KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 場所
  • 日刊工業新聞
  • 生産能力
  • 透明度
  • グラス
  • シャンデリア
  • プラスチック
  • ヘッドマウントディスプレイ
  • ライン

「屈折率」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 02:06.99
    2019年02月18日
    「新華社」「中国製造」人工ダイヤ、消費市場を開拓中

    河南省は中国における人工ダイヤモンド研究開発・生産の集積地だ。記者は関連企業を訪問し、中国がこの業界で強力な技術基盤を持ち、生産能力で優位にあることを知った。人工ダイヤモンドは以前から、航空宇宙産業の製造工程や石油探査、電子チップなどの科学技術産業分野で幅広く応用されてきた。しかし、関連技術のたゆまぬブレークスルーにより、人工ダイヤモンドの応用シーンは消費分野に拡大し始めている。人工ダイヤモンドは、着用や装飾面で天然ダイヤモンドと違いがないばかりか、物理的性質や原子の構造においても差がなく、透明度や屈折率などに関してはむしろ優れているとさえ言える。価格の点でも、採掘による危険や環境破壊を避けられる点でも、人工的に合成されたダイヤモンドは、天然ダイヤモンドとは比較にならない利点を持っている。ますます多くの消費者、殊に若者が、人工ダイヤモンドを選ぶようになり、ダイヤモンドが高嶺の花ではなくなりつつある。(記者/袁月明)<映像内容>人工ダイヤモンドの生産の様子など、撮影日:2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800602

  • 2019年11月18日
    Science park on the Telegrafenberg

    18 November 2019, Brandenburg, Potsdam: The Einstein Tower (l), designed by Erich Mendelsohn, and the dome of the Great Refractor of the Astrophysical Institute between autumnal leafy trees in the Albert Einstein Science Park. The park was created in the middle of the 19th century. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112105435

  • 2020年01月28日
    東レの正面透過・斜め反射フィルム「ピカサスVT」

    東レは29日、正面からの光は透過し、斜めからの光は反射するポリエステルフィルム「ピカサスVT」を開発したと発表した。拡張現実(AR)や複合現実(MR)用途のヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)やヘッドアップディスプレー(HUD)、のぞき見防止フィルムやディスプレー用集光フィルムなどでの展開を見込む。3年後の実用化を目指す。ピカサスはナノ積層技術を用いた金属光沢調フィルム。開発品は層の屈折率や厚さを工夫し、正面からの光は透過、斜めからの光は反射する機能を付与した。ARやMR用のHMDやHUDに使った場合、従来の透明ガラスや透明プラスチックと同様に風景の視認性は維持しつつ、投影情報をはっきり表示できる。=2020(令和2)年1月28日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020703347

  • 2020年02月13日
    sidが開発したガラスより透明のバイオマス樹脂「Harehare」

    sid(埼玉県川口市)は、独自開発した光学ガラスよりも透明度が高い軟質バイオマス樹脂「Harehare(晴れ晴れ)」の量産に乗り出す。4月をめどに本格稼働し、生産能力は10倍以上となる。ガラスの代替素材として売り出し、2021年6月期に同事業で3億円以上の売り上げを目指す。Harehareは生分解性樹脂の液体と炭素が主成分の液体を混ぜ合わせ、高真空状態で熱をかけ成形する。同社の従来の機械では製造できないため、成形機械を独自開発した。全自動でHarehareを成形できるラインを三つ設置。量産体制の構築にかかる投資額は約2億円。従来は数センチメートルほどの大きさのものでも一日40個程度しか生産できなかった。今後はロボットも導入し、生産性向上を図る。Harehareは屈折率1・509と光学ガラス以上の透明度を実現。軟質のため割れることがなく安全で、紫外線劣化も抑えた。同社ではHarehareを使ったグラスやシャンデリアを製品化している。そのほか、顧客の要望に対応した製品も製造する。=2020(令和2)年2月13日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022811025

  • 1