるようになった。現存する櫺星門(れいせいもん)や門楼、大成殿、東西の脇殿、左右に配された建屋などは、いずれも青磚(青れんが)と赤い火成岩を用いた硬山式(切り妻造りの一種)の構造になっている。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080211231

  • 1